宇仁菅孝宏

宇仁菅孝宏 (Takahiro Unisuga)

(2005~)

目次

更新情報

  • 2021-07-28 : デマについてのお知らせ
  • 2020-12-19 : リンクなど追加
  • 2020-11-06 : 使用機材などを追加
  • 2020-06-16 : 生年月日などを追加

宇仁菅氏退社のデマについて (2021-07-28)

+...
2021年7月23日より宇仁菅孝宏氏退社の情報が流れていましたがはっきりと”デマ”です。全ての元凶はこの「みんなで決めるゲーム音楽ベスト100まとめwiki」の宇仁菅氏のプロフィールページ
(今は編集が元に戻されているが7月23日の編集履歴には残っている。)


一行だけの情報だったとはいえ日付込みのあまりに具体的な情報、ただでさえ最近はリークが立て続けに起こっていたのでてっきり再びリークがされたのかと思い込んでしまいました。さらに海外では有力なファンの友人がファルコム社員に退社の確認を取ったという(今にして思うとあまりに不確か)ことで海外ファンの間でこの情報が信頼の出来る情報となってしまい瞬く間にSNS上で全世界に知られ渡ったということです。具体的な日付と行動&有名ファルコムファンからの確証が重なりそれがさも規定事実になってしまいました。

そして本日28日、宇仁菅氏を心酔する海外ファンたちが暴走のあまり公式Twitterに凸撃。遂には公式Twitterがリプライで「デマを流すのはやめてください!」とツイートせざるを得ない状況にまでなってしまい、こうなると公式が宇仁菅氏は退社されていない、デマだったと言って下さっていうようなもの。もし本当に退社なされているのなら黙殺するでしょう。さらに例のWikiの宇仁菅氏プロフィールページも編集が元に戻されており何事もなかったようになっていました。なおファルコムは基本的に社員を可視化させたくない社風をもっているので恐らく公式にアナウンスをすることはないと思われます。

それだけでデマだったと確証出来るものなのかと思われるかもしれませんが実はこの件に関してこの編集がされた翌日に私がとある近しい方(と書くとまた胡散臭くなってしまいますが、なにがあっても絶対に明かせない方ですのでご理解ください)に連絡を取って真相の確認を取ってもらったところ宇仁菅氏の退社は完全なガセだと分かりました。2020年からサウンドを退いたのも今年7月に退社されたのも全て第三者による捏造です。ただ諸事情で暫く伏せておりました。

いずれにしても2ヶ月後の「黎の軌跡」発売時(正しくはゲームクリア時のスタッフロールで)で真偽ははっきりとしますが仮にもしこのあと宇仁菅氏が本当に退社でもされない限り引き続き宇仁菅氏がサウンドとしてクレジットされるはず。

ということです。
もちろん一番悪いのは虚偽の編集をしたその第三者ですが疑りもせず鵜呑みにしてしまっていたずらにデマを拡散させた自分にも責任があります。読者の方はもちろんのこと、そして関係者の方々にご迷惑をお掛けしてしまい大変申し訳ありませんでした。

+English text : About the Unisuga hoax
It was reported that Takahiro Unisuga will be leaving the company on July 23, 2021, but this is clearly a "hoax". The source of all this is the profile page of Unisuga on the "みんなで決めるゲーム音楽ベスト100まとめ"wiki. (The page has now been edited back to its original state, but it is still there in the edit history of July 23.

Even though it was only a single line of information, it was so specific, including the date, that I thought it had been leaked again, since leaks have been happening so often lately. In addition, a friend of an influential fan overseas confirmed that he had left Falcom, and this information became reliable information among overseas fans, and it quickly became known to the whole world on SNS. The specific date, the action, and the confirmation from a famous Falcom fan combined to make it a fact.

And today, on the 28th, overseas fans who are fascinated by Uninga went out of control and hit the official Twitter. In the end, the official Twitter replied, "Please stop spreading false information!"" In this situation, it is as if the official is saying that Unisuga has not left the company and that it was a hoax. If he had really left the company, he would have been silenced. In addition, the profile page of Unisuga on the Wiki has been edited back to its original state, and it looks as if nothing happened (I'm not sure if this was done by the person who edited the rumor). Falcom has a corporate culture of not wanting to make their employees visible, so they probably won't be making any official announcements.

In fact, the day after this was edited, I contacted a certain person (I know, it sounds fishy again, but please understand that I can never reveal this person no matter what) and asked him to confirm the truth about this matter. The fact that he left Sound in 2020 and the fact that he left in July of this year are all fabrications by third parties. However, for various reasons, we have been keeping it a secret for a while.

In any case, the truth will become clear two months later when "Kuro no Kiseki" is released (or more correctly, in the staff roll when the game is cleared), but unless Unisuga really does leave the company after this, he should continue to be credited as the sound designer.

プロフィール (Profile)

(曲名リンクはSpotify

1980年4月28日生まれ。京都府出身。
大阪工業大学工学部電子情報通信工学科を卒業後、2005年度に日本ファルコムへ入社。

2005年発売『ザナドゥ・ネクスト』で初クレジット後、園田隼人氏と共にファルコムサウンドを支え続けている。

宇仁菅氏の作り出す音楽はモダンなメロディ、整然としたアレンジ、抜群のバランス感、グルーヴあふれるリズムなどに特徴があり氏が作り出すサウンドは常にセンスが良く洗練されている。技術力も随一で仕上がりのクオリティも一際優れている。氏が工学部出身なことやファルコム公式サイトのウェブマスターも務めていたことなどからもそういった精巧さはエンジニア気質ならではともいえるのかもしれない。

代表曲は豊富だが世間的に一番の人気曲だと「The Decisive Collision」「Blue Destination」になるだろうか。持ち前の洗練されたスタイルにより磨き抜かれたサウンドは圧巻。この曲だけをとっても氏のセンスと技術力の高さを伺い知れる。

初期の頃は「夢幻」「PERSON WHO BRINGS END」「叡智の誘い」など氏の技術力を生かした緻密で構成感の強い曲を作り出していた。「あふれる想い」「冬の訪れ」「ERODED VALLEY」などにも唯一無二のバランス感覚が色濃くあらわれているといえる。

お洒落系も氏の独壇場だ。「隠者の庭園」「Exhilarating Ride」「放課後の時間」などに持ち味が遺憾なく発揮されていて石橋氏や村山氏に続きこのジャンルの質を保っている。またアコースティック系もお手のもので今も人気の「空を見上げて」は初期の頃の会心の一作。「クロスベルの午後」「自由行動日」「紺碧の海都オルディス」など端正で格調高いメロディとサウンドセンスも光る。

