ルミエス

るみえす

パーパルディアを倒そうではありませんか!!

アルタラス王国王女(のち女王)。書籍版第2巻の表紙*1や挿絵では20歳くらいの細面で長い黒髪の美女*2コミカライズ版では長い青髪のプロポーション抜群*3の美女として描かれている。
因みに、初めてインターネットを使った異世界の国家元首級の人物と思われる。
家臣のリルセイドとは書籍版では主従の関係でしかなかったが、コミカライズ版だと狙っているのかは不明だが、やたらと百合百合しい絡みをしている。*4

亡国、そして亡命


高潔な精神を持つ父母に育てられたためか、若いながら国民からも慕われる人格者であり、外交官として父親であるターラ14世を助けていた*5
清楚系の美女であるためパーパルディア皇国の駐アルタラス大使カストに目を付けられ、彼の個人的欲求を満たす奴隷として引き渡しを要求された事が祖国滅亡のきっかけになる。
皇国との戦争が始まる直前、娘の将来を案じた父親が用意した偽装商船タルコス号に護衛数十名を伴って乗り組み、王都ル・ブリアスを脱出。
船は南海海流に乗り、ロデニウス大陸クワ・トイネ公国沖合いまで流されたところで海上保安庁の巡視船「しきしま」に保護され、父親が示唆した日本への亡命に成功する。
父親を含む親族全員と多数の国民を殺害し、祖国を滅亡に追いやったパーパルディア皇国を当然ながらひどく憎んでおり、「悪魔のような国」とまで表現している*6

ちなみに、祖国脱出~日本に保護されるまでの経緯は、Web版と書籍版、コミカライズ版でそれぞれ少しずつ異なる。
Web版では食料が尽きる寸前に海上保安庁に保護されただけだが、書籍版では食料不足に陥ったところに海賊の襲撃を受け、戦闘中に受けた矢に塗られていたサソリ毒により意識不明の重体に陥っている。その後、ヘリコプターで緊急搬送されたクワ・トイネ公国の自衛隊病院とその後に移送された日本本土での治療により全快。
コミカライズ版の流れは書籍版とほぼ同じだが、一行を旅芸人一座に偽装*7し、アルタラス東南の元海賊の砦を転用した秘密港から脱出、クワ・トイネ公国を目指している。偽装の関係で、この時は王女にしてはやや露出の多いアラブ風の踊り娘の衣装*8を身に纏い、船内では食事の準備を積極的に手伝うと言う家庭的な一面を見せている。また、海賊に襲撃されたのは、ロウリア沿岸とされている。

再独立と女王即位


亡命後は留学生に身分を偽装して過ごしていたが、日本とパーパルディア皇国の開戦後、日本政府からの要請に応じ、アルタラス王国正統政府樹立とフェン王国の戦いにおけるパーパルディア皇国の惨敗を公表する。
また再独立支援の見返りとして、王都ル・ブリアス郊外にムーが建設したルバイル空港の自衛隊基地転用を日本政府に許可。
自衛隊と地下抵抗組織の反撃により、祖国から皇国軍が一掃された後に帰国し、王位に就く。

更に日本の『パーパルディア皇国を解体する』という思惑に乗り、魔信を通して皇国の惨敗を公表した上で、皇国属領の住民に対して反乱の呼びかけ(の形をとった扇動)を行う。
この演説をきっかけに、パーパルディアの全属領で一斉に大規模な反乱が勃発。それが実質的なとどめとなり、パーパルディア皇国は国そのものが崩壊して完全に没落*9
結果的にではあるが、彼女は「パーパルディア皇国を崩壊と没落に追い込み、列強の座から転落させる引き金を、自らの手で引いた」ことになり、犠牲になった父親や国民の仇を討ったと言える。
戦後、祖国に皇国からのシルウトラス鉱山割譲に加え、自身の身体目当てに下種な要求を行った皇国の元駐アルタラス大使カストに事実上の死刑宣告を行っている。

再び日本へ


亡国の姫ということもあり、儚げながらも気丈でおしとやかな女性と言う印象が強いが、それは祖国滅亡と親族全員の死、そこからの亡命政府樹立と女王即位という過酷な環境によるもの。
第4巻特典『ルミエスの再訪日』で見せた素の彼女は…

