機甲軍団(超人機メタルダー)

登録日:2012/05/25(金) 23:26:38
更新日:2020/09/12 Sat 21:43:29
所要時間:約 5 分で読めます




我が軍団には数と機動力がある!



【概要】


機甲軍団とは東映の特撮作品、「超人機メタルダー」に登場する敵組織・ネロス帝国四軍団の一つ。

実在する兵器をモチーフとした重火力に優れたロボットで構成された軍団。
頭部から肩口にかけて着脱可能な兵器ユニットを装着している*1

戦闘ロボット軍団が一体限りのカスタムメイドなのに対し、機甲軍団員は暴魂以下の軍団員が量産されているのが特徴。
そのため昇格システムがどのようになっているのかは謎で、機甲軍団のみ階級固定なのでは?という説も存在する。
その高い遠距離攻撃能力と大量の量産軍団員を抱えているため、他の三軍団の援護や支援に回る事が多く、機甲軍団員がメタルダーと直接対決したことは少ない。

また四軍団で唯一航空戦力を所持しているため、世界中を飛び回り諜報活動や油田の爆破など、ネロスの経済支配に多大な貢献をしている。
他に失敗者、裏切り者の捕捉、処刑も担当しており、容赦無い爆撃で標的を跡形もなく吹き飛ばす。
弱点として全体的に重量級で小回りが利かないという点があり、それが災いして大運動会では惨憺たる結果に終わった。
これらの意味も含めて、怪人と言うよりは、それまでのメタルヒーロー作品で言う戦闘機の位置づけと言える。その為全軍団で唯一専用のメカを持たない。
運動会でのドランガーのセリフから、エネルギー補給は給油で行うようである。

本来、遠距離攻撃手段を持たないメタルダーにとっては天敵ともいえる軍団である 
が、話の都合でそこらへんは触れられない。仕方ないね。
上記の他軍団と比べ特異な立ち位置から物語の本筋に絡むことは多くなく、路線変更の煽りもあまり受けなかった。

が、打ち切りの煽りはバンバン受けてしまい、37話でトップガンダーの射撃術とメタルダーが拝借したゴーストバンク備え付けの大砲であれよあれよとぶっ飛ばされてしまい、量産設定が消滅して1体ずつ倒されただけで全滅扱いになった。

【軍団員】


凱聖ドランガー


声:飯塚昭三

戦艦をモチーフにした機甲軍団長。性格は冷戦沈着、質実剛健な軍人気質。
強固な装甲に加え、全身にビーム砲や、ミサイルの砲門が隠されており、手にした大剣も重火器としての機能を持つまさに全身武器庫。
ネロス帝国の守りの要としてほとんどゴーストバンクから動かない。
詳細は上記項目参照。

ゴッドネロスは倒れても、まだ機甲軍団が残っているっ!ネロス帝国は不滅なりいっ!

◎豪将メガドロン


高射砲をモチーフにした機甲軍団員で、両肩についた砲門を使う。
ドランガーに代わって前線で軍団の指揮を執る事が多い。
豪将でも他軍団にアゴで使われてしまうのが機甲軍団員クオリティ。
3話、20話では作戦にもたつく部下を厳しく叱り鬼軍曹ぶりを見せた。

たわけたことをぬかすなブルチェック!これ以上口答えすると、軍規違反で裁判にかけるぞ!

◎暴魂アグミス


魚雷と潜水艦、ダイバーをモチーフにした軍団員で、タンカーや潜水艦の撃沈が主な任務。
水中戦に長け、銛を発射する水中銃を得物とするが、最大の武器は魚雷と化して特攻する自爆攻撃。量産機が沢山いる機甲軍団ならではの荒業である。
一方、陸上では機動力に難アリ。

最期はメタルダーの近くに泊まっていた船に自爆特攻した
ちなみにこのアグミスは1号。2号は原潜を撃沈し、海に放射能を撒き散らした

メタルダー……船ごと吹っ飛ばしてやる!

◎暴魂ダーバーボ


ミサイルをモチーフにした軍団員。両肩など全身に大小さまざまなミサイルを備え、軍団屈指の重爆撃能力を誇る。
あまり感情を現さない機甲軍団員の中では、かなり直情的かつ凶暴な性格。
しかし、ベンKがハンマーでゴーストバンクの柱をぶっ叩いた時、一緒にグラグラ揺れたり、ミサイルがつっかえてドライガンから降りられなかったり、北八荒のハッタリ「怒る!」に一瞬ビビったり、頭に血が上りすぎてメタルダーに肉弾戦を挑んだりとかなりのアホの子でもある。

こいつ、おどかしやがって!

◎雄闘バーベリィ


ヘリコプターをモチーフにした軍団員。顔の高性能カメラを使った偵察任務を主に担当し、腕からのミサイルが主な武器。
OPやバンク映像で毎回活躍するが、第2話ではサイドファントムに乗ったメタルダーと空中戦を繰り広げている。

バーベリィ2号より全軍団に告ぐ。裏切り者トップガンダーを発見!

◎激闘士ストローブ


ジェット戦闘機をモチーフにした軍団員。
バーベリィ同様、偵察任務が主で飛行速度は彼に勝っている。武器は両翼から発射するビーム。
機甲軍団員一名ぐらいなら抱えて飛行することが可能で、運動会ではブルチェックを空輸して順位を一気に押し上げるというチート活躍を見せるが、クロスランダーに撃墜され結局最下位になってしまった。
やはりバンクが主な活躍場面。

古賀はあの森へ逃げ込んだ!

◎烈闘士ブルチェック


戦車をモチーフにした軍団員で頭と腕に装備した砲門が武器。
鈍重でスピードは出ないが、戦車らしく悪路や砂漠も難なく進めるため中東の油田破壊などに活躍。しかし陸戦型のため水中が苦手。
ダーバーボと組んでヘドグロスの任務を妨害したり、嫌な奴という印象が強かったが、20話で1号が可愛い動物大好きという意外な一面が発覚。
捨て犬を囮に使おうとする上司や仲間からこれを命がけで庇い、視聴者の好感度が急上昇した。
ヤンキーが捨て犬に餌をやっているとすごくいい人に見えるアレである。
(ちなみにこの回の一番の悪党は犬を捨てようとした女の子の父親)
作戦の妨害をしたのに特にお咎め無し(というか地雷の爆発から子犬を庇いメタルダーに託した後は放置)だったが、脚本では戦いが終わった後「次の戦いでは全力でメタルダーと戦う」ことを条件に赦免され、修理を受けて戦列復帰している。

さらに続く運動会でもダメダメぶりを発揮し、萌えキャラオーラを放っていた。
37話でメタルダーに倒されたのは1号では無いと信じたい。
何気にOPで全軍団員中唯一バストアップで映っており、目立っている。

動物はミンナカワイイ……その命を吹っ飛ばすなんて……俺には、できねぇ!

◎元・烈闘士グルーゾー


7話の回想に登場。機雷モチーフの軍団員。
逃亡罪でタグ兄弟に斬殺された。
他の話に同型機が登場していない事から、同型機は全て処分されたと思われる。


何たる事だ……我が機甲軍団の記事に追記修正しているのが俺一人とはぁっ!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年09月12日 21:43

*1 一言でいうとオーバーボディである。劇中ではダーバーボとブルチェックが外した姿、アグミス、バーベリィ、ストローブが装着する姿を披露している。