オルティナ(FE)

登録日:2019/12/05 (木) 00:07:19
更新日:2019/12/07 Sat 22:27:05
所要時間:約 6 分で読めます





天にラグネル、地にエタルド。

この手に双剣あるかぎり、我が前に敵は無し!






出典:ファイアーエムブレム ヒーローズ、任天堂、インテリジェントシステムズ、
2017年2月2日配信開始、(C) 2017 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS

概要

『オルティナ』とは『ファイアーエムブレム 暁の女神』の登場人物。
神話の時代にベオクの指導者として、獣牙族の獅子戦士ソーン、竜鱗族デギンハンザーと共に負の女神ユンヌと戦った三雄の一人。

CV:宮川美保(FEヒーローズ)

ベグニオン帝国の前身となったベグニオン王国の初代女王。
前夫は鷺の民であるエルラン。37代ベグニオン皇帝・サナキとその姉ミカヤは彼女の直系子孫。
特にサナキはオルティナと37代以上の血が離れているのにも関わらず、容姿に面影を残す。


蒼炎の軌跡』では名前だけ登場。
邪神を封じ込めたメダリオンを開放することができる存在として、アイク達はオルティナの名を受け継ぐ存在を探す。
結果的にエピローグにてそれが『サナキ=キルシュ=オルティナ』であると知るが……。

色々と詳細が明かされるのは『暁の女神』から。
暁の時代から780年前に負の女神ユンヌが人々に負の力を向けベオクとラグズを傷つけた。
正の女神アスタルテから加護を受けたラグネルとエタルドという神剣を貰ったオルティナは、二雄と恋人のエルランと共に戦った。
ヒーローズによれば戦いの厳しさに人の心を失いそうになるたびに、恋人の歌によって癒されたという。

ユンヌ討伐後はエルランと共にユンヌの助命を願い出て、1000年争いを起こさない誓約を交わす。
その後は種族の壁を越えエルランと結婚し、ベグニオン王国を建国する。

しかし歴史上最初のベオクとラグズの間の子を産んだことで状況が一変する。
彼らの子が産まれた直後、エルランのラグズとしての力が失われたのだ。
しかも生まれた子は見た目がベオクでラクズの力を持っていない……つまりベオクとラグズの交配はラグズという種を滅ぼすという他ならなかった。

ベオクとラグズの関係悪化を恐れたオルティナ夫婦は子供が間違いだったと偽りの公表をし、エルランを事故死した事にした。
その後オルティナはベオクの男性と結婚し、エルランの子をその人との間の子として育てた。新夫との間に子供がいるかは不明。



――とここまでがゲームで明かされるオルティナであり、彼女はベオクなので本編では既に故人。
それ故ゲームでは出てこず回想で台詞が少しあるだけ。つまり設定だけの存在だった。
姿も三勇の一枚絵にちょこっと写るだけで、ソーンに乗ってラグネルとエタルドを扱っていた長髪の剣士くらいしか分からなかった。

姿がハッキリわかったのは「スペシャル生放送2019WINTER(福山潤ゲスト回)」でのこと。なんとカード化されたのだ(最初にTwitterで発表し、その後生放送でも発表)。
肩書も『ベオク最強の剣士』であり、イラストはDaisuke Izuka氏が担当。
そしてそれから半年ほど経ってからヒーローズにも参加し、蒼炎と暁の公式イラストレーターである北千里氏が担当という豪華仕様。
ちなみにサイファオルティナとヒーローズオルティナは、衣装が微妙に違う。
参戦時はTwitterでも一時トレンドに乗るほど話題になったが、暁をプレイした事のある人さえ「誰?」という声も多々あった。

暁の女神でも音声付きで台詞があったが、誰が演じたかは不明。
しかしその声質と、ヒーローズでのキャストから当時も宮川氏が演じたものと思われる。


彼女はラグネルとエタルドを扱っているが、実はこの双剣、重量は一つ20……つまり合計40もある重い大剣である。
これを軽々扱っているオルティナは間違いなくテリウス大陸最強のゴリラ……もとい剣士である。


ベグニオン王国

元々オルティナがベオクとラグズの共存のために建国した国のため、実は血族による支配ではなくラグズとベオクが交互に支配者になる指名制だった。
しかしラグズが数代連続で国王になる事態が起き、結局、力のある者が支配すべきという風潮が生まれる。
一方オルティナの孫・ヨーラムがエルランの力に目覚め未来を的中、以後オルティナの家系に神使の力が宿る。
このため国王派のラグズと、神使を崇める信者が作った元老院派で内乱が起き、
この戦いに勝利した神使が皇帝を兼ねる『ベグニオン帝国』を建国し、ラグズは身分が奴隷となった。
その後もベオクとラグズの戦争があったりしつつ、本編の現状に至る。


