仮面ライダーストロンガー

2弾

カードナンバー 2-049 レアリティ R ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 400 ボウギョ 400 タイリョク 1900
必殺技 ハイプレッシャーパンチ コスト3 ひっさつ 1550
スロット 拳 90 拳 80 拳 70 拳 70 蹴 60 蹴 50
アビリティ ひだりのレーンにこのカードが置かれているとき、テクニカルゲージがアップする。
ライドバースト 仮面ライダーストロンガー
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 500 タイリョク 1900
必殺技 ストロングキック コスト6 ひっさつ 2500
スロット 拳 100 拳 90 拳 80 拳 70 蹴 60 蹴 50
バーストアビリティ テクニカルバトルに勝ったとき、あいてチーム全体のボウギョ-350
解説 ブラックサタンに改造された電気人間がガンバライジングに電撃参戦!残念ながらライド時代と異なり低レアでの参戦となった。
が、ポテンシャルは高く特にテクニカルゲージをアップするアビリティがドライブ弾で重要性を増したのが大きい。
また、左側のレーンを指定するテクニカルゲージ強化のアビリティはこのカードのみであり、多くが右側指定なので他のテクニカルゲージ強化系のアビリティ持ちと共存できるのは大きな強み。
バーストアビリティはその伸びたテクニカルゲージでテクニカル勝負に勝てば、相手チーム全体のボウギョを大きく削る。コスト6とそこそこ高く威力に期待できる。
さらに拳アイコンが4つと「パンチマスター」を狙いやすいので是非拳アイコンのライダーと組ませてあげよう。

3弾

カードナンバー 3-031 レアリティ N ライダータイプ アタッカー
ステータス コウゲキ 450 ボウギョ 450 タイリョク 1950
必殺技 ハイプレッシャーパンチ コスト3 ひっさつ 1300
スロット 拳 90 拳 90 拳 80 蹴 70 蹴 50 蹴 50
アビリティ 1ラウンド毎、コウゲキ+200
ライドバースト 仮面ライダーストロンガー
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 650 タイリョク 1950
必殺技 ストロングキック コスト8 ひっさつ 2500
スロット 拳 100 拳 90 拳 90 蹴 70 蹴 60 蹴 50
バーストアビリティ バーストしたとき、このライダーのコウゲキが1000以上だと、コウゲキ+1200
解説 N落ち。ただ正直今の所はコウゲキ数値は重視されないためイマイチか。
またバーストアビリティは2弾カブトと同じく自身の能力数値が条件となっているケースなのだが、元コウゲキ数値が450のために残り550を工面せねばならず、表アビリティの毎ラウンド+200だけではラウンド3がやっと。他ライダーアビリティも借りたいところだし、正直そこまでして発動しても・・・。
だが代わりにバースト必殺はLR系と同じくコスト8。しかも本弾からコストも必殺補正に加わったので2弾Rを上回る必殺が撃てる。後は電キックを実装してくれれば完璧だったのだが・・・・。

ナイスドライブ2弾

カードナンバー D2-054 レアリティ N ライダータイプ フィニッシャー
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 550 タイリョク 1900
必殺技 ハイプレッシャーパンチ コスト3 ひっさつ 1350
スロット 拳 80 拳 80 蹴 70 拳 70 拳 60 蹴 60
アビリティ 1番目にカードを出したとき、チーム全体のコウゲキ+150
ライドバースト 仮面ライダーストロンガー
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 600 タイリョク 1900
必殺技 ストロングキック コスト5 ひっさつ 2450
スロット 拳 90 拳 80 蹴 70 拳 70 拳 70 蹴 70
バーストアビリティ バーストしたとき、ライダーガッツ発生率が超アップする。
解説 ナイスドライブ弾にはフィニッシャータイプで参戦。
前回と同じコウゲキ上昇系のアビリティだが今回は順番指定でチーム全体に効果が及ぶ。
バースト後はガッツ発生率を高める。アビリティ自体は受動的で運が絡む要素だがスロットが安定して戦いやすくなる。
ちなみに今まではバースト必殺技は高コストだったが今回は5と平均値。今までどおり高コストならフィニッシャーの強みを生かせたのだが…惜しい。

