相卜命

登録日:2021/01/17 Sun 10:52:36
更新日:2021/02/20 Sat 19:24:02
所要時間:約 5 分で読めます




項目デキルとか完全にテンアゲ!

とりまよろぴく丸!



相卜(あいうら)(みこと)は漫画『斉木楠雄のΨ難』の登場人物。

【プロフィール】

身長:166cm
体重:いや今ホントヤベーからガチで無理!!
誕生日:9月7日
モットー:心で占い身体は売らない
備考:鬼ヤバ占いギャル
CV:喜多村英梨

【概要】

金髪ロングの褐色*1巨乳(鳥束曰く89cm)ギャルといった、照橋さんとは別ベクトルの魅力を持つJK。
ローズピンクのTバックが勝負パンツ。

自分の運命の相手がPK学園にいると知り、夏休み明けの第162χでPK学園に転校してきた。

【能力】

正体は斉木楠雄、鳥束零太に次ぐ能力者。
一見適当に見えるが占いをしたり、らにオーラが見える。
そして、斉木の上位互換の予知能力者。
斉木にも予知夢の能力があるが、任意に発動することができず断片的なものしか見られない。

対して相卜は、過去や未来は勿論、宝くじの当選番号等自分の狙い通りの予知を見ることができる。
デメリットは、「幸運が大きいほど後に襲いかかる不運も大きくなってしまうこと」。
とどのつまり、予知能力を使って宝くじを当てた後に死ぬ可能性もある。
相卜は過去に「ヨッチョンいかを三連続で当てた翌日に、軽トラにはねられ骨折した」事がある。
内容だけ見ればプラマイゼロに収束していないが、現実世界のヨッちゃんいかを三連続で当てる確率は意外と低いので、確率という視点で見ればほぼほぼ釣り合っている。

オーラ

相卜が視認した人物が発するオーラで、相手の感情・性格・強さ・運気・生命力・ポテンシャルを見ることができる能力。
子供の頃は「激おこオーラ」略して「ゲーラ」と呼んでいた。

オーラの大小や形状は千差万別だが、オーラが大き過ぎる人間が居ると、その人間のオーラに他の人間のオーラが隠れてしまい、他の人間のオーラを診断出来ないという欠点がある。

作中のオーラ
  • 斉木楠雄→半径200mの巨大なオーラ
  • 燃堂力→身体のオーラは凄まじいが、頭の方はショボい
  • 海藤瞬→リス並みのオーラ
  • 照橋心美→光輝く天使のような白い翼のオーラ。所々に黒い羽も混ざっているが、それも気にならない程美しい
  • 灰呂杵志→ピュアな熱血野郎に相応しい炎そのもの
  • 夢原知予→小さいハート
  • 鳥束零太→男性器
  • 窪谷須亜蓮→鋭いギザギザオーラ。襟足のオーラが凄い
  • 才虎芽斗吏→金持ちのおっさんとは段違いの光
  • 明智透真→0と1の奔流
  • 鈴宮陽衣→桁違いの禍々しいオーラ
  • 高橋→ドロドロのキモいオーラ

死相

死ぬ程運が悪い状態。
相卜から見ると、死相が出ている相手の顔に大きな「死」の文字が書かれている。
死相と言えども必ず死ぬとは限らず、良くて常人なら死ぬレベルの不幸が襲いかかってくる認識。斉木(僕は毎日死相が出てそう)
だが、死相のめんどくさい点は占いで原因を探ってもきりがないところで、例を挙げると「交通事故を予知で回避してもその先に爆弾魔に遭遇する」等。
安全策は、出来るだけ安全な所で死相が消えるまで待つ。

水晶玉

相卜の占い道具の1つなのだが、デコレーションしたせいでかなり見づらくなっている。
未来を移すことができる高性能物。
ちなみに、相手の居場所を探し当てることも可能だが、Googleマップそのもの。

謎の儀式

相卜が占いをする時に行う珍妙な儀式。
本人曰く「インスピレーションが働きそうな事を適当にやっているだけ」とのこと。

儀式一覧
  • 墨汁を垂らしたバケツを振り回して、その中に消しゴムと消しカスを入れる。
  • シャーペンの芯を砕いて手にまぶし、鳥束の背中に叩き付ける。
  • 消しゴムをひたすら相手の手の平で擦る。
  • ビリビリに破いた紙を頭に振りかける。
  • 手の甲に液体のりを垂らす。
  • 胸で顔面を挟む。
  • 鉛筆の削りカスを相手の口に押し込む。

