赤(銀の刻のコロナ)


「コロナ、前にも言ったかもしれないけどみゃーって鳴くの子供っぽいよ」

赤とはETERNALの18禁シミュレーションRPG『輝光翼戦記 銀の刻のコロナFD』に登場するメインヒロイン。
メインヒロインのコロナの姉であり、戸籍での便宜上の名前は「小田桐赤」。コロナと同じく主人公(小田桐統果)の義理の妹という事になっている。
担当声優はコロナと同じ遠野そよぎ氏。

原作でのキャラクター

『輝光翼戦記 銀の刻のコロナ』のラスボス
世界に数人しかいない竜人の子供で破壊衝動に飲み込まれ暴走、赤龍となって多くの世界を滅ぼした。
その後オーダクルの魔女によって世界をオーダクル世界と統果達の世界の二つに分けて結界を張る事で封印されていたが、
オーダクル世界の魔人バルガがその力を求め封印を解除しようと企み、その影響で真夜が発生。
その後バルガは統果達によって倒されたが、封印はもうガタガタでは世界崩壊寸前の所まできており、
一度封印を解除して世界を融合させ、その後やってくる赤龍を何とかするという事になった。
そしてオーダクル世界で戦いなんとか倒したものの、今度はコロナを吸収して合体し、双首龍となって最終決戦開始。
最後は統果の切断能力によって破壊衝動から解放され救われた。

なお余談であるが、『コロナ』本編において赤の出番は統果の回想とミュリアルの話くらいで全く出番およびセリフが無く、
あってもほとんどが暴走状態赤龍の方なので、赤本人の出番は最後の方でちょろっと出てくるレベルのモブ並の少なさだった。

『FD』ではその後の話が描かれており、前述の通りコロナと同じく統果の義理の妹として龍護寺でお世話になっている。
ついでに統果の恋人その4となった。毎日コロナと統果の取り合いをして仲良くやっている。
コロナの前ではお姉ちゃんぶっているがまだまだ子供。ページ上記のセリフであるが、
みゃーと鳴くのは竜人の子供の鳴き声らしく、大人ぶってても寝起きや驚いた時などに赤も「みゃー」と鳴いていたりする。
なお、学校にもいかず働きもしない完全なニート状態となっている。
武器はコロナの杖の先に付いているのと同じ玉なのだが、全く使わず主に徒手空拳で戦うバリバリの肉弾系。
破壊衝動から解放されたためか、自分の意志で赤龍に変身も可能。コロナと違いファイヤーブレスを吐く。
また、コロナと合体する事で双首龍にもなる事もでき、この状態だとガチで世界を滅ぼせるほどの力を発揮する。

原作中の性能

属性は
HPが高く耐性も優秀なキャラ。全体攻撃も持っており使いやすいキャラ。
…なのだが、コロナや統果のようなチートクラスの技が無いので少し活躍しにくい。
「ドラゴニックフォーム」という技を使うと赤龍に変身して攻撃できるのだが、
どんな技が出るかが完全にランダムなので使いにくいネタ技と化している。
あと、一部技のセリフが「赤の拳が真っ赤に燃える」など若干パロネタが多い。


MUGENにおける赤

原作スプライトを元にrakurai氏によって製作されている。
無敵付きの通常技や、ガードポイントのある技を所持するキャラとなっている。
名前の通り炎の技が多く、龍化する事もできる。コロナ勢の中では現状トップクラスの強さらしい。
赤独自のシステムとして、<赤玉>があり、
一部の通常技(投げ、灼熱パンチ、鉄山靠)を当てる事により画面下に赤玉が追加され(MAX4)、赤玉の数に応じて一部通常技とゲージ技の威力が上昇する。
ゲージ技の使用の際には赤玉が一定数消費される。灼熱竜人パンチは赤玉の数に応じて性能自体が強化される。
ゲージ消費による竜化技二つは、赤玉を全消費する代償として威力の上昇度が極めて高く、
3ゲージ技の「フレイムコプラス」を赤玉MAXで撃つと並のLIFEのキャラは即死する。
また、コロナ勢の共通システムとして結界システムを持つ。システムについてはコロナのページ参照。
恒例の直ガ効果は「虹法結界-赤-」。ガード硬直短縮と共に次の一撃の威力を1.25倍にする。

AIはデフォルトで搭載されており、AIレベルや直ガ率を選択する事が可能。
8P~12Pは特殊カラーとなっており、赤玉MAX&ゲジマシやゲジマユなどとなっている。
この時、赤の色が赤から変わるややこしいなのに合わせて、カットインなどの色も変わるようになっている。

+大会ネタバレ
ワンチャンアレバカテルー大会 新人の部に9Pカラーで出場。
攻撃が一撃刺されば大体即死になるため、大会名に恥じないその圧倒的強さで参加者中最多勝利数で見事優勝した。
なお、赤なのに色が赤じゃないとかよく突っ込まれた。

MUGENのユミナ&コロナ勢はそのスプライトから総じて「ペラ勢」と一括りにされている。しかし優勝経験のあるキャラは非常に少ない。
そのため、数少ない優勝経験者であり、名前も憶えやすい彼女の知名度は高い。ちなみにやられ姿が可愛いともっぱらの評判である。

出場大会



最終更新:2020年08月16日 17:18
添付ファイル