ミッション攻略 > 35



ミッション概要


沿岸部にテレポーションシップが集結しています。敵船は低空で停止。まるで体を休めているようです。
現在7隻が確認されており、沿岸部は敵の港のような状態になっています。
敵船の数に比べ、護衛の兵器はほとんど確認されていません。
これは奇襲攻撃のチャンスだといえます。歩兵なら敵に発見されずに接近できるはずです。
敵の目を引かないよう、攻撃チームは少数で編成。敵船直下に突入し、撃墜します。
最初の攻撃が成功した後に、後続部隊を投入。すべての敵船を撃破する作戦です。

マップ
海岸 夕方
マルチプレイ制限
EASY&NORMAL HARD HARDEST INFERNO
武器レベル 10 19 59 78
アーマー限界 R/A:740
W:488
F:926
R/A:1377
W:886
F:1722
R/A:3752
W:2370
F:4690
R/A:7624
W:4790
F:9530
出現する味方 出現数 備考
第一波 R:ショットガン
┗R:アサルトライフル
4
R:ロケットランチャー
┗R:アサルトライフル
4
第n波
(それぞれ接近で出現)
F:デクスター自動散弾銃
┗F:デクスター自動散弾銃
5
W:ライトニング・ボウ
┗W:マグ・ブラスター
5
出現する敵 出現数 備考
第一波 輸送船 1 開幕目の前
投下間隔:約40秒毎
┗黒アリ 10
輸送船 2 山の2隻
┗黒アリ HARD以下:9x2
HARDEST以上:10x2
輸送船 1 海岸
┣黒アリ(HARD以下) 9
┣黒アリ(HARDEST) 10
┗金アリ(INFERNO)
輸送船 1 道路上
┣黒アリ(HARD以下) 9
┗金アリ(HARDEST以上) 10
輸送船 1 道路上
┗赤アリ HARD以下:6
HARDEST以上:7
輸送船 1 奥の海岸
┗赤アリ HARD以下:6
HARDEST以上:7
バトルドローン 40
カエル兵(ライフル) 2 小隊行動
カエル兵(プラズマ砲)
(HARDEST以上)
2
カエル兵(プラズマ砲)
(HARDEST以上)
1 小隊行動
カエル兵(ライフル)
(HARDEST以上)
1
赤カエル兵(ショットガン)
(HARDEST以上)
1 小隊行動
カエル兵(ライフル)
(HARDEST以上)
1
第二波
(輸送船残り4隻)
前哨基地(歩行) 1 無敵/一定条件達成で退却
┣バトルドローン HARD以下:30 攻撃モード
HARDEST以上:40
┣赤カエル兵(ショットガン) HARD以下:4
HARDEST以上:5
┣ビーム砲台(赤) 28 ロックオン不可
┣レーザー砲台(青) 14
┣プラズマ砲台(青) 52
┗プラズマ砲台(緑) 13

ミッション全体コメント

おなじみの停泊系ミッション。初期配置の敵は待機モード、前哨基地及びそこから現われた敵は攻撃モード。
輸送船と護衛のドローン、コロニスト(カエル兵)と怪物を撃破していく。

輸送船3隻撃墜で前哨基地の出現フラグが成立し、前哨基地が出現する。
以降、時間経過で前哨基地はドローン・赤コロニストを投下、しばらく砲撃を加えた後去っていく。
前哨基地の撤退条件は、一定時間経過(5分程度)、または輸送船5隻撃墜。

砲撃の威力は難易度であまり変わらないためダメージソースとしてはさほど心配しなくていいが、レーザーの精度は難易度で大きく上昇する。
そのため弾幕を張られて動きを固められたり、増援部隊と協力されると厄介極まりないので注意すること。
砲撃は川まで後退すれば丘を盾にして殆どを防ぐことができる。
ただ、高い位置から撃たれる青プラズマ砲は射線が通るので滝付近の海側の崖などにぴったり張り付くとよい。

初期位置から川を上るとフェンサー部隊の増援、砂浜の奥に近づくとダイバー部隊の増援が来る。
どちらも対地対空に活躍し、対金アリ・赤カエル戦でも善戦する頼もしい部隊なのでできるだけ前哨基地戦前に回収したい。
そのルート構築が要のミッションである。

