アナザーアクトレス(アリスギア)

登録日:2021/05/15 Sat 03:19:29
更新日:2021/06/08 Tue 18:11:34
所要時間:約 13 分で読めます




「アナザーアクトレス」とは、スマホアプリゲーム『アリス・ギア・アイギス』に登場するキャラクター達の別バージョンである。






概要

一部のアクトレスに実装されているもう一つの姿。☆4相当。
恒常スカウト可能となる予定は無く、手に入れるには時折復刻するピックアップスカウトを待たねばならない。
一応、毎年1月末に引き直し可能の確定スカウトが開催されるので確実に入手したいなら課金しよう。

パッシブスキルとSPスキルが変更されて性能が変化している。
ノーマルの上位互換という訳ではなく、ノーマルと比較して得意不得意が変わっているので状況によって使い分けることが求められるだろう。
なお、SPスキルはノーマルとアナザーで交換出来るので使い慣れたものを選べる。
また、スーツや更衣室ポーズ、キャラによってはボイスも通常版とは異なるものになる。

「新たな才能に目覚めた」という設定なので、エピソード解放や属性・専用ギアは通常の☆4と共用。
コラボ作品のアナザーキャラは作劇上別人として属性・専用ギアが別個に設定されている。
もっとも、ユニットとしては同キャラ扱いなのでチームを組むことは出来ない。




アナザーアクトレス一覧


比良坂夜露 / 勇躍

アナザー夜露。
ノーマルに比べて対集団向けになったが、SPゲージがMAXであることが求められるようになった為、ゲージを貯め難いマルチでの扱いが難しくなった。
SPスキルはピジョン展開。発動が遅いため攻撃手段としては通常版に劣るが、逆に言えば長い無敵時間を活かした回避に使うのも手。

SPスキル ヨモツへグイ

広範囲制圧型ピジョンを無数に展開する。また、余剰エネルギーによって自己強化を行う。
所謂オールレンジ攻撃だが、発動までが遅く命中精度も低いので雑魚処理や動き回るヴァイスの処理には向かない。
どちらかというと発動演出で攻撃を無力化しつつ反撃、という大型ヴァイスの避けにくい攻撃に合わせて使うといいかもしれない。
バフは近接攻撃速度と機動力が強化。約13秒間持続する。



兼志谷シタラ / 天機

耐久力とSPスキルの使い易さが向上、トップススキル使用回数が回復出来るようになった為に持久力が強化された。
しかし対価として瞬間火力は低下してしまい、クロスギアも扱いにくくなっている。
一応、クロスギアは派生進化させることで火力は補える。
属性値寄りだった通常版に対してこちらは攻撃力寄りになっているため、苦手属性相手にもある程度ゴリ押しが効くようになっている。

商品展開の都合、再録ピックアップの回数が現状一番多い。

SPスキル ディーパバリ

金剛杵型ピジョンを投げるのは同じだが、投擲後に分裂してリングレーザーと本命のレーザーによる包囲攻撃を行う。
手数や命中率は上昇したもののトータルダメージはインドラダヌスに及ばず、投擲モーションがやや長いので使用するタイミング次第では無駄撃ちとなってしまうかもしれない。
また、副次的な効果としてチャージショットのチャージ短縮と威力が強化され、追い打ちがやり易くなっている。
ざっくり言うと「雑魚散らし性能が上がったインドラダヌス」。


百科文嘉 / 知将

チームのサポート向けのパッシブスキルとSPスキルが攻撃と回復を兼ねた攻守一体のものになり、サポート向けの性能となった。
……というより継戦能力が上がったついでにサポートが可能となったと言った方が正しいかもしれない。
なお、扱い辛かったショットギアに派生進化が追加され、通常版共々使い勝手が向上している。

SPスキル ブリギットゲイル

ノーマル同様にホーミングミサイルの一斉射だが、全体回復機能も付いた。
ただし、回復スキルの例に漏れず最大4回までの残弾制。



吾妻楓 / 皆伝

完全に格闘向けの性能に調整された。
耐久力の低下とパッシブスキルの変更で窮地からの巻き返しは難しくなったが、対大型ヴァイス戦での爆発力が更に強化されている。
実装当初は専用ギアがノーマル向けでアナザーと噛み合わず、操作も難しい「理論上高火力」な上級者向けの性能になっていたが、アナザーギアの実装によって高い火力を比較的お手軽に発揮しやすくなった。

