晃・E・フェラーリ

登録日:2010/07/29(木) 00:20:22
更新日:2019/10/25 Fri 13:02:57
所要時間:約 3 分で読めます




私はアリシアと違って甘くないからな







ARIAの登場人物の1人

Akira E Ferrari

【 PLOFILE 】

姫屋に勤めているプリマウンディーネ

出身:火星
年齢:20歳
身長:168cm
誕生日:7月29日(しし座)
血液型:O型
オールナンバー「27」

CV:皆川純子(アニメ)/三石琴乃(ドラマCD)


アリシアアテナと並ぶ「水の3大妖精」の1人
通り名は「真紅の薔薇(クリムゾンローズ)」

アリシアとは幼なじみで、共にプリマになる事を目指し、修行に励んでいた
会社に同期のいないアリシアを気にかけ、何だかんだ理由をつけてARIAカンパニーに訪れ、一緒に練習していた
先にウンディーネを目指したのは晃だが、後から来たアリシアが先にプリマになってしまったため、強くライバル視している

口癖は「すわっ!」「〜禁止!」
男勝りで口は悪く、言動は威圧感にあふれている
後輩の藍華たちには特に容赦無く厳しい態度で指導するが、それは深い思いやりの裏返しで、努力した分はきちんと認めてくれる
姫屋の跡取りである藍華にも遠慮せずまっすぐ向き合ってくれる唯一の存在である

好物はくるみパンとピザ
また、紅茶にはとてもうるさい

水の3大妖精のそれぞれの長所として、アリシアはオール捌き、アテナが舟謳、晃の場合はその優れた接客能力である
下手をすれば反感を買ってしまいそうな「客いじり」も彼女は巧みに使いこなし、その容姿等から同性からの人気が非常に高い
「水の3大妖精」の3人のうち、最後にプリマに昇格した

天より賦与された才能を持つアリシア、アテナと比べて、自分は「持たざる者」である事に落ち込んでいた時もあった
しかし、幼少期の藍華が「ないものは付け足せばいい」と三つ葉のクローバーに1枚の薔薇の花びらを付け足して四つ葉にしている姿を見て、「あの2人のライバルが天才ならば、私は努力に秀でた秀才になればいい」と自分を取り戻し、その後プリマへと昇格した

この時の薔薇が通り名の由来で、薔薇の花弁と3つ葉のクローバーは栞にして宝物として大切にしている
後に、この栞をプリマになれるご利益付きのお守りとして藍華に譲った
子供の頃、浮き島で暁・アル・ウッディーの3人に会った事があるのだが、晃本人は全く覚えていない
当時の一人称は「オレ」でボーイッシュな格好をしていたため、暁からは男だと勘違いされており、後にその事実が発覚してからも、暁からは女装した男扱いされている



原作最終回の灯里のメールでは、名実ともに現役最高のプリマウンディーネとして君臨している



名前の由来は、イタリアの自動車メーカー、フェラーリ社の創設者エンツォ・フェラーリからだと思われる
また、オールナンバーについても、F1のフェラーリのエースナンバーが「27」であったためと推測される



The NATURAL版PERFECT GUIDE BOOK掲載のキャラクター分析(技能評価)では操舵は星4つ、接客は星5つ、舟謳は星4つに評価されている



落ちたら容赦しないぞ


未来の女王陛下?




すべては我が愛しき薔薇の女王の名の下に


追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/