なお、前哨基地から増援が出てくる前に他の敵を全滅させていると、その時点でクリアとなるため、できるなら超速攻も有効。

前哨基地の細かいタイムスケジュール
(オフライン難易度EASY、NORMALで計測。出現開始時点を00:00とする。多少は誤差あり。)
1.(00:00) 輸送船3隻撃墜で海岸奥の海の方から出現。
2.(01:35) 砲台起動。
3.(02:30) 海岸で停止。ドローンと赤コロニスト投下。
4.(07:30) スタート地点奥の海方向に撤退開始。(時間経過だけでなく、輸送船5隻撃墜でもこのフェーズに移行する。)
5.(08:00) 本部の「あの移動基地がある限り、地上はエイリアンに制圧されたも同然だ。必ず破壊してやる!」という無線が入る。
6.(10:50) 撤退完全完了。


全兵科共通

高難易度では黒アリ輸送船が、金アリ輸送船に変更される。(HARDESTでは1隻、INFERNOでは2隻)
金アリ輸送船は前哨基地出現前に落とすとかなり楽になるので、以下の手順が安全だと思われる。
1.開始位置直近の黒蟻輸送船は後回し
2.スタート直後川を左方向にさかのぼってフェンサーと合流
3.初期配置のカエル全てとドローンをあらかた処理
4.砂浜の金蟻輸送船を撃墜
5.その隣(砂浜)の赤蟻輸送船を撃墜しつつダイバーと合流
6.もうひとつの金蟻輸送船を撃墜(ここで前哨基地出現)
7.前哨基地から逃げつつ赤カエル、ドローンを処理
8.前哨基地が去ったら残った輸送船を処理


レンジャー

INFERNO

その1
【武器】ゴリアスDMX&T5ストーク
【補助/ビークル】軽量リキッドアーマーE3
対空重視でゴリアスをFORK-X20に取り替えてもよい。

幾つかルートは考えられるが一例として、
手前黒蟻船>フェンサー回収>初期配置コロニスト全滅>砂浜金蟻船>砂浜赤蟻船>ダイバー回収>裏手の川へ退却>
投下コロニスト全滅>投下ドローン全滅>前哨基地去る>山手前黒蟻船>山奥黒蟻船>奥金蟻船>手前赤蟻船。

金蟻船を落とす際は蓋が開いて投下されるまでの間だけ攻撃して、無理をせず数回に分けて撃沈する事。
コロニストはゴリアスの直撃で手足を失いやすく、無力化したところをストークで仕留める。

その2
【武器】G&M-A29&スタンピードXM
スタンピードで船直下の敵を吹き飛ばし、G&Mで投下してくる敵を貫通して攻撃する。
コロニストがちょっと苦戦するのでスタンピードを使うチャンスを見極めよう。

金色の装甲を貫通作戦
【武器1】テレポーションシップまで届く射程の貫通武器 (G&M、上位ショットガン、パイロンA1、ペネトレイターFなど)
【武器2】バーナー以外の火炎放射器 (できればマグマ砲)
【補助装備】なるべく上位のネレイド
レンジャーの火炎放射器なら、テレポーションシップの上から直接ハッチを攻撃して撃墜できるという特殊な性質を利用した作戦。
その他の貫通武器も、ハッチにはダメージを与えられないものの、下にいる敵にはダメージを与えられるので、これを併用して地上の敵を一方的に殲滅する。
時間はかかるが、金蟻やコロニストをまともに相手にせずに済み、ダメージもほとんど受けずにクリア可能なので、手段を選ばない人に。
なお、ハッチが閉まっている間は火炎放射器でもダメージは与えられないので、その点は注意。

  • 攻略手順の要約
    • ヘリでテレポーションシップの上に乗り、安地から貫通武器でドローンと下の敵を片付ける。
    • 火炎放射器でテレポーションシップを上から撃墜し、落下する前にヘリで他のテレポーションシップに飛び移る。
    • これの繰り返し。

+細かい手順(長いので折り畳み)
まずは、余計な敵をアクティブにされるのを避けるために付近にいるレンジャーNPCを全て峰打ちしておく。
その後近くにある黒蟻船から投下される黒蟻を倒し続けて功績を稼ぎ、敵がアクティブにならない位置まで戻ってからネレイドを要請する。
このとき、この黒蟻船は撃墜せずにそのまま残しておくこと。

