Batman: The Fall and the Fallen

登録日:2021/02/28 Sun 18:09:57
更新日:2021/02/28 Sun 18:09:57
所要時間:約 8 分で読めます




『Batman: The Fall and the Fallen』は2019年にDCコミックスから出版されたアメコミ作品。

+作品情報
『Batman Vol.3』#70~#74
発売 2019年5月から
脚本 トム・キング
作画 ミケル・ハニン、ホルヘ・フォルネス(#70~#73)

『Batman Secret Files』#2
発売 2019年7月
脚本 アンディ・キューバート(1)、コリン・ケリー(2)、ジャクソン・ランジング(2)、マーグレッド・スコット(3)、スティーブ・オーランド(4)、
   ティム・シーリー(5)
作画 アマンケイ・ナウエルパン(1)、カルロス・ダンダ(2)、ジュゼッペ・カムンコリ(3)、エドゥアルド・リッソ(4)、パトリック・グリーソン(5)

日本では未邦訳。

トム・キングによるバットマン・サーガ第11巻。
悪夢から脱出したバットマンがベインに挑む姿そして絶望に陥る姿が描かれる。
これまで示唆されてきたベインの企みが全て明かされ、彼がバットマンの影であることを感じさせる。

後半の『フラッシュポイント』のトーマス・ウェインとの親子の時間は、
バットマンにとっても読者にとっても待ち望んだものだが、非常に狂気に満ちたものになっている。

『Batman Secret Files』は様々なライターによるオムニバス作品で、本作後から始まる『City of Bane』のタイイン。
バットマンではなく『City of Bane』に登場するヴィランたちが主人公として描かれている。






『Batman Vol.3』#70~#74



【物語】

悪夢から逃れたバットマンは『アーカム・アサイラム』から脱出し、ベインの支配からゴッサムを解放しようと動き出す。
『バットファミリー』を招集したバットマンだったが、街は平和そのもので何の事件も存在しなかった。
ベインの策略によってその事実を認められないバットマンはロビン(ティム)を殴りつけ『ファミリー』の信頼を失ってしまう。

失意のままウェイン邸に戻ったバットマンを待っていたのはベインと彼に従うアルフレッドと父トーマスの姿だった。
アルフレッドから敗北を宣言されるも諦めないバットマンはベインに戦いを挑む。


【登場人物】

ゴッサムを守る闇の騎士。悪夢から目覚めベインへの反撃を開始する。
しかしベインの術中にハマり、ゴードンと『ファミリー』の信頼さらにはウェイン邸とアルフレッドまでも失ってしまう。
苦し紛れにベインに挑むも激しい戦いの末に背骨を折られ気を失い、気がつくとトーマスと共に砂漠を歩いていた。


≪ヴィラン≫

力と知性を兼ね備え強化薬『ヴェノム』も使う大男。バットマンを倒すため協力者と共に様々な策略を重ねてきた。
まず飛行機事故でバットマンに限界を感じさせ、サンタ・プリスカでの戦いではキャットウーマンとの再会を演出した。
その後『アーカム』に入るために愚か者としてバットマンに敗北、彼がキャットウーマンと深める間、
ジョーカーとリドラーからバットマンの過去と本質を知り、彼に真実の愛を与え奪うことで彼を壊す計画に決めた。

手始めにスキーツに改造を施しキャットウーマンにバットマンが居ない恐怖の世界を体験させ、
さらにジョーカーを差し向け、キャットウーマンにバットマンの重要性を説かせた。
そしてホリー・ロビンソンの後押しで2人は破局、その後は完全なる勝利のために準備を進めていた。

バットマンがウェイン邸に現れるとアルフレッドとトーマスと共に出迎え、バットマンを返り討ちにし背骨を叩き折った。
彼の計画はそれだけに留まらず、自分がバットマンより優れていると証明するため更なる作戦を進めている。

  • バットマン(トーマス・ウェイン)
消滅したはずの『フラッシュポイント』のバットマンにしてブルースの父。
ブルースを幸せにするためにベインに協力している。バットマンとベインの戦いを見届け、敗北したブルースをカディム付近の砂漠に連れて行く。
『峠の我が家』を口ずさみ砂漠を行く目的は、ブルースの母マーサをラーズ・アル・グールが隠す伝説の泉『Nain・ピット』で蘇らせることだった。

  • ホリー・ロビンソン、ベントリロクイスト(アーノルド・ウェスカー)
キャットウーマンの友人と腹話術師の犯罪者。ベインとつながっており、バットマンとキャットウーマンの行動を操っていた。

  • リドラー(エドワード・ニグマ)、カレンダーマン、カッパーヘッド、ハッシュ(トーマス・エリオット)、ドクター・フォスフォラス(アレクサンダー・サートリアス)、マッドハッター(ジャービス・テッチ)、ミスター・ザーズ(ビクター・ザーズ)、マンバット(カーク・ラングストローム)、エドゥアルド・フラミンゴ、ブラックスパイダー(エリック・ニーダム)、ファイヤーフライ(テッド・カーソン)、ミスター・フリーズ(ビクター・フリーズ)、スケアクロウ(ジョナサン・クレーン)、ソロモン・グランディ(サイラス・ゴールド)、アミグダラ(アーロン・ヘルジンガー)、トゥーフェイス(ハービー・デント)、マキシー・ゼウス
悪夢から目覚めたバットマンの前に立ちふさがったヴィランたち。ベインの時とは逆の順番で現れ、次々に敗北した。


