ひで


「ぼくひで」

真夏の夜の淫夢』の関連人物。
ゲイビデオ会社ACCEEDのアダルトビデオに出演していた男優。
芸名の「ひで」がそのままネット上での呼称に使われている。
元々はACCEEDと提携しているゲイ向けデリヘル「アン・インディペンデンス」のキャストだったが、
2010年1月10日発売の『ショタコン』で男優デビューを果たし、ホモビ業界に参入。
しかし同年4月10日発売の『悶絶少年 其の伍』にてあの虐待おじさんの洗礼を受けてしまう。
これが原因となったのか同年中にアン・インディペンデンスを退店。
その後の消息は杳として知れない。
趣味はテニス、買い物、インテリア。


原作での活躍

+ ショタコン
『ショタコン』では錯乱坊さくらんぼ小学校に通う小学一年生男子役として出演。
また、パッケージ表面を大きく飾るというメイン級の扱いを受けてもいる。
作中では年齢を考慮しない狂気のコスプレ姿に加え、
テスト中に失禁するなどのマジキチ行為で視聴者兄貴達を「えっ、何これは…(困惑)」とドン引きさせるという衝撃的なデビューを飾った。
どう見ても小学生には見えないし、ちょいマッチョだし、顔も童顔とはいえおっさんなんだよなぁ…。
にも拘らず、公式モバイルサイトにおける『ショタコン』撮影秘話では近所のおじさんが「かわいい小○生だね~」と褒めていたらしい。
おじさん眼鏡かけちくり~(いい歳してあんなマジキチな姿をした大人が存在するなんて現実を受け止められなかった可能性が微レ存…?)

同作にはクラスメイトとしてたると(現:橘芹那)も出演しており、やはりブラクラと言っても過言でないコスプレでSAN値を削ってくる。
ただし、たると側は自分達がネタにされている事を知っているようで、
『ショタコン』含め自身が出演する作品が動画サイトにアップされるとすかさず権利者申し立てを行い削除させまくっているため、
現在は同作及び同映像を使用した動画をアップロードする際は削除回避としてたるとに全身モザイクをかける事が暗黙の了解となっている。
更に自分が出演していない動画まで削除依頼を出しているらしく、淫夢民からの評判は芳しくない。*1

+ 悶絶少年 其の伍
『悶絶少年 其の伍』はオムニバス形式となっており、ひでは『少年拉致強姦』に出演している。

「痛いのに…この人おかしい…」*2

同作では体操服姿で登場。胸のクラス番号から二年生に進級したようだ。
早く帰って宿題する使命感から下校を急いでいたひでが物陰に潜んでいた虐待おじさんの優しい膝蹴りを受けて失神。
そのままおじさんの家へ拉致され、無駄に豪華なダブルベッドに寝かされる。思いっきり一般通過兄貴に目撃されてるんですがそれは…
目が覚めた後は優しく接してきたおじさんについて行き、
ダイニングで飲み物を飲んでいた所を突如後ろからおじさんのネクタイで首を絞められたの皮切りに毒霧攻撃竹刀蝋燭冷水ぶっかけ等々、
そこらのリアクション芸人も裸足で逃げ出すような数々の常軌を逸した拷問を受ける羽目となった(詳細は虐待おじさんのページも参照)。
+ 作中で見せたリアクション一覧
  • ベッドで寝かされてる時の顔が殴りたい、この笑顔。
  • ネクタイで首を絞められるも「おじさんやめちくり~」と挑発できる余裕を見せ、おじさんを戦慄させる
  • 竹刀編では竹刀を掴んで奪い取り玉音放送を拝聴する、「この人おかしい」「ふざけんなよ」と小声で愚痴るなどの問題行動に出る。
    悪い子はお仕置きだど~!
  • 鞭編で容赦なく竹刀と鞭の乱打を見舞われる。
    あまりの痛さに撮影機材のある所へ逃げ込む始末。真ん中来いよ!え!?真ん中来いよオイ!!
    おじさんにすがりついて痛みを訴えるも「汚れるんだよスーツが」と無慈悲にスルー。
    最終的には「でら痛い!」とまで叫んだ。ひで名古屋出身説。
    このパートでは「ねーホモ…ねーホモ…」と明らかにリピートした音声が流されていた事から
    編集前はガチの悪態または放送禁止用語を口走ったと思われる。
  • 蝋燭編ではベッドにくるまりむせび泣くひでのシーンからスタート。ベッドくんかわいそう
    おじさんの次の拷問にイヤイヤとだだをこねる。「言う事聞くからやだ」どっちだよ
    実際に蝋燭を垂らされると「あっついねん!」と叫ぶ。関西人なのか名古屋人なのかはっきりしろ。
    蝋燭責めが終わった後も悪態丸出しでおじさんの言う事を聞かず、鞭を持ち出される。
    「やーだやめてタタカナイデ!タタカナイデヨ!」(カン!(金属音))「やれよじゃあー!!」
  • 散々酷い目に遭わされつつ、気持ち良くできたらご褒美をやると言うおじさんに
    「ほんとぉ?」と小学生設定を思い出したかのようなマジキチスマイルで返す。
    だが直後に「本当だよ。お前と違って嘘つかないからな、おじさんは」という痛烈な皮肉をもらい、すぐに暗い顔に戻る
  • 「じゃあオラオラ来いよオラァ!!」とおじさんに乱暴にトイレへと連れ出された後、
    顔面を便器に突っ込まれた上に舌で掃除させられる。悪い子は便所掃除な!
    最後はトイレにケツを無理やり突っ込まされるが、中々入りきらず悪戦苦闘。突っ込めって言ってんだよぉ!!!
  • お風呂編では冷水風呂に放り込まれる。ああ逃れられない!
  • お尻に色々なものを詰め込めるだけ詰めk…詰め込まれる。あ^~もうおしっこ出ちゃいそう!
    この他「痛いにょ…」と漏らしたり凄まじい形相(通称「ヤメチク・リー」)で力んだりするなど。
    DGKBLCLにまで風評被害広げちゃってさぁ…恥ずかしくないのかよ?
  • 野獣先輩リスペクトのガーゴイル座りで用を足すとなんとおじさんが手ですくい上げひでに塗りたくる
    まさかの展開に「ねぇ小生やだ!」と一瞬御大将が憑依するくらいパニクり、
    終いには「ヴォエエエ!」と汚いおっさん声でえずく。こん、小学生じゃないんだよ!
  • 蝋燭偏と塗りたくり編では「うー☆うー☆」とうめき声を上げる。そのうーうー言うのをやめなさい!
  • 虐待の限りを尽くされた後、全裸のままベランダに投げ出され、自分から窓を閉める。自分から閉めていくのか…(困惑)
    過去最悪のマジキチ顔で助けを乞うもカーテンを閉じられた瞬間に声が途絶えてしまった。
    まだ撮影中なのにカーテンが閉まった途端に演技をやめるひでは男優の屑。ひでしね