【人物】

ここまで書けばちゃらんぽらんな巨乳ギャルと思われがちだが、根はお人好しで世話好きな娘。
予知能力も私利私欲の為だけでなく、困っている人の為に役立てることを心がけており、占いの館でのバイトも積極的に行っている。
また、悩みの内容がどんなものであろうとも決して見返りを求めようとしない。

ギャル語を話している時点で何と無く察しがつくが、学業は不得手。

なお、プロフィールにもある通り一見遊び人だが、かなり貞操は堅い。
自分が完全に心を許した相手となら大丈夫らしい。

【人物関係】

斉木楠雄との関係

斉木は「ものすごい才能がある中肉中背のピンク髪のイニシャルがS・KのPK学園男子生徒」という相卜の運命の相手と特徴が完全一致している。
その為斉木は、当初は学校を休んで相卜の動向を探っていたが、自分のオーラが学校を覆い隠す程巨大である点に気づいてからは特に何もしなくなった。
なお、相卜は斉木の事はイニシャルがS・Kの男という程度で眼中に無かった。

しかし後日、屋上から落下した夢原を救出した時に斉木が瞬間移動を使用した場面を目撃してしまい、彼が超能力者であることを知る。
その後、紆余曲折を経て斉木に惚れてしまう。

普段は斉木にデレデレの乙女だが、彼の「超能力を隠して平穏に生きる」、「超能力者が存在する事を知られたくない」という考え方には否定的で一切耳を貸さない。

斉木の方はというと、日頃から絡んできたり、予知能力を使ったりする相卜の事は鬱陶しく思っている。
が、その一方で相卜とスイーツバイキングに行くことは苦に思わないなど嫌っている訳ではない。
と言うより、異性や友人としては兎も角彼女の予知能力自体は自分より強力だということもあってか、超能力者としては鳥束より信頼している節がある。
先述の警告も人望と信用が皆無の鳥束には一切していない。
特に、日本終焉の原因となる御割山の噴火は相卜抜きでは止められなかった。
現に噴火を止めた後は流石にキスは駄目だったが相卜のハグを許容している。案の定この光景を見た夢原は食い付き、照橋さんはガチで動揺していた。

その他の人物関係

  • 燃堂力
意外と言っていいほど絡みが無い。
せいぜいオーラを確認した時くらいで、燃堂の頭のオーラのショボさに愕然とした。

  • 海藤瞬
イニシャルがK・SすなわちS・Kにもなるため運命の相手の候補の1人だったが、あまりにもオーラがショボかったので外された。
第220χと221χでは石化した海藤に成り代わって1日生活する羽目になった。

  • 照橋心美
当初は完璧美少女の彼女が恋のライバルと知り絶望したが、その美貌に影響を受けてギャルを卒業し黒髪ロングの清楚系となった。
ちなみに、照橋さんはギャル橋さんになりました。

照橋の事は「てりゅここ」と呼んでおり、恋のライバルという意識はあるがカリスマ性は尊敬している。

  • 夢原知予
占い好きな陽キャ同士すぐに意気投合。
互いに「ちよぴっぴ」、「みこちゃん」と呼び合っている。
なお、海藤の姿の時にちよぴっぴと呼んでしまったことがあるが、「Pokémon GOピッピを見つけた時のリアクション」と必死に誤魔化した。

「ちさぽよ」と呼んでいる。
失踪している父親を探す彼女の為に占いを行い、結果として親子の再会の橋渡しとなった。

  • 鳥束零太
欲深いスケベ霊能力者。
性格もモットーも何もかも真逆なので全く馬が合わない。
第278χでは、鳥束と2人きりでホテルに泊まる羽目になってしまい、しきりに風呂を進めたりベッドを寄せたりするセクハラを受け続けた。

【アニメ版】

第2期から登場。
後半に登場したキャラクターの中では比較的厚待遇で、第13話から最終話のEDテーマ「Duet♡してくだΨ」を斉木(神谷浩史氏)と照橋(茅野愛衣氏)と歌い上げている。

【余談】

名前の由来は命・卜・相。17巻表紙担当。
アニメ版では2期から登場しているがゲーム版では先に登場しており、中の人もそのまま続投した。


とりま追記・修正安定じゃね?

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年02月20日 19:24