バラード系もそつなくまとめていて「いつかきっと」「あれから...」「君に伝えたいこと」などしっとり滋味豊か。園田氏は歌謡性豊かな味付けをしてくるが宇仁菅氏はあくまでもクールでさり気ない歌いまわし。木目細かなサウンドで叙情を彩る。

明るめのポップス系としては「Happy Holiday」「Happy Halloween!」などがありこういった曲調も手堅い。アップテンポな曲に氏特有のメロディが乗るとなんとも言えない甘く爽やかな味わいだ。そういったセンスは早くも初期の頃の「ル=ロックルへようこそ」にもあらわれてるといえる。

一転してロック系の曲はアグレッシブに攻めていて「Belief」「Believe It!!」「DEADLY TEMPTATION」などは最たる例。キレッキレに抜群のドライヴ感と溢れんばかりの熱気を楽しめるだろう。暴れているからといって決して羽目を外したりせずどの楽器もバランス良く響いているのが美点。「Fateful confrontation」は氏のロック曲の原点であり氏のロックスタイルが凝縮。今最も人気の「SUNSHINE COASTLINE」もこの系列に位置し恐らく世間的にはこのロック系が最も人気を博しているのだろう。

他に近年になって増えてきたスタイルは「Phantasmal Blaze」「THE VALLEY OF THE KINGS」といった壮大なオケ+打ち込まれる重いパーカッションの組み合わせ。いわゆる大仰なエピック系だろうか。これこそ高いレベルのアレンジ能力がないと形にならないはずだ。

反面、純オーケストラ曲はあまり作られておらず「再創世の刻」「それぞれの正義」「それぞれの覚悟」などがあるに過ぎない。基本オケものは園田氏か神藤氏に任せていると思われる。ただ氏のアレンジ能力が高いのは折り紙付きなのでオケものが作れないというわけではなくあくまでも他のメンバーと住み分けているのだろう。

このように基本どのジャンルも高いレベルで仕上げてくる。まずバタ臭い曲は作らない。今やファルコムサウンドに欠かせない最も重要なスタッフのひとりといえよう。

+English text : Profile
Born April 28, 1980. Born in Kyoto.
After graduating from the Department of Electronics, Information and Communication Engineering, Faculty of Engineering, Osaka Institute of Technology, joined Nihon Falcom in 2005.

After the first credit with "Xanadu Next" released in 2005, Up to now, he has been supporting Falcom Sound for nearly 20 years with Mr.Sonoda.

The music made by Mr.Unisuga is characterized by modern melody, orderly arrangement, outstanding balance, and a rhythm full of grooves. Music is always smart and sophisticated. The technical ability is outstanding and the quality of the finish is outstanding compared to other members. He is from the Faculty of Engineering and is also the webmaster of the Falcom official website. Such an engineer temperament may have created elaborate quality.

There are many representative songs, but generally the most popular song will be "Blue Destination". The sound polished by the sophisticated style is a masterpiece. You can hear his sense and high technical skill with this song alone.

In the early days, he created precise and highly structured songs that made use of his technical capabilities, such as “Visions”, “PERSON WHO BRINGS END”, and “Temptation of Wisdom”. I think that the unique balance sensation is also deeply expressed in “Overflowing Feelings”, “Wintry Arrival”, “ERODED VALLEY” and so on.

The stylish song is the world only for him. His features are fully expressed in "The Garden of Recluse", "Exhilarating Ride", and "Afterschool Hours". Also, the acoustic songs are wonderful and "Looking Up at the Sky" is a masterpiece from the early days. Neat and magnificent melodies and sound senses such as “Afternoon in Crossbell”, “Leisure Day”, and “Blue Ocean City Ordis” also shine.

Ballad songs are also rich in lyricism, such as “Someday, Surely”, “Since Then...”, “Things to Tell You”. Mr.Sonoda is rich in singing and seasoned with a lot of taste, but Mr. Uni is a cool and casual song. Color the lyric with precise sound.

Bright pops such as “Happy Holiday” and “Happy Halloween!” Are also good. When his melody rides on an up-tempo song, it's light and refreshing. Such a sense can be said to have appeared as early as early in the early days of the SC “Welcome to Le-Locle”.

The rock music is aggressive, and “Belief”, “Believe It !!”, “DEADLY TEMPTATION” are the best examples. You can enjoy an outstanding feeling of driving and overflowing enthusiasm. Of course, no musical instrument protrudes, it blends neatly and resonates well. “Fateful confrontation” is the origin of his rock music and his rock style is condensed. The popular "SUNSHINE COASTLINE" is also in this series, and this rock song is probably the most popular.

Another style that has increased in recent years is the combination of spectacular orchestras and heavy percussion, such as “Phantasmal Blaze”, “THE VALLEY OF THE KINGS”, and “Majestic Roar”. This will not take shape without a high level of arrangement ability.

On the other hand, pure orchestral songs are not made so much, and there are only "The Time of Re-Creation", "Each Justice", "Readiness for Each" and so on. It seems that the basic orchestra is left to Mr.Sonoda or Mr.Jindo. However, his ability to arrange has been proven. It doesn't mean you can't make an orchestra, it just coexists with other members.

In this way, songs can be made at a high level in any basic genre. The songs he produces are always good in sense and quality. He makes no terrible songs. It can be said that it is an indispensable key person for Falcom.

(This sentence is a jdkMANIACS version of an article I wrote on "みんなで決めるゲーム音楽まとめWiki")


