爆竜鬼虎

登録日:2018/10/25 (木) 09:55:17
更新日:2019/09/02 Mon 08:59:57
所要時間:約 5 分で読めます




貴様!上官に逆らう気か!


爆竜鬼虎(ばくりゅうおにとら)とは、漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の登場人物である。

CV:小村哲生


プロフィール


生年月日:12月8日
年齢:不明(推定50代)
身長:170cm
体重:89kg
血液型:B型


人物


アメリカ陸軍大佐でボルボの傭兵時代の教官。
数々の修羅場を潜り抜けてきた叩きあげの軍人で、軍隊では「鬼軍曹」と呼ばれ恐れられている*1
現在は大佐だがなぜか今でも「鬼軍曹」と呼ばれている。両津とファンからは「爆竜大佐」と呼ばれる事が多い。

陸軍の軍服にベレー帽を被り、左目に眼帯をつけているという、見るからに鬼軍曹といった風貌の人物。
立派なカイゼル髭を生やした顔や体の至るところに大小問わず傷を負っており、それらの傷をどこの戦争で負ったものなのかを全て覚えている。
ちなみに1つだけ妻に引っ掛かれた時の傷がある。
顔の傷が強面度をアップさせており、猛獣ですらもその迫力にビビッてしまうほどである。

ボルボと同様に体のあちこちに何丁もの銃を隠し持っており、挨拶代わりにそれを取り出し発砲してくる。
そのため彼をよく知る人物は彼に会う度に完全武装をするようにしており、話をしている間もいつ発砲してきてもいいよう常に神経を尖らせている。

初登場回では「ワルキューレの騎行」のBGMと共に戦闘ヘリ・アパッチで登場。ボルボの自宅に機関銃やミサイルを撃ち込んで周囲を騒然とさせた。
ちなみにアニメ版では戦闘ヘリで登場する度に「ワルキューレの騎行」が使用されている。 そしてやたらとミサイルを撃つ。
爆竜「挨拶代わりだ!」
両津「やめろー!!」

米軍所属の筈だが、何故か ソ連・ロシア軍の戦闘ヘリ である Mi-24ハインド で登場した事もある。

両津からは貌丹邑(バクニュー)大佐と共に「最強の軍人」と呼ばれている。

アメリカ人の女性と国際結婚しており、3人の息子と1人の娘がいる。
初登場時には娘のジョディーの結婚相手を探しており、候補者の中から娘に相応しい強い男を選ぶため様々なテスト(という名の軍事訓練)を行った。
後にボルボの女性に対する苦手意識を克服させるためにジョディーとの同棲を命令し、そのままジョディーとの交際を認める事となる。

両津の事を気に入っているようで、ジョディーの花婿候補から辞退した両津に選考の様子を録画したテープを送り、
最後に花婿選びパートⅡをやるから是非参加しろと言っていた。

また両津の頼みで寿司ネタを中東ルートで大量に仕入れ、軍用ヘリを飛ばしてそのまま直送した事もある。
他にも彼の誕生日の際には彼の性格や好みを考えて、M551戦車シェリダンをプレゼントしている。
しかしヘリからパラシュートで落下させたため、風向きのせいで派出所に落下してしまっていた。
なおこのシェリダンは後のエピソードにも登場し、キャンピングカーの牽引などに使われている。


性格


「鬼軍曹」の名に恥じぬ過激で物騒な性格。
部下に課す特訓の厳しさは半端ではなく、気が抜けている者や自分に逆らう者には容赦なく鞭を振るう。
「身にかかる火の粉は完全に叩き落とす」をモットーにしているので、どんな者が相手であろうと手を抜くことは決してしない。

両津等の一般人であっても容赦せず、自分の言う事を聞かない者に対しては軍人であるなしに関わらず「貴様!上官に逆らう気か!」と激怒して攻撃してくる。
怒らせるとさらに過激になり、2B弾感覚で相手の服に手榴弾を放り込んだりする。
猛獣が相手でも怯む事はなく、威圧と鞭だけでライオンを追っ払った事がある。

こう見えて愛妻家であり、妻の料理は世界一だと豪語している。
子供達の進路に関しては各々の自主性に任せており、ジョディーがボルボと同棲したいと言い出した際にも「アメリカと日本では文化が全然違う」という理由ですんなり認めている。

負けず嫌いなところもあり、銃剣術での勝負で両津に負けそうになった時にはマシンガンを大人気なく取り出して何が何でも勝とうとしていた。


能力・特技


数々の戦場を潜り抜けてきただけあって銃火器の扱いが得意で、銃剣術等の体術も強い。
ボルボの話では、彼の率いる部隊は最強でとにかく強く、どんな状況下でも必ず生き残って帰還したという。
地獄のように厳しい特訓をしているだけに屈強な体格をしているが、
体のあちこちに傷があるため両津に「本当は弱いから怪我だらけになったんじゃないか?」と突っ込まれた事がある。
その際には図星だったのかかなり動揺していたので、もしかしたら本当に弱いのかもしれない。

アメリカでは夫婦で家事を半々で担当するのが当たり前であるため、一通りの家事は無難にこなせる。
料理も得意であり、包丁の代わりに軍用ナイフを使ってあらゆる食材を調理する。
両津からクリスマスケーキ作りの応援に呼ばれた際にもその家事能力を遺憾なく発揮していた。
眼帯&カイゼル髭&全身傷だらけな強面の男が、婦警に囲まれながら軍用ナイフでテキパキとケーキを作るという画は非常にシュール であったが。

いくつかの調味料をたえず持ち歩いており出汁にも拘りを持っている。
料理が非常に上手いため、両津に「軍人版梅宮辰夫」と評された事がある。


爆竜一家



爆竜の末娘。
アメリカ人とのハーフだが爆竜には似ておらず、母親の血を100%引いた美女である。
アメリカ海軍に所属し、原子力空母の発艦士官を務める。
現在はボルボと結婚を前提に交際中。

  • 爆竜の妻
アメリカ人でかなりの美人。ジョディーは母親似とのこと。

  • バクリュー・シルベスター
爆竜の長男。
アイスホッケーチーム・ロサンゼルス・デトニクスの選手。
両津のチームとアイスホッケーで勝負するが、彼の機敏な動きに苦戦する。

  • バクリュー・アーノルド
爆竜の次男。
アメリカ空軍に所属し、パイロットとして活躍している。

  • バクリュー・ブルース・ウィリー
爆竜の三男。
NASAで働いているがNBAのボルチモアブルックスの選手でもある。
両津によって下町の靴屋がスポンサーとなった。





追記・修正はまあまあだな
しかしそれでは一人前の軍人になれんぞ


この項目が面白かったなら……\ポチッと/