SPスキル 千本桜【四ノ切】

次元をも切り裂く神速の居合い。
判定が居合いと衝撃波の2つに分かれていて、当然居合いの部分も当てた方がスタン値・ダメージ共に大きい。
しかし攻撃はタップしたその場で発動するのでなるべく相手に密着して行うが吉。



日向リン / 奔放

防御力が下がったがインファイトが強化、属性パッシブスキルの変更によって属性の相性がより強く現れるようになった。
一番大きな変更はSPスキルがトランザム「装着型SP」となった点。
これは一定時間クロスギアが変化するもので、瞬間火力は落ちたが接近出来れば避けられることはまず無くなった。

SPスキル アグレッシブパイル

パイルユニットを装着して30秒の間クロスギアの挙動が変化する。
「装着型SP」の元祖で、赤い光と残像を纏って動き回る姿から、通称「トリンザム」。
最初の装着型故に特に変わった点は無く、下フリックでフィニッシュブローを放つ。(残り時間に関係なく終了となる)
ただ、見た目に反してスーパーアーマーや無敵時間が無いので、それを補うトップスギアとの併用が望ましい。



小鳥遊怜 / 蒼穹

ノーマルとは逆に防御力を強化して射撃に特化した。
接近戦での火力は低下したものの、防御力の強化によって仕掛けるチャンスは増えている。
パッシブスキルやSPスキルも強力で、現状では最強クラスの性能を持つ。
状況に応じてノーマルとSPを相互入れ換えてもかなり有効なので、汎用性も極めて高い。

SPスキル ホークスアイ

ビームキャノンで攻撃したのち、ピジョンで追い打ちを掛ける。
威力、発生、射程、命中精度、スタン値のどれもが強力で、ノーマルに付け替えれば開幕10秒でブッパ可能。
オマケに移動速度とブースト効率が上昇という自己バフまで掛けてくれる高難易度の御供。



一条綾香 / 英俊

安定した性能はそのまま、得意武器の片手剣がダメージソースとして強化。
反面リローデッドを失ったので開幕での速攻能力は低下している。
防御を使いこなすことで爆発的な火力を発揮する為、テクニカルな操作を求められるキャラとなった。
SPスキルも装着型になっている。焔の剣がカッコいい。

SPスキル 焔剣フランベルジュ

焔の剣を召喚してヴァイスを断つ。
クロス装着型SPで、トリンザムと違ってスーパーアーマー、被ダメージ低下、ブースト消費半減、前後ステップ性能強化など本人も強化される。
片手剣がベースなので、防御・カウンターもそのまま可能。
これもフィニッシュムーブは下フリック方式。



相河愛花 / 仁愛

属性攻撃パッシブの倍率が半減、得意武器がハンマーからライフルにシフト。
これによりノーマルでの殴りヒーラー運用は難しくなってしまった。
一方で回復SPに超強烈な全防御デバフが付き、回復パッシブスキルも得たのでサポート能力による棲み分けが可能。

SPスキル ヴァーナルフラッフ

味方の回復と敵へのデバフを同時に行う多機能SP。
回復量は25%とややマイルドになったが、デバフの方は敵全体に攻撃・防御50%ダウンとなかなかえげつない。
一応誘導弾によるマルチロック攻撃も行われるが、頼りにはならない。



小芦睦海 / 剛毅

パッシブスキルの変更で得意武器がスナイパーとハンマーで入れ替わり、近接重視となった。
特性が変質放出となったことで防御力も低下したため、被弾を避けつつクロスを叩き込むことが基本戦術となる。

SPスキル ビーストインストール

クロー型HDMを装着するクロス装着型SP。「得意とする格闘ゲームから取り込んだ技法を活かす」とのことで、その動きは格ゲーそのもの。
フィニッシュムーブも健在だが、睦海の場合はやや特殊で下フリック入力でまず準備段階に入り、その後の追加入力のやり方によって昇○拳と波○拳のどちらかに派生する。
キャーッ! むっちゃーん! つよいー! がんば…やれッ! ぶったおせーッ! イケッ! そう…やったー! むっちゃーん! むっぢゃぁーん!! むっ! むーっ!