使用機材

シンセサイザー

写真から確定(トップページの写真参照)。ちなみにインタビュー記事の写真*1によると古口駿太郎氏も同じMOTIF ESを使っているようだ。

ソフトウェア音源

あくまでも推測だが恐らくあっているのではないかと思われる。*2
エレキギター
Prominy : LPC Electric Guitar 空の軌跡SC Fateful confrontation
イース・オリジン SILENT DESERT
零の軌跡 A Light Illuminating The Depths (Arr.)
碧の軌跡 Concentrate All Firepower!! / Conflicting Passions (Arr.) / Unexpected Emergency (Arr.) / Unfathomed Force (Arr.) / #0059*3
那由多の軌跡 冒険への扉
セルセタの樹海 (Arr.) 燃ゆる剣 / 灼熱の炎の中で / 導きの塔〜エルディールにくちづけを / 最終決戦
閃の軌跡 Belief / Don't be Defeated by a Friend! (Arr.)
閃の軌跡II Heated Mind / Awakening / Severe Blow
東亰ザナドゥ Bravely Storm / Soul to Burn
イースVIII OVERCOME THE ROCKY PATH (リード)
Prominy : SC Electric Guitar 閃の軌跡 ダイニングバー《F》
東亰ザナドゥ Moistened Feel / 魔法少女まじかるアリサ
Prominy : V-METAL 東亰ザナドゥ 己の焔を信じて / 侵食される世界 / Believe It!! / Calm Passion / 始まりのテレパシー / 夏の訪れ
イースVIII SUNSHINE COASTLINE / CRIMSON FIGHTER / OVERCOME THE ROCKY PATH (リズム) / GENS D'ARMES / GREAT PLAINS: PAN-GAIA
閃の軌跡III アインヘル小要塞 / Brave Steel / Lift-off! / Erosion of Madness / Spiral of Erebos
閃の軌跡IV Burning Throb / Constraint / With Our Own Hands!! / The End of -SAGA- / Majestic Roar
THREE-BODY TECH : HEAVIER 7 STRINGS イースIX MONSTRUM SPECTRUM / DESERT AFTER TEARS / WILD CARD
創の軌跡 Like a Whirlwind
Live performance 空の軌跡SC Fight with Assailant (Arr.)*4
(arr.=アレンジ)
(初期はLPC、中期はV-METAL、そして今はHEAVIERとなっているようだ。ちなみにProminy社のLPC音源は少なくとも2004年辺りからリリースされている。*5


外部リンク (External Link)


掲載ページ (Published Page)


ディスコグラフィ (Discography)

