ライス(変態)

登録日:2010/09/06 (月) 16:16:21
更新日:2021/03/19 Fri 18:45:50
所要時間:約 3 分で読めます




漫画ボボボーボ・ボーボボの登場人物の一人
米真拳の使い手

名前の通り米好きだけど混合米は嫌い。
全裸になるとパン派になる。

声:結城比呂


毛狩り隊にボーボボたちを殺すために雇われた「キング・オブ・ハジケリスト」の称号を持つハジケリスト。かなりのイケメン(重要)。
本来キングになる筈の首領パッチがその座を蹴落としてなし崩し的に受け継いだので、誰も彼の事を認めていなかった。
そのためハジケブロックにはいるのは真のキングになる事を証明するためだけなので、毛狩り自体には興味が無く、既に隊長を倒している。

同様に、あくまで首領パッチをハジケで打ち負かすことが目的であるため、殺意を持って戦ったわけではない。
殺意を持つ描写はあくまで相手や自分のギャグの前フリに過ぎず、敗北したらボーボボの方がキングに相応しいと素直に認めたり、天の助に「ところてん促進セット」を渡されてお礼までいいながら着たり、再登場時はボーボボたちを純粋にサポートする一面を見せたり、真面目かつ常識的な性格をしている。
総じて基本的にはこの漫画の敵キャラとしてはトップクラスにさわやかな性格の男(重要)。

戦闘能力は高めで、ある程度なら三世世代と渡り合え、さらには覚醒したら首領パッチに一騎討ちで圧勝する程。






……とここだけ見ると普通だが、この漫画のキャラである事とハジケリストである事から予想の遥か斜め上を行くぶっ飛びを見せる。



ボーボボ戦では、やけに男らしい時計が6時を指すと覚醒して


「おっぱい揉みてー!」

と1ページ丸ごと使っておっぱい星人である事をカミングアウトした変態。


他にも、堂々とお漏らししたり、ヘッポコ丸のおっぱい揉んだり、パンティ被ったり、SMプレイされて喘いだりとやりたい放題。

ついでにパジャマがスクール水着である事も発覚。
本気モードの服はK_I_N_Gという形状をしている。


その変態ぶりはあのボボボーボ・ボーボボがツッコミに成らざるを得なくした程。
そして、世界三大変質者の一人に挙げられている。*1
しかもこの状態では自分が米に入ることでさらなるパワーアップをすることができ、戦闘力も6時以前とは別格と言えるレベルになる。先述の首領パッチを撃破したのもこの状態。



しかし、さすがにそれを公共電波で放送するのはまずかったのかアニメでは叫び声は「親孝行してー!」に変更され、
揉むのは肩になってしまっていた。
魂の彷徨は聞けずじまいに終わった。
残念で仕方がない。

また、アニメでは被るのがパンティからシャンプーハットに、パジャマはスクール水着からバレリーナのチュチュへ変更されるなど、
流れを変えないように行動がいくつか差し替えられている。原作のままだと変態すぎるので仕方ない。


でも、人気はかなり高く、第二回人気投票では唯一サブでありながらBEST10入りを果たした。
人気投票で抜擢された名シーンは磔にされたシーン(実際はこんなシーンない)。
そして第三回人気投票は「敵キャラ」部門第一位を獲得。この時はキャラクター達が「ボーボボ組」「敵キャラ」「残り物」部門にそれぞれ別れていたため単純に票数=キャラ人気とは言いがたいものの、それでも単純な票数で言えば「ボーボボ組」部門二位のヘッポコ丸や「残り物」部門一位のパッチボボを抑え、首領パッチに次ぐ二番目という好成績。

三世世代編ではW3狩リアの助っ人として呼ばれたが
ボーボボ「使えないと思ったけどノリで呼んじゃったんだよー!!」
ライスビュティさん「ええ~っ!!」

ビュティを助けに向かうボーボボのアシストをした後、単身でランバダに立ち向かうが屈辱的に敗北する。
このときは6時になっていなかったのか真面目な真拳使いとして常に振る舞っていた。
ボーボボは「世界三大変質者であるライスならランバダを倒しているだろう」(意訳)とかなり高い評価を下していたため、変質者としての力を十分に発揮できるディナータイム時だったら勝負は分からなかったかもしれない。

真説では新世代のキング・オブ・ハジケリストである柊とのバトルを観戦していた。例のパジャマで

〇米真拳

文字通り米を操る能力

◆もりもりポックン
巨大なお茶碗に盛ったご飯を召喚する技。そのご飯を操り敵の動きを封じる。
地味に見えるが応用が効くので効果的。そのご飯の中に長くいるとパンダになる。※セルフサービス
技名はおそらく、東映不思議コメディシリーズの一つ『もりもりぼっくん』が元ネタと思われる。

◆米爆発(ライス・プロージョン)
爆発と共に米で攻撃する技。
こちらも一見すると地味だが、直撃すると死亡する。
進化版と思われる「メガライスプロージョン」はでかいおにぎりが作れる。

◆米津波
大量のコメで相手を押し流す。
シンクロナイズドスイミングする程度の余裕はある。

◆米台風(マイ・サイクロン)
三男ボーボボブタの聖ミカエル宮殿を潰した(長男と次男の藁の家、木の家は無事)。

〇その他
◆いそぎんちゃくの構え
◆ATMの構え
◆ウーパールーパーの構え
◆シーモンキーの構え
◆魔女の構え
◆KINGフラッシュ


尚、ボーボボの鼻くその二割はライスの鼻に移住した。

余談だが、敵役で鼻毛真拳以外の奥義を使用し、本格的にバトルしたのはライスはである(一応ソフトンがバビロン真拳、天の助がプルプル真拳を使っているが、前者はまだ本格的なバトルとはなっておらず、後者はギャグの一部扱いとも取れる描写が多い)。
この戦いに作者が手ごたえを感じたことから、以後の展開は敵味方が真拳を使い合い、バトルを中心とした中でギャグを織り交ぜていくという、いわゆる「真拳バトル」がメインの作品となっていった。

後に作者自身が語ったように、ライス戦は良くも悪くも作品の方向性を決定づけたといっても過言ではない。


追記・修正してえーーーーーー!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年03月19日 18:45

*1 もう1人は首領パッチ