トップページ

Falcom Sound Team jdk : コンポーザー推測Wiki「jdkManiacs
日本ファルコムのオリジナルサウンドトラック(主に2000年代以降)から作曲者を推測するWikiです。
(Nihon Falcom / Falcom Sound Team jdk's composition guess @Wiki)

タイトル画像

+English

Notice

On April 10, 2020, a change in the atwiki used by this wiki resulted in the insertion of large banner ads in the middle of the page. I am not involved at all, including other banner ads. Dear users, please do not misunderstand. If AtWiki continues to increase advertising unreasonably, we will consider moving to another wiki service. Of course, I have to put up with it because it's free, but this is too bad.

Introduction

Unlike other companies, Falcom has its own policy that does not disclose individual composer/arranger credits for their music. So in principle, all Falcom songs are simply attributed to "Sound Team jdk", and the real artists are left ambiguous.

However, some credits have come to light through files on game discs, declarations from ex-Falcom staff, leaks, and so on. Based on these sources, the purpose of this wiki is to thoroughly elucidate the remaining soundtracks (Zwei series, Gurumin, Xanadu Next, Trails of Cold Steel IV, Ys IX, etc) and arrange albums (Symphony Ys -21st Century-, Ys Healing, Zwei!! SAV, etc), and provide accurate credits for these.

Since it's only a guess, I can't really provide 100% confirmation. But I've been listening to Falcom music for a very long time, so it should be close to 100%. In fact, I checked my own guesses that I had made in the past against the leaked credits from January 2019, and about a 85% of my guesses (651 out of 791) turned out to be right, proving that the recognition and analysis methods used so far were not wrong. My guesses are based on factors such as the melody, the overall sound, the instruments used, the position of said instruments, the arrangement, the composer’s style/personality, their enrollment status, etc. So it's never a simple guesswork.

It might be useless because we will probably never get an official answer. Regardless, there should be some significance in writing down the thought process. Hopefully these will be answered in the future through some kind of leak. I would also like to help people who are interested in Falcom music from a maniac perspective, just like myself.

What is Falcom Sound Team jdk?

After Yuzo Koshiro (who succeeded as a composer with Ys I&II and Sorcerian) left the company, Mieko Ishikawa (who debuted with the MSX version of Xanadu) became Falcom's sole composer, and worked alone on Sorcerian's additional scenarios, Star Trader and Ys III.

The first mention of “J.D.K.” appeared in Star Trader, released in March 1989. According to the official book Falcom Music Chronicle, this unit was founded in late 1988, and all activity by Falcom's sound staff since then has been attributed to this new alias. This same unit was rebranded as “Falcom Sound Team J.D.K.” in 1991, in order to distinguish it from “J.D.K. BAND” – a freelance band that specializes in arranging and performing Falcom music. With the release of Revival Xanadu in March 1995, both “J.D.K.” units were renamed to “Falcom Sound Team jdk” and "jdk BAND”. The meaning of “jdk” and the reasons behind its formation are still shrouded in mystery.

Since the formation of the sound team unit, all internal composition and arrangement activities are credited to “Falcom Sound Team jdk”. Its integrants are mentioned during the ending credits, but whoever is in charge of each song is not disclosed at all. In addition, all soundtracks produced prior to the formation of Sound Team jdk (before late-1988) has been retroactively credited as such, including all of Koshiro's Falcom work.

Similarly, “J.D.K. (jdk) BAND” also exists as an unit with the name J.D.K (jdk), but they are essentially a separate group specialized in live performances. The sound team is made up of internal employees, while the band consists of a group of freelance musicians who are not Falcom employees. The songs intended to be performed by jdk BAND are arranged by the band's leader/director.
· The first generation of J.D.K. BAND (1990~1996) was led by Tomohiko Kishimoto. Kishimoto was the band's leader, lead vocalist, lyricist, synthesizer/drum programmer and in charge of all their arrangements, and also performed guitar and bass at times.
· The second generation of jdk BAND (2007~2015) was directed by Yukihiro Jindo, who also composed and arranged music for Falcom as a contractor, along with drummer Toshiharu Okajima and keyboardist Noriyuki Kamikura.
· The third generation (2015~Present) is directed by Mitsuo Singa, who also provides compositions and arrangements for Falcom as a contractor. All performers from the second generation were replaced by newcomers.