ネレイドに搭乗したら、敵に気づかれないようにするため海の方に迂回して、海岸の赤蟻船付近まで飛ぶ。
そうするとウイングダイバーの増援が現れるはずなので、少し引き返して海岸の金蟻船の上に着陸する。
わざわざウイングダイバーの増援を呼ぶ出すのは、レンジャーと同じく余計なことをされる前に眠ってもらうため。
しばらくすると、金蟻やコロニストに襲われて全滅する。

プレイヤー自身は、武器1の射程が届く限りの範囲のコロニストをアクティブにして呼び寄せた後は、テレポーションシップの中央付近にある遮蔽物に隠れながらアクティブになったドローンの殲滅を優先する。
完全に安地というわけではないのでドローンの攻撃は多少は受けるが、大したダメージはないうちにドローンの殲滅は完了できるはず。
それが終われば、火炎放射器でテレポーションシップを撃墜する前に、下に集まってきたコロニストや金蟻の群れを先に始末する。
下の様子は見えないためレーダーを頼りに当てずっぽうで攻撃するしかないのだが、撃ち続けていればいずれ終わるはず。
あらかた片付いたら火炎放射器でハッチを攻撃して撃墜し、落ちないうちにヘリに乗って他のテレポーションシップに飛び移る。
金蟻は次々と補充されるため完全に全滅させることは難しいが、撃墜前になるべく多く倒しておくと事故の確率が下がる。
一気に火炎放射器での撃墜を狙わずに、煙が出るぐらいまで削った後、レーダーの赤点が消えるまで武器1で攻撃し続けて、次にハッチが開ききる前に火炎放射器でトドメを刺すのがポイント。
すぐに離脱できるように、ヘリの搭乗位置から離れすぎないようにするのも重要。

ヘリが下に落ちてしまったり、ドローンに破壊されてしまっていた場合は、投下される敵を倒し続けて功績値を溜めて再要請できるまで粘る。
テレポーションシップの上で要請しても、よほど変な位置でない限りはどこかにひっかかって止まってくれるので、新しいヘリに乗り換えできる。
もしも、テレポーションシップが落ちきる前にヘリに乗るのに失敗してしまったとしても、事前に足元の敵の掃除がきちんと行えていればそれほど致命的な事態にはならないはず。
逆に敵が多く残っていると、ヘリに乗れたとしても地上からの攻撃で撃墜されてしまうことがある。

同じ理屈で、もう1つの金蟻船も撃墜して、近くの黒蟻船か赤蟻船に飛び移りこれも撃墜する。
このときヘリの進路によってはフェンサーNPCが増援として現れることもあるが、無害なので放っておいていい。
3隻目のテレポーションシップを撃墜したら前哨基地が登場するので、それに備えるため開始地点近くの黒蟻船の上に飛び移っておく。
他のテレポーションシップの上でも別に良いが、この黒蟻船は前哨基地からの砲撃を比較的避けやすい上に、他のテレポーションシップから離れているために余計な敵がアクティブになりにくいのでそれを利用する。
前哨基地は海岸で停止してから5分ほど経過するか、テレポーションシップを5隻撃墜すると撤退を開始するが、今回の作戦では安定性を重視するために時間経過の方を狙う。
前哨基地の砲撃開始、ドローン・赤コロニスト投下までには多少時間の猶予があるので、それまでにテレポーションシップを追加で2隻撃墜する自信があるなら、チャレンジしてもいい。

前哨基地が砲撃を開始したら、テレポーションシップ中央の遮蔽物に隠れて砲撃を避けることを最優先する。
テレポーションシップは回転しているので、常に影になる位置に移動し続けるのがポイント。
隠れていてもたまにプラズマ砲を受けて吹き飛ばされてしまうこともあるが、一撃で下まで落とされることはなく、ダメージも微々たるものなので、慌てずに中央部分に戻ればリカバリーできる。
そのうちドローンと赤コロニストも向かってくるので、砲撃を避けつつドローンを殲滅させる。
しばらくして前哨基地が完全撤退したら、足元に集まっている赤コロニストと黒蟻を全滅させてから、火炎放射器でテレポーションシップを撃墜する。
このとき、今までと同じようにヘリで離脱しても良いが、きちんと殲滅が完了しているなら危険なアクティブ敵は残っていないはずなので、たんまり落ちているアイテムを拾って体制を立て直してもいい。

