ファイター(ユニコーンオーバーロード)

登録日:2024/04/24 (水曜日) 20:39:12
更新日:2024/04/26 Fri 21:01:09
所要時間:約 ? 分で読めます



ATLUS×ヴァニラウェアのSRPG「ユニコーンオーバーロード」に登場するクラス。

●ファイター

プレートアーマーを纏い、中盾を装備した歩兵。
武器はグラディウスのようなショートソードを扱う。
高い物理防御とガード率によって味方を守る事に優れ、特に弓などの飛び道具に対して滅法強い。

●ヴァンガード

ファイターがクラスチェンジした上級職。
相手の攻撃を強制的に自身に集中させる「アトラクト」によって、さらに確実に味方を守る事が出来る。

男性のみが属するクラスで、西洋の戦記物で連想される王道な甲冑の騎士と言えばその姿が分かりやすいだろうか。

●特徴

  • 遠隔攻撃全般をシャットアウト出来る
パッシブスキルの「アローカバー」は遠隔物理攻撃から味方を守りつつ、ノーダメージに抑える事が出来る。
弓に対して特攻のある飛行系やハンターの必中攻撃に弱い斥候系のユニットを守るのにうってつけなのはもちろん、
一見防げそうにないワイバーンナイト系の「ファイアブレス」等も遠隔攻撃の範疇なので、
追加効果は防げないもののダメージを受けずに守る事が出来る。

  • 自身に攻撃を集中させてより確実に味方を守る
PPはどれだけ増やしても4個が上限のため、カバー系スキルで味方を守り切るにも限界がある。
ヴァンガードになると習得するパッシブスキル「アトラクト」は、敵の攻撃のターゲットそのものを
自分に向けさせる事が出来るため、より少ないPPの消費で味方を守る事が出来る。

  • 見張り台やカタパルトに居座る敵の釣り出し
ブレイブスキルでも「アトラクト」が使用できる。
チュートリアルでは「ゴールドスティール」を使って逃げていくシーフを
強制的に自分に向かわせる使い方が解説されるが、他にも見張り台に陣取って
アシスト攻撃をばら撒いてくる弓兵や魔法使い、バリスタやカタパルトなどを使用している部隊など、
厄介なマップギミックに居座っている敵を引き剥がして釣り出す事が出来る。
後半マップでは2〜3方向から同時にアシストが飛んできて思わぬダメージを食らうという事態も発生しやすいため、
これらをブレイブの消費のみで無力化出来るのは安全な進軍経路を確保する上で重宝する。
マップギミックのダメージはアイテムやホプリタイのブレイブスキルで防ぐ事も出来るが、
部隊を配置して操作するギミックに対しては敵の排除も両立できるこちらの方が利便性は高い。

●弱点

  • 特攻範囲が広く、魔法攻撃にも弱い
歩兵と重装兵両方の特性を持つので、騎馬兵の歩兵特攻とウォーリアの重装特攻両方に弱点を突かれてしまう。
また、一部の装備品である程度は補強出来るが魔法防御も低く、術士クラスに対しても基本的に不利。
...要するに、弓兵と飛行兵以外のユニットには概ね大ダメージを受けてしまうのである。
敵の火力が上がってくる後半にかけては、前衛で敵の攻撃を一手に引き受けるには耐久力が心許なくなってくる。

  • 火力が低い
剣が装備出来るので武器そのものの選択肢は幅が広く恵まれている部類だが、
攻撃力が低く火力には期待できない。
自前で気絶を付与できるスキルはあるのである程度の搦め手はこなせるものの、
攻撃は他のユニットに頼る事になる。
そのため、攻撃参加は純粋な攻撃力を求めるよりも、スキル付きの武器でデバフを付与させる等、
あくまでサポーターとして動かすのが無難。

  • 他の重装クラスの存在
物理防御に優れるクラスならさらに堅牢なホプリタイや、スキルで自己再生ができ、
夜間に能力が強化されるワーベアの存在も気がかり。
特に能力傾向が似ている上に持ち味の物理防御で上回られ、騎馬の歩兵特攻すら自前のスキルで
安定して防ぎきれるホプリタイは競合相手としてかなり手強い。

