夢原知予

登録日:2020/04/08 Wed 14:17:00
更新日:2020/05/12 Tue 23:51:23
所要時間:約 4 分で読めます




夢原「勇気を出すのよ知予!!今日こそ海藤君に思いを伝えるって決めたでしょ!?」








海藤君へ
登録日:2020/04/08(水) 08:00:00
更新日:2020/05/12 Tue 23:51:23
所要時間:約 1 分で読めます


タグ一覧
ラブレター

面と向かって
言うのを考えただけで
指先までドキドキ…
うーんやっぱりだめ
ニコニコ笑って言える自信ない
私こう見えて臆病だから
建てるね項目を
勇気がなくてゴメン…
めちゃくちゃ
恥ずかしいんだけど
笑わないで聞いてほしいな…



好きです。

この項目の主より

単行本8巻買ってね

























斉木(いや、以前のラブレターとほとんど同じじゃないか。何よりここはアニヲタWikiだ。ラブレターを公開する場所じゃない)



夢原知予は『斉木楠雄のΨ難』の登場人物である。

●目次

【プロフィール】

誕生日:6月11日 
身長:156cm 
体重:ーkg 
血液型:B型 
黒歴史:自分が主人公の自作小説サイトを中学時代の3年間、運営していたこと。
CV:田村ゆかり

【概要】

PK学園高校の女子生徒で、斉木楠雄のクラスメート。
カチューシャと茶色のボブヘアが特徴。
勉強は得意ではないが、運動神経はそこそこ良い。
2回も太ったり、全裸になったりと作中の女性キャラの中ではギャグシーンが多い。
オカルト部所属。人気投票は第12位で単行本8巻の表紙を担当。

【人物】

明るくフレンドリーな性格で、裏表が無い。
女子達に敬遠されがちだった照橋さんと最初に仲良くなった人物であり、彼女を下の名前で呼んだのも同級生では初。
目良千里とは互いの家の住所を知っている仲で、野生化した彼女と唯一コミュニケーションができる。
他にも転校生の相卜命と早い段階で打ち解けたり、後輩の万城乃亜リ栖や梨歩田依舞のことも下の名前で呼ぶなど交遊関係はかなり広い。
人当たりの良さは男子生徒に対しても同様で、クラスメートから嫌われている燃堂にも普通に接したり、海藤の中二病に一定の理解を示したりしている。

しかし、恋愛に関しては「しくじり先生」と呼ばれるレベルのダメ女
生まれたてのヒヨコ並みに惚れやすく、好きになった相手を過度に美化してしまうロマンチスト。
おまけに、好きになった男性のほとんどは人格に難があるダメ男
相卜の占いで、「恋愛脳、バツ4、結婚詐欺、DV男、ニート、成就確率2%、束縛、見る目皆無、ヒモ、ギャンブル依存症、ストレスにより体重増加」などのネガティブな言葉がでるほど致命的に男運が無い
また、自分から告白するのが苦手で、作中ではかなり回りくどい方法で思いを伝えようとしている。

一方で他人の恋話には激しく食い付き、デリカシーの無い質問をしてしまうこともしばしばある。

【作中での活躍】

初登場は第5χ。当時は斉木に惚れており、ありとあらゆる方法でアプローチをかけたが全て失敗。
その後は色々あって+組の篠田タケルと付き合うことになるが、色々残念な彼に幻滅し僅か3ヶ月で破局。

再び斉木に好意を寄せていたが、修学旅行で自分を不良から助けた海藤瞬に一目惚れした。
もっともアピールこそ大胆だが、肝心の告白は勇気が出せないせいで中々できない上、海藤本人が壊滅的に鈍いのでちっとも進展しなかった。鳥束?合コン?聞こえない聞こえない

そして迎えたΨ終回。遂に斉木が超能力を使用している場面と相卜とハグしている場面を海藤達と共に目撃する。
当初は斉木を問い詰めたが、「隠し事を無理矢理聞き出すのは友達のやることではない」という燃堂の意見を聞き冷静になる。
それでも納得しない海藤に対して、「隠し事は相手の為を思ってすることもある」ことを海藤に伝える為、勇気を出して告白した
海藤本人は突然の出来事に驚いていたが、4年間抱き続けた好意を伝えられた記念すべき瞬間だった。











【関連人物】

●赤西進一
夢原の先輩で初めての彼氏。ちなみに言い方がかなり紛らわしかったのか、斉木は当初、別の意味で初めての人と誤解していた。ルックスは良いが金使いは荒く、しょっちゅう夢原に借金をしていた。
1ヶ月で破局してしまったが、夢原にとっては良い思い出となっている。

●篠田タケル
泣きボクロが特徴の元彼。性格、趣味、行動全てが残念な人。
破局後も、夢原に未練タラタラな人物として度々登場していたが、文化祭編終了後に急激に出番が減少。
単行本26巻のおまけページでは、まあまあ出てたのに忘れ去られた人として紹介されていた。

【余談】

名前の由来は「予知夢」

原作の231χでは中の人ネタで「失敗した」を連呼している。

『斉木楠雄のΨ難』に初期から登場するキャラクターの中ではぶっちぎりで扱いが悪い

  • 1巻から登場しているにも関わらず、出番があまり多くない。
  • キャラクターが弱いという理由で文字通り肉付けをされる。
  • 照橋さんや梨歩田と一緒にいると何故か男性陣からぞんざいに扱われる。酷い時は陰でブスと言われたこともある。
  • 自分が表紙を担当した単行本8巻では僅か2ページしか出番が無い。
  • 実写版未登場。ちなみに、モブキャラ同然の校長先生は登場している。

等々。特に同じタイミングで登場した照橋さんとの待遇の差は凄まじく、本人も何度か突っ込んでいる。心美より先に出てると夢原本人は言っているが、実は照橋さんのほうが2ページ早く登場している。




追記・修正はロマンチストの人がお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/