イリヤ(プリンセスコネクト!Re:Dive)

登録日:2020/7/14 (火) 3:42:00
更新日:2020/08/09 Sun 17:17:38
所要時間:約 ? 分で読めます





わらわの魔力が完全に戻れば世界征服など容易いこと。お主も楽しみにしているがよい

世界を征服した後はどうするかじゃと?……ふむ、何をしようかのう。特にこれといってしたいこともないのじゃが……

わらわはお主と一緒に在れば、それでよい。

世界を統べ、二人で共に人生を、命を謳歌しようぞ。楽しみじゃな、眷属





イリヤとは『プリンセスコネクト!Re:Dive』の登場人物の1人である。
CV:丹下桜



プロフィール

年齢:非公開
身長:172cm
体重:50kg
誕生日:5月5日
血液型:A型
種族:魔族
所属ギルド:悪魔偽王国軍(ディアボロス)
趣味:世界征服



概要

【悪魔偽王国軍】のギルドマスター。フルネームは「イリヤ・オーンスタイン」。
ヨリによると、太古の昔に魔族を率いてヒューマン・エルフ・獣人を相手に戦い、その末に敗れた魔族の王。
その身体は今も封印され目覚めの時を待っているというのは、ランドソル…特に魔族の間では有名なおとぎ話。
今では「何でも願いを叶えてくれる伝説のヴァンパイアがいる」とも伝えられているとか。
どこかの古城に封印されていたがシノブたちによって封印を解かれ、現代に目覚めた。

強大な吸血鬼だが、封印期間があまりに長かったため魔力不足で『見た目は子ども、中身は大人』状態になってしまっている。
主人公に触れられる(ドキドキする)ことで、戦闘中など一時的になら本来の高身長かつグラマラスな姿に戻ることが出来る。

復活したイリヤの目的は世界征服であり、某国民的RPGラスボスのように「世界を征服したらお前にその半分をやろう」と主人公に言ったりもするが、
現状本来の力を完全に取り戻す術がなく、【悪魔偽王国軍】のメンバーも(イリヤの力を取り戻す術についてはともかく)世界征服には関心がないため、目的達成への道程は遠そうである。

一人称は『わらわ』で、大人と子供のどちらの姿であっても尊大な口調で話す。そのため、子供の姿だと所謂ロリババアそのもの。
一見傲岸不遜だが、『我が眷属』と呼ぶ主人公や【悪魔偽王国軍】のメンバーには優しい一面も持ち、『ルナの塔』イベントではアンナとも意気投合していた。
また、恋愛関係に初心だったり、時に周囲に振り回されたりと割と親しみやすいところもある。

大人の姿では妖艶な美貌と圧倒的な力を持つ、『伝説の吸血鬼』の肩書に恥じない実力者なのだが、子供の時は弱い魔物すら倒せないほどに弱体化してしまっている上、
吸血鬼の弱点として有名なニンニクはイリヤも苦手としており、口にしただけで目を回して口調もふにゃふにゃになるほど弱ってしまう。

【悪魔偽王国軍】のギルドメンバーは皆(たまたまイリヤの城にいたミヤコを除いて)力を取り戻したイリヤに願いを叶えてもらうために一緒に行動しているが、
なんだかんだで周囲の人間に優しいイリヤの人柄をメンバーも慕っており、物々しいギルド名に反してアットホームな雰囲気を醸し出している。
一方でギルドマスターとしての威厳があるかどうかは微妙なラインで、公式四コマではシノブにキョウカ共々苦手な野菜が入った野菜炒めを食べさせられたりしている。

主人公のことは『我が眷属』と呼んで気に入っており、本来の姿を見せても魅了されるどころか「普段の姿の方が(馴染みがあって)良い」と言われてむくれたり、
世界征服の暁には自らの伴侶となるように遠回しに言ってきたりと、異性として意識している様子。
また、本来の姿では妖艶な言動も時折見せるが、本人は基本的に初心でありストーリーで積極的な選択肢を選ぶと逆に翻弄されてしまうイリヤが見られる他、
クリスマスバージョンのキャラストーリーでは、アメスにも「可愛い」と絶賛される乙女チックな一面も見せている。



現実世界でのイリヤ



ユニットとして

  • 通常バージョン
中衛の魔法アタッカー。レア度は恒常☆3。
トップクラスの火力を持つ範囲攻撃スキルを持つが、自傷ダメージもあって耐久はかなり脆い。
攻撃と共に自己回復できるUB「ヴァーミリオンバイト」を上手く活かしたい。
回せる体制を整えても、たまに自傷がクリティカルして倒れるのはご愛嬌。

UBを回転させなければならない仕様上、一緒に編成すると立ち位置が隣になり確実にTPを補給してくれるサレンとの相性は抜群で、彼女と組むことがほぼ前提となっている*1

アリーナの歴史を語る上では欠かすことのできないキャラの1人で、イリヤ登場前の初期のアリーナは互いに頑丈なタンクを並べ、タマキが通るか否かを占うガチガチの耐久環境だった。
そこに突如として現れて、高火力・高速回転・広範囲魔法攻撃というかつてない力で正面から叩き潰したのが彼女である。ミヤコを瞬殺し、クウカを削り殺し、ついでに中衛のタマキを巻き込んで屠る吸血鬼の暴威。
「編成に○○いるから対戦したくねえ」の走りではあるが、イリヤは欠点もわかりやすかったので研究対策も盛んに行われた。むしろ超火力で脆いイリヤをみんなが意識したことで、煮詰まっていた環境が動き始めたとも言える。

クランバトルでもその打たれ弱さがネックとなるが、その魔攻の高さから特にマルチターゲットタイプのボスには有効なため、
特にあまりボスの火力が高くない第一段階などではイリヤに先頭に立ってもらい、UBを連発して自己回復しつつ恒久的に攻め続けさせる編成が推奨されることも。
ただ、自傷のクリティカルでうっかりイリヤが事故死してしまうと一気に火力が落ちてしまうので、ヒーラーやTP回復が出来るサポーター等でフォローしたい。

  • クリスマスバージョン
前衛の魔法アタッカー。レア度は恒常☆3。
バレンタインエリコのようなHPが低い時に威力が上昇するスキル・UBを持ち、自傷スキルとのシナジーで通常バージョン以上の火力でガンガン攻めることができる。

自傷が残りHPの20%という割合ダメージとなったため、通常バージョンのように自滅することは無くなっている。
ただしUBに自己回復効果がないので、ヒーラーなどでフォローしないと前衛なのもあってすぐ倒れてしまう。
とにかく死なずにUBを回転させればいい通常バージョンと違い、最高のパフォーマンスを発揮させるには低HPを維持する必要があるので扱いはさらに難しい。
ただ、その分火力は通常のイリヤよりも高いため*2、クランバトルでメインアタッカーとして採用されることもある。



外部出演
Cygames繋がりでShadowverseにゲスト出演している。




余談

  • 1周年記念で行われた人気投票では、☆3キャラ部門で4位に入賞した。
  • アメスから「さん」付けで呼ばれている唯一のキャラクターである。
    本当はいくつなんだろうか。










追記修正は世界を征服してから2人でお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2020年08月09日 17:17