仮面ライダーBLACK RX

3弾

カードナンバー 3-036 レアリティ LR ライダータイプ フィニッシャー
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 500 タイリョク 2500
必殺技 RXキック コスト4 ひっさつ 1750
スロット 拳 90 拳 80 蹴 80 拳 70 拳 50 蹴 50
アビリティ コウコウのとき、ひっさつ+300 ライジングコスト-1
ライドバースト ロボライダー
ステータス コウゲキ 800 ボウギョ 700 タイリョク 2500
必殺技 ハードショット コスト6 ひっさつ 2600
スロット 銃 100 銃 90 蹴 80 銃 70 銃 60 蹴 50
バーストアビリティ あいてフィニッシャータイプのアビリティ発動を封印する。
解説 太陽の子、BLACK RXが昭和ライダーとしては初のLRで参戦。
スペックはLRとしては標準といったところだがアビリティが両面とも強力で、表面はラウンド2以降だが威力2000超えがたった3コストで撃ててしまう。さらにバースト後はフィニッシャー限定ながらアビリティ封印というこれまた強力なもの。原作再現かは不明だが、1弾シャドームーンが対象になる。
難点をあげるとすれば表面のスロットに50が二つある事だろうか。3弾で選択肢の増えたライジングパワー増加やコスト削減によるライジングで補うのも一つの手だろう。
ちなみに余談だが、旧ガンバライドでは昭和ライダーとして初のLRは彼と同一人物であるライダーが飾っている。そのライダーも後にLRへ再登場しており、旧ライドとは逆のパターンとなった。(後にまたLRに返り咲いている)
カードナンバー 3-037 レアリティ LREX ライダータイプ フィニッシャー
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 500 タイリョク 2500
必殺技 RXキック コスト4 ひっさつ 1750
スロット 拳 90 拳 80 蹴 80 拳 70 拳 50 蹴 50
アビリティ コウコウのとき、ひっさつ+300 ライジングコスト-1
ライドバースト バイオライダー
ステータス コウゲキ 800 ボウギョ 750 タイリョク 2500
必殺技 スパークカッター コスト7 ひっさつ 2800
スロット 剣 100 剣 100 蹴 80 剣 70 剣 60 蹴 50
バーストアビリティ バーストしたとき、ライジングパワーが6以上だと、チームタイリョクが1500回復する。
解説 LREX枠としてバイオライダーも同時参戦。前番のロボライダーと異なり、バーストアビリティはチーム体力を回復させる補助効果。体力回復効果の類似アビリティは数あれど、こちらは「チーム体力」ではなくRPに依存する。
適当に発動させても満タンならそれ以上はアップしない上に必殺技を一発受ければ消し飛ぶ回復量なので、これを活かすなら2弾SRバロンMgAなどの体力が絡むアビリティ持ちのカードと組ませ、発動のトリガー及び保険とするのがいいだろう。
一応LRとは違いこちらは素手から剣に変わるので使い分けが可能。

4弾

カードナンバー 4-044 レアリティ SR ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 500 タイリョク 2250
必殺技 RXキック コスト3 ひっさつ 1350
スロット 拳 90 拳 80 拳 70 拳 60 拳 60 蹴 60
アビリティ テクニカルバトルに勝った時、仲間のテクニカルゲージがパワーアップする。
ライドバースト 仮面ライダーBLACK RX
ステータス コウゲキ 750 ボウギョ 850 タイリョク 2250
必殺技 リボルクラッシュ コスト6 ひっさつ 2500
スロット 剣 100 剣 90 剣 80 剣 60 剣 60 蹴 60
バーストアビリティ あいてのアタッカータイプのアビリティ発動を封印する。
解説 SR落ちだが、バースト必殺技は待望のリボルクラッシュ実装となった。
前回の2枚がフィニッシャータイプだったのに対して今回はテクニカルタイプで登場。仲間のテクニカルゲージをパワーアップさせてくれるので援護向きとなっている。逆にバーストアビリティは前回のロボライダーのバーストアビリティのアタッカー版といえる内容なので使い分けが可能。
しかしスロットは50が無い安定型だが、最後のスロットが蹴である事以外は全て拳(バーストすると拳から剣に入れ替わる)なので蹴のダブルアタックは合わせづらいのが欠点か。
ナイスドライブ弾以降はゲージ1本化に伴い、自分もアップできるようになった。後にステータスが完全上位互換のSRが登場したが、あちらはAP強化の代わりに体力を半減させるブレイブタイプに加え、テクニカルゲージアップ関連のアビリティが1つも無いのでこちらにも使い道はある。
カードナンバー 4-045 レアリティ TR ライダータイプ トリッキー
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 400 タイリョク 2100
必殺技 RXキック コスト3 ひっさつ1350
スロット 拳 80 拳 80 拳 80 蹴 70 蹴 60 蹴 50
アビリティ 3番目にカードを出したとき、チーム全体のコウゲキ+250
ライドバースト バイオライダー
ステータス コウゲキ 650 ボウギョ 500 タイリョク 2100
必殺技 スパークカッター コスト5 ひっさつ2300
スロット 剣 90 剣 90 剣 90 蹴 70 蹴 60 蹴 50
バーストアビリティ あいてフィニッシャータイプのひっさつ-800
解説 4弾のRX、もう1枚はスパークカッターがR落ちしてトリッキーで登場。ただし、表面はイラストこそリボルケインを持っているがアイコンは素手である点に注意。
バイオライダーにバーストすると相手フィニッシャーのバーストボーナスをほぼ削ぎ落とすアビリティが発動するが、勿論他のタイプには効かない。そして剣と蹴でAPの差が案外大きいので体力不利な内にバーストしてAPを補填するのもアリ。