ナイスドライブ5弾

カードナンバー D5-046 レアリティ LR ライダータイプ パッション
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 600 タイリョク 2900
必殺技 エレクトロファイアー コスト5 ひっさつ 1850
スロット 拳 90 拳 80 拳 80 蹴 70 蹴 50 蹴 50
アビリティ 1ラウンド毎、コウゲキ+300 さらに、バーストゲージがアップする。
ライドバースト 仮面ライダーストロンガー(チャージアップ)
ステータス コウゲキ 1250 ボウギョ 1300 タイリョク 2900
必殺技 超電稲妻キック コスト10 ひっさつ 3100
スロット 拳 100 拳 80 拳 80 蹴 70 蹴 60 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+2500 次のラウンドまで、アタックポイント+30 さらに、あいてチームのカウンター率を超ダウンさせる。
解説 昭和ライダーとしては2枚目のLR排出を果たしたのはストロンガー。チャージアップに加えて必殺技もライド未実装のエレクトロファイアーだけではなく、バースト必殺技も超電稲妻キックまで実装という破格の待遇である。チャージアップには1分間の制限時間があったため、この編成は理にかなっていると言えるか。
バーストアビリティが1ラウンド限定でAP+30されるがこれはストロンゲストを自認する男を連想させる・・・が、それよりもヒッサツの超強化に加え相手カウンター発生率の超ダウンの方が厄介で、ミガワリが発動しない限り大増強された1発を受けてしまうことになるだろう。
カードナンバー D5-047 レアリティ N ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 500 ボウギョ 500 タイリョク 1950
必殺技 ハイプレッシャーパンチ コスト3 ひっさつ 1300
スロット 拳 90 蹴 90 蹴 70 拳 60 蹴 60 拳 50
アビリティ コウゲキ+200 チームタイリョク+300
ライドバースト 仮面ライダーストロンガー(チャージアップ)
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 700 タイリョク 1950
必殺技 稲妻ストロングキック コスト5 ひっさつ 2500
スロット 拳 100 蹴 90 蹴 80 拳 70 蹴 60 拳 50
バーストアビリティ 1番目にバーストしたとき、チーム全体のコウゲキ+200 ボウギョ+150
解説 チャージアップ形態の参戦に伴いLR同様、バースト面をチャージアップに変更したストロンガーがN収録。
ちなみにバースト面のイラストはガンバライド時代に排出されたLRの06-055である。

ナイスドライブ6弾

カードナンバー D6-049 レアリティ SR ライダータイプ トリッキー
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 650 タイリョク 2700
必殺技 エレクトロファイヤー コスト3 ひっさつ 1500
スロット 拳 90 蹴 80 拳 80 蹴 60 蹴 60 拳 50
アビリティ テクニカルバトルに勝ったとき、チーム全体のコウゲキ+500 ミガワリ発生率がアップ
ライドバースト 仮面ライダーストロンガー(チャージアップ)
ステータス コウゲキ 950 ボウギョ 850 タイリョク 2700
必殺技 超電稲妻キック コスト6 ひっさつ 2750
スロット 拳 90 蹴 90 拳 80 蹴 70 蹴 60 拳 60
バーストアビリティ バーストしたとき、チームタイリョクが5000以上だと、ひっさつ+1000 さらに、あいてフィニッシャータイプのアビリティ発動を封じる
解説 順当にSR落ちだが、ストロンガー初のトリッキータイプでのSR落ちである。
アビリティの条件が前弾LRと比べて、1ラウンドごとから、テクニカルバトル勝利時に変更。テクニカルバトルに勝つ事で、チーム全員のコウゲキを500もアップする超強化とミガワリ発生率を上げられる。テクニカルバトルの結果次第だが、連勝できれば、全員のコウゲキは500、1000、1500・・・とグングン伸びていく。LRカブトはテクゲ上昇によってアビリティ発動の成功率と、ストロンガーでは補強出来ないボウギョを上げてくれるうえに、スペシャルボーナスも発動するのでオススメ。D1CPW3弾Nスーパー1なども◎。
バーストアビリティは無条件から体力指定になったが、必殺強化と相手のフィニッシャータイプのアビリティ発動を封じることができる。フィニッシャーにはD1LRドライブD3LRマッハLREXフィフティーンなど、バーストされると厄介なものが多いので、このカードで先手を取れれば対抗できる。

