青の軍/ブルーフレア(デジモンクロスウォーズ)

登録日:2011/01/28(金) 20:23:51
更新日:2020/05/17 Sun 06:22:19
所要時間:約 7 分で読めます




俺達の蒼く燃える炎を見せてやれ……


俺達は……ブルーフレアだ!!!!




青の軍/ブルーフレアは『デジモンクロスウォーズ』の作中に登場するチーム名。いわゆるライバルチームである。


「ブルーフレア」という名前の由来は不明だが、キリハはよく「蒼い炎」という単語を使う。
劇中で正式名が判明する前のナレーションでは「キリハ(の)軍」とされていた(ただし放送前から『ブルーフレア』という名前は発表されていた)。キリハが青いクロスローダーを持つため、バグラ軍からは『青の軍』と呼ばれている。

いちおうライバルチームなのだが、スポットがほとんど当たらず、そのくせ保有デジモンが増えていくため空気キャラが多いという微妙な扱い。いやまぁ主役チームすら空気だらけなので当然かも知れないが……。

11のゾーンを制圧しており、それなりに強いらしくバグラ軍の頭痛の種になっている。



【メンバー】
《ジェネラル》
◆蒼沼キリハ
青いクロスローダーを持つ冷徹な少年。ライバルなのにほとんどスポットが当たらない。タイキがクロスローダーを持ち、かつ有能なため序盤は度々勧誘していた。
タイキの“様々な手を駆使して状況を打開する”ところを「興味深い」と評価しつつ、「最後に必要なのは力」とも言っているため、公式設定とは裏腹にあまり頭を使わない力押しの戦闘スタイルらしい。
それでいいのか指揮官。
身体能力が馬鹿みたいに高く、飛行中のメイルバードラモンの背中からジャンプして空中で華麗に一回転しつつ鮮やかに着地できる(まぁクロスハートの男二人もたいがいだが)。
過去に父親から帝王学を学び、強くなければ生きて行けないという父の教えから力を欲し、それをグラビモンに利用された。
また両親を事故で失っている。
タイキからは初対面で「黒いものを感じる」「近づきたくない」、なにもしてないのに「命の大切さが分からない奴」と散々な言われようだが、事実らしく本人は気にしていない。それどころかタイキの鋭さを気に入っていた。
出番が少ないので、ライバルなのに主人公とほとんど対立しない。
結局対立しないまま新章に突入しタイキと合流。
コスチュームチェンジしたはいいものの、敵に単騎で突っ込んだり、別行動を取ったリと、脳筋キャラになってしまったが、最近は改心した模様。


《所属デジモン》
◆グレイモン(XW)
強大な力を持つブルーフレアの切札的恐竜型デジモン。既存のグレイモンとはデザインが異なる。
切札なせいで、元々出番が少ないキリハ軍の中でも特に出番が少ないという超空気キャラ。放送開始前からイラストに登場して“いかにも宿敵”みたいな感じだったのに、いざ始まってみれば全く出てこない上に戦闘シーンも少なく、名乗りや技名を除くとまともな台詞は「キリハ、大丈夫か?」の一言だけという空気っぷり。
しかし25話では結構しゃべったばかりか調子の悪いシャウトモンに自らの意思で加勢するなど、最近はわりにがんばっている。
いちおうライバルデジモンなのに未だにはっきりした性格すら不明で、必殺技のメガフレイムに至ってはタイキの夢の中でしか使っていない。もちろん夢以外はシャウトモンとまともに戦ったこともない。
また、基本的にグレイモンが必要な相手は強敵であり、強敵相手だとすぐメタルグレイモン(XW)にデジクロスするため、グレイモン状態で活躍することはほとんどない。
わざわざ名前グレイモンにしてなにやってんだスタッフ。
ちなみにシャウトモンのことは「ちびすけ」と呼ぶ。
シャウトモンからはグレイモンの「オッサン」と呼ばれている。

