コロコロコミック

登録日:2010/05/29 Sat 10:21:13
更新日:2021/03/18 Thu 17:54:06
所要時間:約 17 分で読めます




ガッツな笑いとド迫力!!



コロコロコミックは小学館が発行する漫画雑誌。価格は基本500円。
現在まで小学生向け漫画雑誌の頂点に君臨する存在。
ボンボン? ブンブン? 最強ジャンプ? なにそれ(笑)

「うんこ・ちんちん原理主義」を掲げ、小学生のブームを余裕で操るその影響力は計り知れない。
…ちなみに前述の主義、ファンが勝手に言い出したとかではなく本当に編集部が考え出したのだから恐れ入る。



[漫画雑誌としての特徴]

タイアップ作品が多いと見られがちな雑誌ではあるが、定期的に少なくない数の有名なオリジナル漫画を生み出している。

「友だちんこ」や「もうゆるしま千円」の茶魔語で有名な『おぼっちゃまくん』、「おっパイよー!」、「パイなら~」の『学級王ヤマザキ』、
松井がほぼバケモノ状態の『ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん』などのギャグマンガを多数掲載してきた。

そしてなんと言っても日本で最も有名な漫画であろうドラえもんを連載していた偉大な雑誌。
……というよりドラえもんを連載するために誕生したという経歴の雑誌である。
それだけで漫画界におけるその功績は計り知れないだろう。

生え抜きの児童作家を多数抱えているが、実は活動の場を求めて他雑誌から引き抜かれた作家も多い。
コロコロ生え抜きの人気作家かと思いきや、実は他雑誌出身の作家だったというパターンはよくある。
移籍作家は同社であるサンデー系列の作家が多いが、ライバルのボンボンでの連載経験を持つ作家なんかも確保している。
コロコロから他雑誌に移籍する生え抜き作家は少ないとされるが、出水ぽすかなど他雑誌で成功したパターンもある。

単行本は「てんとう虫コロコロドラゴンコミックス」というレーベルの元、月刊及び別冊連載作品は発売される。
基本的に絶版速度が他雑誌よりもかなり早く、かなりの長期連載作でないと増刷することは少ないので注意が必要。
また、(月刊本誌連載漫画ではないが)とある作品の単行本がとらのあなとコラボしたことがあるなど、ちゃっかり冒険してもいる。

雑誌名の由来は「少年サンデーのブームから外れ、小学館から石ころ扱いされた子供向け漫画を磨いて宝石にする」だとか、
「これからの人生の長い子供たちに、七転び八起きということを伝えたい」ということだとか。

[タイアップ展開]

ミニ四駆、ビーダマン、ベイブレード、ポケモン、デュエマ、ムシキング、恐竜キングと数多くのブームを巻き起こし、子供達のバイブルで玩具業界やゲーム業界のお得意様。

タイアップ漫画がそのままアニメ化され、人気の爆発に一役買うことも日常茶飯事。
タイアップ漫画の関係はないが、地道に長年の宣伝記事を提供する関係のコンテンツも存在する(神羅万象チョコなどがその例)。

コロコロで初めて判明するタイアップ商品の新情報なども多く、ネット上ではその情報の公開を待つ層も多数いる。
発売前に雑誌がフラゲされて新情報の流出が行われることも(ジャンプ程ではないが)。

タイアップ商品の付録を同封することが度々あり、2010年代はTCGのデッキが同梱されるなど豪華さが増してきている。
普段の読者層のみならず、大きなお友達がこの付録に釣られて食い付くことも多い。
普通はコロコロを卒業した層にも定期的に雑誌を買わせてしまう策略と言っても過言ではない。

ただし、決して「コロコロと組んだ玩具=成功間違いなし」という訳でもなかったりする。

成功したタイアップ商品が多いという事は、それだけ失敗したタイアップ商品も少なからずあるという事である。
有名な失敗例としては「ウズマジン」「アムドライバー」「合虫ガッツ」などが話題に上がりやすい。
近年ではかつてのライバル雑誌の主力タイアップ商品であるガンダムシリーズとも手を組んだが、
扱いが悪くなる上に掲載を辞めてしまうなど、子供層獲得を期待していたガンダムファンからは嘆く声も多く出た。

ちなみに、一時ガンダムに対抗してマクロスシリーズと協力関係を結ぶなど、意外なタイアップをしていたこともある。


[雑誌界における競合情勢]

「児童雑誌でコロコロに挑む雑誌は無謀」と言われるほど、現在児童向け漫画雑誌市場を支配している。

長年のライバルというべき存在のコミックボンボンに押された時期もあったが、コンテンツ力の差とボンボン側の迷走もあって唯一のライバルは休刊。
新参と期待を寄せられたコミックブンブンも休刊(出版業界の休刊とは廃刊と同じ)に追い込み、基本的に新参雑誌の登場にもビクともしない。
ケロケロエースも休刊となった今、現在のライバルは「最強ジャンプ」…なのだが、ぶっちゃけ「競合」とは言い難いほどの差を付けている。