5弾

カードナンバー 5-051 レアリティ N ライダータイプ フィニッシャー
ステータス コウゲキ 450 ボウギョ 400 タイリョク 1950
必殺技 RXキック コスト3 ひっさつ 1300
スロット 拳 90 拳 80 拳 70 蹴 60 蹴 60 蹴 60
アビリティ 1ラウンド毎、チーム全体のひっさつ+150
ライドバースト ロボライダー
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 450 タイリョク 1950
必殺技 ハードショット コスト5 ひっさつ 2350
スロット 銃 100 銃 90 銃 80 銃 60 蹴 60 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ライジングパワーが5以下だと、ライジングパワー+3
解説 1弾跨ぎでロボライダーがN落ちで登場。バースト面はセンコウを取られるなどでライジングパワーが不足してる時でないと真価を発揮できないが、
表面はラウンド毎に無条件でヒッサツを強化できるので無駄がない。
ピンチならバースト、そうでないなら表でチームをサポート。というように状況に応じて使い分けよう。

ナイスドライブ1弾

カードナンバー D1-045 レアリティ R ライダータイプ パッション
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 450 タイリョク 2150
必殺技 RXキック コスト3 ひっさつ 1450
スロット 拳 90 拳 80 拳 80 拳 70 蹴 50 蹴 50
アビリティ 1ラウンド毎、チーム全体のコウゲキ+200
ライドバースト 仮面ライダーBLACK RX
ステータス コウゲキ 750 ボウギョ 800 タイリョク 2150
必殺技 リボルクラッシュ コスト6 ひっさつ 2450
スロット 剣 100 剣 90 剣 80 剣 80 蹴 50 蹴 50
バーストアビリティ バーストしたとき、あいてよりチームタイリョクが少ないと、チーム全体のボウギョ+250 チームタイリョク500回復
解説 1弾飛ばしてリボルクラッシュR落ち。そしてRX初のパッションタイプで登場となった。能力的にはSRを各所で一段落とした程度だが、アビリティが非常に使いづらくなってしまっている。特にバーストアビリティは相手体力より少ないという条件が最初にバーストするのが前提のパッションタイプと噛み合わないのが欠点。

ナイスドライブ3弾

カードナンバー D3-040 レアリティ R ライダータイプ トリッキー
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 550 タイリョク 1950
必殺技 RXキック コスト3 ひっさつ 1600
スロット 拳 90 拳 80 拳 80 蹴 60 蹴 60 蹴 50
アビリティ みぎのレーンにこのカードが置かれているとき、チーム全体のひっさつ+250
ライドバースト ロボライダー
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 850 タイリョク 1950
必殺技 ハードショット コスト5 ひっさつ 2500
スロット 銃 100 銃 80 銃 80 銃 70 蹴 60 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、APバトルに勝っていたら、チーム全体のコウゲキ・ボウギョ+250
解説 まさかの低レアでの2枚同時収録。4弾にもあったトリッキータイプだが、こちらはロボライダーにバーストする。
下記の同時収録されたRXとは左右反対のアビリティ発動条件とイラストだが同名ライダーなので組ませることは出来ない。
カードナンバー D3-041 レアリティ R ライダータイプ パッション
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 550 タイリョク 2200
必殺技 RXキック コスト3 ひっさつ 1500
スロット 拳 90 拳 80 拳 80 蹴 60 蹴 60 蹴 50
アビリティ ひだりのレーンにこのカードが置かれているとき、アタックポイント+10 さらにバーストゲージが上がりやすくなる。
ライドバースト バイオライダー
ステータス コウゲキ 800 ボウギョ 750 タイリョク 2200
必殺技 スパークカッター コスト5 ひっさつ 2400
スロット 剣 100 剣 80 剣 80 蹴 70 蹴 60 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、チームタイリョクが4000以下だと、コウゲキ+800 さらにあいてのテクニカルゲージスピードをアップさせる。
解説 こちらはバイオライダーにバーストチェンジ。前弾の龍玄・黄泉と同じ表アビリティを持ち中々使いやすい一枚。
ただ、もう一枚のRXにも言える事だがバーストすると武器タイプが変わる点は注意。

