ナイチンゲール

名前の由来は某クリミアの天使ではなく「サヨナキドリ」という鳥
「 アクシズ、行け! 忌まわしい記憶と共に!」

  • 型式番号:MSN-04II
  • 頭頂高:22.5m
  • 全項高:27.8m
  • 本体重量:48.2 t
  • 全備重量:105.7 t
  • ジェネレーター出力:6,760 kw
  • 装甲材質:ガンダリウム合金
  • 特殊装備:ファンネル、隠し腕
  • 武装:バルカン砲、拡散メガ粒子砲、ビーム・サーベル、大型メガ・ビーム・ライフル、ビーム・トマホーク、シールド(ミサイル)
(ガンダムwikiより引用)

『機動戦士ガンダム』シリーズに登場するモビルスーツ。
シャア・アズナブル専用の赤い高性能機で、小説『ベルトーチカ・チルドレン』でサザビーの代わりに登場する。
(なお、別のノベライズ作品『ハイ・ストリーマー』では映画同様サザビーに搭乗)。
メカデザインは『逆襲のシャア』において諸般の事情で降板した永野護氏に代わって出渕裕氏が担当したもので、
永野氏が当初本機をデザインした際は後に「ナハトガル」と命名された事から、名前の由来はサヨナキドリ(ナハトガルは独語表記)であり、
決して史実のかの有名な看護婦の偉人でもなければそれが元ネタの『Fate/Grand Order』にも登場するバーサーカー婦長でもない。

当時はいわば小説版サザビーという存在であったが、現在ではサザビーの強化発展型という扱いになっている。
ファンネルの搭載数を6機から10機に増やし、α・アジールが搭載していたものに変更。
サザビーが携行していたビームショットライフルはメガ・ビームライフルに変更されている。
フロントスカートには隠し腕及びビームサーベルを内蔵し、その巨躯に似合わず接近戦も得意。
出力も倍近くに増大し、追加された大量のプロペラントタンクにより稼働時間も延長。
スカートアーマーをはじめ全身にバーニアが配され、高い機動性・運動性を誇る。
シールドはサザビーと同型だが、機体サイズに合わせて大型化している。
戦闘能力を追い求めた結果、そのフォルムは人体を大きく逸脱したものとなってしまった。AMBACはどうした?
ライバル機のHi-νガンダムとは対極的な進化を遂げた結果とも言える。

原作小説での武装は上記の通りメガ・ビームライフル、ビームサーベル、ファンネル、シールド、隠し腕くらいだったのだが、
プラモデル「RE/100」ではビームトマホーク、バルカン、シールド裏のミサイルが装備されており、
漫画版『ベルトーチカ・チルドレン』では胸部にメガ粒子砲が装備されている。
登場するゲームによってはこれらの武装も使用できる場合がある。

作中ではアムロ・レイの駆るリ・ガズィやHi-νガンダムと交戦しており、その末路もサザビーと同様。
ただし映画版とは異なり明確に「Hi-νガンダムより高性能」と設定されており、作中でも終始ナイチンゲールが優勢に戦闘を繰り広げた。
その特異なシルエットから格闘戦には不向きそうに見えるが、作中ではHi-νガンダムと互角以上に殴り合い、更には蹴りまで披露している。

その巨大さはサザビー以上であり、特に横幅がかなり大きくなっており、MSとMAの中間といったデザインの機体である。
このような大きさであるため、移動はホバー及びバーニアの噴射により動くようになっている。
CCA-MSVによれば、後年書かれた漫画『機動戦士ガンダム ANAHEIM RECORD』ではHi-νガンダムの開発の際のプレゼンを見たメラニーがその性能を危惧し、
旧ジオン軍エンジニア陣に開発するよう命じている。
また、トランスフォーム機能を追加しスラスター部を後方に向けるようにすることで高速移動を可能にしている。
正面から見た際、左右に飛び出したバーニアバインダーが巨大な肩アーマーと錯覚されやすい。

+ ゲーム作品での扱い
『SDガンダムGジェネレーション』シリーズや『スーパーロボット大戦』シリーズにはサザビーと共に度々登場。
原作でのシャアはアクシズ落としの5年前にアムロやブライトと共闘していた事もあり、
敵として現れる作品と味方として現れる作品の双方が存在する。
ただし、サザビーに比べるとあまりお呼びがかからない傾向にあり、
酷い時にはライバルのHi-νガンダムが参戦しているのにナイチンゲールは未参戦という作品もある。

『第2次スーパーロボット大戦α』で初登場する(ライバルは前作の『α外伝』で登場)。
条件を満たすことによって登場する、隠しボスである。
全ての能力がサザビーを超えており、特に運動性は140と本作に登場するユニット中最高値である。
HPも160000もあり、ほぼ無尽蔵に撃てる攻撃力の高い全体攻撃「ファンネル」の存在が脅威である。
ただし弱点もあり、シャアのCPUはアムロのいる小隊を狙うため、アムロの小隊をしっかりと強化し、運動性を高めておけば怖くはないだろう。
『第3次スーパーロボット大戦α』では没機体となっている。サザビーは手に入るのでそちらで我慢しよう。

『スーパーロボット大戦D』では、最初からシャアが使えるため、純粋にサザビーの強化機体として味方側で使用可能。
ファンネルの威力は使える機体の中では最強クラスである。
ただし、ファンネル以外はメガ・ビームライフルとビームサーベルしか使えないので武装が豊富なサザビーやHi-νガンダムよりも小回りは効かなくなっており、
結果的にファンネル一辺倒な印象も否めない。

