ゴセイグリーン/マジス

登録日:2012/03/29(木) 21:31:39
更新日:2019/11/26 Tue 08:33:07
所要時間:約 4 分で読めます







「マジスゥゥゥ〜っ!」



ゴセイグリーン/マジスは、『天装戦隊ゴセイジャー』に登場する緑の戦士。epic10「ハイドの相棒」で初登場。

スカイック、ランディックの見習い天使同様、シーイック族も見習い天使を2人地上に派遣していた。しかし、他の護星天使と合流する前に殉職してしまう。そのため、他の天使たちはマジスの存在をしらないままだった。アグリとの初対面時にはその事を指摘され、険悪な雰囲気になったこともある。


一応ゴセイジャーの正規メンバーなのだが、ゴセイバスターやゴセイグレートに合体する余地がなかったり、アバレヘッダーも最初から5つしかなかったりと、明らかにハブられている。

何よりマジス登場回にはさかなクン演じるさかなクン博士まで登場しており、インパクトの面でも不遇である。



【余談】
スーパー戦隊の正規メンバーの中で、殉職しておきながら交代要員が出なかった唯一の存在である。
殉職していなかった場合、ゴセイジャーは6人メンバーだったことになる。

なお、ゴセイグリーンというのは当初はスタッフが便宜上つけた仮の名前であり、正式な変身後の名前ではなかった。

また、ゴセイグリーンのスーツは実は存在しない。劇中で登場したゴセイグリーンのスーツは、ゴセイブルーのスーツをCGで緑に変えていただけである。
個人によってデザインの異なるマスクについては、巧いこと首から上を映さないような演出にして対応したためノープロブレム。しかしこれによって、ゴセイグリーンのシンボルとなる動物が不明のままとなってしまった。


マジスを演じたのは、特捜戦隊デカレンジャーのデカグリーン/江成仙一(センちゃん)役で有名な伊藤陽佑氏。
実に6年ぶりのグリーンである。


なお、2016年にプレミアムバンダイから発売される『レンジャーキー・ロストエディション』にてようやく「ゴセイグリーン」の名が正式名称として採用され、新たにデザインと二つ名が明らかになった。

正式な二つ名は


命のシーイックパワー!
ゴセイグリーン!!


そしてヘルメットの左右に描かれているシンボルはイルカ。
ゴセイヘッダーおよびゴセイマシンはドルフィンヘッダーおよびゴセイドルフィンだと思われる。
ちなみに、「ゴセイドルフィン」というゴセイマシンは、劇場版に登場している。



追記・修正をお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/