織田ノブナガ(戦国乙女)

登録日:2011/11/03(木) 07:12:08
更新日:2020/01/15 Wed 21:17:57
所要時間:約 2 分で読めます




CR「戦国乙女」シリーズに登場するキャラクター。

CV:田村ゆかり小松未可子(乙女マスターズから変更)
身長:175cm
血液型:O型
好物:酒(なお、一般的なイメージとは異なり、史実の信長は超ド級の下戸だったらしい)
趣味:お風呂

パチンコでは「七」の図柄を担当。
織田信長が女体化したら、赤い長髪で火属性みたいな概念を作り上げた始祖の一人である(ちなみに本作稼働の半年後に『戦極姫』が発売された)。

作中トップクラスの露出度の黒いビキニアーマーと長いマントを身につけ、キセルをくわえた赤髪の乙女。
鋭い金色の眼はまるで肉食の猛獣のよう。
眉毛がY字に分かれているのが特徴的で、顔には赤い刺青を施している。
(『Legend Battle』で「御館さまと同じく顔に刺青を~」というセリフがあるため、化粧ではなく刺青のようである)
主要キャラの中では最も背が高く、はち切れんばかりの爆乳を持つ。
織田家の家紋「木瓜紋」はチョーカーに刻まれている。

その体格も風貌も性格も、とても乙女って呼べる年には見えないが大目に見よう。魔法少女(笑)的な意味で
「天下布武」の文字が彫られた黒い両刃大剣を携え、それを軽々と振り回す。デフォルメでは大剣の文字が『てんかふぶ』と平仮名に変わる。
必殺技は剣に炎を纏わせて対象を薙ぎ払う「非情ノ大剣」(ひじょうのたいけん)。

元ネタの圧倒的知名度故に、初代、2共に主役級のポジションにおり、初代では大当りR時の楽曲も担当していた。
タイトルロゴ部分をよく見ると彼女の顔がうっすらと映りこんでいる。
第4作以降は装甲の露出度がやや下がり、首元に羽飾りが付いて威厳が増した。
ただ、私服はいつも酔っ払いオヤジ優美なものばかりである。

他の乙女と同様に榛名を求めているが、その力を使おうとは思っておらず、あくまで自らの力だけで天下統一を狙っている。
榛名は手に入れた後はホコリを被ら…南蛮の珍品と一緒に飾るハラらしい。


過去にヒデヨシの命を救い、家臣とした。普段はパシリ同然の扱いだが、その実『織田家一の家臣』と認めている。
ヒデヨシの事を『サル』と呼べる唯一の人物。
最近では前田トシイエという『イヌ』もフン捕まえた。

今川ヨシモトの事を「お嬢」と呼んでいるが、彼女からは嫌われており、いわゆる犬猿の中である。


主役だけあって、テンパイした時点で乙女リーチ以上が確定。
単体の乙女リーチでも期待度は高く、そのため出陣リーチの二人協力リーチはチャンスダウンとなる。

コスプレでは何故かブレザーの女子高生に変身する。無理すんn(非情ノ大剣!!


◆アニメ版 戦国乙女~桃色パラドックス~
CV:豊口めぐみ
現代から戦国乙女世界にワープしてきた佳乃を拾い、家臣とする。現代の知識や文化に詳しい佳乃をヒデヨシと呼んで可愛がる。
原作より更に胸が大きく顔貌も大人びており、自由奔放にしてとにかく脳筋、そしてイケメン。
また、パチスロや漫画版では描かれていない若年期の姿でも登場しており、この時は刺青もなく顔つきも幼い。

史実の信長が茶の湯を推奨して茶器を家臣への褒美として与えていたのに対し、このノブナガは茶道の作法などどこ吹く風。
窘めるミツヒデを「固いことを申すな」とイイ笑顔で一蹴して何とも美味そうに飲み干すほど。
趣味は相撲(史実の信長も相撲が大好きで、「大相撲」の母体となる組織を作っちゃった程)。

彼女の奔放さ、豪快さに惹かれてミツヒデを始め、様々な武将が彼女の元に集まっていく。
仲が悪いとされていたヨシモトとも、一緒に鷹狩りに行くなど関係は良好な様子。

ちなみにDVD版ではなんと乳首券が発行された。みんなで見ようDVD版。


「このワシの項目を、雑魚共と一緒にするんじゃねぇ!!」



この項目が面白かったなら……\ポチッと/

  • あの胸の大きさで形もいいという・・・ -- 名無しさん (2016-01-18 07:52:28)
  • ゆかりんリストラされてたのか・・・次回作以降も変わったままなのだろうか・・・ -- 名無しさん (2018-04-24 19:05:43)
  • 御屋形様になって各地の乙女を口説きまくるゲームをください -- 名無しさん (2020-01-15 20:03:48)
名前:
コメント: