朝宮龍斗

登録日:2011/06/30(木) 17:12:35
更新日:2018/03/23 Fri 10:57:20
所要時間:約 6 分で読めます




朝宮龍斗とは『史上最強の弟子ケンイチ』の登場人物。
CVは成田剣

プロフィール

年齢17歳
誕生日12月6日
身長178㎝
体重70㎏
趣味 駄菓子屋巡り
好きな物 勝利
嫌いな物 敗北
成績 結構いい
将来の夢 闇の達人に成ることだったが最近考えが変わった


【概要】
ラグナレク編におけるラスボス。
ラグナレクの象徴である拳聖の代わりに組織を取り仕切る冷静沈着な少年。
北欧神話の主神オーディンの異名を持ち、圧倒的な戦闘力を持つ八拳豪や数多の不良を谷本夏が参考にする程の強力なリーダーシップで率いている。
彼と第二拳豪バーサーカー、第三拳豪フレイヤの“スリーオブカード”と称される三人に惹かれた者達によってラグナレクが結成された。

強い気当たりを持ち、中国拳法でいう“緊湊”に達した武術家が展開する“制空圏”の使用に長けている。
更には相手の全体的な動きから流れを読む、武術で言う「観の目」と相手のリズムから戦いのテンポを見抜く能力(ジークフリートと同様のもの)を併用しての先読みを使用する事で制空圏の完成度をより高める事が出来る。
普段は静の武術家として戦うが、拳聖は龍斗が動の気を同時発動出来る様に育成しており、二つの気を解放する事で凄まじい戦闘力を発揮する。
初めて姿を現したときには平然と瞬間移動を行っておりまるで達人級だった。

実は主人公の白浜兼一とは幼なじみであり、いじめられっ子であった彼にとって数少ない友人であった。
幼い頃、美羽がヤクザを叩きのめす光景へ兼一と共に出くわし、彼女の強さへ惹かれた。
その後、兼一が龍斗から押し付けられた猫バッジの代わりに美羽と交換した太陰太極図のバッジを取り合って初めての喧嘩をして敗北。
兼一から勝ちを譲られ、後に自分で太極バッジを出し当てるも深い屈辱を覚え、勝利の勲章を求める様になった。

兼一が引っ越した後は強くなるべく様々な武術や武道を習うが、過剰に相手を打ちのめしていた為に入門と破門を繰り返していた。
ある日偶然にも拳聖が死合いで殺人を犯す瞬間を目の当たりにし、弟子入りを志願した。

本編ではロキが拳聖の名を独断で使いハーミットを嵌めた事に咎めポリシーを踏みにじり、兼一と会話するも彼は自分が龍斗であると気付かず、再会を宣言して撤退。
そして兼一と美羽がバッジを交換しあった思い出の駄菓子屋で兼一に旧友として再会するも、勝利を求める龍斗は戦いを止め様とする兼一の申し出を拒否、圧倒的な実力差で打ちのめす。

その後、ラグナレクと新白連合の最終決戦において長老直々の修行を受け制空圏を会得した兼一と再戦。
最初はやや兼一有利になるが、「観の目」を発動し形成逆転。
兼一を圧倒するも、彼が「リズム粱山泊」で師匠達の動きにシフトした為、巡るましく変更される彼のリズムに着いていけずに投げ飛ばされ、廃倉庫から飛び出た釘で負傷してしまう。

自分を案じて駆け寄る兼一を拒絶し、怒りのままに静動轟一を発動。
凶悪なまでの身体能力で瞬く間に兼一を追い詰めるが、龍斗が勝利に飢えている事へ気付いた兼一が奮起。
互角の戦いを繰り広げるも静動轟一の反動で身体に異常をきたして敗れた。
その直後、廃倉庫の爆発に巻き込まれ、兼一と和解し火の中へ落下するが拳聖に連れ去られ消息不明となった。


その後は闇の弟子集団YOMIに幹部として在籍しており、デスパー島で再登場。
連れ去られた美羽を追うも叶翔の親衛隊に追い詰められた兼一を救う。
しかし静動轟一の後遺症で髪は白髪に、右眼は変色。下半身不随状態になっていた。

そして兼一へのツンデレと化していた。
車いす状態ながら実力は高く、叶翔の親衛隊を軽く倒したり、美羽をその場に釘付けにしたりできる。


【技】
  • 秘技・炭酸一気飲み
 過去の記憶を中々思い出せない人物へ炭酸飲料を強制的に飲ませる。
  • 特殊なうめ〜棒の開け方
 座った姿勢でうめ〜棒の先端を腿に叩き付ける事でポンッと袋から飛び出させる。
  • 交差撃墜
 気当たりで一瞬怯ませた相手の突きを体へ擦らせる様に捌き、その突進力を利用し掌底を放つカウンター。
  • 制空圏
 自分を中心に間合いの範囲で球状の空間を形成し、領域へ侵入した相手を迎撃する技術。兼一よりも優れている模様。
  • グングニル
 眼鏡を外し「観の目」を発動した際に使用する必殺技。
 敵のリズムを読む事で敵の防御をすり抜けるかの如き百発百中の掌底を放つ。
 しかし相手のリズムを認識しなければ使用出来ず、戦闘開始直後は使用不可。
  • 静動轟一
 上述した、内に凝縮する静の気と外へ爆発させる動の気を同時に発動する技。使用時は両目が変色する。
 出鱈目な身体能力を発揮するが、その反動で身体は崩壊し、相容れぬ二つの気で精神を壊し、廃人と化す危険性が存在する。
 アニメでは不自然なまでにムキムキになったり白目になったりでまるでブロリー




力は良い…力は項目を追記し、項目を修正する。

純粋な良項目には“美”さえ感じるものさ。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/