二子玉舞 / 繊麗

更に片手剣に特化した結果片手剣一本で何とかする事を要求される仕様に。
もはや扱い易さなどという言葉とは無縁、ピーキーの体現となる。
只でさえ低い防御力が更に低下したものの、回避性能は上がった上に火力が向上。
同時に追加された派生片手剣が特に凄まじく、目視確認が困難な攻撃速度となった。
誰が言い出したか「やはりタマちゃんは変態」、だがそれがいい

SPスキル ディヴェルティスマン

SPはクロス装着型、増設した脚部ブレードユニットによる高速の舞踏が敵を斬り刻む。またの名を「タマンザム」。
超高速の斬撃のみならず、効果中は常に衝撃波が発生して追加ダメージを与える。
攻撃面だけでなくステップ性能、移動速度の強化とスーパーアーマーの付与によって絶え間無く攻め続けることが可能となっている。



依城えり / 清廉

より射撃重視にシフトしたものの、他アナザーに比べると偏向はマイルド。
パッシブスキルが概ね強化された点の方が大きいか。
装着型SPは手動リロードという独特の仕様。
だがそんな事よりも特訓の末に習得した訛りバリバリの共通語が隊長たちに衝撃を与えた。
イントネーションはかなりのっぺりしており、共通語で喋るというより共通語の台本を読み上げているかのような声質で、台詞も全て丁寧語になっている。

SPスキル ムラタ-319.BA

最新技術で開発されたボルトアクションライフルを召喚するショット装着型SPスキル。
30秒間ショットを実弾型スナイパーに変更、SPボタンをもう一度タップするとフィニッシュムーブ。
威力もスタン値も高いが一度に6発*1までしか撃てず、撃ち切ってから撃とうとすると隙の大きい強制リロードに入ってしまう。
チャージ操作で比較的隙の少ない任意リロードが可能なのでなるべくこちらを使おう。



バージニア・グリンベレー / MOBIUS

より射撃戦に特化した。
とはいえやることはノーマルと変わらないが、SPスキルが装着型になり、中距離以内ならスタン値を大幅に稼げるのでマルチなどでより扱い易くなった。
ノーマルのジニー同様、どんな場面でも活躍が見込める。
また得意武器に拳銃が追加されているのだが、当初は属性一致の拳銃はイベントギアのショットガンか魔法の杖くらいしか無く、それも使い勝手が良くないと不遇だった。
それもあってか下記のアナザーギアではクロスが両手剣から新規の拳銃ギアに変更されている。

SPスキル プロミネンスブラスト

ショット装着型SP。専用ショットギアに強化パーツを装着して強力なビームを発射する大型ライフルに組み替える。
ライフルとスナイパーのいいとこ取りしたような性能に変化し、中距離以内なら高いスタン値も稼げるなどメイン・サポート問わずあらゆる場面に対応可能な高い汎用性を持っている。
チャージ射撃も強化され、マルチロックで群体の処理もこなせる。つまりチャージを含めればデュアル以外のいいとこ取り。
フィニッシュショットも単発ダメージで誘導性も高く、滅多なことでは外れない。
地味にステップ性能も強化される。



四谷ゆみ / 絢爛

アナザー睦海同様、パッシブスキルの変更によって得意武器が入れ替わり、接近戦が強化された。
その反面、遠距離戦ではダメージが出し難くなったので、積極的に攻撃を仕掛けることが求められる。

SPスキル パープルハート

クロス装着型。一定時間の間、速度強化とステップ性能を強化しつつ両手剣を装備してクロスの挙動・火力が変化する。
火力は絶大だが挙動の癖が強く、扱い慣れない間はリクワイトフェイバーの方に付け替えればいいかもしれない。
フィニッシュムーブはやっぱりベッケンシュタイン・レイ。出がかりにダメージカット効果があるので大型ヴァイスの攻撃に対するカウンター狙いも出来る。




