ぐるみん

最終更新 : 2020-05-17


データ


外部リンク


概要

新規IPとしてはツヴァイ!!に続いて3年ぶり。ファルコムとしては初めての3Dゲームでありキャラクターボイスとして声優を起用した。また2006年にはPSPへの移植をおこないコンシューマ市場へはイースV以来11年ぶりの参入も果たした節目のタイトルでもある。

オリジナルサウンドトラックはゲームの発売当時には存在していなかったがユーザーからの高い要望を受けて2011年7月になって初めて商品化された。ただ現在は廃盤となっておりプレミア化している。

PSP版ではクレジットに既に一線を退き経営方面にシフトしている石川三恵子氏(イースII、III、ドラスレなどの作曲者)が載っているが単に園田隼人氏が単独でクレジットされるのを防ぐためと思われる(単独だと全曲が園田氏の作曲となってしまうため。PSP版発売時、石橋・村山両氏は退社しているためファルコムの流儀でクレジット出来ない)。

オリジナルサウンドトラック

CD1

No 曲名 予想 コメント
01 ぐるぐるTonight 村山 (編:神藤由東大) 消去法で村山氏しか思い浮かばない。メロディライン的に氏が一番近い。村山氏の参加以前にこういったジャジーなメロディは聴かれない。ただ、神藤氏による作曲という可能性も捨て切れない。
02 オバケな日々 園田 園田氏作VMJ「紅の空に」のメロディと似ている。また氏の作と推測出来る未使用曲「BGM37」とも似ていてその曲から発展したのかもしれない。ドラムや左右のシンセの近接気味で太めの響きが特徴的で園田氏の作る音で間違いない。0:53からのブラスの掛け合いなども園田氏テイスト。またこのブラスは「ティース商店街のテーマ」0:21とも似ている。「あなたはだぁれ?」は確実に園田氏と推測可能だが右CHから聴こえるFM音源風シンセはこの曲の右CH側のシンセともよく似ている。
03 あなたはだぁれ? 園田 「オバケな日々」よりさらに顕著に氏の持つ響きを感じ取れるだろう。オケ調アレンジは氏の十八番。
04 マイペースなオバケたち 園田 やはり未使用曲「BGM37」が引き合い。リズム感も似ておりドラムの響きも似ている。続けて聴いても差はない。中間以降のドラムは「Jun Jun - Jungle gym」1:38と似ているが聴き比べてもやはり違う。全体的に音が籠もった感じがあり音像の近接さや定位からいって園田氏だろう。左右に揺れるマリンバみたいな音も氏の持つ音に近い。FC「闇を彷徨う」みたいな曲を作るのならこういった曲を作ったとしても何も違和感はない。
05 ティース商店街のテーマ 園田 メロディからも全体の響きからも判断可能。ドラムサウンドやベースに特に氏の持ち味があらわれてるとみる。石橋氏ライクだが「宴の館」と続けて聴き比べるとサウンドに差を感じ取れる。
06 宴の館 石橋 ドラムは氏の曲FC「レイストン要塞」を彷彿。緻密なアレンジ、全体のクリアなサウンドからも石橋氏だ。園田氏と違い近接気味な詰まった音になっておらず音場の定位感にゆとりがある。またサビのメロディは氏のテイストが色濃い。
07 EURO BEAT POCO 村山 「ステージクリア」と似たようなシンセだが聴き比べるとやはり差があり村山氏ではないか。右chから聴こえるエレキは「dance in the forest」と似ている。音場も石橋氏と違い奥行きが深く広めとなっておりこれらは村山氏の作るサウンドと一致。
08 たたた大変でしゅ 村山 「グルグル魔人でポン」右CHのハープ、「悲しき蒼穹を翔ける」イントロ右CHから聴こえるストリングスと同じ。また村山氏のベースはエッジがあり伸びがある。「グルグル魔人でポン」のベースと同じ音だろう。石橋氏のベースはここまでリアルには響かないし浮き立たない。ドラムも村山氏のドラムに共通する小刻みいいシャープさ。そして全体の響きは村山氏の他の曲と同じで奥行きがあり音場が広め。石橋氏はもっと響きが凝縮してる。さらに凝縮しているのが園田氏。ちなみにこの曲には「悲しき蒼穹を翔ける」メロディが使われているがやはりこちらも村山氏担当とみるほうが自然だろう。
