珊瑚

      

「貴様が犬夜叉か…退治する!」

高橋留美子氏の漫画『犬夜叉』の登場人物。
また、バンダイから発売された格闘ゲーム『犬夜叉 -戦国お伽合戦-』にも出演している。
CVは 桑島法子 氏。

「奈落」という悪の妖怪によって滅ぼされた、妖怪退治を生業とする里の生き残り。
若干16歳ながらも村一番の腕前と称えられた天才である。
当初は誤解から犬夜叉一行の敵となったが、後に味方に加わった。
普段は冷静沈着だが、不良法師の弥勒のセクハラや弟の琥珀(某割烹着の悪魔とは関係ない)関係には感情的になる事も。
ストーリー完結後は、弥勒と結婚して妖怪退治屋に復帰し、一男二女をもうけている。

作中では、巨大なブーメラン状の武器「飛来骨」を主に使用する。
投げて広範囲の敵を一掃したり、大きさと重さを活かして楯にしたりと様々な使い方が可能。
一時期毒を塗って使用した事で溶けてしまったが、後に修復された。
これ以外にも、刀や仕込み刃、毒など多彩な武器を活用する。

また、常に猫又の雲母(きらら)を連れており、巨大化した彼に騎乗する事もある。

『戦国お伽合戦』では、やはり飛来骨を武器にして戦う。
隙は大きいが主人公(傘)の如く、投げて戻ってくる時にも当たり判定を持っている。
毒を塗った飛来骨を使用する技もあるが、原作通りに溶けて無くなったりしないので安心である。


MUGENにおける珊瑚

『戦国お伽合戦』のドットを使用したものが2体確認されている。

+Lord Sinistro氏 & Shadowtak氏製作
  • Lord Sinistro氏 & Shadowtak氏製作
海外製作者のLord Sinistro氏とShadowtak氏による合作の珊瑚。
きちんと原作再現されているが、説明文が全てスペイン語なので少々読むのに手こずるかもしれない。

AIは当初は搭載されていなかったため、某大会では勝ち……もとい負け進んでしまった。
後にmimimimi氏によってかなりの強さを持つAIが製作されている。

また2013年3月8日にほうとう氏による外部AIが公開された。
三段階のレベル制AIとなっており、レベル3では凶キャラとも渡り合える強さになっている。

+Alexei Roschak氏(kenshinx0氏)製作
  • Alexei Roschak氏(kenshinx0氏)製作
現在は公開停止されている模様。
こちらは新MUGEN専用で、AIもデフォルトで搭載済み。
なお、同氏は相方の弥勒も製作している。
プレイヤー操作

出場大会

プレイヤー操作

水没&逆流withとっつき娘(mission86、Alexei Roschak氏(kenshinx0氏)製)


最終更新:2020年10月01日 12:19