※全てではなく一部の確定した曲のみを掲載。下記チェックボックスで列の表示非表示の切り替え。曲毎のコメントは随時追加して更新中。
(Only some confirmed songs are listed, not all. Use the checkboxes below to show or hide columns.)
SONGNAME SONGNAME(e) GAMETITLE GAMETITLE(e) RELEASEDATE ARRANGER COMMENT
夢幻 Visions 空の軌跡 SC Trails in the Sky:SC 2006-03-09 繰り返されるメロディが徐々に高揚していき盛り上がったまま静かに消えていく。この曲構成は暫く宇仁菅氏のスタイルとして定着していく。とある情報によると宇仁菅氏の最初の曲とされている。氏の曲として以前から広く知られていた曲のうちのひとつ。
夢の続き The Dream Continues 空の軌跡 SC Trails in the Sky:SC 2006-03-09 信号ラッパのように静かなコラールで開始し叙情的なメロディはストリングスに受け継がれる。ピチカートによるアクセントが効果的に使われている。
始まりの地 Singularity of the Origin 空の軌跡 the 3rd Trails in the Sky:the3rd 2007-06-28 夢幻と同じグロッケンが音空間に木霊。この時期はこういったアンビエントチックなアレンジが氏の十八番となっていた。
煉獄への階段 Stairway to Gehenna 空の軌跡 the 3rd Trails in the Sky:the3rd 2007-06-28 息の長いメロディラインが宇仁菅氏の特徴。
浮遊都市リベルアーク Floating City "Liber-Ark" 空の軌跡 SC Trails in the Sky:SC 2006-03-09 石橋渡氏制作の「空の軌跡」テーマ使用。なので最低でもこの曲以降はSCを対象に作られていると思われる。
潜入 Infiltration 空の軌跡 SC Trails in the Sky:SC 2006-03-09 宇仁菅氏の十八番となる軽快なシンセサウンド。サビの末尾で余韻を込めるような歌わせ方が氏らしさ。
絆の在り処 Where the Bonds Are 空の軌跡 SC Trails in the Sky:SC 2006-03-09 「空を見上げて」原曲?アレンジ?今までも続く宇仁菅氏の得意技となるカーンっていうハンマー音のようなパーカッションがここから聴かれる。
Strepitoso Fight Strepitoso Fight 空の軌跡 SC Trails in the Sky:SC 2006-03-09 恐らく石橋氏の「Sophisticated Fight」をオマージュして作られたジャズ調の戦闘曲。ただ残念ながらファンの間では「Sophisticated Fight」や「Determination of Fight」などといったジャズ調シリーズ戦闘曲と比べあまり評判は良くなかったように思う。
ル=ロックルへようこそ Welcome to Le-Locle 空の軌跡 SC Trails in the Sky:SC 2006-03-09 宇仁菅氏は基本シリアスな作風なのでこういった楽天的な曲調は珍しい。バケーション気分を演出するギロは恐らくこの曲のみに使われた。
空を見上げて Looking Up at the Sky 空の軌跡 SC Trails in the Sky:SC 2006-03-09 初期の宇仁菅氏の一番のヒット作。3rdで歌もの化。「浮遊都市リベルアーク」や「ル=ロックルへようこそ」でもそうだがサビ後に余韻を膨らませる構成にしてあることが多い。
Fateful confrontation Fateful confrontation 空の軌跡 SC Trails in the Sky:SC 2006-03-09 ロック曲第1弾。この曲が最も宇仁菅氏の曲として以前から広く知られていたと思う。村山氏作曲の「執行者」テーマを使っている。
Fateful Confrontation -ポムっと! Ver.- Fateful confrontation -Pomtto! Ver.- 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29 同名曲チップチューンアレンジ。こういったシンプルなアレンジだからこそ宇仁菅氏が本来活かしたいメロディや構造が手に取りように分かるというもの。
異界 Parallel Universe 空の軌跡 the 3rd Trails in the Sky:the3rd 2007-06-28
紫苑の家 Aster House 空の軌跡 the 3rd Trails in the Sky:the3rd 2007-06-28
隠者の庭園 The Garden of Recluse 空の軌跡 the 3rd Trails in the Sky:the3rd 2007-06-28 「潜入」に続くオシャレ路線。メロディのテイストも踏襲。この辺りから左右にエコーさせる手法が増えてくる。
WATER PRISON WATER PRISON イース・オリジン Ys Origin 2006-12-21 パーカッションを盛り盛りにしてバランスを左右に振っているのが宇仁菅氏の曲の特徴のひとつ。サビのメロディの歌いまわしも氏らしさあふれる。
THE PAIN OF SEPARATION THE PAIN OF SEPARATION イース・オリジン Ys Origin 2006-12-21 ヴァイオリン、チェロ、ピチカート部隊、ピアノ、パーカッションと宇仁菅氏としてはここまで室内楽的に編成を絞った曲も珍しい。
UNCERTAINTY IN THE FUTURE UNCERTAINTY IN THE FUTURE イースVII Ys VII 2009-09-17 ジャジーな曲調になっているのは服部氏の「UNDER THE OCCUPATION」をオマージュしたのだろうか。サビのシンセリードの音は後年氏が「DETERMINATION」や「風船と紙吹雪」などの曲でよく好んで使っている。
FROM AN EFFORT OF THE REVIVAL FROM AN EFFORT OF THE REVIVAL イースVII Ys VII 2009-09-17 宇仁菅氏が初めてオーケストラの響きを全面的に取り入れた曲。グロッケンが奏でる後半のメロディと最後のメロディの歌いまわしに注目。今後結構な頻度で似たような歌いまわしが聴かれることに。
SILENT DESERT SILENT DESERT イース・オリジン Ys Origin 2006-12-21 ロック曲第2弾。半年間で構成力や表現力など目覚ましく向上している。「SCARS OF THE DIVINE WING」などの竹下氏の曲と思われていることが多かったそうな。それだけ違和感なく作品と一体化した曲。
DETERMINATION DETERMINATION イース・オリジン Ys Origin 2006-12-21
FAIR SKIES FAIR SKIES イース・オリジン Ys Origin 2006-12-21 穏やかにたおやかにゆっくりと微睡んでいく。揺りかごのような夢見心地。
CONFRONTATION CONFRONTATION イース・オリジン Ys Origin 2006-12-21 「TOWER OF THE SHADOW OF DEATH」のメロディを引用している。
御心のままに The Way of the Heart 空の軌跡 the 3rd Trails in the Sky:the3rd 2007-06-28 パイプオルガンとコーラスのみによる曲。こういった曲は園田氏の領分なので宇仁菅氏としてはかなり珍しい。ちなみに当時同僚だった竹下氏もオルガンメイン曲「Etude of the Ruin」を作っている。13年の時を経て創の軌跡でも○○のテーマとして流れることになった。
またいつか会うために To Meet Again Someday 空の軌跡 the 3rd Trails in the Sky:the3rd 2007-06-28 しっとりと奏でられるローズピアノと寄り添うように笛とストリングスがしなやかに絡む。今でもあのシーンは頭から離れない思い出の曲。
最後の選択 The Final Choice 空の軌跡 the 3rd Trails in the Sky:the3rd 2007-06-28 12年後の閃の軌跡IVまで脈々と受け継がれることになる偉大なテーマ。ザナドゥネクスト「Devil advent」がある意味原型となった。ここでも宇仁菅氏十八番の打ち付けられるハンマー音が鳴り響く。
IN THE BUSTING SQUARE IN THE BUSTING SQUARE イースVII Ys VII 2009-09-17 アレンジ、メロディ的に「空を見上げて」と似たテイストの後継曲。
空を見上げて Ending version Sora wo Miagete Ending version 空の軌跡 the 3rd Trails in the Sky:the 3rd 2007-06-28 外注 (神藤) ボーカル:小寺可南子
PERSON WHO BRINGS END PERSON WHO BRINGS END イースVII Ys VII 2009-09-17 宇仁菅アレンジのアイコンとなるクラッシュドドラム(潰れたようなドラム音・呼称は適当)が初めて聴かれる曲。エコーするピアノも特徴的。宇仁菅氏だからこその精巧緻密なサウンドには大伽藍を見るような思い。ちなみに恐らく宇仁菅曲で唯一イントロ部分とサビ後にループする直前の部分が繋がらない。
いつかきっと Someday, Surely 零の軌跡 Zero no Kiseki 2010-09-30 こうゆうかたちでのバラードは初では。宇仁菅氏が好むハンマーダルシマーの音が明瞭に聴こえる。
風船と紙吹雪 Balloons and Confetti 零の軌跡 Zero no Kiseki 2010-09-30 左右でダブらせて吹かれるフルートやスクラッチされるドラムがユニーク。後半は珍しくチェンバロも動員。
クロスベルの午後 Afternoon in Crossbell 零の軌跡 Zero no Kiseki 2010-09-30 高品質なサウンドで格調高く響き渡るRnB系。Evo版アレンジでもさすがに越えられない壁。
叡智への誘い Temptation of Wisdom 零の軌跡 Zero no Kiseki 2010-09-30 「PERSON WHO BRINGS END」に次ぐひしひし系(勝手に作った呼称)。サビのバックで打ち付けられているスクラッチされてるスネア?あそこまで盛大に鳴らして違和感覚えさせないのはさすが。
Limit Break Limit Break 零の軌跡 Zero no Kiseki 2010-09-30 初のトランス系。
The Azure Arbitrator The Azure Arbitrator 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29 外注 (神藤) 完成曲のモックアップ的な原曲は「#0059」という曲名で『FALCOM 30TH ANNIVERSARY KISEKI & YS BEST X SECRET』に収録されている。外注アレンジ前提で作ったのか、それとも氏自ら完成形としてブラッシュアップする予定だったのかは分からない。ロック曲としては「SILENT DESERT」以来の4年ぶりとなる。神藤氏のアレンジはかなり原曲の構造を組み替えていてメロディだけ借りあとはほぼ自分の曲としている。
鋼鉄の咆哮 -死線- Steel Roar -Verge of Death- 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29 サビ後は「最後の選択」サビ後と似たような感じに。
鋼鉄の咆哮 -脅威- Steel Roar -Threat- 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29 外注 (神藤) 神藤氏による「鋼鉄の咆哮 -死線-」アレンジ。こちらは元に忠実でゴージャスに補強したアレンジとなっている。
紙一重の攻防 Paper-Thin Offense and Defense 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26 この手のテクノ系ではこの音のシンセリードを使い、尚且歪ませることが多い。
動き始めた事態 Things Have Started Moving 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29 今の今にまで続くいわゆる異変曲系。
揺れ動く心 Wavering Heart 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29 「いつかきっと」に続くバラード。
Concentrate All Firepower!! Concentrate All Firepower!! 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29 被アレンジされた「The Azure Arbitrator」を除くと久々となる宇仁菅氏の純然たるロック曲。後年発売されるEvoバージョンでは岡島俊治氏により歌ものアレンジされている。メロディライン的に「碧い軌跡 Aoi Kiseki」と同じように歌アレンジを想定した曲だったのかもしれない。
碧い軌跡 Aoi Kiseki -Opening size- Aoi Kiseki 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29 外注 (神藤) なのでこちらも元は「Concentrate All Firepower!!」と似たロックチェーンアレンジに仕上がっていた可能性もある。メロディは「揺れ動く心」と少し似たテイスト。
碧い軌跡 Aoi Kiseki Aoi Kiseki 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29 外注 (神藤)
Exhilarating Ride Exhilarating Ride 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29
それぞれの正義 Each Justice 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29 初の純オーケストラ曲。そしてこの曲は当面の間、宇仁菅氏の推測を惑わせることになった。
ステージクリア Stage Clear 那由多の軌跡 Nayuta no Kiseki 2012-07-26 過去には石橋渡氏もぐるみんで「ステージクリア」を作っていた。同じ曲名で似たシンセ主体の曲調だが全然方向性やセンスは異なる。
冒険への扉 The Door to Adventure 那由多の軌跡 Nayuta no Kiseki 2012-07-26 ゲーム本編では使われずPVのみ使われた。やはりこちらも歌想定?「碧い軌跡 Aoi Kiseki」と少し似たメロディ。ツヴァイ2以来久々にアコーディオンが使われている。
ポムりますか? Shall We Pom? 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29 数秒のチップチューン曲。
爽やかな陽射し Refreshing Sunlight 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26
あふれる想い Overflowing Feelings 那由多の軌跡 Nayuta no Kiseki 2012-07-26 リリカルでミステリアス。宇仁菅氏のアレンジスタイルてんこ盛りといったところ。この曲も以前から氏だと比較的良く知られていた。ちなみに私が宇仁菅氏にハマった原因の曲。あまりに独創的なサウンド。
Win Back Your Heart Win Back Your Heart 那由多の軌跡 Nayuta no Kiseki 2012-07-26 比較的小ぶりなロック調戦闘曲。メロディラインに氏の個性全開。