ここまでくれば、もはやめぼしい敵は残っていないはずなので、普通に地上から攻撃してもクリアは容易だと思われるが、慎重を期すなら最後まで火炎放射器で上から撃墜する作戦を続けるのが手堅い。


ウイングダイバー

INFERNO

火力は力なり
武器:サンダーボウガンRZ、プラズマ・グレートキャノン
コア:VZプラズマコア
アーマー:1000↑

丁寧なゴリ押し。増援省略の速攻も狙える。
全編通して、NPCを介護しつつ戦うように。終盤のラッシュがかなり楽になる。

序盤は一番近い金蟻輸送船撃破まで開始地点の入り江で戦う。不意の攻撃で金蟻を起こさないように注意。

目の前の黒蟻輸送船(グレキャで下の敵をあらかた倒す。残った奴はグレキャの小チャージか参謀で倒し、次の開閉でグレキャでワンパン)
 →すぐ前方の丘を哨戒しているツーマンセル(グレートキャノンで二体まとめて)
  →手前の金蟻輸送船周辺をうろつく赤&緑ツーマンセル(グレートキャノンで二体まとめて)
   →手前の金蟻輸送船(黒蟻同様)

の順に撃破する。
 #アクティブな敵は都度都度殲滅し、クールタイムを設けること。
 #特に赤&緑ツーマンセル撃破時は金蟻と直接戦うことになるので、気を抜かずに。
 #合間合間でドローンは潰しておくと良い。
 #アクティブな敵を倒した後、放っておくと輸送船から減った分の敵が補充されるが、
  どうせグレキャでまとめて吹っ飛ばすので気にしない。

中盤はエリア全体を移動し、フェンサー隊を回収しながら残りのエイリアンを殲滅する。
殲滅したら、最初の金蟻輸送船があったあたりでNPCと集結する。
 #序盤と同様、アクティブな敵を殲滅してクールダウンしつつエイリアンを倒していく。
 #これまた序盤と同様、倒せる範囲でドローンは倒しておくといい。
  というか、速攻を狙うならこの段階でドローンを全滅させたい。
 #金蟻を起こさないように、そして輸送船を落とさないように注意。

終盤は一気にラッシュ。ほぼ全アクティブの中を駆け巡る。

ウイングダイバー出現(奥の砂浜の赤蟻輸送船付近に近づくと出現する。出現させたら後戻り不可)
 →金蟻輸送船(ダイバーの出現フラグが立つ辺りから、輸送船を直接撃破する)
  →アクティブになった金蟻、赤蟻(ダイバー隊を援護する。全滅させたらダイバー隊と合流)
   →ダイバー隊の待機する赤蟻輸送船(赤蟻を全滅させた次のハッチオープンで落とす。EN注意)
    →開始地点側の赤蟻輸送船(他の輸送船同様、赤蟻→船。残った蟻はNPC任せで。EN注意)
     →奥の黒蟻輸送船(輸送船を直接狙う。反応した黒蟻は基本NPC任せ。EN注意)
       ⇒①ENがまだグレキャ1.5発~2発分ぐらい残ってる
          →開始地点側の黒蟻輸送船(同上。緊急チャージ挟んでからでもOK)
           →アクティブになった敵
       ⇒②ENがもうカツカツ
          →ENを回復してグレキャをフルチャージ
           →増援の赤蛙を敵の射程外から殲滅
            →開始地点側の黒蟻輸送船(ドローンを落としながら)
             →アクティブになった敵

の順で倒す。
 #金蟻輸送船攻撃後、金蟻はダイバー隊のほうに流れるはずなので、追いつかれる前に
  グレキャで数を減らしてあげるといい。
 #ENをなんとか持たせて①で速攻をかけ、本部と士官が話している間に敵を殲滅すると、
  増援がきても「記録的な戦果です」と言われて強制ミッションクリアになる。
 #ENに余裕がないなら無難に②で。ぶっちゃけ①も②も労力はあまり変わらない。