ナイスドライブ4弾

カードナンバー D4-044 レアリティ R ライダータイプ パッション
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 650 タイリョク 2100
必殺技 RXキック コスト2 ひっさつ 1400
スロット 拳 90 蹴 70 拳 70 蹴 70 蹴 70 拳 50
アビリティ 1番目にカードを出したとき、ライジングパワー+1
ライドバースト 仮面ライダーBLACK RX
ステータス コウゲキ 750 ボウギョ 800 タイリョク 2100
必殺技 リボルクラッシュ コスト5 ひっさつ 2450
スロット 剣 100 剣 70 剣 70 剣 70 蹴 70 蹴 70
バーストアビリティ バーストしたとき、チームタイリョクが4500以下だと、チーム全体のコウゲキ+100 ひっさつ+400
解説 今度は1弾と同じ構成で続投。前回と異なり、スロットから50が1つに減ってバースト後はほぼ70だけのスロットに強化される。アビリティは順番指定ながらライジングパワーを+1とはいえ増やせるのは破格。しかしバーストアビリティはタイリョクが4500以下でバーストしないと発動しないので注意。

バッチリカイガン1弾

カードナンバー K1-052 レアリティ SR ライダータイプ ブレイブ
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 700 タイリョク 2500
必殺技 RXキック コスト4 ひっさつ 1550
スロット G 90 拳 80 拳 70 蹴 60 蹴 60 蹴 60
アビリティ まんなかのレーンにこのカードが置かれているとき、バーストゲージがアップする。さらに、ブレイブタイプのボウギョ+500
ライドバースト 仮面ライダーBLACK RX
ステータス コウゲキ 900 ボウギョ 950 タイリョク 2500
必殺技 リボルクラッシュ コスト8 ひっさつ 2850
スロット G 100 剣 90 剣 70 蹴 70 蹴 60 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+1500 アタックポイント+10 さらに、必殺技が発動したとき、ひっさつ+500 アタックポイント+10
解説 RXがリボルクラッシュ共々約1年半振りに初のブレイブタイプでSR返り咲きを果たした。
表面アビリティは中央指定で自身を含めたブレイブタイプのボウギョを上昇させる使いやすいものだが、ブレイブタイプのデメリットを考えるとないよりはマシ程度に考えておいた方がいいだろう。
バーストアビリティはバーストしたときと必殺技が発動した時、二つのタイミングで自身の必殺とAPを強化する物。バーストするだけで無条件にAP+10、必殺+1500が得られ、更にブレイブタイプのボーナスでAP+50されるので合計AP+60、更に通常のタイミングでバーストした場合は後半の効果も発動するので合計必殺+2000、AP+70を得られる。また後半の効果は次のK2弾で登場したバースプロトなどと同じく味方だけでなく敵の必殺も対象になるが、ブレイブタイプのデメリットで体力が半分になってしまう為、相手の必殺を喰らっているほど余裕がなくなりやすいのでバーストする際は早々に決着をつける算段を立てておいた方がよいだろう。