Falcom Sound Team jdk rules

  • Handles not only music composition and arrangement, but also everything else related to sound, such as SE production and voice editing as well.

  • Since Falcom is a small company, it is not uncommon for employees to work concurrently in other tasks and duties. Sound Team jdk members are no exception.

  • If an employee isn't enrolled in Falcom when a game is released, their name will be removed from the in-game credits, no matter how many songs they have composed.

  • In recent years, Falcom has often used previously rejected songs made in the past in newer games, including by former composers after they leave.

  • Contractors usually get an "Arrangement" credit on album booklets. Sometimes this is true, but others is not and the "arrangers" are actually "composers".

  • However, ever since Tokyo Xanadu (or more specifically: since Mitsuo Singa appeared), the "Arrangement" (Composition) credit for independent contractors has been lost (except for vocal songs).

(English text provided by Josep. I recommend the "Nihon Falcom (Sound Team J.D.K./jdk) Composer Breakdown Project" created by Josep and others to foreigners.)

お知らせ

2020年4月10日、当ウィキが利用しているアットウィキのアップデートによりページ途中に大きいサイズのバナー広告が挿入されるようになりました。他のバナー広告も含めて私は一切関与していませんので利用者の皆様、何卒誤解のなきようお願いします。

更新情報


はじめに

日本ファルコムのサウンドチーム(Falcom Sound Team jdk)は伝統的に曲別の作編曲者情報を公開しない独自のポリシーを持つ。なので原則的にどの曲も作曲者はSound Team jdkになり「All Music by Falcom Sound Team jdk」という漠然としたクレジット表記になっている。

ただ退社スタッフ、外注スタッフ、ゲームディスク内のファイルやタレコミなどといった非公式のリーク情報からいくつかのタイトルの作編曲者は明るみになっている。これらの情報を元に残りのまだ明らかになっていないタイトルの楽曲を徹底解明して曲別作曲者の答えを出すことを当Wikiの目的としている。

あくまでも推測なので100%の確証は持てないが長年に渡りファルコム音楽を聴き続けてきたので100%に近い正答率になっているはず。実際に自分が以前から行っていた独自の推測は最近明るみになった非公式リーク情報と答え合わせした結果だいたい85%ぐらいの正答率になっていてこれまでの認識や分析法は間違っていなかったことが証明された。さらにこの情報を元に解析していくことが出来るようになったので精度は飛躍的に向上した。メロディはもちろん、全体の響き、使用楽器、楽器位置、アレンジ、作風、手癖、在籍状況などから精査していくので単純な当てずっぽうではない。

答えが出るか分からない推測なので無駄かもしれないがでも思考過程を書き残すことに何かしらの意義があるはず。将来明るみになっていないタイトルも何らかの情報により答え合わせが出来ることを願おう。また自分と同じようにファルコム音楽にマニア視点で興味が出てきた人の助けになればとも思う。

もちろん元スタッフの方、もしくは内部に近い方からの情報もいつでもお待ちしております。

Falcom Sound Team jdk とは?

「イース」や「ソーサリアン」で作曲者として大成功を収めた古代祐三氏が「イースII」で退社後、ファルコムのサウンドスタッフは「イース」でデビューをした石川三恵子氏ただ一人となる。ソーサリアンの追加シナリオなどで石川氏が一人孤軍奮闘したのち1989年3月発売の「スタートレーダー」のクレジットにて初めて『J.D.K.』の名前が世に出ることになりこのタイトルからサウンドスタッフは全員ひと括りにされチーム制度となる。1991年に曲のアレンジと演奏を専門とする『J.D.K.BAND』の発足を機にそれぞれのチームを区別するため『Falcom Sound Team J.D.K.』へ改名。1995年3月に発売された「リバイバルザナドゥ」以降から『Falcom Sound Team jdk』へさらに改名された。"jdk"の意味、結成した理由などはいまだ謎に包まれたままである。