藤野やよい / 無常

ラッパー、ラップを捨てる。
アナザーえりと同じく普通に喋りだしたが、やよいの場合はこちらが素。何気にキャッチコピーも「文豪失格リテラチュアガール」変わっている。
実装時の通知によれば敢えてラップを封印することでラップを駆使する自分を高めているらしい。
いきなり画面上に現れた物静かな文学少女の姿はエピソードを進めていない隊長だとまず困惑するだろう。
性能面では属性間の相性が弱くなり、近〜中距離での戦闘力が強化された。
専用デュアルが派生進化でブック型のデバイスになり、操作の仕方で攻撃以外にエンチャントも可能になった。

SPスキル メイデンライブラリ

強化ブックユニットを召喚して一定距離地点を焼き払う。
言うなれば指定座標爆破タイプだが召喚するブックユニットは3色あり、それぞれ追加効果が異なる。
しかし効果はランダム発動で選べず、攻撃本体以外はオマケと割り切ろう。

[赤](敵単体)
ホーミング弾による追加攻撃

[黄](全体効果)
のけぞり・吹き飛び・気絶・麻痺無効化
ダメージ35%軽減
HP微回復

[青](全体効果)
移動速度上昇
ブースト消費量半減
敵ホーミング弾へのジャミング



下落合桃歌 / 明星

専用ショットギアの派生進化にマイクが追加され、射撃向けとなった。
そして何よりSPスキルが装着型となり、BGMをジャックして*2味方バフと敵デバフをばらまきながらキャラソンを歌って踊りだす
周囲に回復と毒をばら撒きながら今日もとーかちゃんは戦場に立つのだ。
一部の武装紳士からは「シュメッターリングの再来か」と突っ込まれたとか何とか。

SPスキル 戦いのプリパレーション

高出力干渉波を発生させるボイスエミッタを召喚する。要はとーかちゃんが歌って踊ればヴァイスは死ぬんだゾ☆
分類は射撃装着型SPで、攻撃が主体だが味方バフ効果(ステップのブースト消費半減)もある。
横移動攻撃はとーかちゃんスタンプ設置だが、ヴァイスがこれに触れると毒状態になる。エフェクトが禍々しい。禍々しくない?

ちなみに発動中に流れる曲は『恋する乙女は無敵なの LOVE YOU』。実際にコミケで発売されている。



神宮寺真理 / 孤影

若干殲滅力が低下したものの、SPスキルが装着型になったことで対ボス性能が強化。
パッシブスキルの変更で長期戦にも強くなった。
ノーマルとはまた違った方向に最強クラスの強さを持つ。

SPスキル プロビデンスアイズ

カメラのようなレーザープロファイラと小型ピジョンを召喚するスナイパー系のショット装着型SPスキル。
最高射程80mの長距離レーザーによる攻撃を行う。
特に横ダッシュ射撃の指定距離攻撃+レーザーが射程こそ短いものの極悪な威力を誇り、プレイヤーの腕前によってはLv.200の大型ヴァイスが相手でも爆殺出来る。



宇佐元杏奈 / 希求

防御力とバズーカを切り捨て、近接性能を超絶強化。専用ハンマーにも派生進化が追加。ハンマーのみで戦っていたメリーバニー時代に立ち返ったような性能に。
ただし実弾バズーカそのものが元から優秀なので、射撃性能の低下もそんなに気にならない。
防御は甘え。ヴァイス共をひたすら殴り殺せ!

SPスキル トライアンフエース

派生クロスギアの「ハーグリーヴス」を臨界まで強化する。
クロス装着型SPだが使用感も概ね強化版といった感じで扱い易いが攻撃力は凶悪そのもの。
特にフィニッシュムーブの攻撃判定の広さは驚異のひとこと。ハンマーを振るとヴァイスが死ぬ。
やはりウサギは百獣の王だった…?



文島明日翔 / 福音

火力の低下と引き換えに防御が上昇、ヒーラーとして更に磨きがかかった。
SPスキルはピジョン系の装着型SPに変更されたことで殲滅力がアップ。回復も出来るが、攻撃と同時にはできないため立ち回りが問われる。
召喚されるバードピジョンにはピッピちゃんが乗り込んでいるが、アリスギアPによれば「特に何もしていませんが、やる気だけは充分のようです。」とのこと。



大関小結 / 豊潤

基本的な部分は変わらないが、防御力がちょっと下がった分属性火力が向上。
エリア移動によるトップス使用回数の回復と、SPスキルの回復効果により長期戦で強みを発揮する。