貫通&空き巣作戦
【武器1】ドラグーンランスZM
【武器2】MONSTER GA
【コア】VMジェットコア
レンジャーの貫通作戦に似ているが、ウイングダイバーにはテレポーションシップの上から直接ハッチを攻撃する手段がないので、空き巣戦法で代用した作戦。
自力で飛行してテレポーションシップの上に乗れるのに加えて、下に群がった敵の殲滅にそれほどこだわらなくて済むので、レンジャーよりもかなり楽。

  • 攻略手順の要約
    • テレポーションシップの上に乗り、安地から貫通武器でドローンとコロニストを片付ける。
    • MONSTERで遠くのテレポーションシップの下に群がっている敵を釣って呼び寄せ、ガラ空きになったテレポーションシップに急行して撃墜し、敵に追いつかれる前に他のテレポーションシップに飛び乗る。
    • 撃墜したテレポーションシップから出現していた敵を、貫通武器でテレポーションシップの上から安全に片付ける。
    • これの繰り返し。

+細かい手順や装備(長いので折り畳み)
武器1のドラグーンランスはテレポーションシップを高速で撃墜するのと、貫通を活かしてテレポーションシップの下の敵を攻撃するのに使う。
筆者は無限飛行が嫌いなのでトライではなくZMを使っているが、どちらを使ったとしてもダメージ性能がよほど低く無い限りは、多少距離が離れていてもテレポーションシップを1発で撃墜できる。
M4でも2発で撃墜できるので、あまり高レベルの武器を持っていなかったり、ミッション進行度に不相応な武器を使いたくない人は、代わりにこれを使ってもいい。

武器2のMONSTERはドローンの撃墜と遠くの敵の釣りに使う。
上位のGZだとオーバースペックなので、燃費の良いGAの方がこのミッションには向いている。
オフラインならGAでもドローンを中チャージ程度で撃墜できる。
他の遠距離武器でも良いが、貫通を活かしてテレポーションシップ上の遮蔽物に隠れながら攻撃できるのは大きなメリット。

コアは空き巣戦法をやりやすくするための高速移動を重視してVMジェットコアを選択したが、別に他のコアでも構わない。

手順としては、開始地点近くのレンジャーNPCは合流せずに無視するか峰打ちしておいて、近くの黒蟻船、海岸の金蟻船、海岸ではない方の赤蟻船の順番で飛び移っていく。
この赤蟻船の端の方に立てば、隣の高度の高い金蟻船のハッチを直接狙える地点があるので、そこからドラグーンランスで金蟻船を撃墜する。
次はレンジャーと同じように、海岸の金蟻船の上に乗って、MONSTERで狙える範囲の全てのコロニストを釣って呼び寄せた後、テレポーションシップの中央付近にある遮蔽物に隠れながらアクティブになったドローンの殲滅を優先する。
MONSTERの射程が十分に育っているなら、全てのコロニストとドローンに届くはず。
ドローンの殲滅が終わったら、テレポーションシップ下に群がったコロニストを全て倒す。
テレポーションシップ下の敵もMONSTERで攻撃しても良いが、ドラグーンランスだと1撃で倒せる上に低燃費なのでこちらを使う方が楽。
下の様子は見えないためレーダーを頼りに当てずっぽうで攻撃するしかないのだが、撃ち続けていればいずれ終わるはず。
下に群がった敵を倒す際には、隣のテレポーションシップに飛び移りながら、追ってきた敵を視認して攻撃しても良いが、この方法だと時間は短縮できる代わりに攻撃されるリスクが多少あるので注意。
特にライフルコロニストが残っていたら射撃されてダメージを受けやすい。

コロニストが片付いたら、空き巣戦法に取り掛かる。
具体的な手順としては、要約にも書いた通り、MONSTERで遠くのテレポーションシップの下に群がっている敵を釣って呼び寄せ、ガラ空きになったテレポーションシップに急行して撃墜し、敵に追いつかれる前に他のテレポーションシップに飛び乗る。
釣る時に倒してしまうと、目的のテレポーションシップに到達したぐらいのタイミングで敵が補充されて危険なので、そこだけは気をつけること。
VMジェットコアで前方ブーストを繰り返すならば、敵に追いつかれる前に目的を達成する時間的猶予は十分あるだろう。
2隻の金蟻船さえ撃墜してしまえば、残りのテレポーションシップを倒していく順番はお好みだが、最後まで残しておく2隻は開始地点近くの黒蟻船と海岸の赤蟻船にするのが無難。