バッチリカイガン2弾

カードナンバー K2-046 レアリティ N ライダータイプ チェイン
ステータス コウゲキ 450 ボウギョ 550 タイリョク 1950
必殺技 RXキック コスト2 ひっさつ 1500
スロット G 80 蹴 80 拳 70 蹴 70 拳 60 蹴 60
アビリティ 自分チームのカウンターが発動したとき、チーム全体のひっさつ+300
ライドバースト 仮面ライダーBLACK RX
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 700 タイリョク 1950
必殺技 リボルクラッシュ コスト6 ひっさつ 2300
スロット G 90 蹴 90 剣 70 蹴 70 剣 70 蹴 60
バーストアビリティ 2番目にバーストしたとき、あいてテクニカルゲージスピードをアップさせる。
解説 今回は初のチェインタイプでリボルクラッシュが遂にN落ちだが、今回はパッとしない1枚となっている。
アビリティはカウンター条件で必殺を強化するのだが、現時点ではカウンターの発動率は低めなのでイマイチ。バーストアビリティも2番指定で相手のテクニカルゲージのスピードをアップさせるのだが、そうなるとチェインのタイプボーナスを生かす場合は3枚バーストという手を生かさなければならないという事になるのが難点。
そして後になってこれと同じくアビリティが使いにくい代わりにバーストアビリティが使いやすくなったパックのRが出てしまった。

ガシャットヘンシン3弾

カードナンバー G3-051 レアリティ R ライダータイプ ブレイブ
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 600 タイリョク 2500
必殺技 RXキック コスト4 ひっさつ 1550
スロット G 90 拳 80 拳 80 蹴 60 蹴 50 蹴 50
アビリティ 1ラウンド毎、バーストゲージが上がりやすくなる。
ライドバースト 仮面ライダーBLACK RX
ステータス コウゲキ 1100 ボウギョ 900 タイリョク 2500
必殺技 リボルクラッシュ コスト5 ひっさつ 2750
スロット G 90 剣 80 剣 70 剣 70 蹴 70 蹴 50
バーストアビリティ バーストしたとき、ライジングパワーが9以上だと、ひっさつ+500 さらに、あいてのチームのライダーガッツ率をダウンさせる。
解説 久しぶりの収録はK1弾SR同様にブレイブタイプ。ステータスはSRより落ちてない…どころか、インフレが進んだおかげでバースト後の必殺やスロット、表裏のアビリティ以外は完全上位互換となっている。
アビリティはバーストゲージを1ラウンドずつ上げやすくさせ、バーストアビリティは必殺強化とライダーガッツ率ダウン…なのだが、アビリティを生かそうとするとスロットに50が2つある構成のため、負け続けた場合バーストできなくなる事もある。裏面も9以上でバーストしなければならず、その効果もやや割に合わない。バーストしてもSR同様にスロットが大幅に強化される代わりにタイリョク半減のリスクが伴う。
ここはAPアップの仲間を入れてバーストゲージの支援に徹するのが得策か。
カードナンバー G3-058 レアリティ CP ライダータイプ フィニッシャー
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 800 タイリョク 3100
必殺技 リボルクラッシュ コスト3 ひっさつ 1900
スロット G 90 剣 80 剣 70 剣 60 蹴 60 剣 60
アビリティ 剣アイコンに止めたとき、ひっさつ+500 テクニカルゲージがアップする。さらに、あいてのテクニカルゲージスピードをアップさせる。
ライドバースト 仮面ライダーBLACK RX
ステータス コウゲキ 1350 ボウギョ 1150 タイリョク 3100
必殺技 RXスラッシュ コスト8 ひっさつ 3150
スロット G 100 剣 90 剣 70 剣 70 蹴 60 剣 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+1500 バーストゲージがアップする。さらに、このラウンドのみ、あいてのチームのミガワリを封じる。
解説 斬撃スラッシュキャンペーンの1枚にしてトリとしても収録。(打撃はスーパー1。)またRX始動としては初となる開始時から剣持ちなので、剣持ちのライダーなどと合わせやすくなった。
アビリティは斬撃スラッシュキャンペーン共通の剣アイコン指定であるが、本カードの内容は必殺強化とテクニカルゲージ関連。こちらのゲージを上げてあちらのゲージのスピードをアップさせる効果を施す。また昭和ライダーにはテクニカルゲージアップ持ちのライダーが少な目なので、そういった意味では昭和オンリーのデッキで呼ばれるだろう。
バーストする事で必殺+1500の効果は打撃・斬撃CPの共通効果だが、本カードの副効果は一見バーストゲージアップと地味だが、もう一つの副効果はバーストしたラウンドに限り何と相手のミガワリを封じる効果を持つ。ただミガワリでバーストすると効果が発揮される事無く効果が切れてしまうため、本カードのバーストを生かすならば決着をつけるタイミングでバーストしよう。

