BEM

登録日:2019/08/22 Thu 14:55:08
更新日:2019/09/18 Wed 08:25:44NEW!
所要時間:約15分で読めます






概要

BEM(ベム)』とは日本のアニメ作品である。
2019年7月より放送開始。製作はランドック・スタジオ。

かの有名な「妖怪人間ベム」シリーズの最新作...なのだが、登場人物や世界観含め、諸々の設定の原作やそれまでのシリーズとの乖離が凄まじく、ほぼ別アニメと言っても過言ではない。
但し、それまでのシリーズや原作の根幹である迫害や誤解等の異形の者故の苦しみはしっかり描かれており、それも深夜アニメならではの描写でより生々しく、より悲劇的なものとなっている。
過去のシリーズの中では『妖怪人間ベム -HUMANOID MONSTER BEM-』が最も今作に近い。

あらすじ

某国の湾港都市「リブラシティ」。
そこは政治・経済・文化の中心地である「アッパーサイド」と貧民と犯罪者で溢れかえる「アウトサイド」という全く異なる二つの地域が運河とそれを渡す橋を隔てて併存していた。

そんなリブラシティでは超常的な力を持ったヴィラン達の凶悪犯罪が人知れず横行し、人々を恐怖に陥れていた。
一方、そんな彼らから密かに人間を守る3人の妖怪人間がいた。
彼らの願いは唯一つ、「人間になること」。
醜い異形の存在故に理解されず、それでも戦い続ける彼らの行く末とは...

登場人物

妖怪人間

ご存知主役トリオ。人間に擬態した姿と妖怪人間としての真の姿の二つを併せ持つ。
三人一緒に行動することは基本的になく、それぞれがアッパー、アウトを問わず個別の人間関係を築き、各々の日常生活を送っており、一日の決まった時間に橋の上に集まる程度である。

一度真の姿に戻って再度擬態した際には、衣服が消失する。
また、人間の姿をとってはいるものの、加齢で姿が変わるわけでもなく*1、味覚や嗅覚といった感覚も異なるため食事をしても味はほとんど分からない。
逆に妖怪人間としての姿も、「殺意」「怒り」にまみれた場合はより怪物らしい姿に変貌する。
なお、今作の彼らの人間態の容姿には、それぞれ元となったオリジナルの人間が存在する模様。

  • ベム
CV:小西克幸
妖怪人間のリーダー格。一人称は「俺」。
デザインが大きくリファインされた妖怪人間の中では比較的原形をとどめている方。ただし今作では銀髪を生やしていて、目に瞳がある。
山高帽にブレザー姿の壮年男性の人間態を持ち、杖を携帯している。
「人間を助ければ人間になれる」という信条の元、仲間たちと共にヴィランと戦い続け、人間を守っている。
仲間が人間を殺しかけた際には手を挙げてでも止める等、そのスタンスは徹底している。しかし、悪人は警察に突き出すなど、自分やベラ達が殺さないようにするのみで人間を無条件に擁護している訳ではない。
基本的に無口無表情だが、仲間達のことは内心家族同然に思っている。
本来の姿は筋肉質で大柄なものであり、見た目に違わぬパワーファイトが得意な他にも杖や手先から電撃を放つことが出来る。人間態でも電気で心臓マッサージが可能。
また、電気を吸収することが出来る。

  • ベラ
CV:M・A・O
本作のヒロイン。
これまでは白肌で黒髪のマダムといった風貌だったが、今作では、赤髪の女子高生に変更されていて、ある意味本作で最もデザインの変更が大きい。
表向きは「アナベラ」と名乗ってアッパーサイドの名門校セントジョーゼフ・ハイスクールに通っている*2が、これは人間になった時の為の練習であるとのこと*3で人間になりたいという願望はベム以上に強い。
友人達と接していないときは、無表情でクールな人物に見えるが、これは無口なベムと皮肉屋のベロに囲まれていることが大きく、本来は喜怒哀楽が分かりやすいタイプ。内面はベムやベロと同じく人間への強い思いを持っており、子供には優しい笑顔で接したり、逆に許しがたい悪人を感情に任せて殺しかけたこともある。
普段は学校の友人達と楽しそうに談笑する姿を見せる*4一方で、オタクゆえに友人達と趣味嗜好が異なるロディに対しては観察するかのように近づいたり離れたりとクーデレめいた態度を取ることもある。
嫌いな奴は「自分の手を汚そうとしない奴」。
本来の姿は長い髪を持った細身のものであり、腕から鞭のような触手を複数伸ばして戦う他口から冷凍光線を放つ。
更に感情が高ぶると、爬虫類の様な姿に二重に変貌する。


