ラクライ


任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』に登場するポケモンの一匹。第3世代(『ルビー・サファイア』)から登場。
英名は「Electrike」。MUGENキャラ製作者のrakurai氏とは無関係なのであしからず。

空気との摩擦で電気を作り出し、長い体毛に電気エネルギーを溜め込んでいる。
足の筋肉を電流で刺激することで、目にも止まらぬ速さで疾走する。
(以上、Wikipediaより一部抜粋・改変)

原作中の性能

比較的序盤に登場するでんきタイプのポケモン。
特攻と素早さに秀でており、速攻アタッカー向けの種族値をしている。
しかし、その割には多くのでんきタイプが取得する「でんきショック」を取得しないため、育成には工夫がいる。
初出となった『ルビー・サファイア』では、後半のジムリーダーがひこう・みずと、でんきに弱いタイプの使い手がおり需要は大きかったが、
他の序盤ポケのでんきタイプは観賞用のプラスル・マイナンくらいであり、同タイプの他のポケモンも入手できるタイミングが遅めで、
攻略パーティに入れるには育成の手間がかかることが大半だったため、攻略にラクライを採用するユーザーはそこそこ存在した。

第3世代当時は、でんきタイプの攻撃技は全て特攻に依存していたが、現在の環境では技ごとに物理特殊が分けられているため、
レベルの低い内はタイプ一致が物理技の「スパーク」しかないラクライは、少々攻略に使いにくくなっている。
技マシンで補うか、特殊技「ほうでん」を取得するまで根気強くレベルを上げるかはプレイヤー次第。
なお、第4世代に登場したコリンクは、でんき単タイプで「でんきショック」を覚えない点が似通っている。

+進化後のライボルトについて
レベルを上げることでライボルトに進化できる。特に特攻と素早さに秀でたアタッカー向けの種族値を持つ。
ピカチュウ、レントラー、パチリス、ライコウなどでんきの単タイプは層がそれなりに厚いのだが、
そいつらが覚えない「すりかえ」、でんき技を半減するくさに刺さる「かえんほうしゃ」、「オーバーヒート」、
そしてメガシンカ持ちであることが長所となる。
特にほのお技を覚えるのは重要。なにせキバやパンチを使える物理勢と異なり、
特殊アタッカーのでんきタイプは「めざめるパワー」以外でほのおの特殊技を覚える種類が非常に少なく、
約30系統いる中でまともに使えるのは、ライボルトを除けばヒートロトム、サンダー、シビルドンのみである。
「オーバーヒート」は使用後に特攻が激減するため、一時退避して能力変化を帳消しにする「ボルトチェンジ」との併用が望ましい。
メガシンカすると特性が繰り出し後に相手の攻撃を一段下げる「いかく」に変化する。こちらも「ボルトチェンジ」と相性が良い。
「いかく」にせよ「ひらいしん」にせよ、特性がシングルよりダブル向けのため、対戦でもダブルで使われやすい。


MUGENにおけるラクライ

コリンクの製作者であるCrowsar氏のキャラが公開中。
氏のコリンクとは性能が似通っており、「チャージビーム」などの遠距離攻撃や、キバによる近接攻撃が搭載されている。
原作での両者も技構成がある程度似ているため、ある意味原作再現とも言える。
ただしスピードはこちらの方が早く、2段ジャンプも可能なため、機動力に関してはラクライが上。
特に遠距離攻撃の「かえんほうしゃ」は持続力も長く使いやすい。
その反面、通常攻撃のリーチは短く、コンボも長くは繋がらないため、
機動力と飛び道具を駆使して地道に体力を削っていくキャラとなっている。
簡易的なAIもデフォルトで搭載済み。
DLは下記の動画から

また、同製作者によって進化後のライボルトも公開された。
例によってスペックが上位互換で基本操作は同じのコンパチキャラである。
DLは下記の動画から

出場大会

  • 「[大会] [ラクライ]」をタグに含むページは1つもありません。


添付ファイル