ボトルマッチ3弾

カードナンバー BM3-049 レアリティ N ライダータイプ アタッカー
ステータス コウゲキ 450 ボウギョ 550 タイリョク 2400
必殺技 RXキック コスト2 ひっさつ 1550
スロット G 80 蹴 80 拳 80 拳 70 拳 60 蹴 50
アビリティ 3番目にカードを出したとき、ボウギョ+200 さらに、バーストゲージが上がりやすくなる。
ライドバースト ロボライダー
ステータス コウゲキ 1000 ボウギョ 600 タイリョク 2400
必殺技 ハードショット コスト7 ひっさつ 2800
スロット G 90 蹴 90 銃 90 銃 70 銃 60 蹴 50
バーストアビリティ バーストしたとき、ライジングパワーが7以上だと、テクニカルゲージがアップする。
解説 1年ぶりの収録はBLACKでは収録回数が多かったが、RXとしては以外にも初となるアタッカータイプでの収録。そして2年ぶりのロボライダーへバーストする構成で登場となった。
アビリティは3番に出す事でボウギョアップとバーストゲージ上昇率をアップさせる。ボウギョに関してはバーストしても50だけしか上がらないのでこれでフォロー可能。バーストアビリティはRP7以上でテクニカルゲージアップとシンプルな効果を持つ。

ボトルマッチ4弾

カードナンバー BM4-054 レアリティ SR ライダータイプ ブレイブ
ステータス コウゲキ 1000 ボウギョ 700 タイリョク 3000
必殺技 RXキック コスト4 ひっさつ 1700
スロット G 80 蹴 80 拳 80 拳 60 蹴 60 拳 60
アビリティ 1ラウンド毎、ボウギョ・ひっさつ+300 ライダーガッツ率がアップする。 ライダーガッツを発動したとき、アタックポイント+30 バーストゲージがアップする。
ライドバースト 仮面ライダーBLACK RX
ステータス コウゲキ 1100 ボウギョ 1000 タイリョク 3000
必殺技 リボルクラッシュ コスト7 ひっさつ 3000
スロット G 100 蹴 90 剣 70 剣 70 蹴 60 剣 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+1500 ライジングパワー+5 さらに、チームタイリョクが1500以下だと、アタックポイントが最大50まで上がる。
解説 前回に引き続き、RXが続投及び3度目のSR収録を果たした。
今回は劇中でも印象的だった「不思議なことが起こった」をアビリティで再現してか、前回SR同様ブレイブタイプで登場。アビリティは1ラウンド毎にボウギョと必殺を上げながら、ライダーガッツ率をアップさせるもの。このためかスロットが前回よりも弱体化しており、80と60だけの2数値型となっている。更にあのSR黎斗神同様にライダーガッツを発動させればAP+30とバーストゲージアップの効果が入るが、永続とはいえ次ラウンド限りまでだったあちらと比べるとゲイン値は僅かに劣る上に、RP+10が消えてただのバーストゲージアップだけなのが割に合わない効果となってしまった。
一方のバーストアビリティは副効果がイマイチと言わざるを得ず、タイリョク1500以下でAP+50のブーストが入る…と見せかけて最大50まで上がるの効果のため、運が悪いと全く上がらない事もあり得る。つまりあちらと比べると表アビリティでうまく立ち回り、ガッツが発動したら本カードをバーストして一気に逆転するというSRゲンムより更に運頼みな1枚に仕上がっている。
ただ、SRゲンム同様にライダーガッツの発動は一回きりで体力は200以上回復はしない上に、ガッツを発動させなければ80と60のスロットが足を引っ張る事になるので、表アビリティを生かすならライダーガッツ率アップのアビリティやメダルスキャンなどでフォローしたいところ。
正直、アビリティでの原作再現を除けば実用性では前のSR2枚に劣ってしまう。せっかくの放送30年記念なのにこの能力では…と、思われていたが!