前哨基地への対処方法はレンジャーのときと同じく、開始地点近くの黒蟻船の上に飛び移っておいて、砲撃を避けながら増援のドローンと赤コロニストを倒す。
増援の赤コロニストを倒し終わる頃には、ドラグーンランスの当てずっぽう撃ちによって、これまでの空き巣戦法で撃ち漏らした敵もほとんどいなくなっているだろう。
ここまで来たら普通にプレイしてもクリアは容易だと思われるが、慎重を期すなら黒蟻船も空き巣戦法で撃墜し、残った赤蟻船の上に乗って完全に敵を殲滅し終わってから、赤蟻船を撃墜するようにすればより確実。


エアレイダー

INFERNO

基本戦術
武器1: リムペット・スナイプガンF3
武器2: 190ミリ砲 その他、貫通するガンシップ要請。
武器3: ZERA-GUN
ビークル: コンバットフレーム ニクスC3
アーマー: 1000~

全兵科共通フローを使用。

コロニストのプラズマ砲のダメージが760くらいあるのでアーマーは1000程度あると即死しづらい。
コロニストは川を挟んだ対岸の山からスナイプガンで呼びつける。
砂浜の金アリ輸送船から砂浜沿いの道路をうろついているコロニストは、手前の山から砂浜の金アリに190ミリ砲を撃ち込んで数を減らしつつ誘き寄せる。
山の反対側(川の方)に移動して道路まで降りたらZERA-GUNを設置して迎撃する。
前哨基地が現れたら、赤コロニストのショットガンを警戒して川の対岸の山まで移動して迎撃する。
ニクスが足りない場合は、赤アリをつついてポイントを稼ぐ。


フェンサー

INFERNO

貫通消毒作戦
武器1:ヘルフレイムリボルバー×2
武器2:ジャンプ装備+スラスター装備でドローンを相手取れるもの(キャノンショット+スパインドライバー等)
補助:砲口安定化装置S式、アドブースター4以上
AP:2000~、高いだけ事故率が減る

レンジャーの貫通作戦とウィングダイバーの空き巣作戦の合わせ技。

まず味方と合流せずに黒蟻船を撃墜。(この時峰打ちしておくと増援のドローンが分散しなくなるが事故率が上がる。)
目の前の丘に登り、複数回ジャンプで適当な船の上に乗る。
垂直ジャンプ×3、横ジャンプ+スラスターで大抵は隣の船に乗れるので、
海岸側ではない方の金蟻シップに着陸し、垂直ジャンプで射線をずらしながらドローンを一通り撃破。

その後には適当にカエル兵を狙撃しつつ海岸の金蟻船の上まで移動し、上の飾りを遮蔽物にしつつシップ下までカエル兵を誘導、
ある程度集まったら真下に向けて火炎放射で金蟻もろとも焼き尽くそう。
船の蓋の開閉音でタイミングを見てシップ下に移動、そのまま撃墜し
一旦丘の方へ戻りつつ着いて来てるであろう赤蟻を始末、
丘の上から再びシップの上へ戻る。

次に、残った金蟻船の隣の赤蟻船Aの上へ登り、金蟻の酸に当たらない程度に前へ出て金蟻船を撃墜。
一発当てれば金蟻は真下に来るので酸に当たる事はない、落ちないようにしつつ撃ち落とそう。
撃墜すると前哨基地のフラグが立つので残った金蟻を真下リボルバーで焼きつつ黒蟻船の上へ移動する。
暫くすると前哨基地が歩いて来て砲台を起動、ドローンとカエル兵を増援に呼ぶので
船の上部分の装飾を遮蔽物にしてドローンを撃ち落とす。
この時にドローンに気を取られて前哨基地の砲撃に当たるのが事故としては一番多いだろう。

ドローンを全て撃ち落としたら船の中腹に立ち、前哨基地が歩いていくまで約5分ほど待機。

後は消化試合、赤蟻船Aから真下~斜め下に消毒すれば地面に届くので
適当に赤蟻船Aから増援のカエル兵を焼いて黒蟻船から順次撃墜していこう。
推奨は黒蟻→黒蟻→赤蟻船A→海岸の赤蟻。


オンライン

INFERNO

囮&空き巣作戦
ウイングダイバーの空き巣作戦を応用した作戦だが、ガラ空きになったテレポーションシップの撃墜は他のプレイヤーに任せることができるのでさらに楽。
メンバー全員が作戦を理解していれば、極めて安全かつ簡単にクリア可能。

