ハンバラー

登録日:2020/09/24 (木曜日) 20:12:31
更新日:2020/09/26 Sat 00:41:20
所要時間:約 ? 分で読めます





ベーダー09、焼きたてのハンバラーめにございます!

出典:電子戦隊デンジマン/東映/第10話「魔法料理大好き!?」/1980年4月5日放送

電子戦隊デンジマン』の第10話「魔法料理大好き!?」に登場したベーダー怪物。

声:飯塚昭三


【概要】

ハンバーガー型の卵から誕生したベーダー怪物。
極めて原始性が強いため、一度油で揚げて孵化しやすくしてから怪物製造レンジに入れるという工程が必要。

竪琴を弾いてその音色と匂いで人間を催眠状態にし、「ヘドロハンバーカー」を街にばらまいていく。
このハンバーカーを食べると、まず視覚や味覚に異常が起こってハンバーカー以外のものが不味く感じるようになる。
さらに症状が進むと、美的感覚までおかしくなって美しいものが嫌いになって美味しそうな食事が赤い針金のように見えるといった幻覚が現れ、最終的には原始生物になってベーダー一族の家畜同然になってしまう。

武器はハンバーガー爆弾と、巨大な先割れスプーン。
イロモノキャラのような姿にも関わらず、意外にも戦闘力は高くデンジマンをまとめて相手にしても引けは取らない。

頭がパンのためか、叩くといい音が出る。


【活躍】

一度油で揚げたハンバーガー型の卵から誕生したハンバラーは、ヘドラー将軍やケラー、ミラーと共に「ヘドロハンバーカー」を一個10円で販売。
赤城の道場に通う子どもたちも安さにつられて食べてしまう。

すると、子どもたちは黄山の作った料理を何故か食べようとしない。
実は、あのヘドロハンバーカーには人間の感覚を狂わせる恐ろしい効果があったのだ。
ハンバーカーを買いに出ていった子どもたちを追って青梅が調査に向かい、ハンバーカーを売る移動販売車を発見するが、

なるほど…物価高に挑戦か……!

あろうことか、ハンバラーの催眠にかかってハンバーカーを食べてしまう。
四人が連絡もよこさない青梅を探して発見するが、すでにハンバーカーの中毒になっており、あきらのつけていたオーデコロンの匂いを「嫌な臭い」と言って拒絶。
四人が移動販売車を追跡するが、ハンバラーの攻撃で逃げられてしまう。

そうこうしているうちに青梅や子どもたちの症状はさらに悪化していく。

出典:同上

青梅の目にはスパゲティが赤い針金のように見え、青梅は食べ物を受け付けなくなってしまった。
さらに子どもたちも、

出典:同上

青梅と同じく食べ物を受け付けなくなったり、

出典:同上

美しい花を嫌悪して始末してしまったり、

出典:同上

挙げ句の果てにはどこから調達したのかヘドロ風呂に入る者まで現れる有り様。

出典:同上

ハンバーカーよこせ……!

出典:同上

青梅!ここから連れ出すんだ!

青梅も禁断症状が現れてハンバーカーを求めて暴れだしたため、仕方なくデンジランドで眠らせることに。

一方、ヘドリアン女王はさらにスケールを上げて学校の子どもたち全てにハンバーカーを食べさせる給食作戦を行うように指示を出す。
調査をしていた緑川からの連絡を受けた赤城たちは、アイシーの助言で「デンジシャワー」を使い、青梅を正気に戻すと学校に乗り込んで給食作戦を阻止。

ハンバラーとの対決に突入するが、意外にもハンバラーは手強くハンバーガー爆弾や巨大スプーンによる猛攻でデンジマンを圧倒。
しかし、デンジマンを蹴散らして勝ち誇った隙を突かれてデンジスティックでダメージを受け、続けて放たれた「デンジブーメラン」を受けて巨大化する。

ダイデンジンに対して、巨大スプーンで砂煙を起こして撹乱しようとするが、デンジボールでダメージを受ける。
接近して頭突きを食らわせるが、頭が柔らかいパンのせいか効果がなく、逆に捕まって殴られ「デンジ剣・電子満月斬り」で倒された。


【その他】

小学校の先生を演じているのは、『科学戦隊ダイナマン』で王女キメラを演じる香野麻里氏。*1

デザインの野口竜氏によると、子どもたちが「喜んでくれるだろう」と考えて描いたそうである。


追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年09月26日 00:41