再創世の刻 The Time of Re-Creation 那由多の軌跡 Nayuta no Kiseki 2012-07-26 こういった曲は基本は園田氏が担当だがツヴァイ2のようにシネマティックな方向性だと神藤氏の領分にもなる。宇仁菅氏にとっては異色の曲だがその二人が多忙だったため作ることになったのかもしれない。そしてこの曲も「それぞれの正義」同様に惑わせることになる。
緋の帝都ヘイムダル Vermillion Capital of Heimdallr 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26 「最後の選択」テーマ使用
聖女の城 Castle of the Saint 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26
Seriousness Seriousness 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26 「動き始めた事態」に次ぐシリアスな異変曲。サビ後は大崎氏作の「THE SACRED WIND」と似たドラムアレンジをおこなっている。
秋の陽光 Autumn Sunshine 東亰ザナドゥ eX+ Tokyo Xanadu eX+ 2016-09-08 海外ファンのディスク解析で閃の軌跡時の曲と判明していた。だからこの位置にある。曲調的に学院祭シーンを想定していたのでは。サビのメロディは「輝ける明日へ」と似ている。そして「大切な人と」でメロディが使われる。
蘇る記憶 Restored Memories 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 Aメロは「Blue Destination」、後ろのメロディは「Heated Mind」を彷彿。
Belief Belief 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26 宇仁菅ロックスタイルの基礎が固まる。
魔法少女まじかるアリサ Magical Girl Alisa 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 終章の学院祭にてVII組が披露する歌想定だったのかも。他より少し荒削りな仕上がりなのも頷ける。実際に使われたのはSCからの「I swear...」。
恋のシューティングスター (Short Version) Koi No Shooting Star 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 外注 (神藤)
トールズ士官学院祭 Thors Military Academy Festival 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26
翡翠の公都バリアハート Verdant City of Bareahard 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26
放課後の時間 Afterschool Hours 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26 クラビネットが使われているのはこの曲だけ。
Unknown Threat Unknown Threat 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26 その圧巻なサウンドにはひざまずくのみ。
The Decisive Collision The Decisive Collision 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26 こちらもひざまずくしかないクオリティ。レジェンドの為せる技。サビでシンセをユニゾンさせてメロディを紡ぐスタイルは零で大崎氏もやっていた。
青空の開放感 Spacious Blue Sky 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26 「秋の陽光」と少し似たテイスト。やはりBメロにこの時期宇仁菅氏が好んでた歌いまわしあり。
雨音の学院 Sound of Rainfall at the Academy 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26 閃の軌跡未使用曲「Ed8151」のアレンジ違い。
ダイニングバー《F》 Dining Bar [F] 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26
自由行動日 Leisure Day 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26 ギターの伴奏は萩生田氏作の「寮に帰ろう」を彷彿。
灰色の戦記 Ash Colored History 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 園田 パーカッションなどに宇仁菅氏のアレンジの面影が色濃い。恐らく園田氏はオーケストラ部分を肉付けしていったのかもしれない。
春の陽射し The Sunlight of Spring 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25
内なる黄昏 Inner Twilight 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 「最後の選択」メロディ使用。
Transcend Beat Transcend Beat 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 テクノスタイルが極まったかのような機神戦用の曲。サビのメロディは少し「紙一重の攻防」サビを彷彿とさせる。
かけがえのない人へ To the Irreplaceable People 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 アコギを使った牧歌的な歌は初期を除くとここからいよいよ増えていく。「Transcend Beat」の対極のようなこういった繊細なバラードも同時期に作られる振り幅の広さはさすが。
Heated Mind Heated Mind 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 イントロのストリングスのフレーズはこの先「CRIMSON FIGHTER」「Brave Steel」に受け継がれる。
足湯の温もり The Warmth of Soaking One's Feet 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 園田氏ライクな曲調だが宇仁菅氏のメロディは園田氏よりも長く歌わせるのが特徴。
目覚める意志 Awakening Will 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 「最後の選択」テーマ使用。宇仁菅氏がよく使う左右で鳴るドコドコドコドコという音。
冬の訪れ Wintry Arrival 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25
再会 Reunion 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 閃I「雨音の学院」サビと似ている。アレンジといい「またいつか会うために」の発展型といえる。
Blue Destination Blue Destination 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 「The Decisive Collision」後継であり後半はアレンジとなる。
輝ける明日へ To A Glimmering Tomorrow 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 この時期からピアノやヴァイオリンが主旋律をリードするアレンジはすっかり定着。Bメロは「春の陽射し」のフレーズを引用。
Awakening Awakening 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 前半は園田氏作の「ただひたすらに、前へ」使用。後半は「灰色の戦記」後半部分と似ている。
Severe Blow Severe Blow 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 後半では「Fateful confrontation」サビ後の部分を引用。
Phantasmal Blaze Phantasmal Blaze 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 「Atrocious Raid」の後継となるシンフォニックな大型曲。後半「最後の選択」テーマ使用。改めて閃IIで同時期にこれらの曲を立て続けに作られたことに驚く。
門出の季節 Season of Departure 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 園田 前半は園田氏流の「輝ける明日へ」アレンジ、後半は「The Decisive Collision」のメロディがテーマ化され盛り上がっていく。ここから宇仁菅氏がエンディングテーマBGMを担当することが増えていくことに。
I'll remember you I'll remember you 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 外注 (神藤) ボーカル:佐坂めぐみ
手掛かりを求めて Looking for a Clue 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 ここから96kHz/24bitに対応した機材の変更があった。サックスをフィーチャーした曲は意外と宇仁菅氏としては少なくこの曲と初期の頃の「Strepitoso Fight」と今作の「夏の訪れ」しかない。
X.R.C X.R.C 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 タイトル画面曲。ここから宇仁菅氏がタイトル画面を担当することが増える。そしてeX+にて神藤氏により歌アレンジをされた。
Soul to Burn Soul to Burn 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 後半「Blue Destination」と似たメロディが少し顔を出す。
Hazy Moon Hazy Moon 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 「憩いの時間」「深まる信頼」「夏の訪れ」などでも似たメロディが聴かれる。また園田氏が「10年前のあの日」でサビ部分を引用している。タイミング的にこちらが先だと思われる。メロディ的にも園田氏ではなく宇仁菅氏。
Bravely Storm Bravely Storm 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 後半は「Transcend Beat」を想起させるメロディ。
己の焔を信じて My Blaze, My Truth 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 結構宇仁菅氏としては珍しい曲調とアレンジ。
始まりのテレパシー Telepathy of the Beginning 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 「SUNSHINE COASTLINE」を先取り。
憩いの時間 Break Time 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 フルートのメロディは「Hazy Moon」と似たメロディ。実質「Hazy Moon」アレンジ。
深まる信頼 Trust to Deepen 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 アコギで牧歌系の曲。園田氏と二人体制になりこういった曲調も増えてきた。
侵食される世界 Invaded World 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 途中のシンセに「灰色の戦記」と同じような音あり。これが以前惑わされた要因の一つ。
Eclipse Eclipse 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30
うたかたの安らぎ Fleeting Peace 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 宇仁菅氏のこうゆう園田氏ライクな曲調・アレンジは珍しい。当時実質サウンドが二人体制だったからでもあるのだろう。アレンジ的に後年の「GARDEN OF CELEN」へも発展する。
Today's Schedule? Today's Schedule? 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30
Wish☆Wing (Short Version) Wish☆Wing 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 外注 (神藤)
Morimiya is Okay!! Morimiya is Okay!! 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30
ダンスクラブ《ジェミニ》 Dance Club "Gemini" 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30
Calm Passion Calm Passion 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30
Apocalyptic Roar Apocalyptic Roar 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30
Possibility Flaps Possibility Flaps 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30
Coercive Steel Coercive Steel 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30
喧騒 Bustle 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30
Beyond the Day-to-Day Beyond the Day-to-Day 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30
Pure Resolution Pure Resolution 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 「最後の選択」路線の曲。
Liberation Drive Liberation Drive 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 テクノサウンド極まる「Unknown Threat」系の曲といえる。
Moistened Feel Moistened Feel 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30
Believe It!! Believe It!! 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30