加えて、2010年代以降も「第2のポケモン」との呼び声も高い妖怪ウォッチなどの化け物コンテンツを有することに成功し、ほぼ一人勝ち状態。
少子化による児童漫画雑誌への影響も危惧されるが、逆に児童漫画雑誌界における寡占状態を加速させている。

唯一対抗出来ている月刊少年誌は集英社のVジャンプのみ…ではあるが、対象が微妙に違うため棲み分けが出来ている。
もっとも集英社も、かつてジャンプの編集長をしたあの鳥嶋和彦氏が『小学館の編集で唯一働いているのがコロコロ(要約)』と語るくらいにはコロコロを評価してたしね……。

というか、児童漫画のみならず漫画雑誌界全体でも上位の発行部数に位置する雑誌としての立場を確保しつつある。


[現在連載中の漫画(短期連載、読み切りは含まず)]

  • デュエル・マスターズ/松本しげのぶ
人気カードゲームの漫画版。
先代主人公である切札勝太の息子・切札ジョーが自ら作った文明「ジョーカーズ」と共にデュエルマスターを目指す。
勝舞時代のシリアスと勝太時代のギャグがバランス良く混ざった展開になっている。
2017年5月号では、コロコロ連載陣とのコラボカードで構築された『コロコロスペシャルデッキ40枚』が付録になり、話題となった。

でんぢゃらすじ~さんが終わり、でんぢゃらすじ~さん邪もついに終わりシリーズ終了かと思ったら、また名前を変えただけであった。
読んでいてバカバカしくなる。だが、そこがいい。
さよなら絶望先生のエンドカードにも登場した。
月刊コロコロコミック500号記念として、公式サイト上で読者アンケートの歴代1位のコンテンツが公開された*1のだが、その中でじーさんが1位を取った回数はなんと80回。*2
確率にしてなんと3.7割。初めて掲載されてから一度も1位を取れなかった年は18年の中でたった4年しかない。
子どもたちからの人気がどれほど高いのかが分かるというものである。19年5月号からはなんと!が6ヶ月連続で1位獲得という偉業を成し遂げいるあたり、その人気は衰えるどころかますます高まっているフシすらある。
なお、作者が過去に派生誌で新連載を始める際、「絶対本誌でやりたいから見送ったアイディアがある」と発言した事は多分忘れられてる。

アニメも(色んな意味で)話題のゲーム「妖怪ウォッチ」のタイアップ漫画。「ゴゴゴ西遊記」などを描いていた小西先生が担当。
最近歌も出した「ニャーKB」の初登場が、この漫画版であることは意外と知られていない。
小西先生の描いた4コマ漫画が、ゲーム内にいくつか隠されている。

うるさいケシゴムの話。
ケシゴムなのにケシカスくんとはこれ如何に。

そこ、「まだやってたの?」とか言わない。基本的にゲームと合わせて話が進む。
しかし、たまにゲーム発売後、数ヵ月してから連載したこともあった。

旧読者コーナー『珍答検定ゼミナール』の作者によるペポでもなのだでもないカービィ。
ひかわ版のノリで進んでいくのか否か…

「嘘」をテーマにゴクオーくんが事件を解決していく。コマの使い方と伏線回収が素晴らしいと評判。
別コロで連載していたが、月コロに移籍した。

泥棒漫画。PTAから制裁を喰らうかと思われたが、別にそんなことは無かった。作画のクオリティが高い。
最近ゴクオーくんとコラボすることが多い。
アニメ化も果たしており、コロコロ読者以外のファン層も地味に獲得し始めている。

  • ポケットモンスターホライズン/やぶのてんや
イナイレ漫画でおなじみのやぶのてんや先生によるポケモンサン・ムーン発売記念作品。
アキラとイワンコの友情物語。
やぶの先生がかつてデジモンのコミカライズを担当していた事を考えると、色々と感慨深いものがある。

  • ゾゾゾ ゾンビーくん/ながとしやすなり
うちゅう人 田中太郎』の作者によるマンガ。
ゾンビーくんがあれこれと一騒動を起こす。

  • フューチャーカード バディファイト/田村光久
ブシロードの渾身のTCG漫画。作者はサンデーのポケモン漫画で色々と話題になった田村先生。
漫画自体の評判は高いが、DMの壁は厚くブシロードの想定ほどコロコロ本誌で話題にはなっていない。
DM独占状態の中では、ウズマジンなどとは比べるのが失礼なくらい奮闘しているが。

  • ベイブレードバースト/森多ヒロ
コロコロでは連載されるたびに人気を獲得するベイブレードシリーズ第三世代目のタイアップ漫画。
作者の森多先生はサンデー系列の雑誌出身者であり、メタルファイトシリーズのタイアップを担当した足立先生と似たような経緯を歩んでいる。
アニメ化も案の定果たし、妖怪ブームの中でも順調に人気を得るベイブレードは恐るべし。

  • 野球の星 メットマン/むぎわらしんたろう
また野球か。そしてまたおまえか。どこまで野球漫画を描けば気が済むんだ。
漫画好きの星野空と未来から来たパワー増幅野球ヘルメットのメットマンのコロの正反対コンビの野球漫画。

