DUEL JACK

登録日:2012/05/01(火) 21:49:51
更新日:2018/10/10 Wed 15:46:21
所要時間:約 3 分で読めます




DUEL JACK(デュエル ジャック)とは伊原しげかつが「月刊コロコロコミック」で連載していたデュエル・マスターズの攻略漫画。

毎回、色々なカードの使い方や、強いデッキの作り方を教えてくれる。


■主な登場人物

この漫画の主人公その1。
クリーチャーのモノマネが得意な愛すべきバカだが、デュエルについては厳しく、「コンボを教えてくれ」とと言ってきたマナトを冷たく突き放したこともある。
使用するデッキは安定していない。
母親は「妖姫シルフィ」

  • 火野マナト
この漫画の主人公その2。
球技好きの少年で、当初はデュエルマスターズをバカにしていたが、ショーにデュエルの面白さを教えられ、デュエルマスターズを始める。ツッコミ担当。
主に火文明を使用するが、光文明や闇文明も使用することが多い。
出張から帰ってきた父親がちょい悪親父になってたり、ばあちゃんがデュエルで若返るなど、家庭はカオスなことになっている。

  • 水野
マナトの友達。当初マナトに負けてばかりいたため、ショーに弟子入りし、なんやかんやで水着を着るようになった。
水単色デッキを使用。
マナトを倒した切り札は「エウロピカ

  • 呪井カケル
暗い雰囲気を持つ少年。
藁人形を持っていてよく対戦相手を呪おうとする。
闇単色デッキを使用。
マナトとの対戦の時の切り札は「ロスト・ソウル

  • 覇羽あゆ
あの頃のギャルのようなデュエリスト。キラキラしたものが好き。
使用するデッキは光文明の大型ブロッカーデッキ。
天空の守護者グラン・ギューレ」がお気に入り。

  • 金塚井アラシ
金持ちデュエリスト。
名前通り、金遣いが荒く、何をトチ狂ったのか産廃パックと名高いDM-07を買い占めたことがある。
また、その時に「ブロッカーなど役に立たない」などと言い放ち、ブロッカーのカードをゴミ箱に捨て、マナトの怒りを買った。
主に自然文明を使用…なのだが、マナトとの初戦は火、光のデッキを使った。
ちなみにその時の切り札は「栄光の精霊アイリス」

  • ドクターハギー
アフロ。
光器ペトローバを主軸にしたイニシエートデッキを使う。
闇文明相手にロストチャージャー相手のデッキに4枚積みされている魔獣虫カオス・ワーム墓地に送り、「切り札が消えれば怖く無いYO」など意味不明な行動をしたが、ショーの凶星王ダーク・ヒドラの効果でカオス・ワームをサルベージさせられ、敗北する。


余談

ショーのモノマネが受けたらしく、小学生から人気が出た。


この漫画の影響で大きな大会でショーが来ると、「モノマネやってー」という人が多くなった。

ちなみに、漫画の最後にレシピを紹介するコーナーがあるが、高レアリティのカードを当たり前のように4枚積みしたりなど、再現は非常に難しい。



追記・修正はゼリーワームのモノマネをしながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2018年10月10日 15:46