バッチリカイガン1弾

カードナンバー K1-050 レアリティ R ライダータイプ フィニッシャー
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 700 タイリョク 1900
必殺技 エレクトロファイヤー コスト2 ひっさつ 1400
スロット G 90 拳 70 蹴 70 拳 70 拳 70 蹴 50
アビリティ テクニカルバトルにパーフェクトで勝ったとき、コウゲキ・ひっさつ+200
ライドバースト 仮面ライダーストロンガー(チャージアップ)
ステータス コウゲキ 850 ボウギョ 800 タイリョク 1900
必殺技 超電稲妻キック コスト6 ひっさつ 2500
スロット G 100 拳 80 蹴 70 拳 70 拳 70 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、あいてチーム全体のボウギョ-400
解説 エレクトロファイヤー・超電稲妻キックのR落ち。
表面アビリティはテクニカルバトルにパーフェクトで勝つことが条件となるため、やや上級者向き。事前にテクニカルゲージを上げておいたり、テクゲスピードを下げていれば勝ちやすくなる。
テクニカルバトルに自信がない場合は、早めにバーストして強力な一撃を叩き込むスタイルに徹した方が賢明。バーストすることで、相手のボウギョダウンにより、こちらのチームが与えるダメージが増し、相手のガッツ発生率を下げられる。
バースト面のイラストはガンバライド時代のS4-055の再録。

バッチリカイガン4弾

カードナンバー K4-050 レアリティ N ライダータイプ トリッキー
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 700 タイリョク 2250
必殺技 エレクトロファイヤー コスト2 ひっさつ 1550
スロット G 90 拳 80 拳 70 蹴 70 蹴 60 拳 50
アビリティ 3番目にカードを出したとき、ライジングパワー+1
ライドバースト 仮面ライダーストロンガー
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 800 タイリョク 2250
必殺技 ストロングキック コスト6 ひっさつ 2600
スロット G 90 拳 90 拳 70 蹴 70 蹴 70 拳 60
バーストアビリティ バーストしたとき、チーム全体のコウゲキ・ボウギョ+250
解説 順当にエレクトロファイヤー・超電稲妻キックのN落ち…と思いきや何故かエレクトロファイヤーだけがN落ちとなった。
表アビリティは3番指定でRP+1とRPを増やす事でカウンターの発生率やRPを多めに残す事が可能でバーストアビリティは無条件で全体に攻撃・防御に2点強化を施すというシンプルな効果となっている。
なお、バースト面の必殺技が超電稲妻キックでは無くストロングキックなのは電キック未実装故の代替として再録したのであろうか?

ガシャットヘンシン1弾

カードナンバー G1-053 レアリティ R ライダータイプ トリッキー
ステータス コウゲキ 800 ボウギョ 500 タイリョク 2500
必殺技 エレクトロファイヤー コスト2 ひっさつ 1700
スロット G 90 拳 80 拳 70 蹴 60 蹴 60 蹴 60
アビリティ テクニカルバトルにパーフェクトで勝ったとき、バーストゲージが超上がりやすくなる。
ライドバースト 仮面ライダーストロンガー(チャージアップ)
ステータス コウゲキ 1200 ボウギョ 750 タイリョク 2500
必殺技 超電稲妻キック コスト6 ひっさつ 2500
スロット G 90 拳 90 拳 90 蹴 60 蹴 60 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、アタックポイント+10 さらに、オイウチ効果・発生率がアップする。
解説 2弾飛ばして再登場。今度はRへ格上げ及びバースト面も1年ぶりのチャージアップに戻っている。
アビリティは1年前のRと同じテクニカルバトルパーフェクト勝ちという条件だが、こちらはバーストゲージ超アップと援護向けに変わっている。K1弾同様に事前にテクニカルゲージを上げておいたり、テクゲスピードを下げていれば勝ちやすくなる。バーストアビリティは無条件APアップとオイウチ関連を強化させるというもの。
ステータスは前回よりアップしている代わりにスロットはバースト後は2数値型に変わるという欠点も存在するので、不利時にバーストしてトリッキーボーナス込でスロットをカバーしたい。

