ヤンデレ彼女

登録日:2010/06/13(日) 00:47:23
更新日:2019/07/30 Tue 22:36:40
所要時間:約 5 分で読めます




ヤンキー×デレ

意外とかわいいマンガになりました!
(※単行本一巻の帯より)

○概要
ヤンデレ彼女とは、ガンガン系列で連載していたラブコメ漫画である。
作者は(しのび)。
ガンガンJOKERおよびガンガンONLINEで平行連載していた。
ガンガンの勝ち抜き4コマ企画に参加し、見事勝ち抜いたことで連載を勝ち取っている。

タイトルで勘違いされがちだが、この作品のヤンデレは世間一般にイメージされるヤンデレ(病み+デレ)ではなく、ヤンキー+デレという意味のヤンデレである。
単行本は全十七巻で長寿作となった。
ドラマCDが発売されていたりと、ガンガンJOKERの看板作品だったと言えるだろう。


○あらすじ
喧嘩がやたらと強く、他校にまで悪名轟くバリバリのヤンキー・竜崎レイナと、ごく普通の少年・田中学。
同じ学校の二人は桜の降りしきる季節に出会い、恋をした。
周りの皆には内緒の交際を始めた二人。
恋を知らなかったヤンキー少女の、時に甘く、時にキュートで、時にバイオレンスな(?)毎日が始まる――。


○登場人物
主人公。地味な外見に地味なメガネと、普通キャラを地で行く少年(だった)。
竜崎レイナに一目惚れし、彼の方から告白し、物語は始まる。
一見ガリ勉の草食系男子だが、レイナ絡みでは時々はっちゃけることもあるなど、年齢相応の欲求もちゃんとある少年である。
というよりもレイナ絡みでは最初から割とはっちゃけているため、当初からあまり普通キャラだったとも言えない気がする。
余談だが、アニヲタWikiではなぜか彼の項目だけが先に立てられていた。
彼についての詳細は、リンク先の彼の項目も参照のこと。

  • 竜崎レイナ
ヒロイン。高校のレディースの総長で、広く名前を知られているヤンキー。
腕っ節がやたらと強く、他校の不良を毎朝のようにコテンパンにしているが、
彼女の持っているバット(金属製。後にオリハルコン製に買い換えた)には過失致死防止機能が付いているため一安心(何がだ)。
余談だが、某ひぐらしのヒロインの本名と名前が一文字しか違わない。
これは作者がスケバンらしく強そうな名前を付けたらこうなってしまい、後に読者からの指摘で気が付いたとのこと。
不良の前では最強の鬼神だが、田中の前ではデレデレの恋する乙女。
学園祭編では霧雨魔理沙のコスプレを披露した。
ちなみに料理は激辛カレーしか作れない。

  • 吉本聖
体育祭編で初登場した、レイナのクラスの体育委員。
委員長タイプの外見であり、学年トップ3に入るくらい成績も良く、性格も良い。
体育祭やテスト勉強を通してレイナの友人となる。
作中トップクラスの常識人であり、レイナや田中、そして白鳥の良き理解者。
ある事がきっかけで白鳥に好意を抱くようになる。

  • 白鳥翼
学年トップの優等生。自信家で自己主張が強く、田中に何かと張り合って絡んで来るが、「本当は田中と友達になりたい」というのが本心のようである。
田中に絡む延長でレイナに目を付けられることになったため、余計に空回りするようになったり。
いかにも女子にモテそうだが、実は女の子にはあまり免疫がなく、逆に愛でられているヘタレ。
愛すべきバカ。
ちなみに、作者は某とき○モ3のライバルをモデルに彼のキャラを作り、作中でいじり倒している。
実は聖の事が好き。つまり両片思い

  • 田中真夜美
田中学の妹。極度のドMであり、喧嘩の達人であるレイナのパンチを食らって悦ぶほど。
そのためか、レイナを「お姉様」と呼び懐いている。
一方で田中(学の方)とはそっけなく距離を置いて接しているが、よく把握してはいる。
ただし学に対するツンデレとかヤンデレだとかそういうわけではない。
ちなみに女の子を殴る男はクズ、らしい。
元々の構想では本来の意味でのヤンデレであり、名前の由来は真に病んでる、から。

  • 竜崎紅一郎
レイナの父親。田中のクラスの担任。
無口で無愛想、そして三白眼の目つきのためほとんどの生徒から恐れられているが、実は末期的な対人恐怖症で他人と接するのが困難なだけの人。
とはいえ末期的過ぎて生徒とロクにしゃべることも顔を向けることもできず、
一方的に板書を写させるだけという授業スタイルになってしまっているためリアルに考えるとやはりやばい。
田中は紅一郎の数少ない理解者だが、紅一郎自身は娘と田中の交際は知らない。

  • 竜崎蘭
レイナの母親。
若くて美人な良妻賢母だが、昔は「人間凶器」と呼ばれた元ヤンキー。
時折、さらりと物騒な発言をかますことも…。
夫に対しては重度のデレを見せる。
つまりレイナのヤンデレは母親の遺伝。
5巻で紅一郎さんと共に過去が発覚。
正直、レイナさんよりずっと恐い。
でも、デレてる姿はやっぱりかわいい。



○余談

「喧嘩の強い不良少女が普通の少年とカップルになるラブコメ」という設定が、当時週刊少年サンデーに連載していた「オニデレ」に似ているという指摘がたまに見られる。
これについては別にどっちがパクッたとかではなく、作中の忍氏がコメントで
「連載ネームが通った頃に他紙で似た感じの連載(オニデレ)が始まってアチャーって感じですけど、気にせず行きましょう!」
と担当から言われた、という旨の発言をしている。
なので間違っても「オニデレのパクリ?」とか言わないように要注意。


○さらに余談
作者の忍氏については、イラスト投稿系サイト「朝目新聞」の古い常連なら、
「ああ、ドラえもんや熊のプ…の擬人化のネタを投稿していた人か」とすぐ名前が出てくるくらい有名な人。
自身のサイト「忍の保管庫」にて連載されていた「白雪王子」と同名の漫画でガンガン系列の漫画賞の佳作(入賞だったかも?)を受賞している。
現在はモンハンにハマっていることを三巻でコメントしており、サイトでもモンハンのクック先生が擬人化しているモンハン漫画を不定期連載中。
また、パロディも好きで、作中には福本作品などのパロディが時折使われる。
特に単行本のカバー裏には、ガンダム、孤独のグルメ、チャージマン研、アイドルマスターと、毎回違うパロディネタを入れてくる力の入れっぷりである。

最近、ホームページにて随分前に少しだけ掲載していた西遊記を題材にした西悠々記を連載した


田中「レイナさん。一緒に追記・修正しましょうか」
レイナ「う、うん…あのな田中。あたし、追記・修正って初めてだから、その、やり方教えて…」
レイナの手下「あれ、レイナさん? 何してんですか?」
レイナ「とっとと追記・修正しろオラァーー!!」(ドコーン)
田中(吹っ飛ばされながら)「やっぱりね」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/