ポモーナ・スプラウト

登録日:2018/04/18 (水) 22:47:43
更新日:2018/04/19 Thu 00:45:48
所要時間:約 3 分で読めます




ハリー・ポッターシリーズに登場する魔女。

演:ミリアム・マーゴリーズ
声:山本与志恵

概要

ホグワーツ魔法魔術学校の「薬草学」の教授で、ハッフルパフ寮の寮監。誕生日は5月15日。

外見はずんぐりとしていて小柄。
授業はホグワーツ城の裏側の温室で行うことが多く、実際に育てている薬草を見ながら学ぶことがメイン。教科書は「薬草ときのこ千種」を使用。
現場で植物を育てることが多いからか、服は泥だらけであり、爪は「きれい好きのペチュニアおばさんが見たら卒倒するだろう」とハリーに評されている。

上記の通りハッフルパフ寮の寮監も務めており、かつての自寮の生徒と思われるニンファドーラ・トンクスは、「私には、監督生になる資質のお行儀よくする能力が欠けているって寮監が言っていた」と述べている。

同じく寮監を務めるミネルバ・マクゴナガルフィリウス・フリットウィックとの関係は良好で、三人で話をしていることも。
特にマクゴナガルとはホグワーツ在学中から友人であった(「ポッターモア」によれば、彼女とマクゴナガルはホグワーツで5学年違いであったが、どちらが年上かは述べられていない)。


各巻の活躍

1巻『賢者の石』

1年生には週3回の授業を行い、不思議な植物やきのこの育て方などを教えた。
「賢者の石」を守る際には「悪魔の罠」を仕掛けた。彼女が授業で「『悪魔の罠』は暗闇と湿気を好む」と教えていたことから、ハーマイオニーが「悪魔の罠」の対処法に気づいてしまう*1

2巻『秘密の部屋』

グリフィンドールハッフルパフの合同授業で、マンドレイク(鳴き声が命取りになるがたいていの解毒剤の主成分になる強力な回復薬)の栽培を行った。
「秘密の部屋」が開かれて何名かの生徒等がバジリスクにより石化したが、最終的にはマンドレイク回復薬のおかげで無事に回復した。

4巻『炎のゴブレット』

授業ではニキビに効くという「腫れ草」のブボチューバーを扱った。
クリスマス・ダンスパーティでは一時的にダンブルドアと踊っていた。
巻末で自寮の生徒であるセドリック・ディゴリーを失い、彼の両親への対応に追われることとなった。

6巻『謎のプリンス』

N・E・W・T(いもり)クラスとなり勉強が本格化してきたからか、扱う植物がずっと危険なものになる。ハリーら3人組の私語に対しても厳しくなった模様。
ダンブルドアの死後に学校の存続の問題になった際、「ダンブルドアは学校の存続をお望みだっただろうと思います。」と意見を述べた。

7巻『死の秘宝』

ホグワーツの戦いでは、天文台で戦う生徒の指揮を執り、ネビルらと共にマンドレイクで死喰い人に攻撃していた。
エピローグではネビルが薬草学の教授となっており、それまでに退職をした模様。





追記・修正は温室で薬草を育てながらお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/