ブレンダン・バーデル(GOD EATER)

登録日:2011/05/06(金) 10:07:29
更新日:2019/11/27 Wed 20:52:20
所要時間:約 3 分で読めます




「任務を遂行する」


「GOD EATER」及びその拡張版「GOD EATER BURST」の登場人物

CV:前野智昭
性別:男
年齢:22歳
神機:旧型近接式(バスター/タワー)「クレイモア→神斬りクレイモア/対炎タワー」
階級:上等強襲兵→強襲兵曹長
所属:防衛班/第二部隊


フェンリル極東支部防衛班に所属する神機使い。
2067年配属と、神機使いとして日が長いわけではないが、実技及び戦術理論共に優秀。
アラガミの側に張り付き、隙を見せた瞬間に一撃を叩き込む戦闘スタイルを確立しており、他のバスター使いの手本にもなっている程。

また、非常に生真面目で穏やかな性格をしており、特に真面目さは服装や髪型にそれらが現れている。
それ以外にも、筋トレやジョギング、カノンとの戦術補修を仕事の息抜きと語る程の真面目っぷり。
GERでは折角の非番も主人公になんでも手伝うと言ったばかりに、甘えられてしまった結果これでもかと肉体労働を押し付けられて息を切らせる有様。
いつ休んでるんだお前。

その為、タツミからは「ブレ公」「ブレンダン先生」と呼ばれている有り様。

ちなみに、ブレンダンの神機や服装の色は、反対にタツミは。二人の性格や色からどっかのを想像した人も多いと思うがブレンダンの武器はバスター。レイジバーストでは紅蓮のオロチを倒せば同行NPCの武器が変えられるので強引に鬼いちゃんを再現できるかもしれない。
しかも、ブレンダンは短髪であるものの、銀髪であり苗字がバーデルと来ると共通点がありありである。

また、天然なのか上記の生真面目かは分からないがカノンの性格豹変に気付いていなかったり、戦闘に集中してるようでしていなかったりする。
挙句には、カノンに誤射されない為だけの戦術理論を構築する始末……。
何処まで生真面目なんだブレ公よ。

ただし、主人公が所属する討伐班とは部隊が違うので直接は物語に関わらない。
せいぜい外部居住区の防衛任務に向かう姿が挿入され、主人公がコウタの家族の事情を窺い知る話の導入になる程度。






以下、本編のネタバレを含みます





無印シナリオ終盤にて、ヨハネス支部長が発表したアーク計画に賛同して離脱する。
本人曰く「今更、自らの命を絶つ選択は出来ない」とのことだが、実際には相当悩んでいた模様。
第一部隊によって計画が潰れた後、真相をゲンから聞いた彼は自らを恥じ、信頼を取り戻すべく戦い続けることを誓った。
ただ、同じ部隊のタツミやカノンは全く気にしてないようではあるが。

無印とバーストの間を描いた「ノッキン・オン・ヘブンズドア」でもかなり悩んでいたが、ソーマに諭され復帰した。


バースト追加シナリオでは、終盤前の新人関連にてストーリーに関わる。
ミッション途中に襲撃してきたツクヨミから新人アネットを逃がす為にカノンと共に囮となり行方不明に。
ツクヨミを振り切る間にもマータに裂傷を追わせる等、さりげなく活躍してたりする。

結果的に彼は無事保護され、リンドウ帰還後……漸く居場所が出来たと安堵していた。

RESSURECTIONの追加シナリオではあまり目立たないが、第二部隊+主人公でアラガミ捜索に赴いた際に掛け合いを見せてくれる。
フリーミッション後のイベントでは主人公と筋トレしたり、機械音痴だったり。
また新たに追加された特殊セリフでは「仲間の命を糧に生き延びた」など、過去の経験を滲ませる。


GE2アペンド「防衛班の帰還」及びGE2RBではサテライト拠点防衛の任に就いていたが、
大規模なアラガミの群れが極東支部に接近している事を受け、元第二・第三部隊共々極東支部へ舞い戻った。
その後、汚染された螺旋の樹から溢れだしたアラガミの大群との大規模戦闘にも参加。
ブラッドに最前線を任せ、自身はハルを加えた元第二部隊の4名で後方の防衛に携わっていたが、ハル・カノン両名が戦線離脱した後タツミと共にたった2人で防衛を続行するという荒業を敢行していた。
性格は幾分か丸くなり、服装は若干ワイルドになった。また、主人公と座禅を組んだりエミールと腕立て伏せをしていたりと相変わらず訓練に精を出しているようである。


  • NPCとしてのブレ公
NPCでは三人いるバスター使いの一人。
「チャージ攻撃力↑」「チャージ速度↑」「ノックバック距離↓」と攻撃重視のスキル構成をしており、敵の側に張り付き易いアタッカー。
同型のソーマと比べて武器性能が低く、アネットとは違いホールドもないが、目立たないかつデメリットスキルがないので安定して使えるのが魅力。
ストーリーの進行上、アーク計画賛同者が抜けた時とアネットを逃がすべく囮になった事により一時的に使えなくなることがあるので注意。
GERではアーク計画賛同者組の離脱期間が長かった事を受けてなのか、実質的な離脱はストーリーミッション「希望」攻略前のみとなっている。

GE2シリーズではCC・ブレイカーを習得し、尚且つアビリティにより溜め速度上昇が限界まで上がっているのでCCによる攻撃サイクルが速い。但し主な攻撃手段がCCであるせいで被弾率も高め。
固有アビリティのよりホールドトラップとスタングレネードを所持するようになり、
乱戦至上主義の傾向が強いGE2シリーズにおいて有用な乱戦時攻撃力/防御力上昇とふんばりを所持できるようになるため、
残った枠をダメージカットや体力上昇に割くと継戦能力がぐっと高くなる。


  • 余談
無印ではキャラエディットの使い回しだった為、カノン程酷くはないが戦闘とそれ以外でギャップがあった(よく絶叫する、等)

そして、バーストでの防衛班リデザインにより青いフェンリル支給のジャケットと短髪、青い瞳等々が設定された他、声優も変更された。

新しい声優により落ち着きながらも熱い性格に生まれ変わった。
生真面目っぷりが光る。

本人曰く、極東支部に来るまではアメリカ(と呼ばれる土地)にいたとのこと。
アメリカ支部にいたのか出身なのかは明らかにされてはいないが、仮にアメリカ支部ならば、『救世主の帰還』に登場する誰かと面識がある可能性がある。
そう信じる人は多いが……
現状としては望み薄である。










「登録完了、追記・修正準備に入る」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2019年11月27日 20:52