ボトルマッチ5弾

カードナンバー BM5-054 レアリティ LR ライダータイプ メカニカル
ステータス コウゲキ 800 ボウギョ 750 タイリョク 3800
必殺技 RXキック コスト5 ひっさつ 1850
スロット G 90 拳 80 蹴 70 拳 60 拳 60 蹴 60
アビリティ スロットアイコンが2以上揃ったとき、ボウギョ+500 テクニカルゲージがアップする。 さらに、APバトルに勝っていたら、あいてのチームのテクニカルゲージスピードを超アップさせる。
ライドバースト 仮面ライダーBLACK RX
ステータス コウゲキ 1250 ボウギョ 1200 タイリョク 3800
必殺技 リボルクラッシュ・アクロ コスト9 ひっさつ 3850
スロット G 100 拳 80 蹴 70 拳 70 拳 70 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+2500 あいてのチームのライダーガッツ率を超ダウンさせる。さらに、テクニカルバトルでパーフェクトで勝っていたら、このラウンドのみ、あいてのチームのミガワリを封印する。
解説 放送30周年を記念して前回に引き続き、BLACKRXが高レア続投。そして愛機・アクロバッターを引っ提げて初のメカニカルタイプ及び3弾以来となるLR再登場を果たした。またRXとしては初となる両面素手仕様であり、これによりパワーアップ前の自分宿命のライバルと合わせてバーストしてもアイコンが変わる心配が無くなった。
アビリティはスロットアイコン2以上でボウギョ+500とテクニカルゲージアップ、追加でAPバトル勝利すると相手のテクニカルゲージスピード超アップの効果を施す。マシンライドBLACKと組み合わせるとAP勝利で相手のゲージスピード超アップ、APバトルに負けてもスロット2つが揃っていればテクニカルゲージを2段アップできる…と、柔軟に対応出来る。ただどうやってもチームのゲージスピードが下げられないのが難点だが、どの道バーストするとゲージスピードが元に戻るのでその点は頭に入れておきたい。
一方のバーストアビリティは必殺の超絶強化、ライダーガッツ率超ダウンと普通だが副効果はテクニカルバトルパーフェクトで勝ってバーストすれば斬撃CP同様にこのラウンドのみに限りミガワリを封印させられる。斬撃CPと比べるとバーストゲージアップが削除された代わりに必殺+1000増加とタイプ違いとはいえ、ガッツ率を超アップさせた分、副効果にパーフェクト勝ちでバーストするという条件が付いた…という事になっている。
カードナンバー BM5-060 レアリティ CP ライダータイプ アタッカー
ステータス コウゲキ 900 ボウギョ 900 タイリョク 3200
必殺技 RXキック コスト4 ひっさつ 1400
スロット G 80 拳 80 蹴 80 拳 60 蹴 60 拳 60
アビリティ 1ラウンド毎、あいてよりライジングパワーが多いとき、チーム全体のコウゲキ・ボウギョ+400 さらに、ライジングパワーが10以上だと、アタックポイント+20
ライドバースト バイオライダー/ロボライダー
ステータス コウゲキ 1350 ボウギョ 1100 タイリョク 3200
必殺技 スパークカッター/ハードショット コスト6 ひっさつ 3150
スロット G 100 剣/銃 90 蹴 80 剣/銃 70 蹴 60 剣/銃 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+2000 アタックポイント+20 さらに、APバトルに勝っていたら、ゲキレツアイコンのアタックポイント+100
解説 勝利の選択キャンペーン」のトリとしても登場。またバースト面のみではあるが、久しぶりとなるロボライダーとバイオライダーが高レアとして再登場を果たしたのもポイント。
アビリティは相手よりRP多い条件で攻防の2点強化、追加でRP10ならばAP+20の補正が入る。前回よりも副効果の条件がマシになったとはいえ、RP10にしなければ前回同様80or60の2数値型スロットが足を引っ張る上に必殺を発動させてしまうとRPが下がってしまうなどと発動しにくい。よって副効果はカウンターからの発動と考えた方がいいかもしれない。一応LRTグレイトフル魂があればラウンド1からRP10に出来るので不安定なスロットをカバー可能という点もあるが。
バーストすれば必殺強化とAP+20の補正、更にAPバトルに勝てば自分のみではあるが、ゲキレツアイコンのAP+100まで入るという前回同様に逆転型だが、今回はゲイン値こそは劣るものの、前回の様に最大~まで上がるのような運頼みでは無く堅実にAP+20、更に表の副効果も含めれば+40、更にゲキレツアイコンでのAP…と、ゲキレツアイコンでの逆転に特化した一枚となっている。
ただその反面、何故か表のコストは前回SRと同じなのに必殺が300も下がっていたり、アタッカータイプになってしまっているので「アタッカータイプのアビリティ封印」持ちには要注意。