  • 100% パスカル先生/永井ゆうじ
生徒の次は先生。その為基本舞台は学校。

  • マジで!!まじめくん/土田しんのすけ
めっちゃマジメな少年まじめくんのギャグ漫画。

  • パズドラクロス/井上桃太
またパズドラ漫画。少年エースとタマゾーのバトル物語。
余談だがパズドラZの主人公ゼットと主人公の名前が対照的になっている。

鬼ヤバすぎる悪魔の動画クリエイターの物語。


[過去に連載していた主な漫画(読み切りは含まず)]

  • デュエル・マスターズ、デュエル・マスターズVS/松本しげのぶ
前者は切札勝舞が、後者は勝舞の弟である切札勝太が主人公のカードゲームタイアップ作品。
勝舞編は序盤はMtGを題材にしており、シリアスな展開が特徴。
勝太編はギャグ多めな展開となっている。
現在は、勝舞の甥であり勝太の息子である切札ジョーが主人公を担っている。

レベルファイブのサッカーゲームの続編の漫画版。ゲームやアニメと違った熱さが人気である。その昔作者はVジャンプで連載していた。

昔ブームになった。
ベイブレードと素材以外何がかわったかわからない。
新章に。

貧乏小学生の話。最近PTAの制裁を喰らった。

コロコロの超人気ギャグ漫画。
ペンギン小学生ベッカムが活躍する話。
一旦終了し、『ペンギンの問題+』としてリニューアルした。

『学級王ヤマザキ』、『コロッケ!』の作者によるハイパーヨーヨーの漫画。
後に続編として『ぶっとびスピナーキメル!!』が連載された。
名人? ストリングプレイスパイダーベイビー? なにそれ
やっぱ今の時代ダッシュ・ザ・ケルベロスだよね

  • 爆TECH!爆丸
爆丸の漫画。
一話ごとのインフレが凄まじいが、熱さも凄まじい。
ぐんぐん掲載位置が上がっている。

レベルファイブのプラモRPGの漫画版。
作者はかつてボンボンにて「児童誌のベルセルク」と呼ばれたあの漫画を描いてた人。

トレジャースター終了後スタートしたキオ主人公のコミカライズ。

  • 新ドラベース/むぎわらしんたろう
主人公を変えた第二部。

  • ガンダムビルドファイターズ プラモダイバー キット&ビルト/河本けもん
ガンダムビルドファイターズの外伝漫画。
この作品オリジナルの改造ガンプラがあり、本誌でも作例が紹介されたが、大半のガンプラが子供には入手にくい製品が多い。
ガンダムシリーズ自体がコロコロでは人気が出ず、この作品以降ガンダムシリーズはコロコロでの漫画連載を展開していない。

  • 激レーサー 走太郎!!/おおばあつし
ミニ四駆の様なレースおもちゃゲキドライヴに出会っためっちゃ足の速い少年走太郎の物語。

  • ヘボット!/小ガエル
めっちゃヘボで役立たずのロボットのギャグ漫画。

第二次ミニ四駆ブームの火付け役。
かつての読者が成長して購買力と技術力を身に着けたため、本作も真っ青な変態マシンが現実にどんどん登場。
現在の第三次ミニ四駆ブームすら本作が遠因といっても良い。

第一次ミニ四駆ブームの火付け役。

  • 爆転シュート ベイブレード/青木たかお
全世界に旋風を起こしたベイブレードブームの火付け役。

[兄弟雑誌]

本誌とされるのは月刊と呼ばれるほうで、他に

  • 新人の読み切りが多く、本誌連載作品の番外編が掲載される事もある『別冊コロコロコミックSpecial』*3
  • 本誌や別冊より低年齢層を狙った『コロコロイチバン!』
  • 中学生向けと銘打った『ハイパーコロコロ』(のちのコミックGOTTA)
  • 兄貴誌としてさらに上の年齢層を狙った『コロコロG(グレート)』
  • コロコロGの年齢層に加えて、さらに上のコロコロ卒業生を狙った『コロコロアニキ

等が兄弟雑誌としてある。

小学館を代表する週刊少年誌のサンデーとも関係があり、サンデー出身の漫画作者や編集者が流れてくることもある。
コロコロ出身の漫画家がサンデーに移動することもあるにはあるが、サンデー→コロコロほど多くはない。
また、じーさんやペンギンの問題がサンデーに書き下ろしの読み切りとして出張したことがある。
逆に、サンデーの漫画がコロコロに掲載されたこともあるが、基本的には書き下ろしではなく再録パターンが殆ど。



追記・修正はなけなしのお小遣いで本屋に向かった小学校時代を思い出しながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年03月18日 17:54

*1 https://corocoro.jp/80532/

*2 集計期間は読み切りとして初めて月刊に掲載された2001年6月号から2019年10月号までの間

*3 ジャンプに例えると増刊の赤マル、NEXT、GIGAなどにあたる。