SPスキル 五穀豊穣の恵み

お米を収穫しながら急接近、ハンマーでおにぎり弾をシュートする。え?何を言っているかわからない?だろうね。
攻撃・回復一体型のSPスキルで、相手との距離が遠いほど収穫量(回復量)が上がり、31m以上離れていれば最大の35%回復に達する。
ただし、当たらなければダメージはもちろん回復もしないし使用回数は4発しかない。
発動時には味方全体にダメージカット30%のバフも入るので、マルチでは隙を見て積極的に狙っていきたい。



新谷芹菜 / 燐光

より機動戦に特化した性能に。
ショット、クロス、トップスに派生進化が追加され、足りなかった殲滅力も大きく強化された。
しかし性能を完全に発揮するにはHPが85%以上必要と完全回避する勢いの操作が求められる。



蛙坂来弥 / 残火

元々使い易かったクロスギアに加え、デュアルの使い易さが向上。特に派生進化先の「光学円盤手裏剣」に進化させればを思う存分性能を活かせる。
その分、防御力は全キャラ中最低クラスとなったために僅かな被弾も死に繋がるので、プレイヤーの回避力が試される。

SPスキル 霧幻五月雨・繰火羅

ライヤ=サンのヒサツ・ワザは大型スリケン乱打からのカトンジツ。ヴァイスはオタッシャ重点な。
アナザーのSPスキルにしては普通の攻撃技。一応、最後の火炎弾には10秒間だけ「焦熱」(持続ダメージ)状態にする効果がある。



籠目深沙希 / 泡影

専用スーツがノーマルとは別方向にヤバくなったアナザー未亡人。
特徴は装着型になったSPスキルで、短時間ながら任意で「存在解離」という無敵状態になることができる。
殲滅性能も上がり、ノーマルよりもサポートに選出しやすくなった。
誰が呼んだか「ガンダムデスサイズと化した深沙希さん」



紺堂地衛理 / 晨星

基本的な使用感は変わらないが、SP100%時の自己回復と味方SP上昇のパッシブスキルを会得したため、サポート役もこなせるようになった。
SPスキルも装着型に変更。時間は20秒と他の装着型SPよりも短く操作も複雑だが、自己に多種のバフを掛けながらの攻撃となるので雑に使っても十分効果を発揮する。

SPスキル ペルセウス

ショット装着型SPスキル。
主な内容はショットや足回りの強化と普通だが、他に比べて制限時間が20秒と短い。
その分、チャージによるショット強化や後射のピジョン射出など多彩で強力な射撃が行える。



州天頃椎奈 / 魂響

パッシブスキルが属性・近接寄りに変化、よりインファイトに特化した。

SPスキル 御霞槌

ショットギアと雑念を捨て、己の拳で戦う装着型SP。……装着型?
ショット・クロスの両方が変化するもので、文字通りステゴロで戦う。ちなみにショットは気弾を放つ。
強力だが、発動前に比べて派生モーションが多く複雑な操作が要求される玄人か無我の境地に達したプレイヤー向けの仕様となっている。

なお、発動中は全ての攻撃がクロス扱いとなるので近接カウンター持ちのアラゴギには何も出来ない。
諦めてカウンター状態の解除を待とう。



仁紀藤奏 / 雲耀

より射撃と属性攻撃力に特化したパッシブに。移動と連射の速度を活かした戦い方が求められる。

SPスキル メルクリウス

ノーマルのSPスキルで轢き逃げ体当たりに使用したバイク型H.D.Mを直接操作する装着型SP。
ショット・クロス・ギアスキルの全てが変化する全身連動タイプであり、発動中は普段と全く異なる操作が要求される。
特に速度の強化は著しく、最速アクトレスの座に返り咲いた。
そのスピードは他の追随を許さない。



萬場盟華 / 極彩

パッシブスキルの見直しと専用ショットギアに派生進化が追加されたことによってデュアルでの近距離での射撃戦に特化。
SPスキルは装着型で、射撃とカウンターによって周囲を殲滅する。
デュアル、SPスキルの双方で撮影会やファッションショーを連想させる、盟華のキャラクターをこれでもかと押し出した構成となっている。