ガシャットヘンシン5弾

カードナンバー G5-051 レアリティ N ライダータイプ ブレイブ
ステータス コウゲキ 700 ボウギョ 600 タイリョク 2400
必殺技 エレクトロファイヤー コスト2 ひっさつ 1700
スロット G 80 拳 80 拳 70 拳 70 拳 60 蹴 60
アビリティ スロットアイコンが2以上揃ったとき、チーム全体のコウゲキ・ボウギョ+200
ライドバースト 仮面ライダーストロンガー(チャージアップ)
ステータス コウゲキ 900 ボウギョ 600 タイリョク 2400
必殺技 超電稲妻キック コスト6 ひっさつ 2400
スロット G 100 拳 80 拳 70 拳 70 拳 70 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ライジングパワーが8以上だと、ひっさつ+1000
解説 一度表面からチャージアップを挟んで、1弾飛ばして初のブレイブタイプでN落ち再登場。ちなみに本カードでようやくチャージアップ及び超電稲妻キックのN落ちとなった。
アビリティは最近から出てきたスロットアイコン2以上の物であるが、蓄積可能系としては今回が初めてとなる。もちろん、揃えられればチーム全体に攻撃・防御の2点強化が施せる。何度でも発動させるなら、パンチアイコン重視のカードと合わせたいところだ。
一方のバーストアビリティはRP8以上だが、必殺+1000とシンプルな効果となっている。

ボトルマッチ2弾

カードナンバー BM2-051 レアリティ R ライダータイプ チェイン
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 700 タイリョク 2250
必殺技 エレクトロファイヤー コスト2 ひっさつ 1550
スロット G 90 拳 80 拳 70 蹴 70 蹴 60 拳 50
アビリティ テクニカルバトルにパーフェクトで勝ったとき、バーストゲージが超上がりやすくなる。
ライドバースト 仮面ライダーストロンガー
ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 800 タイリョク 2250
必殺技 ストロングキック コスト6 ひっさつ 2600
スロット G 90 拳 90 拳 70 蹴 70 蹴 70 拳 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+800 さらに、オイウチ・ミガワリ発生率がアップする。
解説 3弾ほど飛ばして下記の拡張パックで登場したのもつかの間、初のチェインタイプで登場となった…が、バースト後はK4弾同様にまたしても下位技へ戻ってしまった。
アビリティはテクニカルバトルをパーフェクトで勝っていればバーストゲージを超上げやすくなる効果を施す。ただ、自身ではテクニカルゲージを強化やスピードダウンができないため他の仲間の手を借りたいところだが…。反対にバーストアビリティは無条件で必殺+800とオイウチ・ミガワリ発生率をアップさせられる。
チェインタイプである事を生かして、ある程度はアビリティを発動しながら受け身に回って次に繋げるか、テクニカルバトルに自信が無いなら早くにバーストするかはお好みで。

ボトルマッチ4弾

カードナンバー BM2-052 レアリティ R ライダータイプ テクニカル
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 550 タイリョク 2600
必殺技 エレクトロファイヤー コスト2 ひっさつ 1650
スロット G 90 拳 80 拳 70 蹴 70 拳 60 蹴 50
アビリティ チームタイリョクが7000以上のチームだと、アタックポイント+10 チームのひっさつ+400
ライドバースト 仮面ライダーストロンガー(チャージアップ)
ステータス コウゲキ 1150 ボウギョ 800 タイリョク 2600
必殺技 超電稲妻キック コスト5 ひっさつ 2700
スロット G 100 拳 80 拳 70 蹴 70 拳 70 蹴 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+800 さらに、オイウチ・ミガワリ発生率がアップする。
解説 弾を一つ飛ばして、バースト後の攻撃力が全体的にやや上がった状態で、チャージアップ版が再び帰って来た。
余談だが、バーストアビリティが前回と全く同じ。手抜きだろうか?