≪その他≫

  • ジェームズ・ゴードン
ゴッサム市警本部長でバットマンの良き理解者。ベインやヴィランに過剰な暴行を働くバットマンに失望し、彼を拒絶している。

  • バットガール(バーバラ・ゴードン)、ロビン(ティム・ドレイク)、ロビン(ダミアン・ウェイン)、オーファン(カサンドラ・ケイン)、ハントレス(ヘレナ・ベルティネリ)、シグナル(デューク・トーマス)
バットマンの招集に応えた『バットファミリー』。バットマンと共にベインに支配された『アーカム』に向かうも、異常は見つからなかった。
ゴッサム全体も安全だったためキャットウーマンを失ったバットマンの乱心を疑い、ティムが殴られたのを機にバットマンから離れていった。
ちなみにバットウーマンは国外にいたため間に合わず、スポイラーは無視、ディックジェイソンはそれぞれの事情で現れなかった。

  • アルフレッド・ペニーワース
ウェイン家に仕える執事。何らかの理由でベインの側につき、ウェイン邸に現れたバットマンに敗北を告げた。



『Batman Secret Files』#2.1



【物語】

ついにバットマン吊し上げたジョーカーは、彼から装備を奪おうとするのだが……。


【登場人物】

犯罪の道化王子とも呼ばれるバットマンのライバル。バットマンを捕らえ、彼から奪った装備で殺そうと企む。
しかし脱がそうとするたびに防衛システムで痛い目にあっていく。

ゴッサムを守る闇の騎士。ジョーカーに捕まってしまうも、余裕の態度でジョーカーの独り相撲を見守る。



『Batman Secret Files』#2.2



【物語】

心に傷を負った人々から痛みを奪い私腹を肥やしていたサイコ・パイレートだったが、彼の前にバットマンが現れた。


【登場人物】

  • サイコ・パイレート(ロジャー・ヘイデン)
魔力を込められた『メデューサ・マスク』の力で他人の感情を操る力を得たヴィラン。デザインは本作オリジナル。
人々を癒やし自分も満たされる一石二鳥の日々を送っていた。バットマンが現れると彼に最大の悲劇を見せつける。

ゴッサムを守る闇の騎士。サイコ・パイレートの企みを知り、彼の集会に潜入して戦いを挑んだ。
心の傷は強さを得るための道という考えを持ちパイレートを否定するも、最大の悲劇である両親の幻想に追い詰められる。



『Batman Secret Files』#2.3



【物語】

いつものようにバットマンに敗北したリドラーは、新任の心理学者Wathamからカウンセリングを受ける。
その中でWathamはなぞなぞにこだわるリドラーの真の心理を言い当てようとする。


【登場人物】

  • リドラー(エドワード・ニグマ)
なぞなぞをこよなく愛する犯罪者。Wathamのカウンセリングを受け、その目的が単純なものと指摘されるが……。

  • Watham
『アーカム・アサイラム』の新任心理学者。リドラーのカウンセリングを担当し、彼の目的は単なる復讐だと判断した。

ゴッサムを守る闇の騎士。リドラーの危険ななぞなぞに挑み、犠牲者を出しながらも何とか勝利した。



『Batman Secret Files』#2.4



【物語】

何者かに囚われた5人の男たち。彼らはバットマンのコスチュームで死の罠にかけられ、バットマンの心理を読み解く実験対象になっていた。


【登場人物】

5人の男たちを対象に実験を行う謎の人物。感情や判断力など様々な面でバットマンという存在を解き明かそうとする。

  • 男たち
謎の人物に囚われ実験対象となった普通の人々。バットマンのコスチュームを着させられ、死の罠にかけられている。
バットマンとしてふさわしくない行動を取ると罠によって命を落とすようになっている。
次々に犠牲が出る中、実験対象4番が罠から抜け出し実験対象5番を助け出そうとしたが……。



『Batman Secret Files』#2.5



【物語】

ホンジュラスのテグシガルパにベインが現れたと知ったバットマン。ベインの目的は犯罪ではなく国際的なジャーナリストの救出だった。


【登場人物】

力と知性を兼ね備え強化薬『ヴェノム』も使う大男。かつて自分を取材するも、その存在を明かさなかったジャーナリストの救出に動いた。
しかしその真の目的は……。

  • Jorge Baptise
数々の不正を暴いてきた国際的ジャーナリスト。その活動を危険視した集団に誘拐された。
かつてベインの故郷サンタ・プリスカや刑務所を訪問し取材した際にベインと知り合った。

ゴッサムを守る闇の騎士。ベインを追いテグシガルパに向かうも、彼らしくない行動を疑問に思っている。



追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年02月28日 18:09