SPスキル アクティングアサルト

無数のレーザーを発射するエレクトロフラッシュ・ユニットを召喚するショット装着型SPスキル。
威力・弾速が尋常ではなく、凄まじい殲滅力を発揮する。
チャージショットのカウンターも受付時間が長く扱い易いのもグッド。



サンティ・ラナ / 雄渾

クロスの適正が下がった代わりに射撃性能が大幅に強化。
スキルも放出特化になったために属性間の相性が強く出るようになった。

SPスキル オペレーションウグラ

ショット装着型SPスキル。
30秒間スーパーアーマー状態になり、移動速度、ステップ性能、ショットを強化する。
基本的には普通のショット系だが、特定の操作で白兵形態に移行、接近戦を行う。

雑に操作しても十分使えるが、最大限に使いこなすには慣れがいるだろう。



ニーナ・カリーニナ / 破軍

バランス重視のノーマルに比べて近接戦重視になり、焼夷属性への相性が強く出るようになっている。
ただしその分射撃がやや苦手になり、焼夷属性のヴァイスから受けるダメージが増加した。
SPスキルは装着型で、ショット・クロスの両方共性能が変化する。



王紅花 / 紅蓮

得意武器がデュアルとなった影響で近・中距離向けに。また、属性タイプの変更で属性の相性が大きく出るようになった。

特に目を引くのが装着型になったSPスキルで、発動するとショットギアが中華鍋型H.D.Mに変更され、鍋から炎を飛ばして戦うようになる。
これだけなら普通(?)の装着型SPスキルだが、チャージ攻撃が『炒飯を作って全体のHPを回復する』という色んな意味で変わった使用に。
ただし1回あたりの回復量は少なく、時間制限の関係で攻撃と回復の使い分けをしなければどっち付かずの結果となるので注意が必要。

この炒飯がジニーのアナザーギア実装時にとんでもない爆弾を投下する羽目になったのだが、それはまた別の話。



山野薫子 / 玄妙

パッシブスキルの変更によって攻撃性能が属性特化に。
SPスキルも攻撃・回復兼用だが、スキルの構成自体はサポート寄りなので、SPスキルをノーマルに付け替えるのもアリ。

SPスキル ブリーズギフト

全体回復と攻撃を両立したSPスキル。
味方を回復を行いつつ、バレーボール型の榴弾を華麗なスパイクで叩き込む。
まるで真ゲッ〇ー1みたいな超機動から放つスパイクショットを決めた後のガッツポーズは必見。外してもガッツポーズするけど。



御茶ノ水美里江 / 無辜

パッシブスキルが〈スナイプエキスパート〉に変更されたことで近接がやや苦手になった代わりに射撃能力が強化。
属性タイプも出力特性になったことで属性ダメージが減少した、物理寄りになっている。

SPスキル パステリオンγ

自立変形型ピジョン・アルクバリスタ3-Aを召喚するのはノーマルと一緒だが、こちらは直接美里江が登場する全身連動の装着型。
アナザー奏と同じくスーパーアーマーとダメージ軽減の付与、ショット、クロス、ギアスキルの全てが変更され、多彩な射撃による制圧攻撃を得意とする。
ただ、ブースト消費軽減が付与されているものの動きはそこまで速くはなく、デカい分当たり判定も拡大されているために油断すると事故死するので注意。



リタ・ヘンシェル / 巧匠

ノーマルに比べて多少柔らかくなり、射撃戦向けに調整されている。
ただ、実装が発表された当初は性能そのものよりもあまりに大胆なアナザースーツが話題を呼んだ。

SPスキル Knヘクセパンツァー

SPスキルはショット装着型で、8.8cm高射砲に似た曲射砲とミサイルポッドを召喚して砲弾とミサイルの嵐をバラ撒く。
トップス・ボトムス両スキルも併せて変化するが、概ね通常時と同じように使っていける。



金潟すぐみ / 臥薪

ノーマルに比べて属性特化から物理寄りに変化。耐久面が強化されて事故に強くなった。
得意ギアもライフルになり、代わりにクロスギアが弱体化している。

SPスキル マグヌム・オプス

SPスキルはショット装着型。2丁のソードライフルを召喚してショットの性能が変化する。
チャージショット以外は前後スワイプ(フリップでも可)入力すると派生攻撃に変化、前派生が急接近しての近接攻撃、後派生が合体ライフルでのバス〇ーライフルとなる。
ただしバスターライフルは強力な分弾数制で、撃ち切ると前派生入力で手動リロードする必要がある。