◆メイルバードラモン
機械系鳥型デジモン。序盤ではブルーフレアで最も活躍していた主力。戦闘力も高いが、高い知性を合わせ持ち、キリハに意見を述べるなどチームの参謀的役割も担う。また、キリハの移動手段でもある。
並のデジモン相手ならコイツだけで勝てるため、他のデジモン(特にグレイモン)が目立たない。
ちなみに、並のデジモンではないようで、デジタル空間も普通に通れる。まぁ『並のデジモンでは通れない』と言いながら通れない奴の方が少ないので、特別凄いというわけではないが。


◆ゴーレモン
メイルバードラモンのデジクロスに使われたデジモン。
使った後キリハに「邪魔だ、どいてろ」と言われ、メイルバードラモンに蹴られて捨てられた。蹴るよりクロスローダーに戻した方が手っ取り早い気がするが気にしてはいけない。
その後、ドラゴンランドで消滅したかと思いきや、キャニオンランドにおいて再登場。サイバードラモンと共にデッカードラモンをリンチし、瀕死の状態まで追い込んだ。

◆サイバードラモン(XW)
サンドゾーンで新登場したデジモン(元々持っていたのか加入したのか不明)。やはり既存のサイバードラモンとはデザインが異なる。肋から伸びる触手で相手を捕縛するなど、オリジナルとはかけ離れたあまりにもグロテスクな見た目は、エイリアンというかプレデター。もはやバイオドラモン。
戦闘時しか登場しない&言葉を喋ったことがないため性格は一切不明。
デジクロスでメタルグレイモンにサイバーランチャーという大砲として装備されるが、やっつけみたいなカッコ悪い変形から人気が低く、しかも初使用のまえにデッカードラモンという新戦力が加入してインパクトを持っていかれてしまった。

デッカードラモン
フォレストゾーンの守護神だったワニのような姿の伝説(笑)のデジモン。「最強のデジモン」とも呼ばれるが、どの程度の実力かは不明。“愛”を重要視しており、ゴーレモンを使い捨てにしたキリハを愛有る者だと見抜いた。
伝説扱いだったくせに仲間入りしてから2週間後にはキリハともども操られる始末。
キャニオンランドで暴走したキリハを止めようとしてリンチに遭い、さらにグラビモンの攻撃からキリハたちを庇って消滅した。
どこぞのブレイブポリスみたいな名前だが、見た目は黄金勇者の恐竜かジャイアン族の炎神みたい。

◆ドラコモン
ドラゴンランドで仲間入りしたデジモン。
地形を利用した作戦に活かされる。


【主なデジクロス】
◆メタルグレイモン(XW)
グレイモンとメイルバードラモンのデジクロス形態。一騎当千の力を持つ。ファンサービスのつもりか名前をわざわざ『メタルグレイモン』にしたせいで一部から毛嫌いされている。

◆サイバーランチャー
メタルグレイモン(XW)がサイバードラモン(XW)の変形したサイバーランチャーを装備する。強いけどカッコ悪いうえに出番がない。

◆デッカーグレイモン
メタルグレイモン(XW)がデッカードラモンとデジクロスした状態。やたら重武装で、キャタピラがついている。メタルグレイモン(XW)は飛べるのに
公式デジモン図鑑では「戦闘型デジモン324体に匹敵する戦闘力」という強いんだか強くないんだかよく分からない説明になっている。戦闘型デジモンってなんだ。
ディスクゾーンにて初登場して何故かサイバードラモン(XW)の技と同じ技名の『サイバーブレーダー』を使ったりとその後少し活躍しただけで、メタルグレイモン(XW)がジークグレイモンへの超進化の力を得たことにより出番がなくなった。
さらにデッカードラモンが消滅してしまったため、おそらくもう出番はない。合掌。

◆ジークグレイモン
メタルグレイモンが超進化した姿。
体が金色に変わりバイザー状だった目がグレイモンの目に変わり、能力が強化された姿。
メタルグレイモン(XW)よりも本家のメタルグレイモンに近いデザインだとよく言われる。でもメタルグレイモン(XW)の色が変わっただけとか言わない。

【専用挿入歌】
『BLAZING BLUE FLARE』





追記・修正よろしく

この項目が面白かったなら……\ポチッと/