以上のように、純粋なタンクとして運用するには他のクラスに劣る面が目立ち、
頼みの綱である「アトラクト」も他に強力なスキルが目白押しで競合が激しい開幕時発動型のスキルなので、
優先して採用するかはプレイヤーの好みが分かれる。
さらにブレイブスキル版はダークマーキスのベレンガリアも習得する上に戦闘能力はあちらが遥かに上回るなど
「ファイターだからこそ果たせる役割」という物があまり無く、不遇なクラスと見做されている。

●スキル


◆アクティブスキル


  • ガードスラッシュ
敵単体に攻撃しつつ、自身の物理防御力を20%アップする。
攻撃しながら物理防御にバフをかけて、その後の攻撃へと備えられる。
しかし、ファイターの行動速度はそれほど速くはない事には留意したい。

  • シールドバッシュ
盾で殴りつけて相手に気絶を付与する。
気絶は防御や回避を封じる強力な状態異常だが、ガードされてしまうと発動せず
威力も50と低いので火力としては計算に入れにくい。
確実に通すならヴァイキングの「バトルホルン」等で前もってガード封じのバフを
付与しておきたい。

  • ディフェンダー
ヴァンガードになると習得できる。
敵単体に2回連続攻撃しつつ自身の物理防御力を50%アップし、攻撃が命中するとPPを+1する。
防御力アップの倍率がかなり高くなり、緩い条件でPPを補充できる。
ヴァンガードは「アトラクト」や「アローカバー」を回す関係でPPが枯渇しやすいため、
手軽な手段でこれを補填できるのは嬉しい。

◇パッシブスキル


  • アローカバー
味方が遠隔物理攻撃される前に発動。
対象の味方をかばい、ダメージを無効化する。
弓矢や弩による攻撃やソルジャーの「ジャベリン」系のスキル、一見すると盾では防げそうにない
「ファイアブレス」等の遠隔攻撃全般を抑え込めるファイターの真骨頂。
飛行系の味方に随伴させると飛び道具に対しても強気に出られるようになる。
欠点としては遠隔攻撃は1列攻撃になる物もある中、味方単体しか守れない点と追加効果は防げない点。
確実に守りたいターゲットは事前に作戦で設定するのを忘れないようにしておきたい。

  • クイックガード
物理攻撃を受けた際に、敵の攻撃を中ガードで防ぐ。
前衛で敵の攻撃を引き受けるなら持っておいても良いが、PPの消耗が激しくなるので
他の味方を守るために編成するなら「アローカバー」にPPを回すために、こちらは外してしまうのも手。

  • アトラクト
ヴァンガードになると習得できる。
敵一列の攻撃を自身にむけさせ、ガード率を50%アップする。
PP1の消費で最大で敵3人の攻撃を自分に向けられるため、「アローカバー」よりも効率的に
味方を守る事が出来る。
ただし、ヴァンガードの耐久力は決して高い訳ではないので、あまりにも強烈な攻撃を畳み掛けられると
防ぎきれずに落とされてしまう事も多々ある。
特に術師系クラスの攻撃を集中させてしまうのは自殺行為に等しいので、
発動させる際には注意が必要。


●キャラクター

  • レックス
アレインの幼馴染でパレヴィア島の漁師の息子。
解放軍結成時から仲間に加わるメンバーの1人。解放軍のリーダーとなり、いずれは王になるであろう
アレインに対してもあくまで対等の友人として接しており、アレインもレックスの前では年相応の
少年らしい振る舞いを見せる。
デフォルトの成長タイプがファイターの性能に噛み合っておらず、そのまま使おうとすると後半は
力不足を感じる場面も。
本格的に起用するなら「イデアの手鏡」での改造も視野に入る。

  • コーム
メイエ家の当主・メリザンドの側近。
早くに両親を亡くした彼女の親代わりとして幼い頃から仕えているが、その奔放な性格に
手を焼かされている苦労人。
モブキャラのような特徴の薄い見た目のオッサンだが、メリザンドの加入条件を満たすと
一緒についてきてくれる。
そしてメリザンドのクラスであるソードマンが本作最不遇な疑惑があるので彼女より有能説が浮上している

「追記・修正するか?アレイン」
→1.追記・修正する
 2.全消しする

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

+ タグ編集
  • タグ:
  • ユニコーンオーバーロード
  • ユニコーンオーバーロードクラス項目
  • ファイター
  • ヴァンガード
  • 兵士
  • 歩兵
  • タンク
  • 不遇?

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年04月26日 21:01