台詞

  • あなた……誰より優しい、私のエルラン……。
  • ……女神よ。私からも提案いたします。
    もし、私たちが己の力だけで自らを律し、種族の共存を約束できるなら……女神ユンヌを消し去る必要はないのではありませんか?
    だとすれば、私たちはここに宣誓いたします。一方の種の存続を侵すような戦いを二度と起こすことはありません。
    ソーン、デギンハンザー、あなたがたもよろしいですね?
  • 女神より授かったラグネルとエタルド……これぞ蒼炎を斬り払い、天地晦冥を【正】に導き給うた神器です。
  • すべての神敵は、我が双剣の前に散る……それが、女神の名の下に戦う志士の使命なのです……!
  • 我々は、同じ世界に生きる者なのです。人も獣も、ベオクもラグズもありません。共に存る世界を、自らの手で守らねば……!
  • ♪~♪♪♪~あっ!? き、聞かれてしまいましたか……? 
    これは、恋人が歌ってくれた曲なのです……私は、大洪水を起こし人々を苦しめる蒼き邪神……を倒すために戦いました。
    女神の剣として……いつの間にか……必死で戦い続けるうちに人としての心を失くしかけていた私に……癒しを、光を……与えてくれた歌なのです。
    そう、戦いは終わり……新たな命を紡いでゆくのが、今の私の使命。あなたも、きっと私と同じなのでしょう? 
    ……ええ、共に戦いましょう。守るべき者たちの、未来のために……!




私はオルティナ……ベオクの剣士にして、女神の加護を賜りし者。

今こそ、暁に正義を示すとき!



出典:ファイアーエムブレム ヒーローズ、任天堂、インテリジェントシステムズ、
2017年2月2日配信開始、(C) 2017 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS

ヒーローズには「天」属性の神階英雄として19年11月末に参戦。担当イラストレーターは北千里氏。

赤属性の剣士であり、何故か浮いているので飛行ユニット。子孫のミカヤも浮いているので固有の力なのかも?
ステータスは全体的に高めながらも速さが極めて遅い。流石のオルティナもあの双剣を持つと遅くなるようだ。
何故かユンヌが既に参戦しているのにも関わらず、彼女の名前は伏せて言及している。
同じくエルランの事も名前を隠しているが、タッチ台詞にてエルランの名前を呼んでいる。まぁ原作の台詞なので脈絡がないが。
ちなみに、ホーム台詞にはエクラ(主人公)を浴場に誘ってくるものがある。風呂に誘ってくる人妻ってそれなんて(ry*1


武器スキルは敵から攻撃された時、距離に関係なく反撃する専用武器『ラグネル&エタルド』
速さ-5、2回攻撃(敵から攻撃された時も、2回攻撃可能)
なお武器スキルを変えた場合、装備した剣が増殖し二刀流となる。

奥義スキルは魔防の40%を奥義ダメージに加算する『双刃』
奥義以外のスキルによる「ダメージ◯◯%軽減」を無効にする。

Aスキルは飛行特効無効、周囲1マスに竜、獣以外の味方がいなければ、戦闘中、攻撃、守備+6になる『女神の三雄』
Bスキルに自分のHPが75%以下で、敵から攻撃された時、先制攻撃する『待ち伏せ3』
Cスキルにはターン開始時、周囲1マスに味方がいれば自分の攻撃、守備+5になる『攻撃守備の信義3』


神階英雄だけあって初期スキルは優秀なものが揃っており、速さ以外に穴がない高ステータスもあって、
初期スキルを全て習得させるだけで高い性能を発揮するユニット。
遠距離反撃内蔵の『ラグネル&エタルド』、飛行特効無効の『女神の三雄』で遠距離攻撃ユニットにも問題なく対応でき、
『女神の三雄』と『攻撃守備の信義』の発動条件を同時に満たせば攻撃、守備が+11されることも相まって、
特にこちらから攻撃した場合は、勇者の剣よろしく敵の反撃を受ける前に2回攻撃できる武器スキルもあり、一方的に相手を倒すことも可能。

ただし、速さだけは非常に低いため、反撃で倒しきれない場合はまず間違いなく追撃を受ける。
魔防は初期スキルでは補強されないため、特に守備の高い青属性の魔法ユニットは鬼門。
反撃する前に二回攻撃で殺しに掛かってくる突然のダイムサンダにも弱い。
また、A、Cスキル両方を同時に発動するためには周囲1マス以内に竜か獣の味方だけを置かないといけないため、
オルティナに真価を発揮させたい場合は味方の編成、配置に縛りが掛かることも注意が必要。




追記・修正は双剣を振り回してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/