09 伝説のドリル 園田 数秒のジングルでも氏の作る独特のオケの響きは明快。
10 オバケワールド 石橋 広がりのある響きだが左右に広い音場から石橋氏有力。シタールは氏と推測するザナネク「The Treacherous Woods」と似ている。またイントロで使われてるアンクルンというガムラン楽器は「under the sky」0:37でも使われている。さらに氏と確定的なツヴァイ!!「クロップ洞窟」などでも同じアンクルンがある。石橋氏は民族楽器をよく好んで使う。
11 ステージクリア 石橋 色鮮やかで鮮烈なイントロから明快。今作で色々な音を面白く使ってるのは大体において氏だ。
12 闇の霧 園田 判断材料が乏しい曲だがストリングスの響き的に園田氏だろう。「マイナスイオンの静寂」のピチカートの距離感とも似ている。
13 なんだか大変!? 園田 オケの響きからして明快。氏の曲FC「奴を逃がすな!」に通じる曲調だ。石橋氏と違いやや偏りのある狭い響きは氏の持つ響き。0:23など氏の常套句だろう。
14 Animal Minimal 石橋 「ステージクリア」同様に典型的な石橋サウンドのひとつ。同時期に発売された氏の同人アルバム「未来のエネルギー」収録曲「Technology」と似たボイスを駆使した遊び心が聴かれる。0:37からのウッドブロックは「オバケワールド」と位置、響きも同じ。
15 グルグル魔人でポン 村山 石橋氏と推測する曲とは明快に響きが違う。村山氏はこれまでも自曲でティンパニをよく多用している。サビは「悲しき蒼穹を翔ける」サビと類似。村山氏の曲は石橋氏ほど音が密にならず音場いっぱいに広がるイメージ。
16 今来た道を戻れ 園田 氏共通の響き。ベタッとした響きのドラムも同一。「なんだか大変!?」と似たリズム感。ヴァイオリンの音はFC「闇を彷徨う」を彷彿させられる。サビでのドラムのテイストも氏そのものだ。
17 無敵の鎧は絶対破れマセ~ン! 石橋 村山氏との違いはパーカッションの響きの違い、凝ったアレンジにもあらわれてる。ストリングスは「秘密の密林サバイバル」と同じとみる。ベースも同じだろう。0:49からのメロディはいかにも石橋氏っぽいのでは。沸き立つパーカッションもやはり今作での氏のテイスト。
18 マイナスイオンの静寂 園田 1:18あたりから園田氏らしさがあらわれてる。ストリングス込みの響きだとより分かりやすい。前半のメロディ的には氏の曲の零「木霊の道」と通じるものがある。マリンバの音は「ティース商店街のテーマ」「マイペースなオバケたち」「今来た道を戻れ」と同じ響き。
19 秘密の密林サバイバル 石橋 響き的に村山氏より石橋氏。パーカッションのテイストにも氏らしさがある。ストリングスは「無敵の鎧は絶対破れマセ~ン!」と同じ。1:30あたりからのサビの歌いまわしは氏のテイストが色濃い。FCでの氏の曲を彷彿させられ氏の推測曲ザナネク「The Treacherous Woods」のサビとも通じる。
20 dance in the forest 村山 ロック曲ともなると氏の特徴が全開で非常に分かりやすい。「グルグル魔人でポン」と同じシャープなドラム、ベースソロにはFC「ピンチ!!」を彷彿。
21 虹色オバケは泳げない 石橋 左右へ分離した定位感のあるサウンドで村山氏ではないと分かる。全体の響き、色鮮やかなアレンジからも同様。また「オバケワールド」でも使われてるシタールも決め手。ガムランっぽい楽器はFC「行く手をはばむ鋼の床」でも使われている。
22 sight of silence 村山 広大で自然な音の広がりで氏と判断出来る。また氏はベーシストでもあるようなので緻密なベースにも個性が現れている。Aメロ部分は「dance in the forest」のオルガンが入ってくる部分をも彷彿。ふくよかな響きが付与されたピアノも氏のトレードマーク。
23 SAMURAI DRILL! 村山 「グルグル魔人でポン」と同じ華々しいブラス。明確に氏のテイスト全開だ。