最早演技の域を超えて悶絶する姿や空耳、素のマジギレ、しかし何故か半笑いなど、
キレの良いリアクションの連発に訓練された淫夢民も草を生やさずにいられなかった。
ちなみに公式ブログによると「本人の了解を得て撮影しております」との事。
その割には本気で嫌がってたんですがそれは…撮影内容を承諾しておきながら本番でわがままを言うひでは人間の屑。ひでしね
恐らくは『ショタコン』の時のようなゆるい感じで撮影されると思っていたのかもしれない。(ホモビ業界を)馬鹿にしてんじゃないぞ!

ちなみに『少年拉致強姦』は平野源五郎が主演の『緊縛調教』と同じスタジオで同時期に撮影されていて、
ひでの「ライダー誰か助けて!」という叫びが平野側にまで届いていた。当然ながら平野はライダーではないのでこれをスルー。
その後のパートでは撮影の様子をカメラ外から見ていた平野の呟きがうっかりマイクに拾われ、
しかし撮り直しする事無く当該シーンがそのまま使われてたりした。糞喰漢』の冒頭といいしっかりしろACCEED

ホモが苦手なノンケはしぃ虐バージョンを代わりに見ていって、どうぞ

+ ひでクンのヴァーチャルウリセン
『ショタコン』の直販特典なのだが、発掘時期の都合上こちらに掲載。
そのタイトルの通りバーチャル上(ビデオ上)でウリセン(出張ゲイ風俗)とアッー!な事をするというシチュエーションのビデオ。
…なのだが、
  1. ほぼ常に半笑い
  2. 全体的に演技が棒読み、台本のセリフをただ読んでるだけのような喋り方でプロ意識が低く、客の要望に真面目に対応していない
  3. ショタキャラで売ってるくせに脇毛や下の毛を処理していない、筋肉を落としてもいない
  4. 初っ端での外の待ち合わせから家へ向かう途中、一般通過兄貴から「キモッ!」*3と罵倒される
  5. 客が両手で渡した料金を片手で奪うようにぶんどった挙句、礼の一つもしない
  6. 客を脱がせる際「ゲッ靴下もかよ…」*4と小声で悪態をつく
  7. 客は全裸な一方で自分はブリーフを履いたまま風呂に入る
  8. ヤダハズカシイデスー(棒読み)
  9. ボディソープ塗られてる時にマジキチな笑顔を見せる
  10. 「ねえチューして♡」とカメラに向かってキス、汚い口内が画面全体に映し出される
  11. 客のミシャグジ様に「クサッ」と暴言
  12. 「暴れてらっしゃる」「う○こさん」など敬語の使い方がおかしい
…などなど、素のひでの屑っぷりや異常性がこれでもかと言わんばかりに詰まっており、この動画のおかげで全てのひで擁護派が虐待容認派に転じた。
少しはゆうさくのサービス精神を見習って、どうぞ。

