LWO Reader

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Node Type: Object

ノード説明と目的:

『LWO Reader』ノードは、LightWaveの".lwo"ファイルからオブジェクト読み込みます。テクスチャ情報はインポート出来ません。

設定

ポピュレーション設定は『Card』参照

File Readタブ

Filename ファイル名 オブジェクトを読込むファイルパスを表示、設定します。右のファイルボタンを使い、別のファイルを読込む事が出来ますが、再読込みしたファイルのマテリアルは読込む事が出来ないため推奨しません。


Sequenceタブ

Sequence first シーケンスの開始位置 アニメーションの開始位置を設定します。
Sequence last シーケンスの終了位置 アニメーションの終了位置を設定します。
Loop 繰り返し チェック時、アニメーションを繰り返します。
Ping pong ピンポン チェック時、シーケンスのアニメーションのサイクルを順方向に1回実行した後、アニメーションを逆方向に1回実行するといったような処理を実行します。
Frame offset フレームオフセット アニメーションの開始位置をずらす時に設定します。


Mesh Modifiersタブ

Mesh displacer メッシュ置換 メッシュ置換は、オブジェクト内の頂点を変位するシェーダを設定します。メッシュを細分化したり、ディティール(ビルトインのRockオブジェクトにはメッシュを細分化するオプションがあります。)を追加したりする事はありません。頂点の移動は、オブジェクトを劇的に変形する事が出来ます。これにより別のアプリケーションを使って変形させたオブジェクトシーケンスを使用することなく、例えば木の葉にそよぐ風の効果をアニメーション化する事が出来ます。非常に小さなポリゴン(細分化されたもの)のオブジェクトがある場合、この機能を使用していくつかの細かな置換を取得出来ます。
この機能を使用するには多くのメモリを必要とする事に留意して下さい。
推奨シェーダとして『Redirect Shader』、『Transform input shader』など。
参考トピック



Mesh Modifiersタブ

このタブは、オブジェクトのテクスチャのためのサーフェス・シェーダを割り当てます。
Surface shader サーフェス・シェーダ オブジェクトに割り当てるシェーダを設定します。
Displacement tolerance ディスプレースメントの許容範囲 この値を大きくする事で、凸凹や尖った表面の刃先(上部を裁断した突起物)が気になる場合や、レイトレーシングによる影の隙間がある場合に役立つかも知れません。ただし、レンダリング時間を増大させます。比較的平坦なサーフェスは、小さな値でより迅速にレンダリングされる場合があります。
デフォルト値は1です。しかしこれは上級の設定であり、対処を必要とする特異な問題を抱えていない限り変更を勧めません。問題がある場合は2から始め、それで解決しない場合少しずつ値を増やしてみてください。4は最高値と考慮しています。
Smooth polygons at terminator 明暗境界線でポリゴンを平滑化 デフォルトで有効になっています。滑らかな法線がジオメトリック法線と一致しないポリゴンオブジェクトの照明による明暗境界線でのセルフシャドウのドット汚れを修正します。
オブジェクトを読み込むLwo reader、Obj reader、Tgo readerに備わっています。
Darken bumps at terminator 明暗境界線でバンプを遮光 デフォルトで有効になっています。ライティングによる明暗境界線でバンプマップのセルフシャドウを近似させ、サーフェスが影に落ちるくっきりとした線が見える可能性を減らします。
非変位オブジェクトのCard、Grass clump、Rock及び、オブジェクトを読み込むLwo reader、Obj reader、Tgo readerに備わっています。


他タブについては『Card』参照

最終更新:2020年04月20日 20:39