Parts Shader


Node Type: Import Shaders

ノード説明と目的:

『Parts Shader』はオブジェクトのUVマッピング専用であり、関連付けられたUVマップを含むオブジェクトをインポートすると自動的に作成されます。既存のUVマップに関連付ける必要があるため、現時点では手動で作成する事は出来ません。また、オブジェクトファイルを読込んだ際に生成された『Parts Shader』は、単体で削除する事は出来ません。『Tgo reader』、または『Obj reader』ノードを削除する事で同時に削除されます。『Parts Shader』ノードそのものが使用するメモリはほとんど使用しないため、そのまま残していても問題ありません。

『Parts Shader』の内部ネットワークのサンプル画像。下記画像は3パーツで作成されたオブジェクトを読込んでいる事を示します。

オブジェクトの各パーツ単位に『Object part』が作成され、その『Object part』も単体を削除する事は出来ません。