関連項目
人物アルタラス王国リルセイドゴキブリ

※既存のコメントに返信する場合、返信したいコメントの左側にチェックを入れて下さい。
過去のコメント
  • あの旗は戦利品なのかも? 武田信玄の時に旗が敵に取られてとか、真田信繁の突撃の時に家康の旗が~とか逸話が残るくらいに大事な物だから -- 名無しさん (2018-02-12 14:33:30)
  • あれはパ皇の国旗だったのか。 トナカイの角みたいなのが付いた王冠を被っているのかと思ってた。 -- 名無しさん (2018-02-12 22:49:35)
  • アルタラス王国王女凄く薬苦手 -- 名無しさん (2018-11-05 21:58:57)
  • ルミエスの父であるアルタラス王も日本がパ皇に勝てると思って亡命させたわけじゃないだろうけれど、結果的に再独立の要と友好関係結べたんだから、後の歴史家は早くから日本の力を見抜いて王女を派遣させた先見の明ある王と見なしそう -- 名無しさん (2019-01-06 13:30:50)
  • アルタラス王は「日本へいけ」と指示していたから、ある程度の情報は持っていたと思われる。ルミエス王女は、その外見を利用して、甘い日本人を利用して、祖国の協力者達を援助をさせる等させるのは、王族の役目。 - 名無しさん (2019-02-16 09:19:45)
  • アルタラス王は王としての判断より娘かわいさを優先した事を自嘲していたから、日本を利用しての反撃みたいな難事を娘にやらせる意図は無かっただろう。ルミエスに優しい人が住むと聞く国へ落ち延びて欲しかった以上の思惑はなかった筈。 - 名無しさん (2019-05-22 12:33:51)
  • 「外交官として父親であるターラ14世を助けていた」 ってあるけど国交もない上に国が占領されてるのに安全保障条約結べると本気で思ってたみたいなので外交に関してはお飾りだったのかな - 名無しさん (2019-05-28 09:08:46)
    • パ皇の脅威がある第三文明圏では、パ皇と戦う国はすぐ安全保障や同盟結ぶのが当たり前だったんじゃない?実際あの状況で安全保障結ばないメリットは世論以外は一切無いし。結べると思ってもおかしくない。 - 名無しさん (2019-05-28 11:45:30)
  • ルミエス様大学受験大丈夫 - 名無しさん (2019-09-21 18:09:14)
    • 魔法その他で「一芸入試」余裕の可能性 魔法に興味がある教授の10人やそこら居るだろうし - 名無しさん (2021-12-15 07:08:08)
  • いや、現代でも留学生って普通にそのハードル超えてやって来てるからな。”本来であれば”の話だけど。 - 名無しさん (2019-09-21 21:37:48)
  • ルミエス様だよしかも留学生大学生活大丈夫? - 名無しさん (2020-03-02 20:38:09)
  • 自動翻訳現象で言葉の壁がそんなにハンディじゃない分大学生活はなんとかなったことでしょう - 名無しさん (2021-04-26 21:06:21)
  • 今日の更新された回の最後にルミエス王女が出てましたね・・・。書籍版と違って露出高いのは草。 - 名無しさん (2021-07-31 22:38:20)
    • コミカライズでルミエス拝めて良かったわ。こういう太もも出す衣装大好き。アルタラスは南国だからありっちゃありだな。 - 名無しさん (2021-08-01 02:00:45)
  • 良い太ももだ!スリット衣装はええな!そしてそれを上回る露出のリルセイドは予想しなかったわ。原作挿絵に比べたら異国人感出てるからそこは評価する。高野千春ありがとう。しかし海上保安庁に保護される経緯が多少駆け足感だね。 - 名無しさん (2021-10-13 11:45:43)
  • おっぱいでけーな - 名無しさん (2021-10-13 13:53:01)
    • だがそれがいい。 - 名無しさん (2021-10-13 19:06:54)
      • だよな!この作者の女性キャラで初めていいおっぱいだと思ったわ。まあ既にエレイが乳首券発行済みだけど。 - 名無しさん (2021-10-14 01:56:01)
        • おっぱいは正義。これは一部の特殊嗜好者以外には受け入れられるはず。 - 笠三和大 (2021-10-16 07:17:35)
      • 次はレミールに期待していいかも。 - 名無しさん (2021-10-17 08:24:32)
  • おっぱいでけーな。リルセイドがうらやましい。 - 名無しさん (2021-11-24 15:33:33)
  • この世界に転移したのが現代日本でよかったなぁ……扶桑の某魔女に出くわしていたら、リルセイド共々どうなっていたか。 - 笠三和大 (2021-11-24 17:55:58)
  • ルミエス日本マンション生活大丈夫? - 名無しさん (2022-05-28 09:03:18)
  • 日本の対グ帝最終決戦兵器(食品)を容易に食べる女王様。 - 名無しさん (2022-06-14 12:47:33)
    • つまり日本や魔帝にソロで勝てる可能性が微レ存? - 名無しさん (2022-06-14 18:06:33)
  • アルタラス王宮で不審火が発生した時疑うべきは外部犯ではない リルセイド「陛下?」 ルミエス『てへっ☆』 - 名無しさん (2022-07-16 01:40:56)
  • ルミエス大学食堂ゴキブリ退治魔法 - 名無しさん (2023-04-02 21:01:58)

