コロナ


「ころな、トーカもトキノも好き!!」

ETERNALの18禁シミュレーションRPG『輝光翼戦記 銀の刻のコロナ』に登場するメインヒロイン。
給湯器などのメーカーでもウルトラマンの変身形態でもスペースゴジラの必殺技でもないし、ましてや某新型ウィルスとは何の関わりも無い。
ウィルスの方もMUGEN入りしているのでややこしいけど
そもそも「コロナ」とは「冠」、転じて「光冠(光の輪)」の事である。

戸籍での便宜上の名前は小田桐五六七。主人公・小田桐統果の義理の妹という事になっている。
統果への呼び名は「ぱぱ」か「トーカ」。
『銀の刻のコロナ』は輝光翼戦記シリーズの第二弾であり『天空のユミナ』の続編である。
担当声優は遠野そよぎ氏。

原作でのキャラクター

別世界から来訪した謎の美女・ミュリアルが連れてきた竜人の子供で、とてつもない力を秘めている。
そして主人公である小田桐統果とメインヒロインの一人である天津刻乃に託された。
ミュリアル曰く「この世界に滅びが迫っており、コロナを正しく育てる事ができれば滅びが回避できるかもしれません」との事。
性格はとても人懐っこく他の人ともすぐに仲良くなれる。だが、作中ある出来事の後は大半の力を失い性格も大人しくなってしまった。
また、竜人はとても暴走しやすく、育て方を間違えるとそのまま暴走して世界を滅ぼしかねないかなり危険な存在でもある。
暴走しないようにするためには他者との交流などで大切な絆を作るのが一番という事で、後に皇河学園に通う事になった。学年は統果と同じ2年生。
見かけの割には力が強く、彼女の武器であるというか鈍器はとても重い。落としただけで地面にめり込むほど。
また、成長速度も速く、ちょっと訓練しただけでもかなり強くなったりする。
見かけはロリだが戦闘力は結構高め。しかも作中で成長しているような……。
人気投票は2位。メインヒロインの中ではトップ。

本編から1年後の話であるファンディスク『輝光翼戦記 銀の刻のコロナFD』では3年生になっている。
前作の戦いで失った力を取り戻し性格も元の明るい性格に戻り、自分の意志で銀龍に変身できるようにもなった。
統果との関係も、「娘のような存在兼妹のような存在兼第一の恋人」という複雑な関係になった。
また、前作の最終決戦で救出したコロナの姉であるとは、毎日統果の取り合いをしている。

+ミュリアルについて
メインヒロインの一人。非戦闘要員。
コロナを統果達の居る世界に連れて来た女性。
神秘的な風貌を持つ美人だが、その実は徹底的ダメな大人。コロナ以外に6人子育て失敗した過去あり。
食っちゃ寝ニート宣言するわ、大事な説明をしてるのにシリアスブレイクするわと、
その残念美人ぶりには凄まじいインパクトがある。あの青玉葱に匹敵するネタキャラ。
しかし恋には一途だったり、コロナ達の事を大事に思っていたり、実は凄い出自だったりと、
そのギャップで人気は高いキャラでもある。実際人気投票3位になったし。

原作について

真夜という特殊な空間で魔物達と戦い世界を救うという物語。
戦闘面ではフィールドを移動して敵と戦ったりスイッチを起動させたりしながら進む。
『ユミナ』の戦闘システムをベースに「結界」と「LPシステム」が追加されている。
結界とは『スパロボ64』のダミーのようなもので、存在している限りLPにダメージが入らない。
また、ボスキャラや後半の一部ザコは結界を多く持っているため正攻法で削ろうとすると非常に面倒である。そのため後述するがコロナがとても強いのである。
LPが0になると敗北となる。結界には得意な属性と苦手な属性がありその属性を上手く使い分けて攻撃しよう。
また技を使うときはMPを消費する。MPは属性の有利不利によって増減する。
初期出荷バージョンには物語進行にかかわる重大なバグがあるため、プレイする際には必ずパッチを当てる事。

ファンディスクである『輝光翼戦記 銀の刻のコロナFD』ではシナリオが3つあり、本編の1年後が描かれたFD本編と、
かなめ がメインヒロインになったのかなめ編、コロナがメインのコロナ編の外伝が2つとなっている。
なお、外伝には戦闘は無い。また本編クリア後全部のキャラが使用して戦えるバトルアリーナが遊べるようになる。

