ヘラクレスオオヨロヒグモ

登録日:2011/01/01 Sat 14:29:41
更新日:2021/07/12 Mon 23:51:37
所要時間:約 4 分で読めます




和名:ヤタシオオヨロヒグモ

ショイグモ科



ピクミン2に登場する大型原生生物。

のぞみの大地の地下洞窟「夢の穴」の最下層に潜む巨大なショイグモであり、ピクミン2の実質的ラスボス
お宝の山に囲まれているルーイを助けようとすると姿を表す。

兵器のようなお宝を4つ身につけており、これら全てを攻撃し取り外さないと一切ダメージを与えることができない。

ラスボスだけあって非常に強く、ピクミン2ではダマグモキャノンアメボウズと並ぶみんなのトラウマ。


  • フレア・キャノン
灼熱の火炎を放射するバーナー。
その火力はフレア・ガードでも抑え切れるものではなく、オリマー達がひるんでいる間にピクミンを火葬する。
耐久力が落ちると更に火力アップ。
攻撃範囲は他の攻撃よりも狭いが起き攻めによりハメられやすく、まともに食らうとピクミンを救出できずに大量死を招きかねない。

  • モンスター・ポンプ
水球を連射し雨のように降らせる蛇口。
攻撃範囲がフロア全体に及ぶため、ほとんどのボス戦で安全地帯となる間欠泉付近でさえしっかり射程範囲。出来れば優先して剥がしたい。
耐久力が落ちると連射力アップ。攻撃中のピアノの音色が印象的。
攻撃範囲が異常に広いので待機させていたピクミンがいつの間にか全滅していたなんてことも。

  • マイナスイオン・コンバータ
無数の電極をばらまき、電極間に電流を流す。アンチ・エレキがあってもダメージを防ぐのがやっと。
電気なので、当然だが黄ピクミン以外は食らうと即死する。
そのため早いうちに剥がさないと危険だが、他の武器と違って通電するまでは無防備になるため、黄ピクミンのみで挑むことで敢えてこの武器を最後に残すテクニックも存在する。
耐久力が落ちると電極をばらまいた瞬間に電流を流すようになる。

  • ケミカル・ウエポン
大量の毒ガスを撒き散らす。すり鉢状の地形一面が攻撃範囲。
毒ガスなのに触れるとオリマー達がひるむので、高所に逃げないとピクミンが続々と毒殺される。耐久力が落ちると毒の量が増す。


体色の変化から使用する武器を予想可能。例として、赤くなれば火炎放射、紫になれば毒ガス攻撃を放ってくる。

価値は4つとも1000ポコ。重さは30。
どうにかこうにか兵k…お宝をひっ外すことはできたものの、ピクミンの数が30を切っていたせいで回収ができなかった、という苦い経験をした人もいるだろう。
ちなみに上記の4つの武器にはそれぞれ専用のBGMがあり、どれも印象的。更に1つずつ剥がすたびに非攻撃時のBGMが変化する。



4つの武器を全て剥がすと黒光りしていた体色がオレンジ色に変わり、いよいよ第二形態へ移行。更なる強力な攻撃でピクミンを襲う。

……と思ったら、武器を剥がされ攻撃手段を失っているのでなんも攻撃してこない。
攻撃らしい攻撃といえば纏わり付くピクミンを振り払うことくらい。
ピクミンを殺すことは無いので一気に畳み掛けて殺っちゃおう。ここで沸き上がる殺意ったらもう凄い。
それにしても、武器を持っている時は恐ろしいのに武器を失った途端に何も出来なくなるというのもよく皮肉が利いている。

しかも武器を回収しておくと、次にまた戦う時には該当の武器を失った状態で戦闘になる。
全部剥がして持ち帰った場合は勿論、最初から(相手が)クライマックスの何もできない状態で始まることに……。
とはいえ、ここに至るまでが長いので、途中壊滅に追い込まれ頂くものは頂いて撤退したプレイヤーか、クリアしたけどまた最深部まで潜る相当な物好きでなければ分からない仕様である。


倒すと泡のように溶け落ち、捕らえられていたルーイをお宝として救出できる。
お宝図鑑によると、ルーイは捕らえられていた訳ではなく、むしろヘラクレスオオヨロヒグモの脳をジャックしていたらしい
つまりあの攻撃はルーイがやらせていたということに……? 僕ルーイ!乗っ取り完了です!
もっとも、洗脳されていなければ温厚、というわけでなく、もともと凶暴な気性の生物ではあるらしい。

ゲキニガスプレーで石化した状態でトドメをさすと、大量のエキスを出してくれる。


チャレンジモードでは出番なし。
前作と同様、チャレンジモードにラスボスは登場しない。



脚はどう料理しても美味い。





「最低の下の下の最低、
 最悪の極みの極みの最悪、
 それでも追記・修正しますか?
 …そうですね。
 その勇気こそ、私たちの真のお宝です。」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年07月12日 23:51