メダロット三原則(メダロット三ヶ条)

登場:世界観設定の一つ

概要

ゲーム版及び、漫画メダロット再〜リローデッド〜に登場するメダルへの抑止力。
メダロットが人間に危害を加えることを防ぐために作られた、メダロットの行動を制限する三つのルール。
メダルに取り付けられたリミッターの機能により強制されているもので、簡単には外すことはできない。

内容

ゲーム版メダロット4より

  メダロットは…
  だい1じょう『わざと 人間を きずつけては ならない
  だい2じょう『人間に きけんが ふりかかるのを 見すごしては ならない
  だい3じょう『だい1じょうと だい2じょうを やぶらない はんいで
         ほかのメダロットに ちめいしょうを あたえないこと

平野佳菜氏のダメロット制作記(仮)より

  1.人を傷つけてはいけない
  2.人に危険が降り掛かるのを見過ごしてはいけない
  3.上記二項に反しない限りで自分の身を守る
また、メダロット三原則はゲーム版のために特別に考案された(当時)ルールとも言及している。

メダロット社公式ホームページより

表記が「メダロット三ヶ条」となっている。
  第一条わざと人間を傷つけてはならない
  第二条人間に危険が降りかかるのを見過ごしてはならない
  第三条第1条と第2条を破らない範囲で己を守り、他のメダロットに致命傷を与えてはならない

作品中での扱い

ゲーム版

ゲーム作中では悪質な研究者がリミッターを解除しようと試みる事が多く、ストーリーに絡んでくる。

ただし、メダルによっては始めからこのメダロット三原則を持たない場合もある。
ゲーム版メダロット3内で月のマザーであるブラックデビルが生み出したBカブトメダルやBクワガタメダル、
ゲーム版メダロット5内でイトが作り上げたイト自身のコピーを書き込んだメダル
(ヒコオのメダルとすりかえられていたもの。後にヒコオから「アルファ」の名前が与えられた)、
漫画メダロッターりんたろう!・漫画版メダロットR内のブラックメイルブロッソメイルに付けられていたXメダル
というのがその典型。

レアメダルの暴走や、レゾナンスシステム等の影響によって、
普通のメダルでもこのメダロット三原則が適用されなくなる可能性がある。

またメダロット・naviではシデンが三原則を操作し侵入者を全て敵とみなすよう操っていた描写が存在する。

メダロット再〜リローデッド〜

イマジニア監修の漫画作品である本作では、名前こそメダロット三ヶ条となっていたがゲーム以外で初めてメダロット三原則についての言及がされた

HYUGA社長室を襲撃したフライファルコンが穂長を狙い、さらにベルゼルガのバアルは社長の穂長に攻撃までも加えた。
ロータスはそれらがメダロット三ヶ条を無視するメダロットだと推測していたが、見事にそれは的中してしまった
コレ以降、カガミ達が廃ビルで対決するメダロット達は、全てメダロット三ヶ条に縛られていないメダロットとなるのだった……
▲ページ上部へ▲

余談

元ネタはSF作家アイザック・アシモフのロボット工学三原則から。
上掲の平野佳菜氏のHP上でも「ストーリーを作るうえで参考にした」という言及がなされていた。

漫画版メダロット5のシステムメッセージ

メダロット三原則とは明記されていないが、ティンペット内のシステムメッセージはメダロット三原則に近い内容である。
  生物ヲ傷付ケナイヨウニシマショウ
  主人トハ仲良クシマショウ
  自分ノコトハ自分デシマショウ
ほるまりん先生の漫画版では、市販されている普通のメダロットでも人間を傷つける描写が数多くある。
このことからほるまりん先生の世界観にはメダロット三原則に当たるものが存在しないか、それがあったとしても強制力は無いと思われる。

ただし、ヤンマシアンドッグレーザーをメタビーに放とうとした際にヤンマ達を巻き添えにする恐れから空に放ったシーンもあり、ビーストマスターはともかくとして、基本的には人間に致命傷を与える恐れのある攻撃は行わない様子である。

最終更新:2020年07月02日 22:14