バーストライズ1弾

カードナンバー BS1-069 レアリティ CP ライダータイプ アタッカー
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 900 タイリョク 3800
必殺技 RXキック コスト3 ひっさつ 2000
スロット G 90 蹴 70 拳 70 拳 70 蹴 60 蹴 60
アビリティ ①チームに平成ライダーがいるとき、1R毎、防御+300 バーストゲージの上昇率アップ
②チームに昭和ライダーがいるとき、スロットアイコンのAPを全て+10 チーム全体の必殺+300
ライドバースト 仮面ライダークウガ マイティフォーム
ステータス コウゲキ 1400 ボウギョ 900 タイリョク 3800
必殺技 クロスオーバースピリット・昭和 コスト7 ひっさつ 3000
スロット G 90 蹴 90 拳 70 拳 70 蹴 70 蹴 60
バーストアビリティ ①バーストしたとき、必殺+2000 バーストゲージが超アップ
②バーストした次のR開始時、チーム全体のAP+10 オイウチ発生率が超アップ
解説 クロスオーバースピリットキャンペーン」のトリは、BM5弾以来1年4ヶ月ぶりBLACK RXである。
アビリティは自分のチームに平成ライダーがいると、毎ラウンド初めに防御の底上げとバーストゲージの上昇率が上がり、自分のチームに(自身も含む)昭和ライダーがいると、スロットアイコンのAPを全部+10とチーム全体の必殺威力の底上げも出来る。
バーストしたらクウガMFに交代。バーストアビリティは、必殺威力の超強化とバーストゲージが超上がり、バーストした次のラウンド初めに、チーム全体のAP+10とオイウチ発生率が超上がる。

バーストライズ3弾

カードナンバー BS3-055 レアリティ N ライダータイプ ブレイブ
ステータス コウゲキ 750 ボウギョ 650 タイリョク 2050
必殺技 RXキック コスト3 ひっさつ 1700
スロット G 100 剣 90 剣 80 蹴 60 蹴 60 蹴 50
アビリティ ①1R毎、防御+300 チーム全体の必殺+100
ライドバースト 仮面ライダーBLACK RX
ステータス コウゲキ 900 ボウギョ 950 タイリョク 2050
必殺技 リボルクラッシュ コスト7 ひっさつ 2700
スロット G 100 蹴 90 剣 90 蹴 60 蹴 60 蹴 50
バーストアビリティ ①バーストしたとき、攻撃+700 AP+10
解説 G3弾CP以来となる剣持ち始動で1弾空けて収録。
ただし前回CPが強すぎたのもあるのか、正直Nとしてはパッとしない上にアビリティの防御アップもタイプの都合で無駄になりがち。更に剣アイコンも2つしか無いと割に合わない…一応、アビリティ自体にアイコン指定が無い点は幸いだが。