  • 攻略手順の要約
    • 囮役がテレポーションシップの上に乗り、他のテレポーションシップから投下される敵とコロニストを釣って集める。
    • 敵が囮役の下に集まったら、ドローンを全滅させる。
    • 囮役以外のプレイヤーが、ガラ空きになったテレポーションシップを撃墜して回る。
    • 最後に囮役の下に群がった敵を片付けてから、最後のテレポーションシップを撃墜してミッションクリア。前哨基地が増援を投下する前に決着をつける。

+細かい手順や装備(長いので折り畳み)
開幕で囮役が一番奥の黒蟻船の上に乗って、他のテレポーションシップから投下される敵とコロニストを釣って集める。
このとき、開始地点近くの黒蟻や進路上の敵もついでに釣って連れていくと効率アップ。
その他のプレイヤーは、敵のターゲットにならないように、開始地点後方の山岳地帯のマップ端の辺りまで下がっておく。
敵が囮役の下に集まったら、後はドローンを全滅させてから、他のプレイヤーがガラ空きになった他のテレポーションシップを撃墜して回るだけ。
テレポーションシップを落とす順番は何でも良いが、金蟻船2隻を先に落としておいた方が安全。
最後に囮役の下に群がった敵を片付けてから、最後のテレポーションシップを撃墜してミッションクリア。
NPCは基本邪魔なので、囮役以外のプレイヤーが回収して遠くに連れて行くか、峰打ちしてしまった方が良い。

ポイントとしては、ドローンとコロニスト以外の敵は最後まで倒さないことと、囮に近づきすぎて敵のターゲットが向かないようにすること。
誘導兵器の誤射などで倒してしまった場合は、あらためて囮役以外のプレイヤーが退避した後に、補充された敵を釣り直すことで体制を立て直した方が確実。

テレポーションシップ3隻目の撃墜から前哨基地が増援を投下するまでの間に速攻を決めて、残ったテレポーションシップと囮役の下に群がった敵を全滅させてそのままミッションクリアするのも十分可能。
2人プレイで、1人が囮に専念した状態で攻撃役が1人だけでも全滅させることもできたので、4人が協力すれば余裕で間に合うはず。
もし間に合わなかったら、囮用のテレポーションシップを1隻を残しておいて、群がったドローンと赤コロニストを遠くから安全に始末すると良い。

テレポーションシップの上に乗る囮役は、ウイングダイバーが適任。
装備はドローン対策兼釣り用のミラージュ15WRと、ミラージュが届かない長距離釣り用のMONSTER GAがベター。
ただし、囮役は必ずしもウイングダイバーではなく、他の兵科がやってもいい。
レンジャーだとリバーサー、エアレイダーだとライフベンダー・ガードポスト・トーチカ、フェンサーなら盾というように、それぞれドローンからの被害を回復・軽減できるメリットがあるので、あまりに低アーマーでドローンに削り殺される場合はこれらの装備を持って囮に専念するのも一つの手。

囮役以外は、ドローンとテレポーションシップ撃墜用の装備をする。
安全な位置からの一方的な攻撃なので、射程の長い武器や誘導兵器が向いている。
補助装備やビークルは速攻を決めやすいように、機動性重視が良い。
空爆やスプライトフォールは囮役に当たってしまう可能性があるので、やめておいた方がいい。
プロミネンスや高高度強襲ミサイルも、テレポーションシップに当たって囮役が危険にさらされることがあるので取扱い注意。

最後に囮役の下に群がった敵は遠くから殲滅するのが確実だが、このときエアレイダーのテンペストでまとめて木っ端微塵にするのも一興か。
このとき、テレポーションシップの真下に誘導すると、高確率で上のテレポーションシップに当たってしまい囮役の方が木っ端微塵になってしまうので、真下からは少し外れた位置に誘導しておいて、着弾寸前に誘導位置を変えるのがポイント。

囮役と攻撃役はそれぞれの出番以外のときはやることがほぼないので、一人分割プレイにも向いている。
交互に操作できれば十分なので、1つのコントローラーでユーザーを切り替えながらのプレイでも問題ない。



最終更新:2020年08月13日 11:35