ここを編集
〔最終更新日:2024年02月06日〕

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2024年02月06日 14:21

*1 彼女の周囲に日本の外交官である朝田を含めた多くの味方が集っている様子が描かれており、第3巻表紙のレミールと対照になっている。

*2 来日後、洋服に着替えたルミエスを見たリルセイドが、美しさと清楚さが際立って目立ち過ぎると心配した程

*3 リルセイドの顔とほぼ同じぐらいの胸部装甲とスカートを押し上げるヒップを持ちながら、ウエストは鍛えられたリルセイドよりもやや細いという驚異的なもの。王族で食べ物に不自由しなかったこと、後述の特典で明らかになった大量のパフェを平らげるほどの食欲のおかげでここまで育ったと推測される。

*4 例として皇国の植民地支配から解放された祖国に帰ってきて感極まったとはいえ人目を気にせずに抱き着いたり、王宮に戻ってからも当たり前にようにダブルベットで一緒に寝る等。

*5 書籍2巻より。母親は早逝している。

*6 書籍版第3巻P111より。正義の鉄槌を下す太陽の軍勢との対比になっている。

*7 「舞台衣装」という建前で武具を載せている。

*8 流石にお付きのリルセイド程露出は激しくないが、スリットから健康的な太ももを見せている。因みに王城では背中と肩が露出したドレスを、亡命政府設立宣言は肩と腹部が露出した正装と思われるサリー風の衣装を身に着けている。アルタラスの衣装に露出がやや多目なのは、気候的に薄着が適しているためと思われる。

*9 「実質的に滅亡」と見る者が少なくない。

*10 先進11カ国会議開催の直前。

*11 余程信頼しているのか、国政は臣下に押し付けてきたらしい。まあ王都近郊のルバイルに自衛隊が駐屯しているので、クーデター等の心配をしなくても大丈夫なのだろう。

*12 当然ながら女性。ルミエスが亡命していた中央歴1639年11月〜中央歴1640年6月頃に同級生だった彼女らが再留学の時点でも在学しているので、亡命直後は1年生で春に進級、再留学時は4年生になった直後(留年していなければ)である可能性が高い。

*13 実物を初めて目の当たりにした際に「祖国にも早く鉄道を導入して、流通を良くしたい」と女王らしい事を考えている。

*14 普通、これだけ食べたら胸焼けの一つ位するはず…

*15 第二次バルクルス基地攻撃の直前。

*16 王都ル・ブリアス郊外に自衛隊基地兼国際空港のルバイルがあるので往復は比較的容易であり、夏休みや年末年始等に帰国している可能性は否定できない。また「日本との各種交渉のため(お婿さん探しもついでに)」ならば、アルタラスで日本政府と最も太いパイプを持ち、全ての最終決定権を持つルミエス以上の適任者はいないので、格好の訪日理由になる。

*17 どこかの皇子とは異なり、ちゃんと少し溶けてから食べている。