奇械人ワニーダ

登録日:2021/02/21 (日曜日) 23:02:22
更新日:2021/03/17 Wed 17:32:58
所要時間:約 ? 分で読めます





ブラックサタンの脱走者を始末して、その名を高めろ!


出典:仮面ライダーストロンガー/東映/第7話「ライダー大逆転!!」/1975年5月17日放送

仮面ライダーストロンガー』の第7話「ライダー大逆転!!」に登場した奇械人。

身長:189cm
体重:150kg
声:沢りつお
演:江幡高志(人間体)


【概要】

鋼鉄で造られたような姿のワニ型奇械人。鳴き声は「グワッグワッグワッ」。
一見ワニのロボットのようにも見えるほど金属的な意匠が強く、多くの他の奇械人は生物的な部分も持つがそのような所は全く無い。
鎌倉のドライブインの主人に「奇械人乗り移り」で乗り移り、訪れた観光客にサタン虫の入った料理を食べさせてブラックサタンの意のままに働く「奴隷人間」にする事が任務。奴隷人間は「ワニ仲間」とも呼ばれる。
「一度網に掛かったエサは逃さん」という事を信念にしている。

その外見に反してを吐いたりミサイルを発射するといった特殊能力は一切何も持っておらず、鋭い牙による噛み付きや太く長い尻尾を大きく振り回して戦う。
特に尻尾は主戦力のようで、ストロンガーとの戦いのほか、逃走の時にもストロンガーを遠ざけるために振り回しながら逃げていた。
非常に頑丈でに撥ねられてもびくともしないが、電気や熱には弱いようでストロンガーの電気技に大きくダメージを受けていた。
ワニの怪人だけに水中での活動も得意。


【活躍】

鎌倉に観光旅行にやって来た大木高平と文太の親子。
食事をするためドライブインに入り、店主から「当ドライブインの特別料理」と言われて出された丼を食べようとする。
ところが、蓋を開けてみると、何とそこには無数のサタン虫が蠢いていた。

出典:同上

実は、このドライブインはブラックサタンの奇械人「奇械人ワニーダ」が店主に乗り移って潜伏しており、観光客にサタン虫入りの料理を食べさせて「奴隷人間」にしていたのだ。

操れた人たちに無理矢理料理を食べさせられそうになるが、元レスラーの高平が抵抗して何とか文太は脱出。
偶然通りかかった立花藤兵衛に助けを求め、一緒にドライブインに向かうが、途中で道路に寝ていたワニーダに襲われるが、そこに茂とユリ子が登場。
噛み付こうとした奇械人ワニーダは電気ショックで弾き飛ばされ、さらにストロンガーに変身されて「電パンチ」を受けて撤退する。

文太から話を聞いていると、そこに捕まったはずの高平が現れて文太を連れていってしまう。
しかし、茂とユリ子は文太の目にただならぬものを感じて追跡し、ブラックサタンの戦闘員に襲われている二人を助ける。
だが、高平が突然茂にスプレーを吹き付けて倒してしまう。
やはり高平は操られており、茂に吹き付けたのはストロンガー用にブラックサタンが発明した「スリープガス」で、茂は捕まってドライブインに連行されてしまった。

一方、ユリ子は婦人警官に変装してドライブインを調査に行くが、ワニーダに落とし穴に落とされて捕まってしまう。
四方を電波を通さない「パラディケージ」で囲まれて変身を封じられたユリ子の前に、スリープガスで洗脳された茂が現れてユリ子の首を絞め始める。
もはや一巻の終わりかと思われたが……

でしゃばりの罰だ!

実は、茂は洗脳されたふりをしていただけだったのだ。
そして、外に脱出するとストロンガーに変身してワニーダと対峙する。

出典:同上

待っていたぞ、ワニーダ!

な、何故だ…!?何故、あのガスが効かなかった……?

出典:同上

そんな事、俺が知るか!

もはや、理屈を通り越したストロンガーの力の前にワニーダは奴隷人間を皆殺しにしようとするが阻まれ、車に乗って逃走。
しかし、「電気マグネット」で引き寄せられて「電タッチ」で高熱を車に流されたワニーダは悶絶しながら脱出し、追ってきたストロンガーとの対決に突入。

尻尾を振り回して攻撃するワニーダだったが、逆に尻尾を捕まえたストロンガーにジャイアントスイングで投げ飛ばされる。
再び逃走したワニーダは川の中に身を隠すが、ストロンガーの「電気ストリーム」による電熱で水を蒸発させるという荒業によって発見されてしまう。

ない、ない、水がない……!

姿を現したワニーダに「電キック」が炸裂し、ワニーダは大爆発。
高平や操られていた人々は全て解放されたのだった。


【その他】

ストロンガーの完全に説明を放棄した名言で有名な回。

この回は1975年の「東映まんがまつり」で劇場公開された。


な、何故だ!?何故追記・修正できた......?


そんな事、俺が知るか!


この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年03月17日 17:32