Let's Thinking! Let's Thinking! 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30
夏の訪れ Summer Vacation 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 エンディングテーマBGM。「Wish☆Wing」メロディ使用。
Happy Holiday Happy Holiday 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 サビに今作でよく使う歌いまわしあり。
異界の子 The Observer 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30
因果紡がれし座 Causal Horizon 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 「Liberation Drive」メロディ使用。
胎動 Fetal Movement 東亰ザナドゥ Tokyo Xanadu 2015-09-30 「侵食される世界」と似た曲調。
GENS D'ARMES GENS D'ARMES イースVIII Ys VIII 2016-07-21 非常に攻撃的なパワーメタル。サビ後も突き抜けるように暴れさせても崩壊させずまとめ上げる堅牢さが美点。
SUNSHINE COASTLINE SUNSHINE COASTLINE イースVIII Ys VIII 2016-07-21 イース伝統の最初のフィールド曲は名曲でなければならないを見事叶えてくれた。メロディは「始まりのテレパシー」と少し似ている。
OVERCOME THE ROCKY PATH OVERCOME THE ROCKY PATH イースVIII Ys VIII 2016-07-21 一部は「GENS D'ARMES」のフレーズと「SUNSHINE COASTLINE」のアレンジを共有する曲。サビ転調は宇仁菅曲の法則。
託されたもの Things Entrusted 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 「SUNSHINE COASTLINE」と似たメロディあり。東ザナeX+想定か「RICARDO」ポジションか。
DEADLY TEMPTATION DEADLY TEMPTATION イースVIII Ys VIII 2016-07-21
GREAT PLAINS: PAN-GAIA GREAT PLAINS: PAN-GAIA イースVIII Ys VIII 2016-07-21
Happy Halloween! Happy Halloween! 東亰ザナドゥ eX+ Tokyo Xanadu eX+ 2016-09-08
INVISIBLE EXIT INVISIBLE EXIT イースVIII Ys VIII 2016-07-21
RICORDO RICORDO イースVIII Ys VIII 2016-07-21
Concept H.M.I. Concept H.M.I. 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28
Vesper Umbra Vesper Umbra 東亰ザナドゥ eX+ Tokyo Xanadu eX+ 2016-09-08 園田氏作の「HAUNTED OCEAN」と似た上昇音階のアレンジが施されている。
CRIMSON FIGHTER CRIMSON FIGHTER イースVIII Ys VIII 2016-07-21
WHIMSICAL VACATION WHIMSICAL VACATION イースVIII Ys VIII 2016-07-21
DANA -EVERLASTINGLY- DANA -EVERLASTINGLY- イースVIII Ys VIII 2016-07-21 曲調的に本編で使うシーンが想定出来ない。もしかしてタイトル画面曲として作ったが「LACRIMOSA OF DANA」に敗れたのかもしれない。
GARDEN OF CELEN GARDEN OF CELEN イースVIII Ys VIII 2016-07-21 Aメロは「LACRIMOSA OF DANA」メロディ使用。ひたすら繰り返し変形してアレンジさせていく構成力が見事。Bメロに顕著だがかなり園田氏のスタイルに寄った曲にもなっている。
ERODED VALLEY ERODED VALLEY イースVIII Ys VIII 2016-07-21
THE VALLEY OF THE KINGS THE VALLEY OF THE KINGS イースVIII Ys VIII 2016-07-21 「LACRIMOSA OF DANA」メロディ使用。
OBSCURE SENTENCE OBSCURE SENTENCE イースVIII Ys VIII 2016-07-21 園田氏作の「STEEL MYSELF FOR BATTLE」と似ている。
大切な人と With an Important Person 東亰ザナドゥ eX+ Tokyo Xanadu eX+ 2016-09-08 「秋の陽光」メロディ使用。弦楽器を聴いてもらえば分かるが宇仁菅氏はヴィブラートを抑える傾向があるようにも。
あれから... Since Then... 東亰ザナドゥ eX+ Tokyo Xanadu eX+ 2016-09-08
静寂の異変 Accident of Silence 東亰ザナドゥ eX+ Tokyo Xanadu eX+ 2016-09-08
all is a lie (eX+ Version) all is a lie (eX+ Version) 東亰ザナドゥ eX+ Tokyo Xanadu eX+ 2016-09-08 外注 (神藤) ボーカル:佐坂めぐみ
紺碧の海都オルディス Blue Ocean City Ordis 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28
白亜の旧都セントアーク Ancient City of Chalk Saint-Ark 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28
下校途中にパンケーキ Pancake on the Way Home from School 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 十八番の軽妙でオシャレなシンセポップ。ただこの先こういった曲調はあまり出てこない。
可能性は無限大 Possibilities Are Endless 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 「自由行動日」の後継的な位置づけ。ヴァイオリンが2挺ユニゾンするように使われており神藤氏も以前から同じように2挺ダブらせて使うアレンジが多かった。2挺ヴァイオリンアレンジはこのあとも増えてくる。
Lift-off! Lift-off! 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28
その温もりは小さいけれど。 Although Its Warmth Small 閃の軌跡IV Trails of Cold Steel IV 2018-09-27 閃IV楽曲郡の中でこの曲だけ僅かにトーンが異なるのはこうゆうこと>「PlayStation® Game Music大賞2019」受賞者コメント。ここに存在するということは社長の言葉を裏付けることになる。
急転直下 Situation Sudden Change 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 異変曲スタイル。基本的に異変曲シリーズはクラッシュドドラムなどを使っているケースが殆ど。
打ち砕かれた心 Shattered Heart 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 チェロが奏でる虚ろなメロディ。氏としては珍しい編成と曲調だがギターとパーカッションは氏の個性そのもの。
春風駘蕩 Genial and Balmy 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 ピアノとフルートメインのシンプルな曲。メロディラインに氏の個性が色濃く現れているように思う。どことなく「DETERMINATION」の面影あり。
静寂の小路 Alley of Silence 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 小刻みいいパーカッションとアンビエントチックなサウンド。まさに十八番のアレンジ。
伝承の裏で Behind the Lore 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28
アインヘル小要塞 Einhell Small-Fortress 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 東亰ザナドゥの影響を引きずるサウンド。実際「Soul to Burn」と似た曲だ。
Toughness!! Toughness!! 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 トランス系。
Brave Steel Brave Steel 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 Aメロに「因果紡がれし座」の面影あり。サビの歌いまわしが宇仁菅氏における今作のテーマメロディとなっている。
蠢く陰謀 Conspiracy to Wriggling 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 異変系スタイルをさらに重々しくグロテスクにしたような曲。
君に伝えたいこと Things to Tell You 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28
Erosion of Madness Erosion of Madness 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 イングヴェイも納得のパワーメタル炸裂。サビでは「Brave Steel」同様の歌いまわしが聴かれる。「GENS D'ARMES」の面影あり。
Spiral of Erebos Spiral of Erebos 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 イントロのピアノのフレーズは萩生田氏作曲宇仁菅氏編曲の「夢幻回廊」イントロと似ている。
Spiral of Erebos -Pre Opening Size- Spiral of Erebos -Pre Opening Size- 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 各メロの繰り返しを省きサビ後はスパッと途切れるバージョン。
夏至祭 Summer Solstice Festival 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28
赫奕たるヘイムダル Glowing the Heimdallr 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28
今、成すべきこと Now, Thing to Do 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28
スタートライン Start Line 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 タイトル画面曲第2弾。園田氏と比べ宇仁菅氏はトランペットにあまりビブラートを掛けない。さながらナチュラルトランペットのように響く。
One-Way to the Netherworld One-Way to the Netherworld 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 後半では「Spiral of Erebos」テーマが使われている。
あの日の約束 Promise of That Day 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 前半では「輝ける明日へ」メロディが使われ後半は「その温もりは小さいけれど。」のメロディも少しかたちを変えて使われている。
DOOMSDAY TRANCE DOOMSDAY TRANCE 閃の軌跡III Trails of Cold Steel III 2017-09-28 トランススタイル。似たような曲として「Beyond the Day-to-Day」がある。
Burning Throb Burning Throb 閃の軌跡IV Trails of Cold Steel IV 2018-09-27 閃の軌跡通常戦闘曲シリーズ第3弾。
Lyrical Amber Lyrical Amber 閃の軌跡IV Trails of Cold Steel IV 2018-09-27 ダルシマーが優しく音を紡ぎヴァイオリンや笛も輪に加わるリリカルなワルツ調の曲。宇仁菅氏の繊細な感性が現れた曲。
せめてこの夜に誓って At Least I Swore This Night 閃の軌跡IV Trails of Cold Steel IV 2018-09-27 「FROM AN EFFORT OF THE REVIVAL」を彷彿とさせる穏やかなメロディ。
Constraint Constraint 閃の軌跡IV Trails of Cold Steel IV 2018-09-27 「縁 -つなぐもの-」と「Burning Throb」と似たメロディあり。
With Our Own Hands!! With Our Own Hands!! 閃の軌跡IV Trails of Cold Steel IV 2018-09-27 閃シリーズ伝統のトランスアレンジ機神戦曲の最後を飾る曲。もちろんメロディも受け渡されている。
水面を渡る風 Wind Across the Water 閃の軌跡IV Trails of Cold Steel IV 2018-09-27 牧歌曲シリーズ。この手の曲調ではクラリネットがメロディをリードする役割となっていることが多い。
それぞれの覚悟 Readiness for Each 閃の軌跡IV Trails of Cold Steel IV 2018-09-27 碧「それぞれの正義」の後継となる曲。那由多「再創世の刻」以来となる久々の純然たる本格的オーケストラアレンジ。
無明の闇の中で In the Darkness of Ignorance 閃の軌跡IV Trails of Cold Steel IV 2018-09-27 氏の定番となる異変曲シリーズ。クラッシュドドラムと打ち付けられるハンマー音、ズシリと響くグランカッサ、シンバルロール開始など氏が好むアレンジセット。
The End of -SAGA- The End of -SAGA- 閃の軌跡IV Trails of Cold Steel IV 2018-09-27 「Spiral of Erebos」テーマを土台にスケール大きく展開。
Majestic Roar Majestic Roar 閃の軌跡IV Trails of Cold Steel IV 2018-09-27 間奏部分で「最後の選択」テーマ使用。この曲に私は宇仁菅氏のアレンジ技術の粋を見るような思い。
縁 -つなぐもの- Enishi -Relations- 閃の軌跡IV Trails of Cold Steel IV 2018-09-27
終曲 -Radiant Hope- Finale (Radiant Hope) 閃の軌跡IV Trails of Cold Steel IV 2018-09-27 「その温もりは小さいけれど。」テーマ使用。1年後しで花開く。最後に「輝ける明日へ」テーマを引用して静かに閉じる。閃の軌跡II以降、東亰ザナドゥ、そして今作など宇仁菅氏がエンディングテーマBGMを担当し続けている。

