ナビゲーションパネル

ナビゲーションパネルは、簡単にシーンの中を移動しカメラを操作するために使用します。主な使用は3Dプレビュー内での操作ですが、シェーダーやハイトフィールドのプレビューにも使用されますする事が出来ます。

ナビゲーションパネルを呼び出す方法は2つあります。まず1つ目は、フローティングウインドウで独立式コントローラのTG4ナビゲーションを使用する事です。これは、【View】メニューの「Navigation Window(ナビゲーションウインドウ)」を選択して開きます。ナビゲーションウィンドウを使用する場合、ナビゲーションコントロールは最後に焦点を合わせたプレビューを制御します。アプリケーション内の任意のプレビューを制御するには、まずプレビューイメージの集中点をクリックして下さい。そしてカメラ操作を行うために、ナビゲーションウィンドウ・コントロールを使います。

2つ目は3Dプレビューに組み込まれたナビゲーションパネルを使用する事です。ユーザーによりナビゲーションパネルの表示/非表示を3Dプレビューの右上のナビゲーションパネルアイコン(下図)をクリックする事で切り替える事が出来ます。
ナビゲーションパネルの右上の[×]をクリックする事で元のアイコン表示に戻ります。3Dプレビュー内でナビゲーションパネルを使用した場合、プレビューに効果が生じるだけで、独立式コントローラのTG4ナビゲーションウインドウを使用して出来る事以外の効果は生じません。

ナビゲーション・ウインドウ

  • ①The movement ring(移動リング):リングの上に△マークが前後左右に配置された移動ボタン。上下の△ボタンは前後(Z軸)に移動します。左右の△ボタンは左右(X軸)に移動します。また、移動リングの円の中をマウスでクリックしながら動かす事で前後左右を自在に移動します。クリックする場所、マウスの移動速度で移動方向が決まります。マウスボタンを離すまで移動処理は続けられます。移動速度はマウスカーソルがリングの外周に近いほど速くなり、中心に近いほど遅くなります。リングの中央にグレー色で囲まれた小さな円が、移動を止めるエリアになります。マウスカーソルが中央の円の中にある間、移動は開始されません。マウスカーソルがリングから外へ外れた場合は、リング内でクリックされた方向を維持したまま最高速度で移動を続けます。
  • Outer ring controls(外輪コントロール):移動リングの周りに5つのコントロールアイコンが配置されています。
    • ②Bank(傾き):それぞれ左右の矢印をクリックして横に傾けます。Bankアイコンをクリックする事で傾き値を0(水平)に戻します。
    • ③Rotate(回転):それぞれ左右の矢印をクリックして回転します。これはカメラノードの中で[Rotation(回転)]の向きを変更する事と同じです。Rotateアイコンをクリックする事で向きを0(初期値)に戻します。
    • ④Zoom(ズーム):[+]ボタンで拡大、[-]で縮小します。移動リングの前後移動とは違い、これは"Perspective(遠近投影法=パース)"のカメラの焦点を対象に近づける/遠ざける事であり、カメラの位置は変わりません。Zoomアイコンをクリックする事で、(デフォルトの場合)カメラノードの「Use horizontal FOV.」値が60、「Focal length in mm」値が31.1769にリセットされます。
    • ⑤Altitude(高度):[+]ボタンで高度(海抜)を上昇、[-]ボタンで下降します。これはカメラノードのY座標値を変更する事と同じです。Altitudeボタンを押す事で高度の値を1000にリセットします。
    • ⑥Tilt(傾き):それぞれ上下の矢印をクリックして縦に傾けます。これはカメラノードの中で[Rotation(回転)]のピッチを変更する事と同じです。Tiltアイコンをクリックする事で傾き値を0(水平)に戻します。
  • ⑦The speed bar(スピードバー):移動/変動速度をコントロールするためのバーです。5つのボックスにより、最遅から最速までの5段階の増減バーが備えられています。ボックスをクリックする事でスピードを変更します。左端のボックスをクリックする事で最遅、右端のボックスをクリックする事ですべてのボックスがハイライトされ最速を表します。[Navigation]パネルで、最遅時の移動量を設定する事が出来ます。