フィニッシュムーブはライフルを合体させて巨大なビームソードにして一刀両断するというもの。
合体ライフルといい、合体剣といい、何かと漢のロマンをくすぐるSPスキルである。



SOL ストライクラプター

システム上ではSOL ラプターと同キャラ扱いだが、設定上ノーマルとは別人で、属性も冷撃となっている。
性能はほぼそのままだが、こちらはより接近戦向けに調整されている。
ちなみにラプターとSPスキルを入れ替えても属性は冷撃のままになるのでSPスキルだけ焼夷にすることは出来ず、逆もまた然り。

SPスキル ストライクフォース

ビームソード二刀流による高速の連撃。
密着しなければフルヒットしないが、射程・誘導は優秀。



シルフィーⅡ Mode-B

Modeとあるが、ノーマルシルフィーⅡとは別Phone。しかしシステム上はやはり同キャラ。
属性が重力という点を除けばストラプと同じくノーマルと比較して高機動近接戦向け。
SPスキルも強力だが相手との距離を測りながらでないと思うように威力を発揮出来ず、若干玄人向けに調整された性能と言えるだろう。



AIT イア・レトナ

まさかの没案を拾ったコラボオリジナルキャラ。AIT Ti2の量産型で、ガワナカ星系を担当していた個体。
コラボキャラのアナザーの例に漏れず、システム上はTi2のアナザーキャラ扱い。

属性は冷撃属性に変更されたが、得意ギアは据え置き。
しかしオリジナルに比べてもさらに癖が強く、Ti2と同じ感覚で使うと戸惑うことは必須。
特にボトムギアとSPスキルがどちらも時間差の座標爆破型に変更されたことでホーミング攻撃が全く無くなってしまい、
動き回る相手には通常攻撃と水平に撃つ設置ニアバーストだけで立ち回るしかない。
しかしその分動きのパターンと部位破壊がある大型ヴァイスのようなボス相手には極めて強いという、極端に得意不得意が現れる玄人向けキャラである。

SPスキル コンプレッションニア

発動演出はTi2の「ニアバーストビーム」に似ているが、こちらは座標爆破タイプ。
高速で動き回る相手や雑魚の殲滅には向かないが、攻撃範囲自体は広いので大型や中型には効果てきめん。
Ti2は☆3版が配布キャラなので、扱いにくいと感じたらニアバーストビームに付け替える手もなくはない。

元ネタはダラバーCSの公式チート機であるムラクモシルバーホークの「コンプレッションバースト」とされるが、あちらとは違ってビーム照射がなくなっている。


アナザーギア

アナザーアクトレス用に調整されたもうひとつの専用ギア。
ギアオクというショップで購入したシェルを解析するか、またはアナザーキャラのエピソードクリアで貰えるシェルを解析してのみ入手可能。
これもSPスキル同様、ノーマルとアナザーで任意に組み合わせ可能。


最大Lvが70止まりである代わりに許可証を消費してチューンアップすることで特殊なスキルを付与できるのが最大の特徴で、
中でも特定のギアにのみ一定確率で付く「K.I.S.S.*3」というスキルは性能・挙動をも変化させる。
これらのスキルは上書き出来るので、ギアがひとつあれば許可証次第で何度でもやり直せる。

しかし入手は簡単だが進化には非常に多くの素材や貴重な進化素材が要求されるため、育て上げるには時間が掛かるのが難点。今日も隊長たちはコンロ集めに要撃へ
幸いアナザーアクトレス専用という訳ではないので、育ち切っていないときはノーマルの専用ギアで代用しよう。


現在は楓、リン、怜、夜露、文嘉、シタラ、綾香、愛花、睦海、ゆみ、ジニーの11人が実装されている。







隊長の皆様は追記・修正をお願いします。
この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年06月08日 18:11

*1 「6タップ分」という意味で、実際の弾数はもっと多い。

*2 ただし、曲が流れるのはプレイヤー視点のみでマルチ等の協力プレイヤー視点では聴けない。

*3 Kinetic Individual Skill System