CD2

No 曲名 予想 コメント
01 Jun Jun - Jungle gym 村山 全体の響きからも氏だと分かる。またドラムは「dance in the forest」と同じ氏特有のシャープでドライな音。
02 under the sky 石橋 「オバケワールド」冒頭から流れるフレーズが0:35にうっすら入ってる。間奏では「虹色オバケは泳げない」の間奏と似たテイスト。
03 bomber girl 石橋 「Animal Minimal」と同じ氏ならではの一流の遊び。
04 おもひで 村山 「SAMURAI DRILL!」と同じ音のお洒落なピアノのタッチ、ビビッドなベース、響きなどから判断。
05 不可思議オバケ卵 石橋 明快。0:28からの両サイドのシンセも氏の持ち味で氏の曲のFC「四輪の塔」、SC「隠された真の姿」、さらに言うと氏の同人アルバム「未来のエネルギー」収録曲「空飛ぶクルマ」とも通じる似たアレンジだ。
06 Blast of Wind 石橋 これまでと同様の響き。けたたましいパーカッションも同一。
07 Rocky Nebula 石橋 忙しないドラムの音、後半の0:56からのメロディと「無敵の鎧は絶対破れマセ~ン!」後半のシンセと似た音から石橋氏と判断。
08 復讐の賛歌 村山 まずもって園田氏や石橋氏のオケの響きではない。もちろん神藤氏でもない。リズムを刻むドラム音はシャープな響きでこの点からも村山氏が該当。サビ後のコーラスは「悲しき蒼穹を翔ける」を彷彿。広大な音場、リバーブからも氏だろう。
09 呪われし厄の牙 園田 オケの響きから容易に判断可能。
10 悲しき蒼穹を翔ける 村山 ライブ的で華々しいギタープレイは氏の持ち味。シャープで軽快なドラムにも特徴が現れている。ストリングスは「復讐の賛歌」と同じく右CHから入る。
11 やるしかないわね! 園田 「呪われし厄の牙」以上に園田氏ならではのオケの響きを感じ取れるだろう。
12 戦い終わって日が暮れて 園田 園田氏のシンセサウンドもまた独特の均一感があり分かりやすい。「オバケな日々」メロディ含む。
13 明日はきっとみんな友達 石橋 氏の曲のFC「海港都市ルーアン」のフルートやパーカッションと似ている。両サイドに広がるパーカッションやシンセの定位感からいって氏だろう。またこの曲も同時期に発売された「未来のエネルギー」から「本日のランチ」とフルートやマリンバ、メロディなど似た点も多い。
14 いつもの場所へ 園田 「オバケな日々」メロディ含むこの曲もまた「戦い終わって日が暮れて」と同じことが言える。
15 Friends 石橋 編曲(クレジット):古後公隆|以前から氏自らが自曲だと公にしていた。またメロディはやはり同人アルバム「未来のエネルギー」から「エネルギー」と似ている。
16 TO MAKE THE END OF DIGGING 石橋 サイドエレキは「under the sky」と同じ。Aメロのシンセリードは「不可思議オバケ卵」と同じ。後半のピアノ音は村山氏のピアノとは違う響き。
17 ぐるぐるTonight -Less Vocal Ver.- 村山 編曲(クレジット):神藤由東大
18 Friends -Less Vocal Ver.- 石橋 編曲(クレジット):古後公隆
19 ティース商店街のテーマ -Vocal Ver.- 園田

参考動画


投票

選択肢 投票数 投票
推測に納得 1
推測に異議あり 1
分からない 1

コメント

名無しさん
コメント:

すべてのコメントを見る


免責
※当wikiは非公式です。情報の妥当性や正確性について保証するものではなく一切の責任を負いかねます。
※当wikiを利用することによって生じるいかなる損害も当サイトでは補償致しません。
※ご利用につきましては自己責任となりますのでご注意ください。
※また当wikiおよび当wiki管理人は日本ファルコム様とは一切関係がありません。
※文章の著作権は当wikiにあります。内容の複写、転載はお控えください。
※無料のウィキサービスを利用しているためこちらとは関係のない広告が表示されます。ご理解ください。
Disclaimer
※This wiki is unofficial. We do not guarantee the validity or accuracy of the information and cannot assume any responsibility.
※This site does not compensate for any damage caused by using this wiki.
※Please note that you will be at your own risk.
※Also, this wiki and this wiki administrator have nothing to do with "Nihon Falcom".
※The copyright of the text is on this wiki. Copying or reprinting the contents is prohibited.
※Because you use a free wiki service, you will see ads unrelated to this. Please understand.
最終更新:2020年05月17日 18:52