  • ベロ
CV:小野賢章
おそらく最年少。一人称は「オイラ」。
褐色肌に右目を前髪で隠しており、ヒップホッパーの様なファッションを着た十代前半くらいの少年の姿をしている。また、ヘッドホンを常備しているが、真の姿に戻る際にはこれを外す。
本作での性格は皮肉屋でダウナー気質。人間に成りたいという願望がない訳では無いが、それまでの戦いで人間に拒絶されてきた経験故か人間に対しては冷めた目を向けており、友人達以外には関りを避けようとする。
裏を返せば人間に裏切られること・白眼視されることを非常に恐れており、分かり合えたかもしれないダリルとの間に亀裂が走った際には深く傷つく様な繊細な一面を持っている。
ベム達仲間に対してもぶっきらぼうに接するが、内心では彼らを何より大切に思っている。
ゲームの達人でもあり、普段は親友達と共にアウトサイドのゲームセンターに入り浸っている。
本人曰くアッパーサイドは合わないらしい。
真の姿は3人の中で最も小柄で、スピーディーかつトリッキーな戦い方が得意。
特殊能力は持たないが軽傷なら瞬時に再生させる自己治癒能力を持つ。
ベラと同じく、激怒すると一回り巨大化して四つん這いになり、目が消えて爬虫類のような姿に変貌する。

アウトサイド18分署

  • ソニア・サマーズ
CV:内田真礼
人間サイドの主人公兼ヒロイン。
元々はアッパーサイドの女性捜査官であったが、その性格が災いし、アウトサイド18分署に左遷されてきた。
正義感が強く生真面目な性格で、理不尽なことには状況や相手を問わず物怖じすることなく発言・行動する。
常に事件解決の為に最善な行動を取ろうとするが、身の程を知らない行動も多く、良く言えば積極的、悪く言えば無謀ともいえる。
事件を追う中で妖怪人間達と幾度となく遭遇し、当初は彼らを危険視していたが、感電男との戦いで庇われたことが切欠で彼らには徐々に心を許していく。

  • ジョエル・ウッズ
CV:乃村健次
ソニアの先輩刑事。
じゃじゃ馬なソニアに手を焼いている。

  • ヘルムート・フェルト
CV:小野大輔
第5話から登場。
妖怪人間捕獲の為、アッパーサイドから18分署に派遣されてきた刑事。ソニアやジョエルの新たな上司。
冷血な合理主義者であり、自分が無駄と判断したことは何であろうと周りの意見を求めることなく排除する他、ヴィランが暴れていても特段の事情が無ければ「捕獲対象ではない」という理由で全く動こうともしない。また、目的遂行の為なら手段を選ばず、時には「噂」を広めることで敵を孤立させて物見遊山・正義気取りな市民達を味方につける手段をとることもある。
一方、自分の感情一つで利用価値のある物を切り捨て処分する等、自分勝手で強権的な部分も持つ。

ベラの同級生

  • ロディ・ウォーカー
CV:西山宏太朗
メガネ男子。所謂オタクで、オカルトや都市伝説、怪事件の話なども好き。
ベラに片思いしており、密かに彼女を描いたり変な話に興味を持ったりしているため、彼女の友人達から気持ち悪がられている。