プロモーションカード

カードナンバー PBM-128 レアリティ N ライダータイプ アタッカー
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 450 タイリョク 2400
必殺技 RXキック コスト2 ひっさつ 1500
スロット G 90 拳 90 拳 70 蹴 70 拳 50 蹴 50
アビリティ 1ラウンド毎、あいてよりチームタイリョクが多いと、コウゲキ・ひっさつ+300 オイウチ発生率がアップする。
ライドバースト 仮面ライダーBLACK RX
ステータス コウゲキ 900 ボウギョ 600 タイリョク 2400
必殺技 リボルクラッシュ コスト5 ひっさつ 2700
スロット G 90 拳 90 拳 80 蹴 70 拳 70 蹴 50
バーストアビリティ バーストしたとき、ライジングパワー+3 チーム全体のひっさつ+400
入手方法 ガンバライジング ボトルマッチチョコウエハース4
解説
カードナンバー GP-030 レアリティ N ライダータイプ パッション
ステータス コウゲキ 750 ボウギョ 550 タイリョク 2050
必殺技 RXキック コスト2 ひっさつ 1550
スロット G 90 拳 70 蹴 70 蹴 70 拳 70 蹴 50
アビリティ 仲間が必殺技を発動したとき、コウゲキ・ひっさつ+150
ライドバースト 仮面ライダーBLACK RX
ステータス コウゲキ 1100 ボウギョ 650 タイリョク 2050
必殺技 リボルクラッシュ コスト5 ひっさつ 2650
スロット G 90 剣 80 蹴 80 蹴 70 剣 70 蹴 50
バーストアビリティ 1番目にバーストしたとき、ライジングパワー+3
入手方法 レッツ・ゲームスタート!パック
解説 同パックにてトリプルアタック枠で収録された新1号に続き、RXも収録。ただ初めてプロモ系で収録された割にはアビリティはイマイチで、バーストしてもボウギョが僅かしか上がらない点には注意。
カードナンバー BM1-107 レアリティ R ライダータイプ フィニッシャー
ステータス コウゲキ 800 ボウギョ 600 タイリョク 2500
必殺技 RXキック コスト3 ひっさつ 1600
スロット G 80 拳 80 蹴 70 蹴 70 拳 60 拳 60
アビリティ APバトルに勝ったとき、コウゲキ+200 アタックポイント+10
ライドバースト 仮面ライダーBLACK RX
ステータス コウゲキ 1200 ボウギョ 750 タイリョク 2500
必殺技 リボルクラッシュ コスト5 ひっさつ 2500
スロット G 90 剣 90 蹴 70 蹴 70 剣 70 剣 60
バーストアビリティ 1番目にバーストしたとき、ライジングパワー+3
入手方法 ベストマッチパック!
解説 「レッツ・ゲームスタート!パック2」を飛ばし、斬撃CPと同じフィニッシャータイプで収録。
しかし前パックからレアリティがNからRに上がっているとはいえ、能力はパッとせずでアビリティの条件がAPバトル勝利なのに同パックの昭和ライダーは1号除き全員80止まりな事もあり、発動しにくい上にバーストアビリティに至っては前回と同じ1番バーストでRP+3とイマイチ。
下手すれば前ナンバーのパワーアップ前の自分に劣る事に…
カードナンバー RT3-106 レアリティ R ライダータイプ チェイン
ステータス コウゲキ 750 ボウギョ 600 タイリョク 2600
必殺技 RXキック コスト2 ひっさつ 1400
スロット G 90 蹴 80 拳 80 拳 60 拳 60 拳 50
アビリティ ①キックアイコンに止めたとき、攻撃・必殺+300
ライドバースト 仮面ライダーBLACK RX
ステータス コウゲキ 1100 ボウギョ 750 タイリョク 2600
必殺技 リボルクラッシュ コスト6 ひっさつ 2750
スロット G 90 蹴 80 剣 80 剣 70 剣 70 剣 60
バーストアビリティ ①バーストしたとき、必殺+800
②1R毎、相手のRP-2
入手方法 仮面ライダーガンバライジング ライダータイムパック
解説 ライダータイムパックの昭和勢のトップを切ったのはRX。K2弾以来のチェインタイプでの収録で、この次のナンバーも派生フォーム2つと優遇されている…
が、アビリティはキックアイコン指定で攻撃・必殺の2点強化なのにどういうわけか指定しているキックアイコンはたったの1つだけの上にゲキレツアイコンの次とあまりにも狙いにくくアテに出来ないのが難点。一方のバーストアビリティは相手のRPを1ラウンド毎に-2していく効果なのでこの効果を発動させることとチェインタイプのボーナスを生かすためにも早期バーストしておきたい。


ガンバライジングデータ

登場作品:「仮面ライダーBLACK RX」
バースト先:ロボライダー,バイオライダー,仮面ライダークウガ マイティフォーム

3弾で映画「仮面ライダー大戦」に合わせた昭和ライダー参戦によりレジェンドレア、レジェンドレアエクストラで参戦。
その際にTV「仮面ライダーBLACK RX」において仮面ライダーBLACK RX/南光太郎役を演じた「倉田てつを」氏のボイスを新たに収録。
更にガンバライドでは叶わなかった、地面を叩いてジャンプし両足スクリューキックする劇中技「RXキック」を表面技として獲得。
更にさらにロボライダーバイオライダーへのフォームチェンジをバーストで収録と超優遇されての参戦となった。

それだけでなく、続く4弾で武器に片手剣として光の杖リボルケイン、さらにリボルケインを生成するバースト演出と、バースト必殺技として相手にリボルケインを突き刺す劇中技「リボルクラッシュ」が追加された。

ここまでの好待遇はやはり開発スタッフの「南K太郎」氏がRXのファンであることが影響したのだろうか。

インフレに対応するためかバッチリカイガン1弾で再度SRに選出。またガシャットヘンシン3弾にて斬撃スラッシュCPにも選ばれており、旧ライド時代は下位技であった「RXスラッシュ」が実装された(大部分はCP共通だが、RXのみラストにリボルクラッシュの演出が組み込まれている)

後に放送30周年を記念してか、ボトルマッチ4弾で3度目のSRで収録。しかしアビリティの劇中再現に拘ったのか肝心のスペックはSRとしては微妙な能力となってしまった。しかし続くボトルマッチ5弾にて2度目のLRでメカニカルタイプに選ばれ、新技に「リボルクラッシュ・アクロ」が実装。更に同弾の勝利の選択キャンペーン(このCPでロボライダー、バイオライダーが再び高レアで再登場)でも収録と前回SRの汚名返上を果たした。

バーストライズ1弾では、約1年4ヶ月ぶりに三度CP(クロスオーバースピリット)にも選ばれた。