ちなみに家へ向かうまでの間に流れていたテロップには、
「マッタリから激しいプレイまで、何でも大好きなオールラウンダーです!(笑)
 好きなようにイジメでくださいねっ!」
と書かれていたのだが、そう自己PRしておきながら『悶絶少年』では痛みに耐えかねて撮影妨害したりマジギレしたりとホモは嘘つき。ひでしね


ネット上での扱い

『悶絶少年 其の伍』においてコンプライアンス案件の惨憺たる扱いを受けた可哀想な人物のはずなのだが、
上に挙げたような素行の悪さや癪に障る言動、撮影中にも拘らず度々悪態や問題行動を繰り返すプロ意識の低さから同情される事がまず無く、
故に心が痛まず気軽に楽しく見れるハードコア系のやられ役として重宝されたり「ひでしね」などとコメントされるのが当たり前となっている。
実際、『ショタコン』の時は熱の入った紹介をされ、更に特典DVDまで作られていたのが、
『悶絶少年』ではかなり淡々とした説明で済まされている事から、当時のスタッフからしてみても評価が下がっていた事を窺わせる。

反面、その性格や不細工な顔付き、そして上述の大草原不可避のリアクションの数々など、
それらのインパクトの強さのために淫夢MADでの起用率が高い程の人気を得たのは事実であり、
「キャラクターとしては」なんだかんだで愛されているとも言える。

BB先輩劇場などの二次創作においては、案の定(主に虐待おじさんから)虐待されたり誰よりも先に理不尽な目に遭う役が定着している。
そのガタイの良さや『悶絶少年』での数々の拷問を最後まで受け切った事から、
普通の人間なら死ぬレベルの暴行や事故に遭おうと最悪でも大怪我で済む異常な生命力を設定される事が多い。
これに加えて鞭打ちの際に謎の金属音が発生(恐らく機材に当たった音)した事から「全身がヤメチクリウム合金でできた金属生命体」とされる事も。

ひで主役のBB劇場のめいさく

この他、ネット上では「嫌い」を「ひで」またはその上位互換の「ひでたるとまひろじゅんぺい」と言い換える人が見られるようになり、
淫夢界隈に関わりのない一般層でも用いるユーザーが出てきているが、ホモガキ臭いとしてこれを好まない淫夢民も少なくない。

「ヤダッキッヤダッユウコトキクネッチョ、

 ユ゛ウ゛コ゛ト゛キ゛ク゛カ゛ラ゛ヤ゛メ゛テ゛!!」



MUGENにおけるひで

オロミズ大好き兄貴によって製作されたひでが存在する。
ただし、「エイプリル2」として他のキャラとまとめられての公開であり、キャラ単体での入手はできない点に注意。
ポートレイトには多脚ひでが使われている。名前から想像できるだろうが、閲覧には注意。
ちなみに小ポトレが枠外にはみ出ている。ひでみたいなはみ出しもんがよぉ、MUGEN入りしちゃいかんのか?いかんでしょ。

ニコニコ動画に上げられている様々なBB素材を使って作られたキャラ。
「ぼくひで」のイントロ後、ステージ中央に鎮座し、一切動かないプレイヤー操作も不可。
BB先輩劇場などでのイメージ通り異様に硬く、
基本的にどんな攻撃でも微々たるダメージしか与えられず(ダメージが入らない時もある)、投げ技も無効となっている。
一定周期で「おじさんやめちくり~」と自動で煽ってきて、その間だけ完全無敵になるので非常に殺意をかき立てられる。ひでしね
以上の特性は神キャラ相手でも有効な上、即死耐性まで持つ。

一見攻撃技の無いキャラのように見えるが、ノーダメージながら攻撃判定自体は全画面に出ているようで、
後ろに下がろうとするとガードポーズを取らされ、ウルトラマグナス等のダメージの有無を問わず判定が触れただけで死ぬかみキャラだとラウンド開始直後に死ぬ。
時間切れで勝つ事はまずないため(勝ちポーズ自体は搭載)、サンドバッグとして被ダメ時の無駄に豊富なボイスを楽しもう。
虐待タイムアタックに使うのもイイゾ~コレ!
参考動画