  • クリス
CV:森下由樹子
茶髪ポニーテール。

  • ミーガン
CV:うのちひろ
小柄なメガネっ子。

  • ケイティ
CV:高森奈津美
ブロンドでグラマーな美人。

上記3人はベラの学校での友人達。放課後によくつるんでいる。

ベロの友人

全員シンプルな衣服を着ており、恵まれない家庭の出身である模様。

  • デイブ CV:弥永健人
  • マアヤ CV:山田麻莉奈
  • ケビン CV:小田久史
デイブは継ぎのあるオーバーオールを着た太った少年、マアヤは継ぎはぎだらけのウサギの縫いぐるみを抱いた少女、ケビンは長身の少年。
友達であるベロのことを大切に思っており、ベロも内心彼らに救われている。

その他

  • ダリル・ブライソン
CV:斉藤壮馬
アッパーサイドの政治家秘書の息子である少年。
ベロ程では無いがゲームの腕前も高く、数々の大会で優勝した実力を持つ。
ダリルの父(CV:堀内賢雄)はカーヴァー議員の秘書。だが父の本心はカーヴァーと違い高潔ではなくカーヴァーを疎ましく思っていた。カーヴァーが暗殺された後には、ダリルの父はその仕事を継いで資本家と共に権益を伸ばして「見えざる議会」に取り入り、ゆくゆくは「見えざる議会」も出し抜いて彼らを白日の下に晒すことで全ての利権を得る腹づもりだったものの、見えざる議会に本性を見抜かれていたため消されてしまった。
ダリル本人は一見クールでキザな性格だが、アッパーとアウトサイドの融和を目指していたカーヴァーや(本性を隠した)父を尊敬・敬愛し、将来は自分もその仕事を手伝いたいと考えるなど高い志と情熱を持っている少年。しかしその情熱と幼さは、裏を返せば怒りに任せれば手段を選ばない一面ともなる。
監視カメラからベロを探し出すなど能力も優秀。「見えざる議会」のことも父を殺した黒幕だと気付いてソニアに接触している他、見えざる議会の傀儡である警察に頼らず自分で復讐することを考えている。
ゲームを通じてベロと心を通わせかけるが、父を殺した"影男"を退治したベロの血まみれの姿を見て彼を犯人と勘違い。それ以来、尊敬する父を殺したベロの命を手段を問わず付け狙い、ベロの正体が人間ではないことを知る。

  • カーヴァー
CV:平川大輔
第3話に登場する議員。
アッパーサイドとアウトサイドの格差を無くして融和を狙う政治家で、ソニアとも友人であり、その理念はソニアからも尊敬されていた。
だが見えざる議会から危険視されて、影男に暗殺されてしまう。

見えざる議会

リブラシティを影から支配し、暗躍する謎の組織。
妖怪人間のこともα、β、γと呼んでその存在を認識している。
自分達の支配を脅かす者、アッパーサイドとアウトサイドという今の社会の構造を壊そうとする者は躊躇なく排除するフィクサー。
その詳細は不明だが、ヴィラン達を生み出して混乱を生んでいる・警察組織も支配していることから、悪しき集団であることだけは確か。

  • 謎の女
CV:坂本真綾
見えざる議会のリーダー的存在。
妖艶な雰囲気を纏い、常に敬語で話す。
妖怪人間の捕獲を部下たちに命じる。
彼女の容姿はどことなく初代『妖怪人間ベム』のベラの人間態に似せてある。

  • Dr.リサイクル
CV:諏訪部順一
奇抜な格好のマッドサイエンティスト。
現代科学を遥かに凌駕するオーバーテクノロジーを有し、金次第で依頼人を人知を超えたヴィランに改造する。
常に敬語で話す飄々としている人物。

ヴィラン

Dr.リサイクルによって改造された人間達の成れの果て。
独自のコミュニティを形成し、どこかの酒場を溜まり場にしているが、統率の類はほとんど無く、行動する際には各々が自分の欲望のままに動く。
人間になりたいベム達とは対照的に、力を欲し人間を辞めて人間を殺める存在。

追記・修正は人間になってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/