他者への編曲 (Arrangement to others)

SONGNAME SONGNAME(e) GAMETITLE GAMETITLE(e) RELEASEDATE COMPOSER COMMENT
Fight with Assailant Fight with Assailant 空の軌跡 SC Trails in the Sky:SC 2006-03-09 村山 エレキギターの音色が生々しく鳴っていて「Fateful confrontation」と比べても差が大きい。なので生演奏で録っていると思われる。そして奏者は恐らく作曲者の村山氏自身。氏はプレイヤーでもあるため。
A Light Illuminating The Depths A Light Illuminating The Depths 零の軌跡 Zero no Kiseki 2010-09-30 籾山 共同編曲:園田隼人/公式サイトの記事に名前はさすがに載っていないが3人による合作だと書かれていた。こうゆうケースは結構稀らしい。実際に共作になっていたのは片手で数えるぐらいだ。
Unexpected Emergency Unexpected Emergency 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29 籾山
Conflicting Passions Conflicting Passions 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29 籾山
Unfathomed Force Unfathomed Force 碧の軌跡 Ao no Kiseki 2011-09-29 籾山
辺境都市《キャスナン》 Frontier Town -Casnan- イース・セルセタの樹海 Ys Foliage Ocean in CELCETA 2012-09-27 白川
燃ゆる剣 Burning Sword イース・セルセタの樹海 Ys Foliage Ocean in CELCETA 2012-09-27 白川 今に続く宇仁菅ロックの基本的なアレンジスタイルはこのセルセタでのロックアレンジシリーズ4曲で形作られていった。
導きの塔~エルディールにくちづけを Tower of Guidance ~ A Kiss for Eldeel イース・セルセタの樹海 Ys Foliage Ocean in CELCETA 2012-09-27 白川
灼熱の炎の中で In the Fires of Ignition イース・セルセタの樹海 Ys Foliage Ocean in CELCETA 2012-09-27 金田 Beliefと似たシンセが聴かれる。
最終決戦 The Final Decisive Battle イース・セルセタの樹海 Ys Foliage Ocean in CELCETA 2012-09-27 金田
クレーター Crater イース・セルセタの樹海 Ys Foliage Ocean in CELCETA 2012-09-27 白川
黒銀の鋼都ルーレ Industrial Metropolis of Roer 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26 園田
Don't be Defeated by a Friend! Don't be Defeated by a Friend! 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26 萩生田 氏が編曲した「THE DAWN OF YS」を聴く限りどちらかというと静を感じるサウンドなので宇仁菅氏はロック曲としてのアグレッシブさを補強していったのかもしれない。
全てを賭して今、ここに立つ Risking Everything, Here We Stand 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26 籾山 共同編曲:園田隼人/「Atrocious Raid」にコーラス入りの荘厳なイントロを付加したバージョン。その後は同じ。
Atrocious Raid Atrocious Raid 閃の軌跡 Trails of Cold Steel 2013-09-26 籾山 共同編曲:園田隼人
幻煌 Phantom Glimmer 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 萩生田
夢幻回廊 Reverie Corridor 閃の軌跡II Trails of Cold Steel II 2014-09-25 萩生田 共同編曲:園田隼人/実際にホルンはその他の園田氏の曲のホルンと同じ響き。その部分は少なくとも園田氏の担当のはず。
Infinite Expanse Infinite Expanse 東亰ザナドゥ eX+ Tokyo Xanadu eX+ 2016-09-08 園田