原作での性能

属性は白。『ユミナ』では存在しなかった色であるが、同一製作者の類似システム作品では主人が担当する色であった。
敗北条件がコロナの敗退である事が多いが、コロナはとにかく強いためまず気にする必要はない。
高い攻撃力、全体回復、全ダメージ無効の銀龍光などかなり強いスキルを持ち、さらに貴重なLP回復のフィールドスキルまで持っている
(LP回復はコロナと追加パッチキャラしか持っていない上、戦闘不能ユニットの蘇生を兼ねるため非常に重要なスキル)。
中でも相手全員の結界を1枚破壊する「どらごにっく・ぶれす!!」と、相手1人の結界を全て破壊する「龍魂解放」は強力なスキル。
結界を一瞬で破壊できるため、結界の数が多いザコ戦やボス戦必須のキャラである。
MP消費が大きく連発できないが、後半になると統果がそのターンのMP消費量を0にしてしまう凶悪スキル「死角封じ」を習得するため、
統果と組む事でMPを温存したままボスの結界を剥がす事も可能になる。
防御面でもHPが高めな上に耐性面でも◎1、○1、×なしと水準は満たしており、
さらに=である白属性をスキルで無効化可能、自前で回復スキルを使用可能。と、継戦能力も十分である。
難点としてはシナリオ中で強制離脱が複数回存在する事。
単独で強力なユニットであるため、彼女に頼り切っていると他のメンバーのレベルが低いままであり、
離脱局面においてかなり厳しい戦いを強いられる事になる。

FDでは主力技であった「どらごにっく・ぶれす!!」と「龍魂解放」のMPの消費量が2倍くらいに上がっている。
そのため連発しにくくなったと思いきや、最初から論説部が仲間になる上に、全員が全ての技を覚えており、
最初から歌でMPを溜めて結界破壊が可能なので、実の所はあんまり変わらなかったりする。


MUGENにおけるコロナ

毎度お馴染みrakurai氏による、原作スプライトを使ったものが存在。
近接では杖を使い、遠隔ではぶれすを吐いて攻撃したりする。ジャンプはできない
地上ダッシュは移動距離が固定の転移になっている。
またコロナ勢に共通するシステムとして結界システム、コロナ独自のシステムとしてLPがあり、それぞれゲージが存在している。
結界ゲージはHPゲージの下、LPゲージは画面下に存在している。
結界ゲージはガードや被ダメージにより減少し、0になると60Fという非常に膨大な隙を晒す事になる(結界ゲージは全回復する)。
コロナは結界ゲージが0になった瞬間に1ゲージ画面全体攻撃技の「大逆鱗」を発動する事が可能。
LPゲージは残り復活回数を示しており(表記数-1が残り復活回数)、LIFEが0になった時点でLIFEが全回復する。
デフォルト設定ではカラー数=LPとなっており、この数値は調整可能。
防御システムとしてrakurai氏のユミナ勢と同様、ジャストディフェンスを持つ。コロナのジャストディフェンス名は「虹法結界-光-」。
成功時は次の被ダメージが0.75倍となる。この効果が発生している際はライフバー下に専用のマークが出る。

AIもデフォルトで搭載されており、AIレベルや虹法結界-光-の発生率を設定できる。
11Pおよび12Pは特殊カラーとなっており、11Pでは常時ゲージMAXになる(もちろんLPは11)。
相手が最上位神クラスなどが使用する凶悪技術を使用した場合(スイッチでON・OFF可能)および12Pでは覚醒コロナとなる。
殺傷力は上がらないものの、耐性が準論外となり本体hitdef持ちのため、一部神キャラには勝つ事もある。

上記紹介動画以降の更新によりゲジマユ化スイッチが搭載され、11P以外でもゲジマユ状態にする事が可能となった。
また、タイムアップ時にLPが残っている際、LIFEを全回復するかのスイッチ、一定時間無敵で行動可能になる「銀龍光」(ラウンド中使用回数設定可能)、
全画面当て身3ゲージ技でカットイン付きの「龍の怒り」などの超必殺技3種、統果との特殊イントロなどが追加されている。
特に銀龍光は非常に強力な技であり、使用させる否かで強さがかなり変動する。

この他に、中割りを独自に描き足したスプライト素材セットも公開されている。

出場大会

更新停止中
凍結


最終更新:2020年10月22日 12:19
添付ファイル