Thin Man/ノッポ男(リトルナイトメア2)

登録日:2021/10/24 (日曜日) 15:18:08
更新日:2021/10/30 Sat 17:34:10
所要時間:約 ? 分で読めます






放送局から発せられる不快な電波の中、その男は終わりの無い旅を続けている。
荒廃した世界で影の中を行き、何かを見つけるために。



Thin(シン) Man(マン)/ノッポ男とは、『LITTLE NIGHTMARES2-リトルナイトメア2-』に登場するキャラクター。


概要

chapter4にて初登場。モノとシックスの前に立ちはだかる敵キャラクターの一人で、帽子を被ったスーツ姿で壮年期ぐらいの男性。
Thin Man(痩せ男)の名前の通り細い体をしているが、2mはゆうに超えるであろう長身を持ち、本編に出てくるドアよりも大きい。
だがこれでもリトルナイトメアシリーズの敵キャラクターの中では比較的普通の人間に近い容姿。
テレビを通して邪悪を広げ、世界を歪める『電波塔』の関係者と見られる。モノとシックスを追いかける理由は例によって謎。
パッケージではモノの背後とは言え、でかでかとセンターを陣取っている。


能力

ただ追いかけるだけでなく、前作ラスボス、レディのように複数の特殊能力を備える。

  • 速度低下
自分以外のものの動きを遅くする。ノッポ男に近ければ近いほど効果が強くなる。

一定の距離を一瞬で移動する。長距離移動はできないのか、小刻みに多用することが多い。
これと上記の能力があるからなのか、ノッポ男はこちらを追いかける際にまったく走らない。というかシリーズ全体で見ても動作が緩慢。
また、上記の通り彼はドアよりも大きいのだが、ドアを通る時はなぜか瞬間移動を使わず律儀にも普通に背を屈めてドアをくぐる。腰を痛めるぞ。

  • 吸引
手をかざすことで対象を手元まで引き寄せる。
だが、なぜか「普通に手をのばして捕まえた方が早いのでは?」と思いたくなるような距離で使う。射程距離が短いのだろうか?


活躍(ネタバレ注意)

本編冒頭、及びこれまでのchapterでテレビの中に入ったモノの前に現れた扉の奥で、椅子に座っていた。
chapter4にてついに活動を開始し、テレビを通ってchapter4の舞台である「ペイルシティ」に出現。逃げるモノとシックスを追いかけ、シックスを拉致してその場から去った。

その後、一度シックスに逃げられたようだが、テレビ越しにモノに助けを求める彼女を再び捕え、更にモノをターゲットに定め彼の追跡を開始する。
途中、モノが連結車両を切り離すという、半ば自殺行為に等しい逃走手段を取ったことで一度は見失うも、電波塔への一本道で再びモノと対峙する。
しかし、ここでモノがノッポ男と同質の力でもって反撃を開始。周辺の建物を揺るがすほどのエネルギーがぶつかりあった結果、ノッポ男は敗北し、風に吹かれる塵のように消え去った。



考察

この項に書かれているのは、伝承者などの項目にあるのと同じくユーザーの考察であり、公式設定では無い。


余談

『2』の項目にもあるが、彼は国内外を問わずユーザーからノッポ男ではなくThin Manと呼ばれることの方が多い。どちらも正式名なので間違いでは無いのだが。

クリア後、ノッポ男と同じデザインの帽子を入手することができる。

実は前作のDLC『Secrets of The Maw』のラストに少しだけ登場している。この頃既に『2』の構想があったのでその宣伝をしたかったのか。それとも…。



追記・修正はテレビの向こう側からお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年10月30日 17:34