ルージュ・ザ・バット


「世界中の宝石はみーんなアタシの物よ!」

ソニックシリーズの登場キャラクター。
シリーズ恒例で名字が種族を示す通り、コウモリの女性。
初登場は『ソニックアドベンチャー2』。
CVは落合るみ氏。

宝石専門のトレジャーハンターで、狙った獲物は必ず手に入れる。
その傍ら連邦国家大統領直属エージェントもこなしており、これで多少の窃盗は黙認されているらしい。
一見軽薄に見えるが、非常に計算高く超が付くほどの現実主義者。
正義や道徳よりも、損得勘定で自分の行動を決定する。
とはいっても、ここぞという時には情で動く。こういう所はシャドウに似ているかもしれない。

ソニックシリーズでは珍しく色気を前面に押し出したキャラクター。
公式での紹介文も「ワイルド&セクシーな女コウモリ」というもの。
露出が多く厚化粧、時に姉御肌な言動からは大人の女性としての魅力が目立つ。

『アドベンチャー2』ではトレジャーハンターとしてマスターエメラルドを盗み出そうとした所、当然の如くナックルズと遭遇。
Dr.エッグマンの介入もあってエメラルドが四散した後、欠片の捜索を始める。
しかし、エッグマンとシャドウが手を組んだため、計画阻止の任務を受けて二人に接触。
結局シャドウの過去とエメラルドにかまけていたため対エッグマンはソニック達に任せる事になるも、最後のアーク落下阻止にはきちんと貢献。
事件の最中、窮地をシャドウやナックルズに救われ、どちらも憎からず思うようになった模様。

その後は『ソニック ヒーローズ』で泥棒していたつもりがシャドウを復活させ、
『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ』ではエージェントとして動き回り、『新ソニ』では同僚となったシャドウと行動を共にする。
何だかんだでシャドウとは「損得抜きにして頼れる数少ない相方」という関係が続いている事が、互いの言動から窺える。

戦闘においてはキックが得意な他、仕事柄か爆発物を操る。
コウモリなのでもちろん空も華麗に飛べる
…はずなのだが、『アドベンチャー2』、『新ソニ』ではナックルズ、『ヒーローズ』ではテイルスと同性能。
まあ本当に自由に飛べたら別ゲーになってしまうのでしょうがない。


MUGENにおけるルージュ・ザ・バット

ソニックシリーズのキャラクターに定評のあるABAB氏が製作したものが、2014年12月31日に公開された。
『ソニックバトル』を元にエメルの使用技や投げを追加した恒例の仕様。
ゲージ溜め速度が他のソニックキャラより遅いのは原作再現のため。

特徴的なのが空中での挙動で、ジャンプの頂点で浮遊し始める。
浮遊時は慣性を付けつつ左右に移動可能。
そのままだとゆっくりと落下するが、下入力で普通に落下する事も出来る。
これらの動作中も攻撃可能で、また空中で使用可能な必殺技・超必殺技も多い。
移動距離の長いステップ型の前後ダッシュを含め、独特な操作を要求される。

必殺技の中で要となるのが、敵を追跡する機雷を放つ「バットクラッカー」。
弱中強版で留まる位置が変化し、それぞれ前ダッシュ、ジャンプ、バックステップの際に接触して爆発する。
ダウンこそ奪えないものの持続時間が長く、使用するだけで敵の行動を大きく制限出来る。
勿論空中でも使用可能。
デフォルトAIも搭載済み。

出場大会