大原ことね

登録日:2019/12/09(月) 05:36:44
更新日:2019/12/11 Wed 20:37:48
所要時間:約 ? 分で読めます





大原ことねとは、あつまれ!ふしぎ研究部の登場人物で、本作のメインヒロイン。

南湘高校の三年で、特進クラスに在籍している。濃い青のロングヘアーに、旭から「本当に高校生?」と言われる程の巨乳の持ち主。
前髪の髪留めに五円玉をつけている。白衣を着ているが催眠術師っぽく見せているだけで特に意味は無く、授業中は着ていない。

ふしぎ研究部の部長で、催眠術を担当している。催眠術の腕前は確かで、相手はほぼ確実に掛かる。
催眠術には主につけている五円玉を用いるが、別に必要な訳ではなく、僅かな動作と語りで行う事も。
但し誰にも掛かる訳ではなく、強情な和香には現時点までに一切掛かっておらず、
あくまでも当人のイメージである為相手が指示を誤解釈した場合その誤解釈で掛かってしまう。自己催眠にも掛かりやすい。
現時点でマスターしていると言っていいが、教本の購入を考えたり図書室で心理学の本を借りようとする等向上心もある。

催眠術については基本的には喧嘩の仲裁や発生した問題の解決に用いており、自分本意な理由で用いる事はまず無い。
催眠術師として非常に強いプライドを持っており、掛かったふりをされたら本気で傷付く。
掛からない相手に対しては意固地になる一面もあり、和香に対して異様に優しくなり、却って引かれてしまった事も。

勉強は授業中に集中して覚えるタイプ。裁縫が得意と自己申告しているが、何処まで出来るかは不明。

運動は苦手で、カナヅチ。走るのは遅かったが、蘭の指導のお陰でこれは多少は克服している。スケートは普通に滑れる。
虫は蜂や蜘蛛はおろか、カブトムシすら苦手。自分のしゃっくりについて気にしている。
体重はかなり気にしており、一度身体測定で75キロと出た時は普段とはうって変わってパニックに陥った。

連載初期の頃は大祐を手玉にとる等小悪魔的な所があり千晶からも常に余裕があって敵なしだと思われていたが、
話が進むにつれドジな面が浮き彫りになっていき、大祐からも「おっちょこちょい」という印象を持たれてしまった。
大祐程では無いが、他の登場人物の行いで割りを食う事も多い。

美人でかなりの巨乳で、周りを気遣える優しい性格も相俟って学校のアイドル的存在になっており、
学校では32話の時点で122人という規模の大きいファンクラブが存在し、女子の間でも挨拶を交わすだけで喜ばれる程憧れの的でもある。
一度一般生徒から“ふしぎ”を集めた際は、一件以外はことね関連だった時も。
読者人気も高く、人気投票では一位を獲得している

催眠術師としてイメージを壊さないよう努めているが、同時にストレスにもなっており、気楽になれるふしぎ研究部は憩いの場でもある。
良子に一度ギャルの「ねねぽん」になり別の自分になろうとしたが「自分は自分」という結論になって断念している。

大祐に好意を寄せており、彼に胸を触られたり顔に埋もられても(大抵が事故というのもあって)全く怒らないが、
他の女子に接近の疑いがあったり親しげにされている所を見ると千晶や鈴よりは表には出さないものの不機嫌になる。
あと、初期部員三人の中で唯一大祐を家に招いていない。


追記、修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/