ファントム・シザー



「もっとだ… もっと!!」

プロフィール

名前:ファントム・シザー(本名ではなく通り名)
性別:男
年齢:不明
身長:184cm
体重: 82kg
その他:一度死んだ後アンデッドとして蘇った。

その男は血に飢えていた。生きた人間をバラバラにする事で快感を得ていた彼は、
身の丈程の巨大な髑髏鋏で目に映る者を見境なく切断し快楽殺人者と成り果てた。
その後捕らえられ処刑されるもその男の鋏の餌食となった犠牲者は甚大な数に及んだ。

とある地域の森では極まれに気候の影響で日没後の夜、
淀んだ大気に月光が反射して血のように紅く光って見える現象が起こる。
その次の日には決まって、鋭利な刃物による動物の切断された死体や不自然に薙ぎ倒された木などが発見されている。
もしかしたら今もその男は生きた屍になり血塗られた森を彷徨っているかもしれない。

(以上、説明書より引用・改変)

黒龍人エニ漣遊夏を製作したダガー氏による手描きオリジナルキャラクター。
CVは吉田瑞希氏が担当しており、その狂気に満ちた演技は必聴。

巨大な鋏で相手を切り刻む殺人鬼のゾンビ
外見通り範囲が広く隙の大きい攻撃が特徴であり、必殺技は昇竜、突進技、当て身とバランスよく揃っている。
また、特殊システムとして時間経過で溜まる「ソウルゲージ」を搭載。
このゲージをMAXまで溜めた状態でEX必殺技を発動すると、本来消費する通常ゲージを肩代わり出来る。

超必殺技は分離した鋏を振るって切り刻む「ファントムダンス」や、相手を打ち上げてトドメに鋏で突き刺す「クレイジーアンカー」、
鎖で相手を締め上げて電流を流す「サンダーⅨ」といった豪快かつ強力なものが揃っている。
中でも2ゲージ技の「シザースデストロイ」はその威力もさる事ながら、吉田氏の熱演とマッチした気合の入った演出が光る大技。
なお、この技でトドメを刺すと相手を真っ二つにする特殊KOとなるが、
シルエット止まりなのでそこまでグロくはなく、設定でOFFに出来るので苦手な人も安心である。
12Pは狂下位前後程度を想定した強化カラーとなっており、攻撃力&防御力のアップ、コンボ補正無し、ゲージ自動回復、
ソウルゲージの速度上昇、上記のシザースデストロイが即死技になる等、大幅な強化が施される。

AIは未搭載だが、カサイ氏による外部AIが公開中。
付録として、恐らくホームグラウンドであろう禍々しい専用ステージ「殺戮の森」も付属している。
プレイヤー操作でハサミ使いの先達と対決(11:54~)
カサイ氏AI(2:28~ ※ラストグロ注意)









「解体ィ…! 解体ィ…!!

 解体イィィイィィィィッ!!!」

出場大会

プレイヤー操作

MUGENキャラをさっくり触ろお!!(第四十五回操作キャラ)


最終更新:2021年09月26日 16:52