「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛

 も゛う゛や゛だ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛

 あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!!」

出場大会

  • 「[大会] [ひで]」をタグに含むページは1つもありません。


*1
権利者に無断で動画をネット上にアップロードするのは歴とした違法行為であり、
たるとの行動は「自身が出演している動画に限れば」法的には一切落ち度はない。
問題はたると自身が出演していない動画にまで削除の申し立てをしている事である。
この場合は「当該動画の権利を持たない、あるいは権利者を騙る人物または集団による不当削除」に当たる。
+ 具体例
具体例として
  1. 「TDNは彼なのか?最終鬼畜兄貴TNOK」「ISHR先生とUNEI君」
  2. 「怪談新玉袋シリーズ」他一部ホラー淫夢動画
  3. ドラえもんショー(必須アモト酸関連)」
以上3件が申立者が本物かどうかの確認もないまま、
著作権侵害として削除されるという憂き目に遭っている(1はCOAT関連、2は個人の申し立て、3はシンエイ関連)。

  • 1
そもそもCOATが権利者削除を行うことは稀であり、加えて「最終鬼畜兄貴」の時点で、
「この時期に削除された動画には使用されていない作品が削除根拠になっている」
チャージマン研のMAD動画が手違いで大量に削除された時期に行われたものであり、騒ぎに便乗してなりすました可能性が微粒子レベルで存在する…?」
と疑念が強まった所を、「ISHR先生とUNEI君」が削除された際に
対象物: 淫内感染→BABYLON STAGE 41~淫内感染~
この作品が収録されたのは「BabylonSTAGE49 僕たちの失敗」
という事実が発覚し、なりすましによる犯行及びニコニコ動画運営の怠慢によるものだと確実視されている。

  • 2
他と違い「個人の申立」「対象物: 個人の著作物」となっている
先述通りCOAT等ではなく、著作権侵害対象とされた物との関係性の知りようがない素性不明の個人が著作権侵害と申し立てした事により削除されてしまった。
更に、運営が著作権侵害対象とみなした元画像が現在連絡が取れなくなっているHP管理者のものである事も判明しており、
自分が権利者と大嘘をつけば気に入らない動画を削除させる事ができるという、
愉快犯または通報厨にいいように踊らされる運営の情けない格好とガバガバな削除規準が暴露される結果となった。

  • 3
再うp
再アップロードされた動画を視聴すれば分かるが、シンエイ動画株式会社の著作物(アニメ映像等)は一切使われていない。
にも関わらず同会社の申立として権利者削除が行われており、こちらも同様の事だと見られている。

また、かつてフタエノキワミ系動画が一斉削除を受けた事件についても、
当時はまだ削除申し立てを行った人物または集団の開示がされなかったため、
本当にフジテレビジョンが申し立てしたのか、権利者を名乗る偽者ではないのかなど、当時の権利者削除の不透明性を指摘する声も絶えなかった。

「勝手に動画をネット上にアップしておきながら、それを削除されたことに文句を言う方がお門違い」という意見もあるが、
自身の肖像権等が使われていないと知りつつ「一つくらい…消してもバレへんか…」と、
無関係の動画の削除を申し立てる事もまた許される行為ではないのは当たり前だよなぁ?
AOKもガチギレこそすれど自分の出演していない動画には手を付けてなかったし。

なお、現在のニコニコ動画で実際に権利者申立ての手続きを行って動画を削除しようとすると、
「本フォームに入力された削除申請が正当な権利行使に基づかないものであると判明した場合や
 正当な権利行使に基づかないものであると判断できる場合には、
 削除申請者のアカウントの削除を行なう場合があります。
 また、削除申請者のアカウント情報および運営会社が確認したIPアドレス等ネットワーク上の全ての情報を、
 正当な権利者からの開示請求に応じて開示する場合があります。」
という注意喚起が始めに出る。
間違っても嫌いな動画を権利者削除で消そうなどと思ってはいけない(戒め)


*2
竹刀責めを受けている最中に小声で発した愚痴。よく間違えられるが「この人頭おかしい」ではない。
撮影のために真面目に仕事しているおじさんに対する役者としてのプロ意識に欠けた暴言であり、ひでの人格が低く評価される原因となっている。
ただし、小声で聞き取りづらいため「この人おかしい」ではなく「もっと優しく」と言ってるのではないかとも言われる事も。
尤も仮にそうだったとしてもこれ以外にも問題発言や言動は山ほどあるため、結局ひでしねと罵られる事に変わりない可能性が濃いすか?

*3
発音が不明瞭である事や一般通過罵倒兄貴が二人並んで歩いていた事から、
相方との会話で「昨日?」と返したのではないか、という説が存在する。
だがひでがキモいのは正論なので許せるぞオイ!

*4
例によって音声が聞こえにくいので「で、靴下もか」という好意的な見方もある。
でもこれまでの言動からして信用できないってそれ一番言われてるから。


最終更新:2022年01月27日 14:19
添付ファイル