『スーパーロボット大戦X』では、Hi-νガンダムと共に隠し機体として久々に登場。
武装面ではP武器はビーム・トマホークしかないが、ファンネルの威力が他のファンネル搭載機と比べても二回りは高く、
カスタムボーナスを取得してしまえば最終的にΖガンダムやΖΖガンダムの最強武器とほぼ同等の威力になり、
かつ燃費はそれらより遥かに良いと非常に強力。また地味にデフォルトでの最大射程が8と長い。
更に着弾指定型のマップ兵器版も所持しており高い殲滅力を誇る。
ちなみに最強武器であるファンネルの必要ニュータイプレベルが何故かやけに低く、
ニュータイプレベルが伸びにくいサブキャラ使いにとっては、救世主のような機体となっている。

『スーパーロボット大戦T』でも続投。敵側としては何もフラグを建てずとも登場するが、味方にするにはフラグを建てる必要がある。
『スーパーロボット大戦30』ではライバルは続投したものの、ナイチンゲールは参戦しなかった。こっちのは別に久々にしなくたって……
擁護すると、今作はサザビーも参加しておらず、シャアは終始クワトロとして戦うのでナイチンゲールはおろか、サザビーも使わないということなのだろう。
え?今まで散々クワトロ名義でサザビー使ってたやろって?今回アクシズ落とし後に『ガンダムUC』では何も行動せずに、
『ガンダムNT』になってクワトロと名乗って顔出してきた
というどの面下げてきやがったと言わざるを得ない状況なので…

戦闘デモ
『第2次α』版
『X』版

『Gジェネ』シリーズでは、どの作品でも基本的にサザビーから開発できる。
性能的には高性能で作品によってはファンネルの威力が突出しているのだが、武器がメガ・ビームライフルとビームサーベルとファンネルの3つしかない。
スパロボと同じ状況な辺り、当時の資料の少なさが見て取れるような
その為攻撃手段に乏しく、一部作品ではメガ・ビームライフルでI・フィールドを貫けないどころか、耐ビーム・コーティングでダメージを軽減される有様。
格闘武器もごくごく平凡なビームサーベルで接近戦では特に強みは無く、
かといって遠距離戦でファンネル主体にすればテンション維持に難儀し、超強気までの時間がかかる……etc.
更にサイズの概念が追加された『魂』からはサイズ=2Lを与えられたが、そのサイズが仇となり編成枠を圧迫してしまう
(このゲームでは小型機にメリットはあるが大型機にはデメリットしか無く、基本的に強い大型機へのハンデになっている。
 サイコガンダムやクィン・マンサなど明らかにでかい機体はまだ納得もできるが、
 ナイチンゲールのような「ぎりぎり当落線上」「解釈の余地が分かれる」と言った機体は貧乏くじを引かされた気分になるので敬遠されがち)。
……といった具合に何かと扱いに困るMSであり、
多くのプレイヤーから「サザビーの方が使い易い」「シナンジュまでの繋ぎ」との評価を貰うようになってしまった。
『ジェネシス』からは武装が大幅強化され、サザビーよりも使い心地で上回る性能になった。

+ 『ガンダムVS.』シリーズでは
『マキシブースト』で参戦。
モビルアーマーに匹敵する巨体からファンからも参戦は絶望視されていたものの、
サイズを縮める&一部のバインダーの当たり判定を消すという荒業でなんとか参戦に漕ぎ着けた。
大雑把に言えば「より射撃に特化したサザビー」といった感じの性能で、
自分で発射タイミングを調整できるファンネルや射角を調整できる拡散メガ粒子砲など癖の強い武装が多く、
万能機のサザビーと一見似ているが、本質は全く異なるテクニカルな機体に仕上がっている。

『マキシブースト』でのナイチンゲールは最上位ランクとされている。
サザビーの方は、ナイチンゲールとガンダムレギルス(機動戦士ガンダムAGEのMS。こちらも最上位ランク)が
事実上サザビーの上位互換の性能と言われている不遇な扱い。
『マキシブーストON』ではサザビーの方がナイチンゲールより上位ランクとされている。

+ 『ガンダムオンライン』では
『機動戦士ガンダム』の世界観をベースにした、
オンライン接続による多人数同時対戦が可能なサード・パーソン・シューティングゲームではコスト400の機体として登場。
専用モジュールであるサイコフレーム(共振)は被弾により特殊ゲージがたまっていき、開放すると以下の能力が得られる。
  • 武器の性能が変化する(威力、ダウンポイント、連射速度などが上がる)
  • 最高速度が上昇
  • ダッシュ・ジャンプ時のブースト消費量が軽減
  • 怯み、よろけ無効
  • 発動時、一瞬の間の後にアーマー値が上がり全回復する
  • 本拠点へのダメージが大幅に減少する
  • 緊急帰投、運搬不可になる
このおかげで、火力はお墨付きであり、旧環境ではトップ機体となっていた。

2019年6月19日のアップデートを経て、有効射程に敵を捉えることができれば高い性能を発揮するが、
機体が大きすぎるため射程外から抑え込まれると何も出来ない機体になった。


MUGENにおけるナイチンゲール

数々のガンダム機体の製作者であるSTG氏が『スパロボX』以降のグラフィックで製作している。
イントロには『スパロボX』での機体カットインが使われているのをはじめ、『第2次α』で使用した隠し腕や、
前述の『ガンダムオンライン』で使えたサイコフレームの共振、ファンネルの仕様が『VS』シリーズ、
パイロットカットインは『Gジェネジェネシス』と、
ゲーム作品で登場したナイチンゲールのあらゆる要素が詰め込まれており、STG氏の愛が窺える。
狂ランク全般に対応したAIもデフォルトで搭載済み。

出場大会

  • 「[大会] [ナイチンゲール]」をタグに含むページは1つもありません。


「しかしアルテイシア、この結果は地球に住んでいるアルテイシアにはよかったのだな…」


最終更新:2022年07月04日 22:47