キーマカレー

登録日:2009/08/19(水) 01:22:30
更新日:2020/03/11 Wed 17:08:36
所要時間:約 4 分で読めます





キーマカレーとは、挽き肉を用いて作ったカレー料理の一つ。

ひき肉とみじん切りにした野菜を炒め、香辛料と調味料を加えて少量の水で煮込んだ物。

しっとり感はあるが水分は少なく、そぼろやミートソースに近い。

ちなみにキーマカレーの「キーマ」とは、ヒンディー語で「細切れ肉」または「挽き肉」を意味する。



カレー帝国インドではポピュラーなカレーなのだが、宗教関係の食肉タブーが多く豚肉や牛肉キーマはほぼ存在せず、羊肉や山羊肉などを使用して作られる。

またガチベジタリアンも多い国なので、細かくカットした野菜を炒めたり揚げたりしたものを、ひき肉の代用にして作るベジタブルキーマも一般的。
カレー大好き日本では少しマイナーだが、食肉関係のタブーはほぼゼロなので、豚肉、牛肉、鶏肉、羊肉なんでも有りでイロイロな味が楽しめる。

ドライカレーと名前を変えて売られていたりもする。*1
カレー風味のチャーハンやピラフもドライカレーと呼ばれるので混同には注意。


蕎麦屋のダシのきいたカレー、洋食屋の欧風カレー、定食屋のガッツリ系カレーどれも美味いがキーマカレーの魅力も輝いてるぜ。


簡単キーマカレー作り

基本材料
ひき肉(合挽き)500g
パスタ用ミートソース250g
水300cc
ニンニク少々
塩少々
カレールー3食分
サラダ油少々

かなりの手抜きレシピです味の保証はありません。

1、弱火の鍋にサラダ油、ニンニクを入れ、香りがでたらひき肉を入れて固まらないようにかき混ぜながら中火で炒めます。

2、ひき肉に火が通ったら水、ミートソースを入れひと煮立ちしたら、火を止めてカレールーを砕きながら入れ溶かします。

3、火を付けて一度煮立たせ、塩で味を整えながら3分ほど火にかけて完成です。
以外にも、醤油、めんつゆ、味噌、固形スープなど自分好みの味付けでオリジナリティ出しちゃってOKです。



ご飯にかけてもOKですが、パンに合わせてもイケる、オススメはチーズと一緒に食パンにのせて焼くキーマトースト、マジ美味い、もちろんナンでも美味い。

比較的普通のキーマカレーレシピ

材料
ひき肉(合挽き)500g
タマネギ1個
トマトピューレ80g
プレーンヨーグルト80g
水200cc
サラダ油少々
バター少々
ローリエ2枚
唐辛子3本
ショウガニンニク少々
カレー粉大さじ2~3
固形コンソメスープ1個
塩・醤油適量
ガラムマサラ

材料の分量は個人の趣味です。
ちょっとくらい適当でもどうにかなります、自分の好みを見つけて下さい。


1、タマネギ、ショウガ、ニンニクをみじん切りにします。唐辛子は種を捨てて砕きます。

2、フライパンにサラダ油をひいてタマネギを5分~60分弱火で炒めます。
飽きたらバター、ローリエ、ショウガ、ニンニク、唐辛子を加え1分ほど炒めます。
※タマネギの炒め時間はお好みでどうぞ。

3、香りがついたらひき肉、カレー粉を加え、固まりができないように気を付けながら中火で炒めます。

4、肉に火が通ったらヨーグルト、トマトピューレ、水、固形コンソメスープを加えて5~10分煮込み、塩、醤油で味を整えて完成です。
ローリエは食べる前に取って下さい。
ガラムマサラはお好みで2~4回好きな時にポンポンと入れて下さい。



また、殺される間際においしいキーマカレーの店を教えるから助けろと言っても、大抵相手はのってくれないので注意して下さい。








最後に。
間違ってもキーマカレーを美味しそうに食し幸せな時間を過ごしている人の前で、
「おいキーマカレー食ってる時にうんこの話とかすんなよ汚い」などは絶対に言ってはいけない。絶対に言ってはいけない。大事な事なので(ry




追記、修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/