雲母(犬夜叉)

登録日:2021/02/27 (Sat) 23:18:05
更新日:2021/04/04 Sun 10:33:16
所要時間:約 3 分で読めます




雲母(きらら)は『犬夜叉』及び『半妖の夜叉姫』の登場キャラクターである。


【概要】

珊瑚が連れている猫又
彼女の故郷である退治屋の里で代々飼われてきた。

ふさふさした毛並に、数本の縞模様が入った猫又の特徴である二本の尻尾が特徴。
アニメではかつて翠子に仕えていたかのような描写もあったが、後に一問一答にて作者が年齢は100歳と明言したため、
四魂の玉の誕生が戦国時代から約500年前とされるためずれが生じる(もしかしたら雲母とは別の個体だったのかもしれない)。
普段は人の肩に乗れる子猫ほどの大きさだが、戦闘時になると巨大化し牙が現れるほか、手足や尻尾に炎を纏い、珊瑚たちを背に乗せ空を駆ける事もできる。
人の言葉は話せないが理解しているなど、知能も高い。
その愛くるしい見た目と所作から、七宝と共に一行のマスコットポジを確立している。

珊瑚とは彼女が幼少期の頃から共に過ごしてきたパートナーで深い絆で結ばれている。
また、琥珀とも仲が良く、奈落によって敵味方に分かれてしまった二人を気遣う様子を時々見せている。
人見知りしない性格のため一行達からも可愛がられており、アニメではかごめにスカーフや食事用の皿等をプレゼントしてもらっている。
しかし、七宝に「一行の中で一番しっかりしているが、人が好過ぎる」と言われており、
現にアニメだと、犬夜叉の特訓に付き合った結果ハゲができたり弥勒のナンパのダシにされたり、
かごめに待ちぼうけをくらったりしているのだが、全く怒った素振りを見せていない。そのせいかちょっとした事でいなくなると心配されがちである。

現在は珊瑚が退治屋稼業から身を引いているため、琥珀のほか、翡翠やせつなをはじめとした退治屋達と主に行動を共にしている。


【戦闘】

変化後の巨体を生かした体当たりや爪牙での攻撃を得意とする。
駆ける速度も相当なもので、第5期OPでは白童子の駆る妖馬・炎蹄(えんてい)とデッドヒートを繰り広げている。
どんな相手にも怯むことなく挑むが、毒や瘴気には耐性がないため、勇敢さが仇となってダメージを受けてしまう事も多い。
映画『時代を超える想い』では毒で弱ったところに術をかけられ、途中まで敵に回ってしまった。


【余談】

雲母の鳴き声は効果音によるもので収録しているのだが、一時期声優のTARAKOが担当しているという噂が流れた。

完結編放送記念の一問一答にて、作者曰く七宝は高位の妖怪なので今後大妖怪へと成長する可能性があるが、
雲母は七宝ほど高位ではないので、現在が臨界点と答えている。



追記・修正は雲母を存分にもふってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年04月04日 10:33