2013年6月当時のボイスや効果音の入れ込み作業風景
左からjdkメンバーの萩生田朋克氏, 宇仁菅孝宏氏, 園田隼人氏, 籾山紗希氏 (情報源)
Voice and sound effects working in June 2013
From left to right, jdk members Mr.Hagiuda, Mr.Unisuga, Mr.Sonoda, Ms.Momiyama

サウンドチームが結成されて以降、ファルコム社内での作編曲は全て『Falcom Sound Team jdk』及び『J.D.K.』の名のもとにおこなわれるようになる。ただしエンディングクレジットなどでそのタイトルに関わったメンバーだけは最低限公表されるが曲別の担当は一切明かされない。またサウンドチーム結成以前の曲でも結成以降に出たタイトルやサウンドトラックなどは全て『Falcom Sound Team jdk』名義に変更されている。

同じくJ.D.K.(jdk)の名を持つチームとして『J.D.K.(jdk)BAND』が存在するが彼らは基本的に演奏を専門とするチームである。『Falcom Sound Team jdk』はファルコム社員で構成されるがバンドチームは社員ではないフリーのミュージシャンの集まりである。演奏をする曲は基本的にバンドチームのリーダーが編曲をおこない初代jdkBANDリーダーでは岸本友彦氏によって様々な編曲がなされライブなどが開かれた。さらに神藤由東大氏をリーダーとする2代目jdkBANDでは編曲だけでなくタイトルによっては作曲もおこなうようになり神藤氏、岡島氏、上倉氏が精力的に活動をした。3代目ではリーダーの真我光生氏のみが作曲をおこなうようになっている。

Falcom Sound Team jdk の慣習

  • 音楽作編曲だけでなくSE制作、音声編集など音にまつわることはなんでも扱っている。
  • ファルコムでは音楽スタッフ含めて社員が他の分野の仕事を兼任していることも珍しくない。
  • タイトル発売時にファルコムに在籍していない場合は採用された曲があったとしてもゲーム内クレジットには載らない。
  • 現行・退社音楽スタッフが過去に作った曲の再利用をおこなっている場合もある。
  • 外注の音楽スタッフは基本的に編曲としてクレジットされるが本当に編曲のときもあれば実際には作曲を行っているときもある。
  • 東亰ザナドゥ以降、さらに言うと外注の音楽スタッフ真我光生氏が加わって以降は外注スタッフの編曲(作曲)クレジットは歌もの以外載らなくなっている。

当Wikiの位置づけ

これまでの推測は自分のブログにて行なっていたがより普遍性を目指すためにアットウィキに移行。今後の更新はこちらがメイン。

Special Thanks (外部リンク)


web拍手 by FC2
運営者(遊和), 開設日(19/07/02)

免責
※当wikiは非公式です。情報の妥当性や正確性について保証するものではなく一切の責任を負いかねます。
※当wikiを利用することによって生じるいかなる損害も当サイトでは補償致しません。
※ご利用につきましては自己責任となりますのでご注意ください。
※また当wikiおよび当wiki管理人は日本ファルコム様とは一切関係がありません。
※文章の著作権は当wikiにあります。内容の複写、転載はお控えください。
※無料のウィキサービスを利用しているためこちらとは関係のない広告が表示されます。ご理解ください。
Disclaimer
※This wiki is unofficial. We do not guarantee the validity or accuracy of the information and cannot assume any responsibility.
※This site does not compensate for any damage caused by using this wiki.
※Please note that you will be at your own risk.
※Also, this wiki and this wiki administrator have nothing to do with "Nihon Falcom".
※The copyright of the text is on this wiki. Copying or reprinting the contents is prohibited.
※Because you use a free wiki service, you will see ads unrelated to this. Please understand.
最終更新:2020年08月12日 17:10