プレミアムバンダイ

登録日:2019/10/21 (月) 22:45:33
更新日:2019/11/01 Fri 05:14:24
所要時間:約 4 分で読めます






こどもから大人まで楽しめるバンダイ公式通販・ショッピングサイト




プレミアムバンダイとは、2009年4月20日から開設された通販サイト。


●目次

概要

株式会社バンダイナムコホールディングスが経営する、限定グッズを取り扱う会員制通販サイト。「プレバン」という略称で呼ばれる。

ウルトラマン』『機動戦士ガンダム』『スーパー戦隊シリーズ』『仮面ライダーシリーズ』『プリキュア』『バトルスピリッツ』『アイカツ!』など、バンダイが抱えるアニメや特撮作品などのコンテンツのグッズを主に取り扱う。
このサイトでしか購入できない限定グッズを商品展開しており、これを受注生産という形で販売している事が多い。
一般販売では利益が出なさそうなマニアックなグッズを企画・販売していたり、キャラクターとコラボした高級時計、高額になりがちなフィギュアなどの商品も見られる。
予約・購入期間が短い・売り切れやすいことも多いため、告知がされる関連公式ツイッターなどをチェックしておいた方が無難。

限定グッズばかりが注目されがちだが、公式の通販サイトなだけあって一部の一般販売商品は発売前の予約が可能になっている。
一般販売商品の抽選先行販売などのイベントが展開される場合もある。

後述する事情もあって、バンダイの絡むアニメや特撮のファンには縁が深いサイトとなっている。

システム

プレミアムポイント

今の時代の通販サイトでは珍しくもないシステムだが、プレミアムバンダイも「プレミアムポイント」というポイントシステムを採用している。

基本的には100円で1ポイント発生し、1ポイント=1円(税込)換算で利用可能。
送料・手数料はポイントの対象発生外なので注意が必要。

商品代金だけではなく、送料や決済手数料もポイントで支払う事が可能。
ポイントの有効期限は最後に獲得或いは利用されてから1年間となっている。

バンダイナムコの株主優待による優待ポイントにも、プレミアムバンダイで使える。
こちらの株主優待サービスにて発行されたポイントの有効期限は発行日より1年間と、通常のポイントとは少し異なる。

ポイントに関連した以下のようなシステムも存在する。

  • プレミアムバンダイVISAカード
VISAカードの一種。
このカードでプレミアムバンダイで商品を購入すると、付与されるポイントが100円=2ポイントとなる。
更に他のVisa加盟店での利用でもプレミアムポイントが貯まる仕組みとなっており、こちらは100円=1ポイント。
ただし、初年度の年会費こそは無料だが、翌年度以降は特定条件を満たせないと1,250円(税抜き)の年会費が発生する。

  • プレバンポイントバンク
プレミアムバンダイ会員に向けたバンダイ運営のポイントサイト。プレミアムポイントを貯められる。
このサイト経由でネットショッピングで買い物をすると、プレミアムポイントを受けられる。大体は200円(税抜)=1ポイント。

バースデーチャレンジ

会員の誕生日には特典が受けられるチャレンジイベントが起きる。応募期間は誕生日メール受信日から月末日まで。
画面に表示されたBOXの中から好きな物を選んで選択する形で、以下の特典が付与される…が、2等以上が当選される可能性は相当低い。

特典
1等賞 プレミアムポイント10,000ポイント
2等賞 送料無料クーポン
3等賞 プレミアムバンダイ特製壁紙


プレバン商法

この通販サイト限定の商品を購入させる手法を「プレバン商法」「プレバン送り」などと呼称されている。

プレバン限定商品にされるのは一般販売では利益が見込みにくい商品…とされているが、実際は基準は不明慮。
主役キャラのシリーズ玩具がプレバン限定にされたと思いきや、同作品の非主役キャラのシリーズ玩具が一般販売にされるなど謎の基準が度々起こる。
一般的には上述したような「一般販売では利益が見込みにくいコンテンツやキャラの商品」が限定化すると言われていたが、後述の事情もあって近年はその見解も崩壊気味である。
尤も、消費者視線では一般販売でも良いだろと思われているだけで、バンダイ的には一般販売できない商品もあるのだろうが。

一般販売の商品の一部別パーツや追加パーツをプレバン限定品にする商法も行われている。
一例を挙げると、S.H.F.オーズ・タジャドルコンボの羽根パーツやRGデスティニーガンダムの光の翼など。
更には、パーツを別商品に抱き合わせて販売するという独特な抱き合わせ商法も増加気味。

特に2010年代後半以降は、一般販売を取り止めてプレバン限定品にする傾向が加速化していると噂されている。
そのため、バンダイコンテンツのファンはプレバンの利用頻度が必然と上がっているなどとも言われる。

プレミアムバンダイは原価販売に加えて、送料や手数料の負担も非常に大きい。
このような事情からプレバン利用を(消費者視線では)無理矢理な形で行わせ、重い金銭的負担を強いるプレバン商法を批判する意見も見られる。

しかし、マニア人気の高さから一般販売だと激しい争奪戦が予想される人気商品はプレバン商法が歓迎される事も少なくない。
安定した商品確保が可能で、転売屋による争奪戦の加速化を防止する効果が見込めるなど、無視できないメリットも大きい。
一方でプレミアムバンダイのサーバーは落ちやすく、復旧時には在庫切れが発生する事態も起きているため、上述のメリットは実際にはあまり無いとの異論もある。
また、近年はモラルの欠けたファンや小売関係者によるネット上へのバンダイ商品カタログの流出も目立つ*1が、それを防ぐ効果もある。
仮面ライダーシリーズなどの玩具のプレバン送りが加速しているのも、これらのシリーズのリークが非常に多い影響もある…のかもしれない。






追記・修正はプレミアムバンダイ会員にお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/