投票

選択肢 投票数 投票
参考になった 2
参考にならなかった 0
分からない 0

コメント

名無しさん
コメント:

すべてのコメントを見る
  • 情報ありがとうございます。 -- (Wiki管理人) 2021-07-28 19:18:14
  • 改行出来ないと知らず投稿してしまいました。wikiは自分が差し戻しました、そもそも情報元が辿れなかったのとファルコムのあの返信もあり戻しました。 -- (名無しさん) 2021-07-28 18:34:57
  • > これがガセを編集した当人によるものかは不明 -- (名無しさん) 2021-07-28 18:17:26


免責
※当wikiは非公式です。情報の妥当性や正確性について保証するものではなく一切の責任を負いかねます。
※当wikiを利用することによって生じるいかなる損害も当サイトでは補償致しません。
※ご利用につきましては自己責任となりますのでご注意ください。
※また当wikiおよび当wiki管理人は日本ファルコム様とは一切関係がありません。
※文章の著作権は当wikiにあります。内容の複写、転載はお控えください。
※無料のウィキサービスを利用しているためこちらとは関係のない広告が表示されます。ご理解ください。
Disclaimer
※This wiki is unofficial. We do not guarantee the validity or accuracy of the information and cannot assume any responsibility.
※This site does not compensate for any damage caused by using this wiki.
※Please note that you will be at your own risk.
※Also, this wiki and this wiki administrator have nothing to do with "Nihon Falcom".
※The copyright of the text is on this wiki. Copying or reprinting the contents is prohibited.
※Because you use a free wiki service, you will see ads unrelated to this. Please understand.
最終更新:2021年09月15日 04:50

*1 https://www.falcom.co.jp/recruit/staff-interview/sound-creater-01

*2 情報提供:Thanks, Arvin!

*3 「Falcom 30th Anniversary KISEKI & Ys Best x Secret」収録。「The Azure Arbitrator」の原曲

*4 作曲者村山氏による演奏の可能性あり

*5 http://northernsounds.com/forum/showthread.php/38619-ULTRA-GROUP-BUY-and-GIVEAWAY!-Prominy-LPC-Guitars-and-PCP-80-Piano-Up-to-100-OFF

*6 Kotora氏のお陰により発掘