プロモーションカード

カードナンバー P-125 レアリティ N ライダータイプ パッション
ステータス コウゲキ 450 ボウギョ 400 タイリョク 2000
必殺技 ハイプレッシャーパンチ コスト3 ひっさつ1300
スロット 拳 80 拳 80 拳 70 蹴 70 蹴 70 蹴 50
アビリティ ライダーガッツ率がアップする。
ライドバースト 仮面ライダーストロンガー
ステータス コウゲキ 550 ボウギョ 500 タイリョク 2000
必殺技 ストロングキック コスト6 ひっさつ2300
スロット 拳 90 拳 80 拳 70 蹴 70 蹴 70 蹴 70
バーストアビリティ バーストしたとき、チームタイリョクが5000以上だと、
バーストゲージが超上がりやすくなる。
入手方法 ガンバライジングアイスバー&チョコスナック4収録
解説 バーストアビリティは2弾CP 鎧武OAの流用だが、自身がパッション故にバーストゲージをブーストしつつパッションボーナスを相手にちらつかせるプレイスタイルになる。
目論見が崩れた場合は最後のバーストでライダーガッツ率の重ねがけをしたいところだが、妨害がなければAP70は確約というバースト後のスロットが悩ましい選択肢である。
カードナンバー BM1-105 レアリティ R ライダータイプ ブレイカー
ステータス コウゲキ 900 ボウギョ 650 タイリョク 2550
必殺技 エレクトロファイヤー コスト2 ひっさつ 1500
スロット G 80 拳 80 蹴 80 拳 60 蹴 60 拳 50
アビリティ 必殺技が発動したとき、チーム全体のコウゲキ・ひっさつ+100
ライドバースト 仮面ライダーストロンガー(チャージアップ)
ステータス コウゲキ 1100 ボウギョ 900 タイリョク 2550
必殺技 超電稲妻キック コスト5 ひっさつ 2400
スロット G 90 拳 80 蹴 80 拳 70 蹴 70 拳 60
バーストアビリティ バーストしたとき、ひっさつ+700 さらに、1ラウンド毎、ライジングパワー+1
入手方法 仮面ライダーバトル ガンバライジングベストマッチパック!
解説 初のブレイカータイプで登場。
特筆すべき点はRにしては破格の900の攻撃が目立ち、表アビリティで少量かつオマケで必殺強化もあるが、更に強化される超コウゲキ重視型となっている。ついでにバーストすればブレイカータイプボーナスで+1000され、ラウンド2にバーストしたとしても2200と高くなる。しかしその反面、表面スロットは80と60の2数値型に加えてバーストアビリティの必殺補強を合わせてもバースト必殺威力はやや低めな点に注意。

ガンバライジングデータ

登場作品:「仮面ライダーストロンガー」
バースト後:仮面ライダーストロンガー(チャージアップ)

2弾で参戦するも低レアで、バースト演出や必殺技に演出を一切持っていなかったため冷遇されていた。

しかしナイスドライブ5弾でチャージアップにフォームチェンジできる、昭和ライダーとしては貴重なレジェンドレアが収録。
レジェンドカードスキャンではあの「天が呼ぶ!…」の名乗りを収録。
更に表面必殺技にムービー技ながら、地面に稲妻を走らせる劇中技の「エレクトロファイヤー」が追加と一気に拡充された。
ちなみにそのレジェンドレアは「エレクトロファイー」と誤記されている。次の収録からは修正が入ったが、LRが誤記になってしまったのは残念。

チームボーナスはカブトムシと電気繋がりでカブトとブレイドが豊富に用意され、この3人で組むだけで3つのボーナスが発動する。