シャグマ=ラゴン戦争
年月日:シンテーア暦1780年-シンテーア暦1790年
場所:シャグマ=ラゴン星系
結果:シャグマ=ラゴン入植地政府側の勝利
交戦勢力
指揮官
戦力
損害
シャグマ=ラゴン戦争

シャグマ=ラゴン戦争檀語Xagma-lagon-bedeef)とは、シンテーア暦1780年から1790年までのおよそ10年間にわたって行われた内戦及び代理戦争である。
 ソプゲン=ナプトー率いるニーネン=シャプチ本国政府側に対し、シャグマ=ラゴン入植地政府が「アイプゴン自治国」の独立を宣言し内戦状態に突入したことがきっかけで始まり、大宇宙連合会議加盟国各国の介入により大規模化し、1790年のセティスカトールプ講和条約及びファールリューディア講和条約の締結によってアイプゴン自治国はヴァルエルク共和国の保護国のなる形で大宇宙連合会議の加盟国となる形で終結した。その後の1792年にサクトマンク無血革命が起こり、保護国から昇格し独立した主権を獲得した。


勃発までの経緯


ラゴン入植計画


アンドロイド冷戦

 1747年のマーカス内戦の終結以降、大宇宙銀河では小規模な紛争はあったものの比較的平和な時代が続いた。その裏ではアイローム派に参戦した戦勝国とリヴァダー派に参戦した敗戦国のアンドロイド認識と国際的な発言力の格差が開いていた。

レーウス機械反乱


シャグマ=ラゴン飢饉


戦争の経過


戦後


関連項目