カイメングリーン

登録日:2021/08/02 (月曜日) 21:08:37
更新日:2021/08/16 Mon 14:47:13
所要時間:約 ? 分で読めます





俺の体は死ぬ事はないのだ!


出典:人造人間キカイダー/東映/第29話「カイメングリーンは三度甦える」/1973年1月27日放送

人造人間キカイダー』の第27話「バイオレットサザエの悪魔の恋」、第28話「赤子を泣かすアカオニオコゼ!」、第29話「カイメングリーンは三度甦える」に登場したダークロボット。

身長:2m
体重:91kg
声:大宮悌二
演:潮健児(人間体)


【概要】

全身緑色のボディをした、巨大なまん丸な頭が特徴のダークロボット。
荒木博士が完成させた、完全な良心回路の設計図を奪う事が任務で、バイオレットサザエ、アカオニオコゼと組んで荒木博士や博士の娘のタエ子を襲撃する。

主な任務はバイオレットサザエとアカオニオコゼのサポートで、戦闘に加勢したり、サボテンに変身して得た情報提供などを行った後、二体がキカイダーに倒された事で、直接設計図を奪いに乗り出した。

最大の能力は強力な再生能力で、バラバラに破壊されてもあっという間に再生する事ができる。
頭をボーリングの球のように発射する「カイメン必殺玉転がし」が必殺技
頭の部分をちぎって投げつけ、そこから出る毒液で岩や人間を溶かしてしまう技も使い、腕からは「カイメン炎」というロケット砲を発射する。
身体はキカイダーに投げられただけでバラバラになってしまうほど脆いが、バラバラになってもその状態で動く事もできる。
他にはサボテンに変身してのスパイ活動、相手にサボテンの幻覚を見せて拘束する「幻カイメン」という技も持つ。
タキシードを着た男に変身して暗躍する。


【活躍】

第27話で、良心回路を完成させた荒木博士から設計図を奪おうとするも、逆に罠にかけられたバイオレットサザエを救出に出現。
激昂して荒木博士を殺そうとするバイオレットサザエを止めようとするが、止められずに結局荒木博士はバイオレットサザエに殺されてしまい、そこに駆け付けたキカイダーと交戦。
バイオレットサザエは「ダブルチョップ」でダメージを受けて離脱し、自身も「カイメン必殺玉転がし」で攻撃するが「大車輪投げ」を受けてバラバラになってしまう。

その場は退けられてしまうが、その後すぐに復活してプロフェッサー・ギルに事の顛末を報告。
新たに派遣されたダーク破壊部隊「アカオニオコゼ」と共に破損箇所を修理してもらってジローに信頼を寄せるようになったバイオレットサザエを叱責して再び仲間に引き入れると、バイオレットサザエと共に荒木博士から設計図の在りかを聞いたミツ子を襲撃。

キカイダーと戦闘に突入するが、「カイメン必殺玉転がし」を蹴り返され、再び「大車輪投げ」を受けてバラバラになり、戦線離脱してしまう。
バイオレットサザエは「デン・ジ・エンド」を受けて爆散するが、再生して復活する。

続く第28話では、設計図の在りかを突きとめるためにサボテンに変身してジローとミツ子が泊まっている旅館の部屋に潜伏。
二人の会話から設計図を荒木博士の娘であるタエ子が持っている事を知り、アカオニオコゼと共に襲撃する。
しかし、そこにジローが現れてチェンジしたキカイダーと戦闘になる。
その最中にタエ子は設計図を半平が落とした赤い靴に隠して投げるが、それを偶然マサルが拾ってしまう。

アカオニオコゼが再びタエ子を襲撃して設計図をマサルが持っている事を知り、今度はマサルを襲って捕まえるが助けにやって来た半平に逃がされ、続いて登場したキカイダーの攻撃でまたもバラバラになって離脱してしまう。
残されたアカオニオコゼは「デン・ジ・エンド」で倒され、残り一体となった事で遂に自身が直接設計図を奪いに動き出す。

第29話で、タキシードを着た怪しい男に変身してマサルを付け狙い、マサルを助けようとした警官を殺害。
マサルを追い詰めて捕まえようとするが、カイメングリーンが近づいている事を教えようとしたマサルの動きをブロックサインと勘違いした半平の奇妙な動きに気を取られてしまい、さらに光明寺博士にも妨害されて逃げられてしまう。

マサルはたまたま通りかかったお嬢様のカオルに助けられて自動車で立ち去ってしまうが、しつこく追跡して「幻カイメン」で捕らえる事に成功。
しかし、そこにジローが駆け付けて二人を逃がされる。
キカイダーと戦闘になってバラバラにされるが、またも復活して追跡を続行。

カオルの車の運転手に化けて二人を襲うが、設計図を奪おうとして放った「カイメン炎」が設計図に命中して設計図は燃えてしまう。
激昂してマサル達を皆殺しにしようとするが、そこにジローが登場。
プロフェッサー・ギルの悪魔の笛に苦しむジローを「カイメン炎」でに取り囲んで倒そうとする。

プロフェッサー・ギルの吹き鳴らす悪魔の笛が、ジローを痛める

この笛に負けた時、ジローはダークの手先になってしまうのだ

出典:同上

だが、この炎が幸いした

炎の音に遮られ、ギルの笛の音が消えた。ジローはキカイダーにチェンジする!

チェーンジ!スイッチオン!

ワン!ツー!スリー!

キカイダーとの最終決戦に突入し、「大車輪投げ」でバラバラにされるが、破片の状態で浮き上がってキカイダーを攻撃。

出典:同上

このカイメングリーンの体は不死身なのだ!お前の体をバラバラにしてやるぞ!

デーン・ジ・エンド!

出典:同上

しかし、キカイダーが放った「デン・ジ・エンド」で破片をまとめて破壊され、今度こそ完全に倒された。


【その他】

姿が覚えやすいからか、キカイダーがゲーム等に登場する時は比較的共演する事が多い。ガチャポンのフィギュア化された事も。
スーパーヒーロー作戦では、アカ地雷ガマに変わり、なんとジローを倒してしまう。そのあとハカイダーに倒されるのも一緒だが。
スーパー特撮大戦2001のとあるステージでは倒されても何度も復活し、キカイダースパークでないと倒せないとクロガラスの役を兼任している…がスパークを使われるまでは本当に何度倒されても資金、資材、経験値をくれて無限に再生するため無限稼ぎが可能になっており、金欠に陥りやすいこのゲームにおける救世主的存在となっている。ただし主人公がメタル系限定。


追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年08月16日 14:47